片付け屋に頼める内容と料金相場とは?業者選びのポイントも解説!

片付け屋さんって、どんなことをしてくれるんだろう?

気になっていても、まわりに利用経験のある人がいないと、どうだったか聞くこともできませんよね。検索するとホームページもたくさんあって、なんだかよくわからないと感じているのではないでしょうか。

片付け屋は、実に様々なサービスを展開しています。

そこで今回は、具体的にどんな内容に対応してくれるのか、料金はどれくらいかかるのか、片付け屋さんについて詳しく解説します。

業者選びで押さえたいポイントもお伝えしますので、片付け屋さんにお願いしたいことが見つかったら、良い業者にお願いできるコツまで身に付き、依頼で悩みが解決できますよ。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
片付け110番へのお問い合わせはこちら

1 片付け屋さんのサービス内容と相場

業者によって対応範囲は異なりますが、多くの片付け屋さんは6つのサービスを展開しています。

  1. 整理、片付け
  2. 不用品の処分
  3. ハウスクリーニング
  4. 庭の草刈りや庭木の伐採
  5. 特殊清掃
  6. 片付けのアドバイス

サービス1:整理、片付け

散らかったお部屋を驚くほどスピーディーにキレイにしてくれます。

  1. 例えば、部屋中に衣類が散らかってしまったときも…
    部屋中に散らかった衣類
  2. 整理整頓
    整理整頓する
    黄色の囲み…不必要なモノを取り除く(=整理)
    緑色の囲み…必要なモノを区別する
  3. 片付け
    衣類を片付ける
    黄色の囲み…区別した必要なモノを元の場所にキレイに戻す(=片付け)
整理・片付け作業の料金相場
1時間あたり2名作業で15,000円程度

特に次のようなシチュエーションで依頼があります。

  • 遺品整理に伴う貴重品と不用品との仕分けや片付け整理
    遺品整理に伴う貴重品と不用品との仕分けや片付け整理
  • 空き家になっている家を立ち合いなしで整理整頓、片付け
    空き家になっている家を立ち合いなしで整理整頓、片付け

他にも、次のような依頼にも応じてくれます。

  • 引越しの後荷解きできていないので手伝ってほしい
  • 衣類をたたんでタンスにしまってほしい
  • 本棚の本をあいうえお順に並べてほしい
  • 部屋の模様替えを手伝ってほしい
  • 散らかった部屋を片付けて欲しい

サービス2:不用品の処分

不用品として処分してくれる対象には、次のようなものがあります。

  • 自分ではとうてい捨てられないようなゴミ
    例:重たい婚礼ダンス、パチンコ実機
  • 行政では回収に対応してもらえないゴミ
    例:お仏壇、アップライトピアノ、耐火金庫

このようなゴミも幅広く回収してくれるのが、独自の処分ルートを確保している片付け屋さんなんです。

片付け屋の不用品処分

不用品処分の料金相場  ※1立米単価:10,000円程度
軽トラック1台分(約2.5立米):税別25,000円
2tトラック1台分(約6立米):税別60,000円

ただ回収してもらうだけではなく、袋詰め作業や運び出し作業も行ってくれます。

具体的には、次のようなシチュエーションで多く依頼があります。

  • ゴミ屋敷化した家の片付けに伴って出たゴミの処分
  • 遺品整理の後に残った不用品の処分
  • 空き家整理後の不要な家具・家電などの処分

また、ゴミ屋敷化してしまった家の清掃や空き家の整理にも対応してくれます。

ミ屋敷化してしまった家の清掃や空き家の整理

ゴミ屋敷化してしまった家をプロに任せた場合の詳しい事例については、『レベル別!ゴミ屋敷の片付けにかかる料金と少しでも安く押さえるコツ3選』で解説していますのであわせてご確認ください。

サービス3:ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング料金相場
1部屋あたり:20,000円程度
水回り一式:50,000円程度
エアコンクリーニング:15,000円程度
洗濯槽クリーニング:16,000円程度
  • 油汚れ
  • 水回りの汚れ
  • エアコンのクリーニング
  • 洗濯槽のクリーニング
  • ベランダの掃除
  • カビ取り
  • フローリング洗浄
  • シミ汚れ
  • 臭い汚れ

このような、自分でキレイにするのが難しい汚れも、専用の薬剤を使ったハウスクリーニングでキレイにしてもらえます。

サービス4:庭の草刈りや庭木の伐採

片付け屋の作業範囲は、お部屋の中だけでなく、お庭にも及びます。

庭の草刈りや庭木の伐採

料金相場
草刈り:1坪1,000円程度+人件費1名あたり3,000円程度
草抜き:作業員1名1時間あたり6,000円程度
庭木の伐採:木1本あたり10,000円~、庭木の種類によって変動
庭木の伐根:1株あたり5,000円~30,000円、根の成長具合で変動
庭木の剪定:1本あたり6,000円~15,000円程度、庭木の種類によって変動
庭石の処分:1kgあたり40円程度(縦×横×高さ(cm)÷1000×2.5×40円)+車両代5,000円程度
  • 草刈り
  • 草抜き
  • 庭木の伐採
  • 庭木の伐根
  • 庭木の剪定
  • 庭石の処分

庭先では、こういった作業に対応してくれます。また、業者によっては害虫駆除のサービスも展開している場合があります。あわせて蜂の巣駆除なども依頼できるのは嬉しいですね。

サービス5:特殊清掃

特殊清掃

特殊清掃とは、自殺や孤独死、事件事故などの現場となったお部屋の片付けを意味しています。

特殊清掃料金相場
消臭・消毒作業:10平米あたり100,000円程度
消臭及び遺品処分:10平米あたり200,000円程度

ただの清掃や不用品回収と違い、感染症予防や汚染物の除去といった作業が必要となりますので、対応してくれる業者は片付け屋の中でもかなり絞られてきます。

サービス6:片付けのアドバイス

整理収納アドバイザー有資格者から片付けのコツを指導してもらえる、アドバイザーの派遣も片付け屋が行っています。

片付けのアドバイス

片付けアドバイス料金相場
アドバイザー1名派遣2時間あたり:18,000円程度
  • 収納のコツが知りたい
  • 片付け上手になりたい
  • 断捨離の判断がわからない
  • 物置部屋を片付けるにあたってアドバイスして欲しい

こういった悩みにも、片付けのプロが的確なアドバイスをしてくれるので、散らかさないスキルを身に付けられるようになります。

2 失敗しない!業者選びで押さえたい4つのポイント

「片付け屋」と検索すると、たくさん業者が出てくるので、どこに頼めばいいか悩みますよね。

依頼してよかった!と思える業者は、次の4つのポイントを押さえて選べば確実です!

  1. 賠償責任保険に加入しているかチェックする
  2. 相見積もりを2~3社取る
  3. 事前に詳細な状況を伝えておく
  4. 仲介業者に依頼する

(1)賠償責任保険に加入しているかチェックする

万が一の作業ミスで家を修繕となったときも、保険に加入している業者なら、修繕費を全額負担してもらえるので、安心です。

片付けでは家の中や外壁の近くで作業するので、床や壁など家を傷つけられてしまう可能性は少なからずあります。

依頼者の心配に応えてくれる誠実な業者という観点からも、賠償責任保険の加入は、チェックしましょう。

(2)相見積もりを2~3社取る

相場はあくまで目安であって、総額は実際の片付けの状況で変動があります。

明確な金額は見積もりを取ることで分かりますが、さらに2~3社の相見積もりを取ることで、次のメリットが得られます。

  • 相見積もりを取ることで値下げ交渉ができる
  • 各社の独自の強みの中から自分にとってより価値が高い依頼先を選べる

見積もりを取りすぎると、業者に割く日程や見積もり先の把握・管理をするうえで負担になります。3社取れば充分な比較材料が手に入り、かつ自分が把握する際にも負担になりませんので、見積もり数の目安にしてみてくださいね。

(3)事前に詳細な状況を伝えておく

  • どういったことに困っているのか
  • 依頼してどういう結果を求めているのか
  • 避けたいことは何か
  • いつまでに片付けたいのか
  • 片付けの理由や事情は何か
  • 金額的にはどれくらいの予算で考えているのか

これらのことを事前に伝えておくと、業者側も依頼内容を理解しやすくなり、また認識の相違からトラブルを生むこともなくなります。

(4)仲介業者に依頼する

仲介業者に依頼すると、自分で悪質業者を避ける必要がなくなり、一定の技術力や接客力、安全が約束された業者に依頼出来るので非常にオススメです。

加盟店として提携する際に、仲介業者である本部が『ぼったくり業者』『悪徳業者』はフィルターをかけてふるい落としてくれているからです。

仲介業者の中でも、本部として加盟店を指導し、万が一の事態にも責任をもって保証などで対応してくれる先を選ぶとよりよいです。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
片付け110番へのお問い合わせはこちら

3 まとめ

片付け屋のサービス内容や料金相場をお伝えしました。

「依頼したいな」と感じたら、今回の記事でお伝えした業者選びのポイントを押さえることで、お願いして良かった!と感じられる依頼ができ、お困りごとが解決します。

片付け屋は、日々の生活の中に生まれる「困った」に手を貸してくれる強い味方です。

オススメの業者については、『片付け代行業者は片付けたいシーンと業者の強みで選ぶ!オススメ片付け業者4選』で詳しく解決していますのであわせてご確認ください。

この記事があなたの片付け屋への依頼の役に立てば幸いです。