決めるだけで散らかりにくくなる、家の片付けの順番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

何事においても「順番」って大切ですよね。

例えば家を建てる時も、いきなり屋根に瓦をのせることや、壁に色を塗っていくってことはできませんよね?

家の場合だと、まず「基礎」をつくることから始めなければなりません。

同じ様なことが、家の片付けにも言えると思います。

「私の家は汚部屋とまではいかないのですが、衣類等が散らかっていています。良い方法はありませんか?」

「突発的に片付けはするのですが、すぐに元の通りに戻ってしまいます。良い方法はありませんか?」

という相談をよく受けます。

僕にも経験がありますが、散らかっているなと思ったところを片付けても、またすぐに元の状態に戻ってしまって…ということを繰り返ししていました。

その後気づいたのですが、それもこれも、「順番」を決めて片付けをしていないから、元の散らかった状態に戻ってしまったのだろうと思いました。

また、「家の片付けをする時に、効率良く掃除や片付けができる手順はありますか?」

「楽しみながら掃除や片付けをしたいのですが、そういう風にできる順番はありますか?」

という相談も受けます。

片付けに「効率」や「楽しさ」を求めるのであっても、「順番」を決めて行った方が良いと思います。

今回は、そんな家の片付けにおいて重要な「順番」について紹介していきます。

スポンサードリンク

順番を決めずに片付けをすると起こる“恐怖”

順番を決めずに片付けをすると起こる“恐怖”

「汚部屋」になってしまう

上記の「突発的に片付けはするのですが、すぐに元の通りに戻ってしまいます」という質問に直結する問題です。

順番を決めずに片付けをしようとすると、物が散らかっていたり汚れていたりするところ“だけ”をしてしまいがちです。

片付けという行為は、そのような表面的な“氷山の一角”だけでなく、もっと土台になる部分からしなければならないのです。

なので、そのような突発的で表面的な箇所だけの片付けをしても、短いスパンでその行為を繰り返すことになってしまうでしょう。

短いスパンで片付けを繰り返していると、片付けをしているあなたのやる気が徐々に削がれていき、片付けをする気すら失せてしまい、結果的に物が溢れて「汚部屋」の状態になってしまうかもしれないのです。

僕もそうでしたが、片付けを短いスパンで繰り返していたら、なんかもう面倒くさくなって、片付けや掃除をしなくなっちゃっていました。

すると、徐々に徐々に物が散らかっていって、いわゆる「汚部屋」のような状態にまでなってしまっていました。

でも、僕はその後片付け方をいろいろ調べて、片付けには順番が大切なのだと気づいたので、今ではそのような状態になることはなくなりました。

服にホコリが溜まる

片付けなきゃならない状態の人の中には、自分の衣類等を衣装ケースに収納せずに、洗濯して干して乾いた物をそのままリビングの床やソファに重ねていて、着る時になったらその「衣類のタワー」から取って着るという方が多いです。

それは、見た目にも悪いでしょうし、何よりその「衣類のタワー」にホコリが付着していきます。

家の中ってどんなに掃除をしても、ホコリは舞っています。

ホコリは衣類などの繊維やハウスダスト、更にはダニやノミなどの死骸や糞などで、そういった物が服に付着して積もっていくのは、衛生的に良くないと思います。

なので、順番を守って家を片付けて、衣類も収納すべき場所に収納することをオススメします。

引越しの時に困る

もし、あなたが今後引っ越す予定が少なからずあるのなら、順番を守って片付けておくことをオススメします。

なぜなら…散らかった部屋を引越しの時になって初めて片付けて荷造りするのと、元々片付けられててキレイな部屋の荷造りをするのとでは、圧倒的に「片付けられた部屋の荷造り」の方が楽だからです。

いや、決して「片付けられた部屋の荷造り」が楽なのではなく、相対的にそう感じるからです。

ただでさえ引越しの荷造りは大変な作業なのに、物が散らかっていてホコリまみれの部屋をキレイ掃除して片付けてとなると、本当に大変です。

僕は学生の頃、お世話になった先輩の引越しの手伝いをしたことがあります。

その先輩の部屋には何度も遊びに行っていたのですが、その時から既に「汚部屋」に近い状態でした。

そんな状態の部屋の引越しの片付けは、本当に骨が折れました。

まず、要る物と捨てる物を分ける作業にすごい時間を取られ、尋常じゃないくらいのホコリを外に出し、石化したような食べ物だったものを捨てる…

想像を絶するものがありました。

バイト代をくれたからまだ良かったものの、もう二度としたくないと思いました。

その先輩の引越しの手伝いをしたおかげで、自分の部屋は片付けてキレイにしておこうと決めました。

おかげで僕の引越しは、ほぼ自分一人でできました。

こんまりさんや安東英子さん…片付けの“権威”に学ぼう

こんまりさんや安東英子さん…片付けの“権威”に学ぼう
だいたい2010年くらいから「断捨離」という言葉が流行りだして以来、「こんまり」こと近藤麻理恵さんや、安東英子さんという「片付けのプロ」と言われる方達が、メディアに出てきたり、著書がヒットしたりしてきました。

そういった、片付けの“権威”の様な方達は、就職や結婚・子育てなどのイベントを経て、独自の視点で「片付け」を見直し、いろいろ試行錯誤を経てノウハウやマインドを確立し、様々な媒体でそれらを発信しています。

例えばこんまりさんの「ときめきお片づけ」に代表されるような本だったり、安東英子さんのブログだったりセミナーだったりです。

もしあなたが、今片付けに対して少しでも情熱があるのなら、この方達のような片付けの権威が発信していることを学ぶのもいいかもしれません。

さてそれでは、僕が実際にいろいろと調べて実践した、片付けの順番を紹介します。

こうすれば失敗しない片付けの順番

こうすれば失敗しない片付けの順番

捨てる

家の中にはいろいろな物があると思います。

衣類、本、書類、小物、そして思い出の品…

なかなか捨てづらいかもしれませんが、片付けですべきは、まず「捨てる」ということです。

昔の僕は、「捨てる」ことができなくて、なるべく捨てずに片付けをしていましたが、それがすぐに元に戻る元凶だったと思います。

ちゃんとこれからも使う物と、もう使わない物を分けて、使わない物はスパっと捨てましょう。

どのカテゴリーから捨てていくかということについては、こんまりさんが「衣類→本→書類…」と著書で記されています。

上述した通り、衣類を積み重ねている方が多いのではないかと思うので、まずはこれからも着る服と着ない服を分けて、着ない服を捨てるということから始めたら良いのではないでしょうか。

どの部屋からしていくかというと、これについては安東英子さんがインタビューでこう仰っています。

片付ける順番があって、主婦はリビングをまず片付けたがるけれど、リビングは最後。寝室なんて誰も見えないからいいわ、なんて全部屋を片付けないと、必ずリバウンドします。
私が最初にアドバイスするのは、まず人から見られないところからきれいにしましょうということ。
一戸建ての人は、外の物置から、マンションなら納戸をまず徹底的にきれいにする。人の心理としてきれいな部屋には汚いものを置きたくなくなるから、その心理を利用し、まずはものを収納する場所を徹底的にきれいに掃除するのが、片付け上手になる秘訣です。

また、この時に気をつけたいのが、少しの時間でキレイになる場所から片付けることをオススメします。

なぜなら、そういった場所からキレイにすることで達成感が味わえ、次の場所もやってみようという意欲に繋がるからです。

家具や家電の位置を見直す

要らない物を捨てたら、かなり物が減ったのではないですか?

物が減ったら、次は家具の配置を見直してみましょう。

なぜならその家具の位置が、あなたの部屋を散らかった状態にしていた“元凶”かもしれません。

あなたの部屋の家具が、もっとあなたの生活に合った場所にあったら、部屋が散らからなかったのではないですか?

例えば、掃除洗濯をする上で、洗濯機と洗濯物を干す場所が離れていたら、干すことが億劫になってしまうでしょう。

干す場所と服を収納するタンスや衣装ケースが遠かったら、服を収納することが億劫になりませんか?

せっかく洗った食器を収納する食器棚が遠かったら、食器をしまうことが嫌になるかもしれません。

そのように考えて、家具や家電の位置を見直して、あなたの生活に合った場所を再確認してみましょう。

収納場所の確保

要らない物を捨てて、家具や家電の配置を直したら、次は収納場所を確保していきましょう。

やり方自体は、先ほどの「家具と家電の配置の見直し」とよく似ています。

あなたの生活に合った収納スペースをつくっていきます。

例えば、よく着る服とあまり着ない服(礼服や喪服)を分けて、よく着る服は出し入れがしやすい場所に収納し、あまり着ない服はちょっと奥まった場所に収納するといった感じです。

また、扇風機やストーブなどの季節によって出したりしまったりする物は、出しやすくしまいやすい場所に収納できるように、場所を確保しましょう。

収納する

要る物を収納する場所を確保し、何をどこに収納するか決めたら、収納していきましょう。

これだけ用意周到に計画して片付けてきたわけですから、きっと上手く収納できるはずです。

さらに全ての物に定位置を決め、取り出しやすいよう収納しましょう。

このように一度収納する環境をつくっておくと、それを崩したくない意識が働くようになるはずです。

掃除

全ての物が収納できたら、掃除をしましょう。

以前に比べて、床に掃除機をかけることが簡単になっていませんか?

家具などの雑巾がけが、簡単にできるようになっているはずです。

自分を笑顔にするために、家族の笑顔を見るために

自分を笑顔にするために、家族の笑顔を見るために
順番を決めて家の片付けをすると、以前より散らかりにくくなります。

また、物が無くなることもなくなるので、そういったことでイライラすることもなくなるでしょう。

掃除も短時間で済むし、無駄な買い物もしなくなるから、時間の浪費や、無駄に物を買うといったこともなくなります。

するとどうでしょうか、あなた自身の目付きや表情も良くなって笑顔になるでしょうし、他の家族の笑顔も増えていくでしょう。

僕も先輩の部屋の片付けと引越しで嫌な思いをして、自分の部屋を順番を決めて片付けました。

そのおかげか、僕の引越しの時に手伝いにきた両親に「私たちが何もしなくていい状態で良かった」と喜ばれました。

順番を決めて片付けをすれば、その先には「幸せ」が待っています。

ぜひ、試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*