自分も周りもスッキリする、部屋の整理整頓方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「自分では綺麗だと思っているのですが、部屋が汚いから掃除しなさいと親に言われます。整理整頓のやり方がわからないので、教えてください」

「物は捨てることができたのですが、一度出したらまた使うだろうとか、しまうのがめんどくさいとかでそのままその場所に置きっ放しにしてしまいます。良い収納方法があったら教えて下さい」

「娘の部屋を整理整頓しやすい機能的な部屋にしたいのですが、方法を教えて下さい」

という、若い世代の方の部屋の整理整頓についての問題ってよく聞きます。

また、親御さんが子供の部屋が汚いから何とかしたいという悩みもあります。

僕自身も、特に高校生の時の自分の部屋は、漫画や教科書が山積みになっていて、物が散らかっていて汚くて、さながらゴミ屋敷のような状態でした。

親には毎日のように「掃除しろ」とネチネチ言われ続けていて、それでも中々掃除をしなかったです。

僕のその態度に業を煮やしたのか、父親と母親が夫婦揃って、強制的に僕の部屋の掃除や片付けを始めたので、喧嘩になってしまいました。

以来、自分のパーソナルスペースに父親を入れたくないと思い、片付けたり掃除したりするようになりました。

でも、結果的にそうして良かったと思います。

部屋の整理整頓をすることで、する前と比べて、良いことが増えたからです。

今回は、そんな整理整頓をして起こる良いことや、整理整頓の方法について紹介していきます。

部屋を整理整頓する2つのメリット

物の必要性や利便性が理解できる

物の必要性や利便性が理解できる
整理整頓ができない人は無駄な物が多く、考えて生活できないです。

これは必要だから、ここにしまえば使いたいときにサッと出せて便利とか、これとこれはココにまとめておくと使いやすいだとか。

そういった使い方やしまい方を頭で考えながら整理すると、生活もスムーズだし無駄もなくなります。

整理整頓ができると、物がどこにあるか分かりやすく、使いたい時に探す時間が少なくて済みます。

散らかってると、どこに何があるか忘れたり見つからなかったりします。

また、家のどこにあるのに見つからないから、要らないのに同じものを買うということもあるかもしれません。

それって探す時間も買い直す金も無駄ですよね?

そしてまた更に物が増えることになります。

学生の時の僕は、何かいる物を探す時に、やたら時間がかかっていました。

特に次の日の時間割を用意するのに時間がかかって、いざ学校に行くと忘れ物が多いということがよくありました。

精神状態が良くなる

精神状態が良くなる
物が散らかっていて部屋中がホコリまみれの部屋で生活していたら、イライラしたりソワソワしたりしませんか?

ホコリやハウズダストってふとんや衣類の繊維は絶対ありますし、人間一人でも住んでいれば髪の毛も下に落ちます。

そんな髪の毛やホコリだらけの中で生活してると、足の裏だってゴミを引きずって歩くし、服だって埃を吸い付かせます。

そういうのって気持ち悪いし、身だしなみとしても良くないと思いませんか?

また、視界に入る物が少なくなると、集中力が落ちずに維持できるようになります。

そのことに関しては、「効率よく仕事をするための整理整頓の5つのコツ」でわかりやすく紹介しているので、どうぞ読んでみてください。

一度、キレイな部屋にしてみてください。

びっくりするくらい気持ちが良くなるはずです。

自分も周りもスッキリするための「方法・ノウハウ・コツ」

自分も周りもスッキリするための「方法・ノウハウ・コツ」
ただ漠然と、散らかっている物や落ちている物を整えていったり、闇雲に掃除機を走らせても、あまりキレイにならないでしょうし、整理整頓にも繋がらないでしょう。

大切なのは、片付けや整理整頓の「方法」や「ノウハウ」があるので、それらを知って実践することです。

料理にも方法や順番があり、それらを守って調理しなければ、美味しい料理はできません。

プラモデルだって作る順番があって、その順番通りに作らないとキレイな完成形にはなりません。

そしてそれは、片付けや整理整頓にも言えるのです。

正しい方法や順番で片付けなければ、またすぐに散らかってしまうかもしれませんし、捨ててはいけなかった物まで捨ててしまうかもしれません。

なので、もし部屋の整理整頓をしようと思っているのであれば、正しい方法やコツを知ってする必要があるのです。

部屋をスッキリさせるための5つの“メソッド”

部屋をスッキリさせるための5つの“メソッド”

物の捨てるための「秘策」

まずダンボール箱を3つ用意しましょう。

それらのダンボールは、部屋の中にある「要る物」「要らない物」「考え中」と分けましょう。

「要らない物」の基準ですが、一年間使わなかった物や読まなかっ本や着なかった服は、全て処分しましょう。

「いつか使うだろうから取っておきたい…」は止めましょう。

きっといつかはこないので、勇気を振り絞って処分しましょう。

物の捨て方に関しては、当コンテンツよりも「片付け上手で収納上手になるための、物の捨て方の『極意』」に詳しく記載してあるので、こちらもどうぞお読みください。

効果が出る掃除のテクニック

要らない物を処分したら、部屋の中が少しは広く感じるようになったのではないでしょうか?

そして物を捨てる際に、部屋の汚れやホコリに量に辟易したのではないですか?

次は、部屋の掃除をしていきましょう。

ポイントは「上から下へ掃除すること」です。

部屋の高いところから、物をはたいてホコリを下に落としていき、床の上にホコリを落としていきましょう。

ホコリには繊維も多いですが、ダニ等の死骸も多いので、マスクを着床してしましょう。

ハタキでホコリを落としたら、掃除機やほうきで下に落ちたホコリを取り除きましょう。

掃除機等でホコリや汚れを吸い取ったら、次は雑巾がけや拭き掃除をしましょう。

ココで、部屋の中の物等にホコリが付きにくくなる方法を紹介します。

雑巾をただの水に濡らして絞るのではなく、柔軟剤を混ぜた水に濡らして絞って、拭き掃除をしてみてください。

なぜなら、柔軟剤が静電気の発生を抑制してくれるので、ホコリが付きにくくなるからです。

カシコく収納するための“戦術”

部屋の中の掃除が終わりました。

いかがですか、このような風景の部屋を見るのは、久しぶりなのではないでしょうか?

それでは、先ほど分けた「要る物」を、収納していきましょう。

収納のコツの第一は「用途で揃える」ということです。

文房具なら文房具で揃える、おもちゃならおもちゃで揃える、本なら本で揃えるといった感じです。

衣類に関しては。夏物や冬物等の季節外の服は、別々の容器に分けて収納しましょう。

衣類の収納に関することは、こちらの「他の物とは違う、服の片付けと収納の5つのステップ」の方に、より詳しく記載してあるので、どうぞご覧ください。

次に重要なポイントは、「使う頻度に合わせて収納する」ということです。

毎日使う物やよく使う物は、出しやすいところに収納しましょう。

たまにしか使わない物・たまに出番が来る物は引き出しや押し入れの奥の方に収納しましょう。

収納する時は、軽い物は上の方に、重い物は下の方に収納すると、出し入れがしやすくなります。

また、物を床に置かないようにしましょう。

これをしてしまうと、元の散らかった汚い部屋に戻るキッカケになってしまいます。

100均グッズを活用しよう

特に女性に多い印象を受けますが、女性って小さな小物をたくさん持っていますよね?

例えば、イヤリングやピアスやネックレス等の装飾品です。

もしあなたの部屋の中が散らかっているのであれば、一度や二度は、そういった固い物が床に落ちてしまって、誤って足で踏んでしまって、痛い思いをしたり、ケガをしたりという経験があるのではないでしょうか?

そのような思いを今後しないためにも、そういった小さい物こそ整理整頓をする必要があります。

そんな小さな物の整理整頓に向いているのが、100均で売られているグッズです。

例えば、小さくて無くしやすいピアスやイヤリングを収納するのであれば、ピルケースのような中が小さく仕切られているような、小さな小箱に収納すれば、落としたり無くしたりすることも減るでしょう。

また、大きな衣装ケースのような物も、最近では100均で売っていますよ。

家具をおしゃれに、かつ実用的にレイアウトしてみよう

部屋の中がかなりキレイになったと思います。

さて、このキレイになった状態で部屋を見渡してみましょう。

部屋の家具は、最適な位置に置かれているでしょうか?

仮に誰かが部屋に来た時、または地震等の天災が起こった時に都合が良いように、家具を配置していきましょう。

まず、動線を意識して家具のだいたいの場所を決めましょう。

例えば、あなたが寝ている場所から部屋の出入口までの間に、高くて重い本棚があるとします。

仮に地震が起きて、ベッドで寝ていたあなたが逃げようとした時、出入口の手前で本棚が倒れてきたら、どうなるでしょうか?

きっと、スムーズに逃げることはできないでしょう。

この場合だと、本棚のような背の高い家具は端や窓際に置き、できるだけ出入口に近いところにベッドを置きましょう。

また、部屋が狭い場合だと、ソファベッドのような多機能な家具を使えば、スペースを有効に使うことができます。

頑張ってもなかなか上手くいかない人へ

頑張ってもなかなか上手くいかない人へ
自分でやろうと思い、このようなサイトを見たり、本を参考にしたりして整理整頓をしようとしてるが、なかなか上手くいかなかったり、前に進まないという方もいるのではないでしょうか?

そういった方には「最後の手段」をオススメします。

もう「プロ」に任せちゃいましょう。

もちろん、お金はかかってしまいますが、その状態が続いたら、いつまで経っても整理整頓が成された部屋にならないです。

しかし、プロ達の手にかかると、ご自身が片付けるのと比べたら、あっという間にキレイにしてしまいます。

どう頑張っても部屋がキレイならないとか、物が多くて途方に暮れていたりとかでお悩みなら、不用品回収業者等のプロに頼るのも、手段のひとつと考えておきましょう。

最後に

部屋の整理整頓をすると、無駄を無くすことができて、探し物がないからと言ってイライラすることもなくなり、集中力も上がり維持できるようになります。

特に学生の方なら、自分の部屋でテスト勉強や受験勉強を効率よくする上で、集中力の欠如は、成績やテストや受験の結果を左右することになるでしょう。

僕も大学の受験勉強が行き詰った時に、一念発起して要らない物をザーッと捨てて部屋をスッキリさせたのですが、そのおかげかかなり集中して勉強することができ、大学に合格しました。

もし、自分の部屋でもっと集中したいとか、イライラせずに勉強がしたいと思うであれば、部屋の中の要らない物を捨てて、整理整頓をすることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*