ADHDは病気ではない!?片付けられない原因は一体何!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

片付けや掃除ができなくて悩んだり、それが原因て家族親族からキツく当たられたりすることで悩んでいる方は多いと思います。

そういったことで悩んでいる方がいろいろとお調べになって辿り着く答えのひとつに、「ADHD」があります。

ADHDとは日本語に直すと、「注意欠陥・多動性障害」と言います。

実はADHDはかつては幼児期~児童期の子供特有の障害だと思われていましたが、近年では大人になってから発覚する「大人のADHD」という認識も生まれました。

学校を卒業して就職してから、仕事をする上で仕事ができなかったりミスが多かったり忘れ物が多かったりと、明らかに他の人よりも注意力が欠落していることに気づいて、病院で診てもらったらADHDだったというケースが増えています。

ADHDの子供もですが、大人になってからADHDが発覚した人の多くは、部屋や家の片付けや掃除ができなくて悩んでいるという方が多い印象にあります。

衝動買いをしてしまったり、いらない物やゴミが捨てられなかったり、洗濯した服をしまえなかったり、物を元あった場所に戻せなかったりと、様々な事象が重なり部屋の中がめちゃくちゃになってしまうのです。

僕もADHDの診断済みの方の部屋をいくつか見せてもらったことがありますが、どの方の家や部屋も足の踏み場が無いといった状態でした。

ではADHDの人は、今後自らの手で片付けや掃除ができないということでしょうか?

そもそも、無理してまで片付けや掃除をする必要があるのでしょうか?

今回は片付けられないという事実とADHDの関係性について、紐解いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ADHDの何が片付けられなくするのか?

ADHDの何が片付けられなくするのか?

興味が無くて集中力が続かないから

驚くべきことにADHDでも片付けができる人はいるのです。

そのような人がなぜ片付けられるのかと言うと、「片付けや整理整頓が好きだから」なのです。

ADHDの特徴に「好きなことなら集中できる」というのがあるのですが、正にそういうことなのです。

普通の健常者の人でも苦手意識が多い片付けや整理整頓ですから、興味の無いことには集中力が続かないADHDの方にとってみれば、至極当然のことなのです。

片付けに着手することも困難であるし、片付けを続けるということも困難にさせてしまうのです。

活動を順序立てて行うことが難しい

ADHDには優先順位をつけたり順番をつけることが難しい特徴があります。

片付けや整理整頓においてこの「順序立てて行うことが難しい」がどういったことを引き起こすのかと言うと、片付けをするにおいてまず何から始めるべきなのかや、次に何をするべきかということがわからないのです。

本来であれば片付けや掃除や整理整頓は「順序」ということが重要なファクターになってきます。

正しい順序で片付けをしていかないと、二度手間になったりモチベーションが続かないなどの弊害が生じてきます。

また優先順位がつけられないということは、物が捨てられないということにも結びついてきます。

自分にとって何が必要で何が不必要なのかという判断ができずに、「またいつか使うかもしれないから…」「買ったばっかりだから捨てるのはもったいない」という理由を引っさげて、物が捨てられないのです。

ADHDは病気ではない

ADHDは病気ではない
片付けとADHDについて調べていると、「ADHDは病気」という記述が多く見られます。

正しく表現すると、ADHDは病気ではなく「障害」なのです。

ADHDは、発達障害者支援法で定義付けられた発達障害の一種で、注意力や衝動性、多動に障害を持つ発達障害です。

似たような言葉ですが、「病気」と「障害」は全く別の意味を成す言葉です。

病気とは本来健康である状態が一時的または永続的に損なわれている状態だと思います。

だから、治る病気もあれば治らない病気もあるのです。

しかし障害は生まれつき身体の器官の一部が機能しておらず役割を果たしていない状態で、その状態が治らない症状だと思います。

ADHDの人は昨日おとといADHDになったわけではなくて、ADHDだということに気づいたのが最近なだけであって生まれつきADHDだったのだと思います。

ADHDを始めとして発達障害に分類される障害は治ることはありません。

しかし、投薬などで症状を一時的に正すことは可能です。

ADHDの治療を受けたい、診断を受けたいと思われる方は、お住まいの都道府県に「発達障害支援センター」が設けられているので、そこに尋ねてみましょう。

治療や診断・診療をしてくれる病院を紹介してくれます。

ADHDでも片付けられるようになる方法

ADHDでも片付けられるようになる方法
障害なら、治らないのなら、ADHDである限りもう片付けや掃除や整理整頓はできないということなのでしょうか?

僕はそうは思いません、少なくとも片付けたいと思っている方は片付けられるようになると思います。

これからその具体的な方法について紹介していきます。

片付けが得意な人と一緒にする

僕はこの方法が一番の特効薬だと思っています。

やり方がわからなくてできないのであれば、やり方に長けている方と一緒に片付けや掃除をすれば良いと思います。

なぜなら、片付けの方法を知ることができる上、客観的な物の見方も備わるからです。

例えばADHDの方の多くは物事の優劣をつけることが難しいから「物が捨てられない」ということを上で書きました。

「物事の優劣」をつけることが困難なのであれば、自分とは違う客観的な視点が備わって「物事の優劣」の判断ができれば、物が捨てられるのではと思っています。

現にADHDの方が整理収納アドバイザーの方と一緒に片付けと掃除をしたケーススタディを見たことがありますが、本人の判断だけでは物が捨てられなかったのが、整理収納アドバイザーの方にいろいろ質問されたり改めて自問自答をしたりすると、物が捨てられたのです。

片付けが得意な人・長けている人と一緒にすることが、ADHDの方にとって有効だと思います。

工程表・マニュアル化する

片付けでどこをどうやって・何をどうしてするかという具体的な作業や行動を、あらかじめ視認できるようにしておけば、いざ片付けをするとなった時にパニックにならずに作業に着手できると思います。

結局は何をしていいかわからず頭の中がパニックになってしてしまうので、目で見て何をすべきかが確認できたら良いと思います。

片付けの順序等については「『ときめきお片づけ』のこんまりさんに学ぶ、片付けの順番」「決めるだけで散らかりにくくなる、家の片付けの順番」を読んでいただけると良いと思います。

音楽をかけながらする

少しでも集中力を切らさずに片付けや掃除の作業をするためには、好きな音楽をかけながらすることをオススメします。

好きな音楽やアップテンポの音楽をかけながらすると、体が自然と動くので作業が止まりにくくなって良いと思います。

それでも上手くいかないなら…

それでも上手くいかないなら…
どう頑張っても片付けができないのであれば、諦めるか完全に他人に委託することを勧めます。

なぜならADHDはできること・得意なことは無限の可能性を秘めていますが、できないこと・苦手なことについてはとことんできません。

なので注意欠陥が出てしまう分野は、誰かに委託してしまうか、もう開き直って諦めましょう。

まとめ

実は僕自身も診断済みのADHDなのですが、僕の場合はいろんな人達のおかげで何とか自分の力で片付けられるようになりました。(詳しくは「散らかりにくい部屋が手に入る!全5つの片付けのコツと収納術」をお読み下さい)

やはりポイントは「物を捨てて減らす」ということだと思います。

物の絶対量が少なければ少ないほど、散らかる物も少ないですし掃除も習慣化してしやすいです。

ADHDの人の場合、やはり物を捨てるということが一番の鬼門と思いますから、そこだけでも誰かと一緒にできたら後はスムーズに整理整頓ができるのではと思います。

いろいろと試行錯誤すれば、必ず片付けができるようになると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*