不要になった自転車の処分にはいくつかの方法があります。

 人気の高いスポーツタイプの自転車や状態のよい自転車は、リサイクルショップやフリマアプリの利用を検討してもいいでしょう。古くなったり壊れたりした自転車は、自治体や不用品回収業者での処分がおすすめです。

 ところで、自転車を処分する際には必ず防犯登録を抹消しなければなりません。抹消しないまま処分した場合のリスクや、抹消の方法をご存知ですか。

 この記事では自転車の適切な処分方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

日本
全国
対応可

困った状況をすべて解決します!
365日24時間受付・秘密厳守・明朗会計

ご予算内の相談可

クレジット対応

1億円賠償保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。

今すぐご相談ください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ


自転車を適切に処分する方法5つを紹介

自転車を適切に処分する方法5つを紹介
 自転車の適切な処分方法5つを調べました。自転車の状態やスペックによりおすすめする方法は違います。詳しく見ていきましょう。

自治体で処分する

 主要な自治体での自転車の処分方法をまとめました。自治体で処分する場合は、粗大ごみとして扱われ、事前に防犯登録の抹消が必要になります。下の表を参考にお住まいの自治体の方法を確認してください。

横浜市 【費用】
・500円
【処分方法、注意点】
・粗大ごみ受付センターに電話もしくはインターネット・チャットで申し込む
・収集シールを購入し貼付する
・収集日に指定した場所に出す
京都市 【費用】
・400円(20インチ未満)
・800円(20インチ以上)
【処分方法、注意点】
・大型ごみ受付センターに電話で申し込む
・費用分の「粗大ごみ処理手数料券」を購入し必要事項を記入して貼付する
・収集日に指定した場所に出す
・解体しても原形サイズの手数料となる
福岡市 【費用】
・300円(1台の費用。1回につき5台まで出せる。電動アシスト自転車は要問い合わせ。)
【処分方法、注意点】
・粗大ごみ受付センターに電話もしくはインターネット・LINEで申し込む
・粗大ごみ処理券を購入し受付番号もしくは名前を記入して貼付する
・収集日に指定した場所に出す

自転車の買い替え時に引き取ってもらう

 新しい自転車に買い替えた場合は、購入した店で引き取ってもらえるケースがあります。購入するときに確認してみましょう。

「ご注文自転車のお受取り時に、店舗までお持込みいただけましたら、1台540円(税込)で回収を承っています。
新車購入がない場合は1台1,080円(税込)で承っています。
北堀江デプト・テラスモール湘南店では回収サービスはございません。」

引用元:サイクルベースあさひ「よくあるご質問」 https://ec.cb-asahi.co.jp/contents/guide/faq/04

「不要自転車無料引き取りは、不要となった自転車を店舗にお持ち込み頂き、新規に自転車をお買い上げになったお客さまのみ対象となります。
お引き取りは、新規に自転車を1台ご購入につき1台無料でお引き取りいたします。
2台目以降のお引き取りは実施しておりません。
お引き取りは、ご購入頂いた店舗に限ります。
幼児用三輪車、一輪車、ペダルなし二輪遊具、キックスケーターはお引き取りの対象外となります。
不要自転車のみのお引き取りは実施しておりません。」

引用元:イオンバイク「不要自転車の無料受取サービス」https://aeonbike.jp/feature_pages/aeonbike_recycle_and_repair

リサイクルショップで引き取ってもらう

 ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプの自転車や電動自転車は、状態がよければリサイクルショップで高値で買い取ってもらえる可能性があります。出張買取や宅配買取しているところもありますので、まずは問い合わせてみましょう。

 リサイクルショップで公開されている買取参考価格を調べてみました。

  • マウンテンバイク(シマノ)55,200円
  • 電動アシスト自転車(ブリヂストン)30,000円
  • ロードバイク(ビアンキ)119,000円

 高く買い取ってもらうために、自転車全体のお手入れとメンテナンスをしておきましょう。表面のホコリや汚れを拭いて、錆はなるべく落としておくのがおすすめです。ライトの点灯、ブレーキの効き、ペダルを漕いだときの異音など、不具合がないかどうかも確認しておきましょう。

フリマアプリやネットオークションで出品する

 フリマアプリやネットオークションは手軽に出品できる利点があります。あるフリマアプリでは、ブリヂストンの電動アシスト自転車やビアンキ・ルイガノなどのスポーツサイクルが出品されていました。集荷から梱包・発送まで依頼できるサービスがありますが、手間がかからない分、配送料が高額になります。

 上記のようなサービスがないネットオークションでは、取引が成立した場合、梱包や発送を自分でしなければなりません。手間や費用をかけたくない方や、取引成立がいつになるかわからないため急いで処分したい方には不向きです。

不用品回収業者に処分を依頼する

 古くなった自転車を処分したい、引っ越しするので急いで処分したい、このような方には不用品回収業者へ依頼しましょう。不用品回収業者なら最短即日で回収処分からすべておまかせできるので手間がかかりません。防犯登録の抹消も対応してもらえるため、煩雑な手続きが不要です。

 不用品回収業者での処分が最適なケースや、費用の相場と業者を選ぶポイントを詳しく紹介します。

自転車を処分するには防犯登録の抹消が必要

自転車を処分するには防犯登録の抹消が必要

防犯登録を抹消しないで自転車を処分するリスク

 防犯登録の抹消をせずに自転車を譲渡した場合、譲る側と受け取る側双方にとってリスクがあります。

自転車を譲る側  譲った自転車が盗まれたり、犯罪に使われたりした場合、すでに使用していないにも関わらず、所有者とみなされ、警察から事情を聞かれる可能性がある。
自転車を受け取る側  受け取った自転車に登録されている他人のデータは抹消できないため、二重で防犯登録をすることになる。警察から前の所有者との関係を聞かれたり、自分の自転車であることを証明する必要がある。

防犯登録の抹消方法を解説

 防犯登録の抹消は、自転車防犯登録所(自転車販売店)もしくは警察署防犯係で手続きできます。なお、自治体により必要な書類などが違いますので、お住まいの登録所や警察署で確認しておきましょう。

 自転車の所有者本人の防犯登録を抹消する場合と、他人名義の防犯登録を抹消する場合で方法が異なります。

所有者本人の登録抹消 【必要なもの】
自転車本体、身分証明書、防犯登録のお客様控(ピンクの紙)
お客様控がない場合でも、防犯登録番号・名前・住所・電話番号・車体番号が登録内容と合っていれば抹消できる。
防犯登録を行った登録所であれば、登録内容の控えが7年間保管されているのでより確実に抹消可能。
お客様控えがない場合、警察署防犯係ではデータベースで検索して抹消できる。ただし、抹消時の控えは発行されない。
他人名義の登録抹消 【必要なもの】
自転車本体、身分証明書、委任状もしくは前の所有者の防犯登録お客様控に「防犯登録データの抹消を委任します」という記載があるもの。
上記の必要物を持って自転車防犯登録所もしくは警察署防犯係で手続きをする。

不用品回収業者での処分がおすすめなケース

手間や時間をかけずに処分したい

 リサイクルショップの利用やフリマアプリでの出品は高く売れる可能性がありますが、自転車のメンテナンスや取引成立後の発送など手間がかかります。普段忙しい方や処分を楽に済ませたい方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

防犯登録の抹消代行手続きも頼みたい

 自転車を処分するのに面倒なのが防犯登録の抹消です。自転車の回収と一緒に抹消手続きの代行をしてくれる不用品回収業者もあります。回収業者を選ぶ際には、この点を確認しておきましょう。抹消の代行には、自転車本体と手続きに必要な書類を準備してください。

他にも処分するものがある

 自転車の他に処分したいものがある場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。家具や家電などは分別・処分に手間がかかります。引越しや遺品整理などでお悩みの方は、不用品回収業者におまかせしましょう。

日本
全国
対応可

困った状況をすべて解決します!
365日24時間受付・秘密厳守・明朗会計

ご予算内の相談可

クレジット対応

1億円賠償保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。

今すぐご相談ください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ


不用品回収業者での処分費用相場を検証

不用品回収業者での処分費用相場を検証

自転車処分費用相場 約5,000円

※公開された7社の不用品回収業者の情報をもとに平均を算出しています。(独自調べ)。

不用品回収業者を選ぶ際の注意点とは

不用品回収業者を選ぶ際の注意点とは
 不用品回収業者を選ぶ際の注意点は、「適切な費用相場を知る」と「信頼できる業者を選ぶ」です。処分依頼後のトラブルを防ぐためにもこの二つを知っておきましょう。

処分費用相場を必ず確認する

 自転車の処分費用相場を紹介しましたが費用は業者によって違います。適正相場内の回収業者を選ぶには、複数の業者から見積もりをとり、費用を比較検討するのがおすすめです。相場より安すぎる場合、後から追加費用を請求される、不用品回収後に見積もりと違う料金を請求されるなどのケースがありますので注意しましょう。

賠償責任保険加入済みか確認する

 自転車の搬出作業中に壁、車に傷がついた、作業に巻き込まれて怪我をしたなどの事故が起こる可能性があります。万が一の事態に備えて、賠償責任保険に加入している業者がおすすめです。賠償責任保険未加入の場合、トラブルが起きても保証してもらえず、金銭的にも精神的にも負担となってしまいます。

電話対応や接客が丁寧な業者を選ぶ

 不用品の回収・処分を依頼するなら、電話対応や接客が親切丁寧な業者を選びましょう。顧客へのサポートがしっかりしている業者であれば、安心して施工をまかせることができます。

施工実績が豊富な業者を選ぶ

 スムーズに手際よく回収処分してもらうには、施工実績が豊富な業者を選ぶことが大切です。まずは各社のホームページをチェックしましょう。施工実績とお客様の声が掲載されていれば業者選びの参考になります。施工の様子やお客様の感想をもとに信頼できる業者を選びましょう。

 片付け110番のホームページでは多くの施工実績が掲載されています。見積もり時の対応や施工内容、お客様の感想をご覧いただき、ぜひ参考にしてください。

最適な処分方法を確認して自転車を処分しましょう

最適な処分方法を確認して自転車を処分しましょう

 自転車の適切な処分方法と防犯登録の抹消方法、不用品回収業者での処分について詳しく紹介しました。手間や時間をかけずに自転車を処分したい方や、処分したいものが複数ある場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

 紹介した費用相場と不用品回収業者の選び方を参考に、信頼できる業者を選びましょう。

 本記事が自転車処分に悩むあなたの役に立てば幸いです。

片付け110番の自転車処分サービスについてはコチラからご覧ください。