家具を買わなくても出来るキッチンを片付けるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アパートや社宅で暮らしていると、収納場所に困ることがありますよね。

収納場所が足りないので、引き出し一杯に詰め込んで、出し入れが大変になってしまい、ストレスを感じてしまうことはありませんか?

特にお子さんが生まれて家族が増えてくると、その悩みは深刻化します。
おもちゃやおむつなど、かさばるものが多くて部屋を片付けるのもお手上げになってしまいます。

収納に困った人を助けてくれる、最も便利な収納用品があります。
それは高価な家具ではなく、スチールラックです。

私は収納上手な友人の家へ行った時、スチールラックを上手く使って物を収納していたのを見て感心したことがありました。

スチールラックはサイズのバリエーションが多く、スペースに合わせて収納場所を作ることが出来るのでとても便利です。

背の高いスチールラックを使えば、天井までの空間を生かして収納場所を大幅に増やすことができます。

また、転勤族の方であってもスチールラックであれば、引っ越し先でもスペースに合わせて使い回すことができます。

また、スチールラックはスチールカラーだけでなく白などの色や、木製の棚板などパーツの種類が多く、部屋の雰囲気を壊さずに使うことができます。

今回はとても便利なスチールラックを使って、収納に困りがちなキッチンをすっきり片付ける方法を紹介します。

スポンサードリンク

キレイなキッチンはココが違う!

キレイなキッチンはココが違う!
流し台の上にあるのは水切り籠、というくらい片付いているキッチンはとてもキレイですよね。

片付いていると料理をする時作業がはかどりますし、掃除もしやすいのです。

キレイなキッチンを保つには、作業がしやすく、物の出し入れをしやすい使いやすいキッチンにしていく必要があります。

つまり収納を工夫することで、キッチンの使い心地は格段に変わってくるのです。

収納整理上手な人の習慣

収納整理上手な人の習慣
収納整理上手な人は、効率のよい収納方法を知っています。

また、最小限の物を上手く使ってやりくりすることを心がけています。

その結果、収納スペースにしても物や食料にしても、無駄なく有効に使う生活スタイルを持っています。

では効率のよい収納方法とは、どんなものなのでしょう?

取り出しやすい収納場所と収納方法を決めている

よく使う調理用品、スパイスなどは、すぐに手が届くところに収納します。

調理台の下の引き出しなどがその場所に当たります。

取り出しやすいように、詰め込みすぎないこともポイントです。

逆に普段あまり利用しないものは、手の届きにくい場所に収納します。

吊戸棚の上の段などです。

このように、利用頻度によって物を分別し、よく使うものは「使いやすい場所」に優先的に収納します。

使いやすい場所というのは、立った状態で腰から目線の高さまでの位置で、片手で取り出しやすい場所になります。

アクション数を数える

収納の基本は、「アクション数が少ないこと」と言われます。

1アクションというのは、「物を取る」だけのひとつの動作で、物を取り出せることです。

2アクションというのは、「引き出しを開けて、物を取り出す」という二つの動作で物を取り出すことです。

3アクションというのは、「扉を開けて、収納箱を取り出して、その中から物を取り出す」という三つの動作で物を取り出すことです。

これ以上アクション数が増えると、物の出し入れが面倒になり、その結果、片付けない習慣へとつながりがちです。

片付け上手な人は少ない物でやりくりしている

物を持ちすぎると、どうしても収納場所が足りなくなり、狭い収納スペースで窮屈な思いをしながら片付けをしていかなくてはなりません。

使い回しのきくお皿を使ったりするなど、代用のきく物は買わないようにしてやりくりしています。

ものを買うときも、「いろんな使い方ができるもの」を買うことを心がけます。
例えば服でいうと、「重ね着や着回しのきく服」ということになります。

キッチン片付け術

キッチン片付け術
スチールラックをキッチンの収納棚として利用すれば、「出し入れしやすい場所」を増やすことができます。

スチールラック+引き出しを使う

スチールラックにぴったりサイズのプラスチック製の引き出しや、かご、ボックスなどを利用することで、スチールラックは収納力たっぷりで、出し入れしやすい収納スペースになります。

収納かごの中には物を種類別に分けて収納すると、更に使いやすくなります。

例えば食品でいうと、「調味料」「食材」「飲み物」などです。

こうすることで、物を探すのに手間取ることが減りますし、ストックがあるのにまた買ってきてしまうなどのうっかりミスも減らすことができます。

流し台の下にもスチールラック

扉タイプの流し台下の収納の場合、小さいサイズのスチールラックを置くと、収納力が大幅にアップし、出し入れもしやすくなります。

鍋などの大きなめなものは、ここへ収納するのがおすすめです。

食器棚で場所を取る大きな食器も、頑丈なスチールラックなら置いても安心です。

また、フライパンや蓋など平たい形状のものは、プラスチック製の書類立を使って立てて収納すると取り出しやすくなります。

まとめ

もし大きな家具を買うのをためらっておられるなら、スチールラックを使うことをおすすめします。

スチールラックは、キッチンでの収納だけでなく、洗面台の下やなどの収納にも使えますし、おもちゃや服を収納するのにとても便利です。

きっと収納上手になる夢と、部屋の収納力がふくらんできますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。