ゴミ屋敷まとめ | 不衛生な環境を改善するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴミ屋敷まとめ | 不衛生な環境を改善するための全知識

「ゴミ屋敷状態になってしまった部屋」
テレビで見たことはありませんか?

ゴミ屋敷(ごみやしき)や汚部屋(おべや)と呼ばれている状態までになると、害虫がわいたり、異臭がしたり、健康被害、火事の原因になったりと、多くのデメリットがあります。

そういった状態までにした当人は、それほど意識していないかもしれませんが、周囲の人は迷惑だと思っているケースもあります。

今このページを見ているあなたが、もしもゴミ屋敷、汚部屋状態にしているのであれば、ゴミ屋敷を放置していることの危険性、問題点、片付ける方法、業者に依頼する場合の頼み方などのすべての情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてキレイに片付けてみてください。

ゴミが起因で起こる問題

ゴミが起因で起こる問題

ゴミに囲まれていると、その時には気付かなかったような大きなトラブル(害虫被害、異臭被害、健康被害、火事など)に巻き込まれることもあります。

ゴミが起因で起こるトラブルや問題をまとめましたので紹介します。

ゴミ屋敷を片付ける方法

ゴミ屋敷を片付ける方法

一度ゴミ屋敷状態、汚部屋状態になってしまうと、中々片付けることが困難になります。

業者に依頼すれば数十万円~場合によっては数百万円規模の『片付け料金』が必要です。

最低最悪の状態にならないように、自分で片付けられる状態の時に、ある程度は片付けるようにしておきましょう。

ゴミ屋敷化してしまった家を片付ける方法のすべてをまとめましたので参考にしてみてください。

片付け業者の探し方について

片付け業者の探し方について

自分ではどうしても片付けられなくなったと思った場合は、近所の片付け業者さんに相談してみましょう。

今では便利屋さんも増え、片付けを代行してくれる業者さんが増えてきました。
多くの業者さんは優良で信頼できる方ですが、中には足元をみてぼったくったり、もらうものはもらって途中で片付けを辞めるような悪徳業者も残念ながら存在します。

片付け業者さんの探し方のすべてをまとめましたので紹介します。

安さで騙される!ゴミ屋敷を片付けたい人が陥る業者選び3つのミス

安さで騙される!ゴミ屋敷を片付けたい人が陥る業者選び3つのミス

どうしても片付けられない家族がいて、部屋の中は、モノとゴミが一緒になって散らばり、足の踏み場もないほど。

その上、モノがどんどん増えてゴミ屋敷のようになってしまっている…。

見るに見かねて、片付けようとすると「捨てないで!」怒るので、家族は手出しもできない。

そんな状況に困っているという人も、おられるのではないでしょうか。

だけど、「こんなゴミ屋敷には住みたくないし、キレイな家に住みたい!」と思っていませんか?

「片付けられない家族を傷つけないようにしながら、ゴミ屋敷を片付ける業者を探したいけれど、ボッタクリ業者には会いたくない…。」という切実な願いを持っている人も、いるのではないでしょうか?

「自分の母親がゴミ屋敷に住んでいて、家をキレイにしたい」という悩みを叶える、片付け業者のテレビ番組をよく目にすることがあり、多くの人が悩んでいる問題なのではないかと思われます。

今回ここで紹介する方法で片付け業者を探せば、あなたの地域で『片付け』にかかる相場料金が分かるようになり、最適な業者を見分けられるようになります。

続きを読む

ゴミ屋敷をキレイにしたい!片付け・不用品回収業者の見つけ方

玄関にはまだ読んでいない新聞が山積み…

台所は汚れた食器が溜まり、ゴミだらけの部屋からは微かに異臭がするようになり、近所から変な目で見られている…

庭の草木は伸び放題の荒れ放題で、もはや手がつけられなくなってしまった…

仕事が忙しかったり、自分の代わりに家事などをしてくれる人がいないとなると、両親が遺してくれた実家の中が「ゴミ屋敷」ような状態になってしまう方がいらっしゃると思います。

「このままじゃマズい!」と思い、代わりに片付けをやってくれそうな業者などを探そうとするも、どのような基準で不用品回収業者や引越し業者を探せばいいかわからず、結局何も手についていないという状況になっていませんか?

もはや「ゴミ屋敷」のようになってしまった我が実家家…一体どのような業者に頼めば、昔のような姿が取り戻せるようになるのでしょうか?

今回は、家がまるでゴミ屋敷のようになってしまったという方に向けて、インターネットやそれ以外の方法で、片付けや清掃やゴミ捨てを代わりにやってくれる業者の探し方について、紹介していきます。

続きを読む

ゴミ屋敷が原因の火事で自分の家が燃える前にしておく、2つのこと

「もう逃げましたから。そばにはいられないと思って遠くへ逃げました。向こうから見ていたんです、我が家が燃えるのを見たくなくて。」

これは、2015年8月25日の夜に愛知県豊田市保見ケ丘で火事が起きた家の“隣の家”の住人の女性の方の言葉です。

この方の家は、隣の家から起きた火事が延焼したことで全焼してしまいました。

そして、その隣人の言葉はこう続きました。

「命があれば良いと思って。もういい加減にしてくださいという感じ。」

「いい加減にしてください」という隣人のこのやるせなさを表す言葉には、ちゃんとした理由かあるのです。

実はこの出火元になった家というのは、いわゆるゴミ屋敷だったのです。

自分が使って捨てられなかった物や、ごみ収集場所やごみ集積所などどこからともなく持ってきたゴミを、家や部屋の中だけでは収まらず外にまで溢れるくらいあったのです。

ゴミが家の外にまで溢れているとなると、放火でもされたらすぐに燃えてしまったでしょう。

家や部屋中ごみだらけですので、ゴキブリやネズミの暮らしやすい環境でしたでしょうから、衛生面から見ても最悪だったと思います。

また他の近隣住民の方によると、ゴミ屋敷からは大量のゴミから放たれた異臭が、それも風向きによって非常に強烈ものだったようです。

しかもそれら大量のゴミが原因で何回かボヤ騒ぎまであったらしく、近隣住民の方々は「いつか火事になるのでは」という不安を抱いていたのです。

そしてそれが現実のことになってしまった…火事が延焼して家が全焼してしまった隣人の方にしてみれば、本当に「いい加減にしてほしい」という思いだけじゃ済まない話です。

全国にどれだけのゴミ屋敷・ゴミ屋敷予備軍があるかわかりませんが、平成21年に国土交通省が全国を対象とした調査では、全国250市区町村でゴミ屋敷が確認されました。

となると、きっと「隣の家がゴミだらけ…」とか「近所の家にゴミが溜まっている…」という状況の方も、少なからずいらっしゃるのではと思います。

もしも隣の家がごみ屋敷で、その家が火元になって火事が起きてしまったら…どうしたら良いのでしょうか?

今回は隣近所のゴミ屋敷から火事が起きた時に備えて、知っておくべきこと・やっておくべきことを紹介していきます。

続きを読む

「どうすれば片付くの…」ゴミ屋敷と化した実家を掃除するコツと方法

もう着ることない時代遅れの服、履き潰した靴、使いかけの化粧品、壊れた家電が散らかるリビング…

本や雑誌が階段の各段に積まれ、廊下はホコリだらけ、脱ぎっぱなしの靴が散乱する玄関。

食べ残し、食器、空の容器が散らかり、目も当てられない状況の台所。

そしてそこに住むのは、昔から掃除や片付けをしようとしないあなたの実の母親。

あなたのご実家は、このような「ゴミ屋敷」のようになっていませんか?

ゴミだらけ・不用品だらけの自分の実家と、片付けられない自分の母親について悩んでいるのではありませんか?

自分自身が次第に老いてきて、そろそろ身の回りの整理をしようとした時に、自分よりも高齢の母親は住む実家の片付けをしてしまいたいと考える方は多いと聞きます。

しかし片付けようとしても自分ひとり…自分で片付けをやろうにもゴミの量が多すぎて、思わず尻込みしてしまう…

母親は昔から片付けや掃除といった類のことが苦手で、手伝ってくれそうにありません。

一体どうすれば?誰かに頼んだ方が良いのか?

頼むとしても誰にどうやって頼めば良いのか?費用がそれなりにかかるのではないか?いくらかかるのか?

今回は、まるでゴミ屋敷のような実家を片付けたいと思っている方に向けて、なぜゴミ屋敷になってしまったのか?そもそもゴミ屋敷とは?実家を片付ける方法などについて、紹介していきます。

続きを読む