ピアノは買取り・無料で引き取りできる!買取り・輸出可能なオススメ業者6選

部屋にある使っていない大きくて邪魔なピアノ。

掃除をするにも動かせないし、場所を取っているし、捨てるにも重くて動かせないし、引き取ってもらうにはどうしたらいいのかもわからない…。処分費用も高額になってしまいそう、と不安になる方も多いはずです。

あなたもそんな、ご家庭の不要なピアノの引き取りでお困りではないですか?

本記事では、ピアノの引き取りをできるだけ金銭的負担なく手放したい、という人のために、おすすめの引き取り方法について余すことなくお伝えします!

最後まで読んで頂ければ、悩みの種になっているピアノ、あなたもお得に手放すことができますよ!

片付け110番へのお問い合わせはこちら
※各種クレジットカード(Visa、Master)払い対応。
※お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちら※各種クレジットカード(Visa、Master)払い対応。
※お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

買取、無料引き取りされやすいピアノ

 

ピアノ引き取り条件

中古ピアノの中でも需要があるのは、次の条件を満たすピアノです。

ピアノの種類 グランドピアノ・アップライトピアノ  
ペダルの数 3本
外観 カラーは黒色
メーカー YAMAHA(ヤマハ)KAWAI(カワイ)Apollo(アポロ)Atlas (アトラス)Kreutzer(クロイツェル)Marchen(メルヘン)Schwester(シュベスター)Diapason(ディアパンソン)Steinway(スタインウェイ)Bechstein(ベヒシュタイン)Bosendorfe(ベーゼンドルファー)

また、次の条件を満たすものは、買取価格が高くなったり、無料処分の可能性も高まります。

次の付属品が揃っている 純正のピアノカバー、純正の鍵盤用カバー、椅子、専用のボードがある
インシュレータ(ピアノの足の下に敷く防音、防振、耐震用の丸い皿のようなもの)が足の数だけ揃っている、
次のような状態である 傷や汚れがない、調律もできている、製造から新しい

もしも、「買い取りから始められそうかな」と思ったら、買い取りに必要な情報を事前にしっかり洗い出しておきましょう!

ピアノ買取に必要な情報

買い取りや無料処分の可能性が0のピアノ

● ネズミ被害に遭っている
● 響盤が割れている
● 虫食いに遭っている
● 水濡れした
● 火事で焼けた部分がある
● ペットの粗相で汚れている
● 中国・韓国製の購入価格も安価なピアノ

オススメのピアノ引き取り先ランキング

ピアノを引き取りしてくれる業者には、『買取りに強い業者』『輸出も行っている業者』『処分のみ行う業者』とがありますが、それぞれメリットデメリットが異なります。自分のメリットに応じた依頼先で引き取りしてもらうことがポイントですよ。

  メリット デメリット
買取りに強い業者 ・買取価格がつけば臨時収入になる ・査定に時間がかかる
・査定に時間を割いても買取りしてもらえないこともある
輸出も行っている業者 ・買取り査定と処分見積もりを同時に行うことができる
・処分だった場合でも、処分のみ行う業者より費用が安い
・業者を見つける手間がある
・買取りの可能性は専門業者に依頼するより低い
処分のみ行う業者 ・即日や希望日で早くピアノを手放せられる ・処分費用が高額

ピアノ『買取に強い』業者

『再販できる販路をしっかり持つ』『メンテナンスできる技術力を有する』『迅速なレスポンスで高価買取実績がある』の3点から厳選した3社をランキング形式で紹介します!

ちなみに、買取り価格の相場は次の通りです。

買取り相場価格(メーカーやシリーズ、状態によって変動)
  グランドピアノ アップライトピアノ
製造20年以上 10万円前後 3万~5万円前後
製造10年以上~20年未満 15万円~20万円前後 13万円前後
製造10年未満 25万円~30万円前後 15万円~20万円前後
ペダルが2本のもの 0円~2.5万円程 0円~1万円程

1位:株式会社ドレミ楽器

株式会社ドレミ楽器

会社名 株式会社ドレミ楽器
対応エリア 拠点のある静岡を中心に全国対応
公式ホームページ http://www.doremipiano.co.jp/index.html
良い点 ピアノ製作経験のある技術者が揃っているので、自社での修繕技術も高く、買取りもハードルが低めで売れる可能性が高い

輸出もうたっていますが、自社工場での整備と国内での再販をメインに力を入れているようです。高価買取が叶いやすく、愛用していたピアノの次の活躍の場を生み出してくれるのは嬉しいですね。

2位:株式会社ピアノプラザ

株式会社ピアノプラザ

会社名 株式会社ピアノプラザ
対応エリア 全国対応
公式ホームページ https://www.pianoplaza.co.jp
良い点 ディノス主催の「ピアノグランバザール」で、買い取った中古ピアノの国内最大のピアノ販売展示会も行っている

国内での再販に非常に強いので、中古ピアノの買い取りにも強気でいられるんですね。査定依頼をしてからのレスポンスの速さも魅力的です。

3位:ピアノ工房関西

ピアノ工房関西

会社名 ピアノ工房関西
対応エリア 関西、中国、四国、九州
公式ホームページ http://www.piano-kobokansai.com
良い点 内外装の手入れを国内外の工房で行い、再販のための販路もしっかりと持っていることに加え、問合せ後のレスポンスがとにかく早い(土曜日の問い合わせでも2時間以内に返信がありました)

引き取り運賃は原則ピアノ工房関西で全額負担してくれるのも非常にポイントが高いですね!査定された額を、あとで差し引きされることなく手に入れられるのは安心できます。

『輸出』も行っている業者

『国外での販路の確保状況』『輸出実績』『メンテナンス技術の高さ』の3点から厳選した3社をランキング形式で紹介します!

1位:株式会社富士楽器

株式会社富士楽器

会社名 株式会社富士楽器
対応エリア 関東、中部、関西
公式ホームページ http://www.fujigakki.co.jp
良い点 中古ピアノの輸出事業を20年以上継続して行っており、アジア・ヨーロッパなど広い販路を持っている

長年の輸出事業と安定した販売実績は、中古ピアノの買い取りの可能性を高めてくれます。電子ピアノの無料引き取りも嬉しいですね。

2位:株式会社グランドギャラリー

株式会社グランドギャラリー

会社名 株式会社グランドギャラリー
対応エリア 全国対応
公式ホームページ http://www.grandg.com
良い点 上海にも事業所があり、輸出に関しても強い姿勢がうかがえます。再販だけでなくレンタルやリースなど時代の流れに乗って需要に応じた柔軟なサービス展開をしている

LINEなどSNSでの写真査定をしてもらえるのは気軽に依頼できてうれしいですね。多少の経年劣化が査定に響かないと明言されているのも魅力的です。

3位:伸和ピアノ株式会社

伸和ピアノ株式会社

会社名 伸和ピアノ株式会社
対応エリア 東北、関東、甲信越、北陸、中部、近畿、中国・四国、九州
公式ホームページ http://www.shinwa-piano.jp
良い点 買取・修理・再生・再販・輸出まですべて社内一貫体制で行っており、輸出先は北アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア・アジア各国など幅広い

年間で約16,000台もの買い取り実績があるのは、低コストでの再販を可能にする伸和ピアノならではの強みですね!
社内の技術力も高いので、手放したいピアノに思わぬ良い値段がつく可能性も高まります!

片付け110番へのお問い合わせはこちら
※各種クレジットカード(Visa、Master)払い対応。
※お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちら※各種クレジットカード(Visa、Master)払い対応。
※お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

どうしても無料処分が困難なら有料処分を

ピアノの価値は日々変動しています。

引っ越しやリフォーム、模様替えなど差し迫ったご事情で処分を急がれている際は、買取や無料処分にこだわりすぎず、安く処分できる先を探すことに時間をかけるのもピアノ引き取りをお得に終えるコツです。

ピアノの種類 処分費用相場
グランドピアノ 35,000円~50,000円程度
アップライトピアノ 25,000円~40,000円程度
電子ピアノ 10,000円~15,000円程度

有料で処分する場合は、しっかりと依頼先の業者を見極め、トラブルに巻き込まれないように注意してくださいね。

どんなピアノも処分してくれる業者2選

ここまで紹介してきた『買取に強い業者』『国内での販売に加えて輸出も行っている業者』と違い、処分のみ行う業者は、ピアノの状態やメーカーなどに関わらず引き取りをしてくれます。

該当するのはいわゆる『不用品回収業者』や『輸出のみで利益を得ている会社』です。
『料金体系とピアノ回収の実績』『産業廃棄物収集運搬業の認可(もしくは古物商許可)を所有』『スピーディーな対応』の3点から厳選した2サービスを紹介します!

100年商会

100年商会

会社名 100年商会(サイト名:ピアノ処分.com)
対応エリア 北海道、沖縄、離島を除く全国対応
公式ホームページ https://piano-shobun.com/index.html
良い点 ピアノ処分.comのサイト名の通り、処分のみを行う会社です。対象となるピアノは限られるものの、処分費用は0円とお得

0円処分は嬉しいですね。福祉施設への寄付や発展途上国への安価販売など、再活躍の場を広い視野で見出しているからこそできるサービスといえます。

片付け110番

大型のピアノは、ほとんどの自治体で粗大ごみとしての回収が対象外となっています。
自分で最寄りの不用品回収業者を見つけて、処分を手配する必要があります。

片付け110番

会社名 片付け110番
対応エリア 全国対応(全国の加盟店のうち依頼者宅から一番最寄りの加盟店が対応)
公式ホームページ https://kataduke-110ban.com/
良い点 電話でも処分費用の概算を教えてもらえる。現地の見積もりが無料で、日程が合えば即日回収も可能

一定の基準をクリアした加盟店が、適切な処分をしてくれます。
本部がしっかり加盟店の教育をしており、ぼったくりに遭わない体制が整っているのも安心できます。

まとめ

いらなくなったピアノのお得な引き取り方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

廃棄予定のピアノにも『買取』や『無料処分』の可能性があります。手放したいと思ったら、まずは買い取り、買い取りがダメなら無料処分を検討し、有料処分は最後の手段にしておくことで、安く、もしくは臨時収入を得て、ピアノを片付けることができます。

おすすめの業者についても解説しましたので、まずはあなたも問い合わせから始めてみてください!

本記事が、あなたのピアノ引き取りのお役に立てることを、心より願っています。