引越し業者と不用品回収業者どっちがいい? 調べてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越をする時は、処分しなければならない不用品がたくさん出ますよね。

特に困るのが、ひとり暮らしの人が実家へ引っ越す時など、大型の家電や家具が必要なくなり、多くの大型ゴミや不用品を処分しなければならない場合です。

洗濯機、冷蔵庫、テレビ、ベッド、テーブルなどひとりでは処分できないものがたくさん出てきます。

では引越しの時、多くの粗大ゴミ処分をしなければならない場合、どのようにして処分すればよいのでしょうか?

引っ越し会社の中には、不用品を回収してくれる業者が増えてきました。

引っ越し会社の不用品回収サービスを利用して、引越しと一緒に粗大ゴミ処分も依頼した方がよいのでしょうか?

それとも引越し業者には引越しだけを依頼して、粗大ゴミ処分は不用品回収業者に依頼した方がよいのでしょうか?

不用品の処分方法は、引っ越す時の不用品の量や、処分したい物を買った時期などが関わってきますので、最もよい処分方法はひとつではなく、それぞれの状況によって変わってきます。

ですから、引越しで不用品の処分をする時は、処分したい不用品をリストアップしてから、依頼する業者を選びに入るのがよいでしょう。

私自身引越しをした時に不用品があったのですが、個人で経営されている引っ越し業者に、引越と一緒に不用品の処分をお願いしたら、リサイクル料金のかかる不用電化製品のほかは、不用品の処分料金は払わなくてもよくて、無料でサービスをしてくださったという経験があります。

引越しをお願いする引っ越し会社を決める時、引越しの見積もりと一緒に、不用品の処分も一緒にお願いした場合の見積もりもお願いしておきましょう。

引越し業者が不用品回収をした場合の見積もり料金が分かったら、次は不用品回収業にも、不用品処分を依頼した場合の見積もりをしてもらいます。

不用品回収業者の見積もり結果と、引越業者にまとめて処分してもらった場合の見積もり結果を見比べてみましょう。

依頼するかもしれない業者の見積書の金額と、それぞれの業者に依頼した場合の手間の差を計算に入れて、不用品処分を依頼する業者を決定していけばよいのです。

それでは引越しの時に出る不用品の処分をしたくて、回収業者を探しておられる人のために、引越業者、不用品回収業者、それぞれの業者に頼んだ場合のメリット・デメリットを挙げながら、どの業者に頼めばよいのかを紹介していきたいと思います。

引越し業者と不用品回収業者に相談するメリット・デメリット

引越し業者と不用品回収業者に相談するメリット・デメリット
不用品回収を引越し業者に依頼した場合と、不用品回収業者に依頼した場合、そんなに違いが出るものなのでしょうか?

今は引越し業者も、不用品回収サービスのほかに不用品の買取りをしている引越し業者もありますから、依頼する引越し業者によっても料金が変わってきます。

引越し業者の不用品引取りサービスのメリット・デメリット

引越し業者に不用品回収サービスを依頼した場合の、メリットとデメリットをあげてみます。

メリット

  • 処分する手配の手間がかからない。
  • 引越しとセットで依頼すれば不用品の処分料金が無料サービスになるか、安くなる場合があります。
    少なくとも不用品回収業者ではかかる基本料金がかかりません。
  • 処分する不用品を、引越しする日ギリギリまで使えるので不自由さが少ないです。

デメリット

  • 買取りサービスをしていない引越し業者に依頼した場合、不用品の量によっては不用品処分の料金が高くなる可能性があります。

不用品回収業者サービスのメリット・デメリット

不用品回収業者に不用品処分の依頼をした場合の、メリットとデメリットをあげてみます。

メリット

  • 前もって処分できるので、引越の準備もはかどります。
  • 不用品回収業者の中でも古物商の許可も受けている業者であれば、買取りサービスも同時にできるため、買い取ってもらえるものがあれば料金が安くなるかもしれません。
  • 処分する不用品が多い場合は、処分費用が引越し業者に依頼すると同じである可能性もありますが、それよりも安くなる可能性もあります。

デメリット

  • 見積もりなどの基本料金が3,000~5,000円かかる場合が多いです。
  • 依頼する業者を探したり見積もりを取ったりする手間がかかります。

無料でやってくれる不用品回収は安全?危険?

無料でやってくれる不用品回収は安全?危険?
不用品を「無料で回収します」と宣伝している廃品回収車や、「無料で回収します」と書かれたチラシをポスティングしている業者には、悪徳業者が多いので、結局は高くついたり、トラブルに巻き込まれて嫌な思いをしたりする可能性が高いので、出来る限り利用しないようにしましょう。

不用品回収業者を利用する場合は、「一般廃棄物収集運搬業の許可」を持っている業者へ依頼してください。

無許可で不用品回収をしている業者の中には、環境汚染につながるような方法で廃棄処分をしたり、法律的に認められない方法で不用品を処分したりしている場合が多いため、自分たちの社会を守るためにも、認可を受けている業者や、自治体からの依頼を受けている業者へ、不用品の回収を依頼しましょう。

引越し時の不用品回収の相場

引越し時の不用品回収の相場
不用品回収業者へ日用品の回収を依頼した場合、見積もりなどの基本料金として3,000~5,000円かかるのが一般的です。

処分費用としては、ベッドや食器棚などの大型家具は3,000~8,000円、椅子などの小さな家具や雑貨が500~1,000円で、家具を分解した場合の手数料などのオプションが1,000円程度となっています。

不用品回収を引越し業者へ依頼した場合は、基本料金の3,000~5,000円がかからないため、この分の料金は安くなることになります。

このほか、不用品を「トラックに乗る分だけ」という単位で計算し、不用品を回収してくれるという業者が存在します。

この「トラック詰め放題プラン」で不用品を処分した場合、軽トラックに積み放題で8,000~25,000円、2tトラック詰め放題で20,000~60,000円ほどで処分できます。

詰め放題サービスをしている業者で、買取りサービスもしている業者であれば、料金が安くなる可能性もあります。

ただし古かったり壊れたりしていて、買取りができないリサイクル料金がかかる電化製品を引き取ってもらう場合は、リサイクル料金が加算されます。

手間なく効率的に不用品を処分するコツ

手間なく効率的に不用品を処分するコツ
不用品の処分にかかる手間は、依頼する業者を探したり、見積もりを取ったりする負担が大きいと思います。

ですから、ひとり暮らし人程度のそれほど多くない不用品の量であれば、前もって処分できる不用品や小型家電は、自分でリサイクルショップへ持って行ったり、宅配の不用品買取りサービスを利用して処分したり、不用品を使ってくれる友人に譲ったり、自治体の指定する不用品回収業者に処分してもらうなどして極力不用品の量を減らしておきましょう。

不用品が余程多い人の場合は、前もってトラック詰め放題サービスなどで処分しておいた方が処分料金を抑えられてよいかもしれませんが、それほど多くない場合は、大型の不用品の処分は引越業者へ相談するのがよいでしょう。

不用品がそれほど多くない場合は、引越し業者が引越しの作業のついでに不用品も引き取って処分してもらうのが、最も効率的に処分する方法ではないかと思います。

引越し業者に不用品の回収を依頼する場合は、引越しとセットで依頼することができるオプションサービスなので、引越しの荷物を乗せるのに続いて、不用品の回収もしてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

引越しの時の引越し自体と不用品処分を両方こなしていくのは、とても労力のかかる作業ですので、いかに効率よくできるかがポイントです。

引越し業者の多くが、不用品回収サービスや、不用品買取りサービスをするようになりましたので、引越し業者をまずは頼ってみてくださいね。

最後に、今現在、各引越し業者が提供している不用品回収と買取りサービスの状況についてまとめておきますので、参考にしてみてください。

クロネコヤマト

  • 製造から6年以内の冷蔵庫、洗濯機など家電類は買い取ってもらえます。
  • 製造より6年以内の家具類は買い取ってもらえます。
  • 雑貨も買い取り対象です。
  • 買取りできないものは廃棄費用がかかります。

サカイ引越センター

  • 引越しサービスとは別に、宅配で不用品買取りサービスをしています。
  • 引越の時に不用の家具や家電を有料で回収し、処分してくれます。

ハート引越センター

  • PSEマークのある電化製品は無料で回収してくれます。
  • 製造から5年以内で、状態のよい家具は無料で回収してくれます。
  • 購入から3年以内のパソコンや、作動する周辺機器は無料で回収してくれます。
  • 食器などの小物も傷のないものであれば、無料で回収してくれます。
  • その他のものは有料で回収してくれます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。