汚部屋を片付ける方必見!プロもやっている効率アップの6つのコツ

仕事、病気・・・さまざまなことが重なってお部屋の片付けができないことがあります。一度お部屋を限界まで汚してしまうと、きれいな部屋に戻すのは大変ですよね。

そこで今回は、散らかしてしまった部屋を片付けたいと悩むかたに効率よく片付ける6つのコツや、作業中に注意するとよいこともお伝えします。

わかりやすく紹介しますので、コツを押さえていただくことで、あなたも1日でお部屋をもと通りに片付けることができるようになります。ぜひ取り組んでみてください!

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

1 汚してしまった部屋を1日で効率よくキレイに片付ける6つのコツ

汚してしまった部屋を1日で効率よくキレイに片付ける6つのコツ

やみくもに作業するとうまくいきませんが、コツさえ押さえれば1日で片付け終えられます。

プロも実践しているテクニックなので、1つひとつ押さえていきましょう。

(1)鉄則!必ずドア付近から片付ける

一番重要なコツから紹介します。

ドア付近から片付けを始めれば『圧倒的な時間短縮』になります。

実は、片付けでは「どこから作業する?」という最初の判断が、とっても重要になるんです。

【ドア付近から片付けるメリット】
・ゴミ袋の運び出しが楽になる。
・出入りが楽になる。

結果的にゴミ出しがスムーズになるので、時間短縮につながるわけです。

(2)捨てると決めてとにかくゴミ袋に詰める

とにかく無心で袋に詰めていきましょう。捨てるかどうか迷いながら作業すると、片付けのペースが落ちます。

・まだ使うかもしれない
・もしかして何かに使えるかもしれない
・いつか使えるかもしれない
・誰か欲しい人がいるかもしれない

こういった「かもしれない」思いは断ち切り、袋詰めに集中しましょう。

また、次の6タイプのものは『2日以内に使う予定がない』ならバッサリ処分にまわすことで一気に効率化できます。

  1. 貰い物
  2. 買ったままほとんど使っていない生活雑貨
  3. 読み終わった雑誌・書籍
  4. 壊れていない小型家電
  5. 景品やオマケで手に入れたもの
  6. 汚れた布製品

(3)段ボールを1箱だけ用意し捨てないものの上限を決める

「捨てないものはこの段ボール1箱分だけ」と決めましょう。

あとどれだけ残せるか目で見てわかるようにすることで、無意識に捨てる・捨てないの判断速度がアップします。

(4)一点集中で作業し一箇所床が見えるまで片付いたら次の場所へ移動

一か所を集中して片付けることで、『達成感が得られる』『体力の温存ができる』という2つのメリットが得られます。

【達成感が得られる】

小スペースを集中して作業し、まずは1か所でも「終わった!」と達成感を得ることで、やる気を維持することができます。

いつまでも片付けが終わらないとモチベーションが下がってしまいます。

【体力の温存ができる】

汚部屋の片付けは長時間の作業になるので、途中でへばってしまわないよう体力を消耗しないことも重要です。

作業場所を定めずに動き回ると、すぐに疲れてしまいます。

広範囲を均等に片付けるのではなく、小さいスペースを集中して片付けていきましょう。

(5)一人で作業せず親や知り合いの手を借りる

複数人で作業すれば、励ましあいながら短時間で作業を終えられます。一人で思いつめて片付けていると途中で挫折してしまう可能性もあります。

プロの片付け業者も、汚部屋の片付けは1ルーム2名で作業していますよ。困った時だからこそ信頼できる人の力を借りて、役割分担しながら行いましょう。

(6)まとめたゴミをすぐに捨てられるようにゴミ収集日前日や平日に作業

袋ゴミがすぐに処分できるように、ゴミ収集日前日や、市の処分場が開いている平日に作業しましょう。

2 部屋の片付けで病気に?注意したい3つのこと

汚部屋の特質上、3つのことに注意して、健康を害さないようにしましょう。

注意(1)感染症に注意する

虫や腐った食品のせいで、危険な菌が空気中を舞っています。マスクをしていても体内に入り込み、咳が出たり、病気になることがあります。

虫が大量発生している場合は、特に感染症のリスクが高いので、消毒技術を持ったプロに任せた方が賢明です。

注意(2)熱中症に注意する

物で溢れかえった部屋は密度が高く、室内が高温になりやすいため、熱中症に要注意です。

冷房をつけ、こまめな水分補給を怠らないようにしましょう。

注意(3)やりすぎに注意する

・ゴミを捨てることで大きな喪失感にさいなまれる
・片付けが大変であるほど自分を責めてしまう

こういったことから、頑張りすぎるとストレスで体調を崩してしまうことがあります。

思い詰め過ぎず、負担が大きすぎると感じたときは、プロの手を借りましょう。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

3 プロに依頼する場合の料金相場

来客や引越しでタイムリミットがある場合は、プロに頼んでしまうほうが早くて確実です。手慣れたスタッフさんが、短時間で見違えるほどキレイにしてくれますよ。

マンションの場合

1ルーム
35,000円程度
1LDK
100,000円程度
2LDK
140,000円程度
3LDK~
200,000円前後

一軒家の場合

1部屋のみ
50,000円程度
1LDK
150,000円程度
2LDK
260,000円程度
3LDK
320,000円程度
4LDK~
500,000円~要見積もり

少しでも安く押さえる方法については、『レベル別!ゴミ屋敷の片付けにかかる料金と少しでも安く押さえるコツ3選』で詳しく解説していますのであわせえてご確認ください。

4 まとめ

汚部屋片付けのコツや注意点について紹介しましたがいかがでしたか?プロも実践している6つのコツを押さえて、スピーディーにキレイな部屋を取り戻しましょう!

どうしても困ったときは、プロの力を借りるのがオススメです。整理収納アドバイザーが在籍していれば『片付けの指導』を受けられるので、再び汚部屋を作らないよう自分を変えることができます。

アドバイザー在籍の業者については、『片付け代行業者は片付けたいシーンと業者の強みで選ぶ!オススメ片付け業者4選』で解説していますので、ぜひ合わせてご確認ください。この記事が、汚してしまったお部屋を片付けたいあなたの悩みを、早く解決する力になれば幸いです。