片付けベタから脱却!部屋の片付け上手になるための『たった2つのコツ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
片付け上手になるために外せない2つのポイント

気がつけば、いつも家中の部屋がモノで散らかっている…。
片付けたつもりなのに、全然片付かない!

片付けが苦手なので、困っているという人はいませんか?

つい買ってしまいがちな、TDL(東京ディズニーランド)関連のグッズや、期間限定商品など、または、趣味で集めたモノや小物など、持っているものが多すぎるとは思うけれど、なかなかモノを捨てられないという人もいますよね。

毎日仕事が忙しいので、片付けや掃除の時間を取れなくて、部屋にモノや洗濯物が散らばっているという人も多いと思います。

片付けられないでいる人の中には、出来ればモノを減らして、片付けられるようになって、「キレイな部屋で暮らしたい!」と 思っている人は多いのではないでしょうか?

実は、今回ご紹介する2つのポイントを押さえれば、片付けが苦手な人でも、片付けられるようになります。

スポンサードリンク

2つのポイントとは、『モノを分類』して収納し、収納場所には『ラベル付け』をすることです。

モノを分類して、収納場所にラベル付けをしてしまえば、収納場所を間違わなくなります。

たとえ、新しくモノが増えたとしても、分類に従えば、片付け場所も迷うことなくすぐに決められるようになります。

片付けが苦手な人は、『モノを分類』『ラベル付け』という簡単なポイントを知らないために、どのように片付けるかを分からなかったのです。

片付けが苦手な人でも実践できるように、ポイントをたった2つに絞りました。
この2つのポイントを順番に実践しすれば、続けて片付けられるような収納にすることができます。

そこで今回は、「片付けられるようになりたい」と思っている人のために、『片付け上手になるために外せない2つのポイント』について、具体的な方法と共にご紹介します。

片付け上手になるために外せない、モノを分類する方法と、ラベル付けの方法を、なぜそれが重要なのかという理由と共に紹介します。

これからご紹介する方法で片付ければ、片付けが苦手な人でも、テキパキと片付けられるようになり、片付いたキレイな家で暮らせるようになります。

いつも散らかっていたモノの、片付け方法が分かるようになり、片付けられる人になります。

片付けが苦手な人の「3つ」の特徴

片付けが苦手な人の「3つ」の特徴
片付けが苦手な人には、

  • モノを捨てられない
  • 片付ける場所が決まっていない
  • モノが多すぎて片付ける場所がない

という3つの特徴があります。

実は、この3つの特徴は、『モノを捨てられないので、持っているモノが多くなりすぎるため、片付ける場所がなくなってしまっている』というように、それぞれの特徴は連鎖的につながっています。

『モノを捨てられない』という、『片付けられなくなってしまう最初の原因』を取り除いた後に、収納場所を決めれば、片付けられるようになるのです。

実際、ある調査会社によるアンケートの質問で、上に書いた苦手な3つの特徴を問う項目に、片付けられない人の多くが「はい」と答えています。

片付けられない人が陥りがちな、3つの特徴をよく知って、意識して対処していきましょう。

物を捨てられない

片付けが苦手な人は、モノを捨てることが苦手です。

モノを捨てられない原因には、モノに執着してしまうという癖のほかに、モノを捨てる決断を先延ばしにしてしまうという癖が関係しています。

モノを捨てないという選択を続けてしまう癖のせいで、モノが増え続けてしまうのです。

モノを捨てるのにも、捨てるモノの決め方にも方法があります。
※モノを捨てる方法については、後ほどご説明します。

片付ける場所が決まっていない

片付ける場所が決まっていないということも、片付けが苦手な人の特徴です。

片付け場所が決まっていない場合、収納されない状態で、モノが出しっぱなしになるか、ごちゃ混ぜになった状態で置かれることになります。

モノが出しっぱなしになっていれば、散らかっているという印象になりますよね。

モノがごちゃ混ぜに置かれていれば、決して『使いやすい収納』ではなく、片付いている状態ではないのです。

『部屋を片付ける』ということは、それぞれのモノが収納される場所に戻されて、『使いやすいように収納されている』状態のことを言います。

片付ける場所がないのはモノが多すぎるから

「片付ける場所がないから片付けられない」と感じている人は、持っているモノが多すぎるのです。

持っているモノが多いために収納する場所が足らなくなり、収納できなくなってしまったたくさんのモノが溢れて、散らかってしまうのです。

テレビで、片付けられない人の部屋を紹介している番組が、よくありますよね。

片付けられない人の部屋に共通しているのは、押し入れの中など、収納場所の中はモノでいっぱいで、収納場所に入りきらなくなってしまったモノが、床にも散らばっています。

片付ける場所がないと感じる人は、家の収納場所をチェックしてみてください。

収納する場所がないのであれば、あなたは持っているものが多すぎるだけなんです。

モノを捨てる基準の決め方

モノを捨てる基準の決め方
モノを捨てる時は、『捨てる基準』を持つことで、なかなか捨てられず、増えてしまったものを処分することができます。

捨てる基準が決まっていないと、知らず知らずのうちに、モノはどんどん増えてしまいます。

過去の思い出を全て保存しておいたり、未来への不安に備えて、たくさんのモノを用意しておくということでは、モノを減らすことができません。

捨てる基準の決定ポイント

捨てる基準を決めるには、『現在の自分』が関わりのあるモノを選ぶということがポイントです。

現在の自分に関わるモノを残して暮らすことで、持っているものが十分に利用される、適度な量のモノを残すことができるのです。

使う or 使わない

『使うか使わないか』という基準でモノを捨てれば、使わないのに多くの場所を占領していたものを処分することができます。

「もったいない」「いつか使うかも」「まだ壊れていない」などの理由で、使っていないモノは、これからも、おそらく使わないでしょう。

今まで捨てる理由がなくて、使わないのにずっと持っていたモノが、『使わないモノ』として、処分の対象になります。

処分の対象になったモノは、リサイクルショップへ持っていくことで、処分をする気持ちの決心が着きます。

必要 or 不必要

『必要か不必要か』という基準でモノを捨てれば、つい買い集めてしまったモノを処分することができます。

小物、健康器具、調理器具など、欲しくてつい買ってしまったけれど、結局あまり使わなくなってしまったモノの中には、不必要なモノが多くあります。

特に『〇〇専用』というような用途が1つしかない器具や、使いにくく手入れが大変なモノ、いくつもある同じようなモノは、使わなくなるケースが多いです。

「せっかく買ったのにもったいない」という気持ちもありますが、「不必要なモノを保管しておく場所の方がもったいない」という気持ちを切り替えてみましょう。

『必要 or 不必要』という基準でモノを捨てると、モノを買う時も「これは本当に必要なのかしら?」と考えて購入するようになります。

欲しくて買ったけれど、今は全然使っていないモノは、『不必要なモノ』として判断しましょう。

不必要なモノは、リサイクルショップへ持って行くか、リサイクルショップで買い取ってもらえない調理器具などは、各自治体の処分方法に従って、思い切って処分してしまうのがオススメです。

ときめく or ときめかない

『人生がときめく片づけの魔法』の著者である『こんまり』さんの基準である『といめくか、ときめかないか』という基準でモノを捨てる方法は、自分の理想の暮らしが想像できる人にオススメです。

『ときめくorときめかない』は、好きなものを直観で判断します。

直感で判断するには、自分の気持ちや感覚を敏感に感じ取ることが必要です。

コレクターの人が集めたモノも、ときめくモノは捨てずに残すことになります。

基準が決められない人はどうすればいいか?

捨てる基準が決められない人は、数を基準にしてみましょう。

数で基準を決めることで、あまり悩まずに、モノを処分することができます。

同じようなモノがたくさんある場合は、持っておく数を決めて、それ以上増やさないようにするのです。

数で数えるのが面倒な場合は、収納するスペースを決めて、そこに入る分だけの量にするのです。

また、『1年以上使わなかったら捨てる』など、一定の期間使わなかったものは捨てるという基準も、分かりやすい基準です。

片付け上手になる方法

片付け上手になる方法
片付け上手になるには、まずは、分類上手になることが重要です。

まずはモノを分類することで、片付けやすい収納にできるからです。

自分が持っているもモノを、自分なりに分類して収納することで、頭の中で収納場所をイメージしやすくなります。

さらに収納場所には、収納するモノの名前を、ラベルに書いて貼っておくことで、家族の誰でも迷わずに、決められた収納場所へ、モノを片付けることができるのです。

例えば、スーパーへ行くと、商品が種類ごとに並べられていて、商品棚の通路には、陳列されている商品の大まかな種類が、プレートで下げられていますよね。

初めて行ったスーパーでも、プレートを頼りに探せば、目的のものを見つけることができます。

何度かスーパーへ行くと、買いたい物の売り場をすぐにイメージできるのは、商品が種類ごとに並べられているからなのです。

分類は片付け上手になる一歩

モノを分類することは、片付け上手になるための、重要な一歩です。

モノを分類することは、分類したモノごとにグループを作ることで、モノを大きな単位でまとめて収納するという、収納をシンプルにする準備段階となります。

モノを1つ1つ並べるより、同じ種類のモノをまとめてボックスに入れて、ボックスを並べる方が簡単ですよね。

分類は、自分自身が仲間だと思うモノ同士をグループにして、分類したグループごとに収納するのです。

人それぞれに、考え方のクセがあるように、分類の方法も人によって違います。

家族にも分かりやすいように分類を意識することで、家族全員にとって使いやすい収納になります。

分かりやすい分類をして、モノを使った後は、家族誰もが片付けられる家を目指しましょう。

モノの分類方法の例

5種類のモノの分類方法を紹介します。

状況によって、分かりやすい分類法を選んで使い分けてください。

種類別

種類別にモノを分類する方法は、多くのモノを効率よく分類し、誰にでも分かりやすく収納できるという効果があります。

同じ種類のモノは、まとめてグループにすることで、モノを探す時は、家中のモノ中からではなく、1つのグループの中からだけ探せばよくなります。

種類別に分ける方法は、『モノの種類別』『モノの持ち主別』があります。

衣類・書類・小物などに向いた分類方法になります。

目的別

目的別にモノを分類すると、仕事の効率がアップします。

特定の仕事をする時に、必ず使うモノをセットにしておくことで、作業前の準備や片付けが格段に便利になるんですよ。

お裁縫セット、工具箱、掃除道具など、必ずセットで使うものは、まとめておくと便利ですよね。

趣味、料理、仕事用など、日常でよく使うものほど、目的別に分類することで、毎日の家事や仕事がはかどるようになります。

場所別

決まった場所でしか使わないものは、場所別に分類すると便利です。

一定の場所や部屋でしか使わないもモノは、使う場所の近くに置いておくことで、作業が効率化します。

タオル類は脱衣所に、洗濯石鹸類は洗濯機の近くに、調理器具はキッチンにあると便利ですよね。

自宅のそれぞれの部屋で、どんな作業をするか思い浮かべながら、分類してみましょう。

使用頻度別

使用頻度別にモノを分類して、収納場所を区別することで、収納スペースを有効活用することができます。

使用頻度の低いモノをたくさん持っている人は、実は、不必要なモノをたくさん持っている場合が多いのです。

使用頻度が低いモノを減らすと、持っているモノの量を減らすことができます

普段使うモノの中でも、頻度の高いモノと、それほど高くないモノを分類して、特に使用頻度が高いモノは、出し入れしやすい胸から腰の高さの引き出しなどに、収納しておくと便利ですよ。

よく使うモノは、出し入れしやすい場所へ収納し、あまり使わないモノは、押入れの奥などの、出し入れしにくい収納スペースに収納するために分類します。

季節モノ、旅行グッズ、家族のイベント用用品などは、使わないけれど必要なモノは、まとめて分類しておきましょう。

大きさ別

モノを大きさ別に分類し、揃えて収納することで、使いやすく、見た目にもスッキリした収納にすることができます。

大きさを揃えることで、収納力がアップし、出し入れもしやすくなります。

大きくて重いモノは下の方に収納し、小さくて軽いモノは、引き出しや収納ボックスごと取り出せるので、上の方に収納するというように、収納場所の区別をするために、大きさ別に分類しておきます。

種類が多くて、様々な大きさや重さのモノがあるキッチン用品や食器などは、大きさ別に分類するのに向いています。

分類すると収納がシンプルになる

片付け上手になるために分類が重要なのは、モノを分類すると収納がシンプルになりますよ。

片付けがシンプルになれば、「面倒くさい」とか「どこに片付けよう?」というような、片付けを邪魔する要素が少なくなります。

収納がシンプルになるということは、日常の片付け作業がシンプルになるということです。

モノを分類しながら、実は、私たちの頭の中を整理し、シンプルに考える作業でもあるのです。

シンプルになった事例

書類や小物などは、同じようなモノであっても、種類や数が多いので、分類することでシンプルに片付けることができます。

きちんと分類してあれば、必要なくなった書類も、一目で見て分かるので、見つけやすくなり、速やかに処分して書類管理を維持できます。

特に書類は、目を通さないと何の書類なのか分からないので、『種類別』や『目的別』に分類することで、書類整理が簡単になります。

分類の数が多い書類などは、この後紹介する『ラベル付け』をすることが、特に必要です。

分類したグループごとに収納場所を覚えればよい

家中のモノをしっかりと分類して収納すれば、分類したグループごとに収納場所を覚えればよいので、すべてのモノの収納場所を簡単に把握できます。

分類していないモノ1つ1つの収納場所を覚えるのは難しいことですが、分類したグループの収納場所を覚えることは、それほど難しいことではありません。

収納場所を簡単に覚えられるため、片付け作業もスムーズに進みます。

『場所別』や『使用頻度別』に分類すると、さらに収納場所を覚えやすくなります。

ラベルを付けると片付けやすくなる

ラベルを付けると片付けやすくなる
分類したものを収納した場所に、収納してあるモノの名前や分類したグループ名を書いてラベルをつけると、格段に片付けやすくなります。

ラベルを付けるということは、収納場所に表札をつけるようなものです。

ラベルが付いていることで、収納場所を間違えず収納したり、迷ったりすることなく取り出すことができるのです。

収納ボックスの外側や、棚板に、ラベルをつけるだけの簡単な作業です。

ラベルがあれば家族誰もが片付けられる

収納場所にラベルが貼ってあることで、自分だけでなく、家族誰もが片付けられるということが重要なポイントです。

収納場所が一目で分かれば、家族全員がモノの収納場所を把握できるので、家族のそれぞれがモノを取り出し、取り出した後に収納することができるようになります。

ですから、「収納場所は全部覚えているからラベルを付けなくてもいい」という人も、家族全員が収納場所が分かるように、ラベル付けすることをオススメします。

家族1人1人が収納場所にモノを戻すことができる収納方法で、部屋の片付けを、自然と手伝ってもらえる環境になるのです。

一目で収納場所がわかることが重要

ラベル付けのポイントは、一目で収納場所がわかるということです。

ラベルの字を追っておけば、誰でも簡単に、使いたいモノがすぐに見つかるようになりますよ。

収納ケースやファイルなどに入っていて、中身が分からないモノは、ラベル付けが特に重要です。

一目でラベルが目に付けば、家の誰もが、モノの収納場所が分かるようになります。

誰でも見やすいように、読みやすく、見えやすい場所に貼りましょう。

小さい字で書いてあったり、背の高さによってはラベルの字が見えなかったりするのでは、せっかくラベルをつけたのに分かりにくく、ラベルが十分に活用されなくなってしまいます。

便利なラベルグッズ

ラベル付けに便利なグッズが多く販売されていますが、その中からオススメのラベルグッズをご紹介します。

ラベルに使うと便利なのは、『気軽に貼れて、気軽にはがせる』ことがポイントです。

ラベルを付ける時にためらう人は、「ラベルを後で剥がすのが大変なのではないか?」という気持ちがあるからですよね。

そこで、簡単に剥がせて、あまりコストもかからないラベルグッズを2つ、ご紹介します。

貼ってはがせるラベル

普通のラベルは、剥がすと粘着部分が残ってしまいますが、『貼ってはがせるラベル』は、剥がしても一切あとが残りません。

貼ってはがせるラベルは、ラベルの大きさを揃えたい時にオススメです。
気軽に書いて、見栄え良く仕上げることができます。

様々なサイズのラベルがあるので、収納場所のサイズに合わせて、使い分けてみましょう。

マスキングテープ

可愛いマスキングテープを使えば、おしゃれなラベル作りができます。

マスキングテープは自由に長さを調節できるので、ラベルに書く字数が多い場合でも、幅広く活用できます。

以前は塗装時などの養生用テープだったマスキングテープが、現在は文具や雑貨として、可愛いものがたくさん販売されています。

ラベルとして利用する場合は、マスキングテープは、色が薄くて無地のものを選ぶことで、書いた字が目立つためオススメです。

様々な柄や幅のマスキングテープが販売されているので、貼るケースの色味やサイズに合わせて選んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、「片付けられるようになって、キレイな家で暮らしたい」という人のために、『片付け上手になるために外せない2つのポイント』について、ご紹介しました。

この2つのポイントを押さえれば、片付けが苦手な人でも、片付けやすい家にすることができます。

片付け上手になるためには、モノを分類することと、収納場所には、収納してあるモノの名前や分類したモノのグループ名を、ラベルに書くことが重要です。

モノを分類することで、収納がシンプルになり、部屋を片付けやすくなります。

収納がシンプルであれば、片付け作業そのものがシンプルになるからです。

今回ご紹介した分類が、基本の分類方法になりますが、ご自身で分かりやすい分類方法があれば、アレンジをしながら、自分流のアレンジで分類してみてください。

収納場所にラベルを貼ると、片付け場所を間違わなくなり、片付けやすくなります。

収納場所にラベルが貼ってあることで、収納場所が一目でわかり、家族の誰もが気軽に片付けられるようになります。

ラベル付けは、物の収納場所が、自分だけでなく人にも分かりやすいようにするために貼るものです。

字が読めない小さい子どもでも収納場所が理解できるように、ラベルは字で書かずに、絵で描く方法もオススメです。

収納用品は、スペースの大きさに合わせて、形が同じものをたくさん揃えると、片付けがはかどりますし、ラベルも目立ちやすくなります。

片付けが苦手な人のために、2点に絞った、重要なアドバイスとしてご紹介しました。

ぜひ、片付けがはかどる家に、変身させてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。