片付けが苦手な人でも簡単にできる、部屋をキレイにする5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

友達の女の子から「宛先に心当たりの無い荷物が届いて薄気味悪いから、ちょっと来てほしい」と頼まれて、隣の町で一人暮らしをしているその子の家に行きました。

結局、その荷物は職場の人の親が亡くなった時に送ったお見舞いのお返しだったので一安心したのですが(その女友達は、その職場の人の正確な名前を認識していなかったそうです…)、そこでちょっと以外なことがありました。

その女の子は以前、片付けても片付けてもすぐに部屋が散らかって困ると言っていたはずなのに、部屋はキレイに片付かれていて話と違うと思いました。

僕:「僕が来るからって急いで片付けたの?」

友:「見られちゃマズい物は隠したけど、ここ最近はいつもこういう部屋の状態なの」

僕:「前に『片付けても片付けてもすぐに部屋が散らかって困る』って言ってなかった?」

友:「テレビを見ていたら、自分にピッタリだと思う片付け方をしていたので、それを元にいろいろ工夫してやってみたら、意外と上手くいった!」

と答えてくれました。

どんなことをして部屋がキレイになったのか、すごく気になったので、いろいろと聞いてしまいました。

その子曰く、「片付けが苦手な人が簡単にできるコツ」だということです。

今回は僕がその子が実践して結果が出た、「片付けが苦手な人が簡単にできるコツ」を紹介します。

スポンサードリンク

若い女性の部屋がキレイである3つのメリット

その子が言うに、特に若い女性の部屋は片付かれてキレイな状態の方が良いと言うのです。

そうすることによって、いくつかの良いことが起こります。

リラックスできる

リラックスできる
仕事で疲れてクタクタになって帰ってきてから、洗濯物をしたり自分の晩御飯をつくったりしないといけない…

社会人の一人暮らしは、思いの外大変です。

その友達もなるべく自炊を心がけているそうなんですが、部屋が散らかっている時は、仕事で疲れてクタクタになって帰ってきた時に散らかった部屋を見ると、何のやる気も起きずに、そのまま何もせずに次の日の朝を迎えるということが多々あったそうです。

しかし、片付けをして部屋がキレイになると、仕事で疲れてクタクタになって帰ってきた時の気分が全く変わったそうです。

洗濯物をしたりご飯をつくったりを怠ることが少なくなったと言っていました。

集中して作業ができる

集中して作業ができる
その子はカメラが好きで写真を取ることが趣味なのですが、部屋が散らかっていた以前は、撮ったあとの現像作業になかなか集中できなかったみたいです。

しかし部屋を片付けてからは、それまで以上に集中して現像作業ができるようになったそうです。

カメラや写真だけではないですが、部屋を片付けて視界に入る物を少なくすることで、集中が下がりにくくなります。

例えば勉強だって、机の上の物が少ない方が集中しやすいと言います。

集中できる机をつくる方法を知りたいという方は、「大学生必見!勉強・仕事机の片付けの3つのコツ」をご覧になってみてください。

誰か来ても大丈夫

誰か来ても大丈夫
以前のその子は、部屋が散らかっているということを他人に知られたくなかったようで、友達や交際相手から「家に行ってみたい」と言われても頑なに断っていたらしく、荷物を配達してくれた業者さんとでさえ、散らかった部屋を見られたくないという一心で、チェーンロック越しに対応していたそうです。

しかし、部屋を片付けてからは、定期的に友達を呼んで鍋パーティやタコ焼きパーティを開くなど、逆に片付いた部屋を誰かに見せたい衝動に駆られているようです。

これらのことが、その子がテレビを参考にして実践した簡単なコツのおかげなのです。

今このブログを読んでいる方の中にも、「私もやってみたい」と思い始めた人がいるでしょうか?

片付ける前に欠かせない準備

片付ける前に欠かせない準備
その子曰く、片付けをする前に“あること”を確認しておいた方が良いと言いました。

それを確認していないと、いくら簡単な片付けのコツだからと言っても、モチベーションが上がらず続かないのではと言うのです。

その“あること”とは、「ゴミの分別・処理方法」です。

これの確認を怠ると、片付けをしている最中に「コレは何ゴミなのか?」とか、「コレって捨てられるの?」といった疑問が浮かんできて、作業が止まってしまう可能性があるからです。

まず最初にゴミの分別方法をある程度頭に入れておく、またはわからなくてもすぐに確認ができるようにしておくことが大事だそうです。

また、ゴミの分別方法を知って、それに元づいて分別ができるゴミ箱をつくっておくと、あとあと指定日に捨てやすいです。

片付けをする前に、片付いたその部屋を維持するために、まず「ゴミの分別・処理方法」を確認しておきましょう。

分別や処理については、お住まいの自治体によって違うので、わからないという方はお住まいの自治体の役所に電話して確認してみましょう。

さて、次はいよいよ「片付けが苦手な人が簡単にできる片付けの5つのコツ」を紹介していきます。

片付けが苦手な人が簡単にできる片付けの5つのコツ

片付けが苦手な人が簡単にできる片付けの5つのコツ

空いている時間にちょっとずつ片付ける

何事においてもですが、情熱が無いと物事は長続きしません。

きっと、片付けが苦手な人は片付けに情熱が無いのだと思います。

だからといって、片付けに情熱を燃やせなんてことは言いません。

ただ、そういった人は一気に片付けようとすると、途中で飽きてしまい、最後まで片付けができないと思います。

だから、一気に片付けをしようとするのではなく、ちょっとずつちょっとずつ片付けをしていくことをオススメします。

時間のある時に少しだけなら、面倒にも負担にも感じにくいはずなので、情熱がなくても片付けができるはずです。

小さなスペースから片付けていく

まず最初から、グチャグチャのクローゼットを片付けていこうと思っても、難易度が高過ぎて上手くいかないかもしれません。

最初は片付いた“達成感”を早く味わってほしいので、小さなスペースから片付けをしていくことを勧めます。

例えば、ネックレスやピアスを入れている小物入れの中ですとか、洗面所の棚や引き出しといった場所です。

もし小物入れがなくて、ネックレスやピアスを部屋の中にポンと置いているのであれば、探す手間や時間が省けるようになるので、ぜひ小物入れを買ってきましょう。

着ない服は思い切って

女性って男性に比べて、遥かに大量の服を持っていると思います。

その服の中には、きっとよく着る服もあれば、あまり着ない服や全然着ない服もあるかと思います。

そういったあまり着ない服や全然着ない服は処分した方が、あとあとキレイな部屋を維持するのに効果的です。

しかし、どうしても処分したくないということなら、とりあえずダンボール箱に入れておいて置いておきましょう。

しっかりとガムテープで封じておきましょう。

そして、一定期間の内に一度も封を開けることがないのであれば、もう捨てても構わないと思います。

また、一人暮らしで実家が別にあるという人は、両親にお願いして実家に置いてもらましょう。

その子は着ない服をダンボールに入れて、実家の物置に置いてもらっているそうです。

洋服をより効率良く処分する方法を知りたい人は、「他の物とは違う、服の片付けと収納の5つのステップ」を参考にしてみてください。

この作業も一気にするのではなく、少しずつちょっとずつしていくことを勧めます。

本や雑誌がたくさんある場合

服と同じように、女性は本や雑誌をよく買っているのではないかと思います。

その子は写真が好きなので、カメラや写真に関する雑誌をたくさん持っていました。

でも、ただ持っているだけで読んでいない物がほとんどだったらしく、これらは処分してしまおうと思ったのです。

しかし、あまりに量が多いために自分の車まで持って行くことが億劫に感じたので、出張買取をしてくれる業者さんを探してお願いしたと言っていました。

こうやって買い取りに来てもらうことで、自分自身が大変な思いをして重たい物を運ばなくて済みますし、多少ですがお金にもなります。

気がついたらすぐに実行

後回しや気付かないフリをしていては、キレイな部屋は手に入らないでしょう。

少しでも散らかっていたり、汚れていたりしたら、後でではなくすぐに片付けたり掃除をするようにしましょう。

その子は、これをすることは一番難しかったと言っていましたが、これをすることが一番キレイな部屋が持続するコツだと言っていました。

特にその子は自炊をしているので、キッチン周りにほぼ毎日汚れがつくとのこと。

かつては見て見ぬフリをしていましたが、キレイなキッチンを維持するためにコマメに掃除をしたそうです。

調理の終わりに濡れたふきんでコンロ周りや壁をさっと拭くだけで、キレイなキッチン周りが続いているらしいです。

このように、散らかっていたり汚れていたりに気づいた時に、後回しにせずにその時に片付けや掃除をすることが、大切です。

まとめ

実はこの子、転勤が決まりました。

引越しの片付けを少しずつしているそうなのですが、普段からキレイで片付かれた部屋にしていたおかげで、引越しの片付けが思いの外簡単にできているそうです。

片付けに来た親御さんも「あんまりすることがなかった」と言ってくれたみたいです。

普段からキレイで片付けられた部屋にしておくことで、このように引越しの時の片付けが楽になったりしますし、急に誰か来るとなっても慌てずに対処ができるようになります。

もし、あなたに転勤や引越しの可能性が少しでもあるのなら、簡単な方法で少しずつでいいので、片付けをしていってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*