不用品は売る?捨てる?税金はどうする?効率的に断捨離する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつのまにか、家の中に山のようにたくさん集めてしまった服や、アクセサリー、 バッグなどの嗜好品が、家の中を占拠していることに気づくことがあると思います。

好きでつい買って集めてしまったため、まだ新品のままの物や、大切に使っていたけれど自分ではもう使わない物などを、処分しようと思う日がある日やってくるものです。

自分でも大切に保管してきた物なので、捨てるに捨てられませんし、もしかしたら高く売れるのではないかと思うと、気軽に近所のリサイクルショップへ売りに行ってよいものだろうかと思うかもしれません。

たくさん集めた自分のコレクションですから、数が多くてオークションに出品するのは手間がかかりますし、どうすれば簡単に高く売れるのだろうと、処分の方法を模索しておられる方も多いと思います。

家にある不用品を処分しようと思う時、処分するにはお金がかかりますし、処分するくらいならできるだけ高い値段で売ることができれば嬉しいと、誰もが思うものです。

特に、処分したいものが新品だったり、買ってから数年以内の物であったり、 ブランド物であったりすると、売るときも高い値段がつく可能性が高いです。

コレクターグッズなども、高く売れることがよくあります。

高く売るには、どこで売れば良いのでしょうか?
昔は、古道具屋さんやリサイクルショップくらいしか、 中古品を買い取ってくれるところがありませんでしたが、今ではリサイクルショップだけではなく、オークションにも気軽に出品することができるようになりました。

さらに、中古品を売ったり買い取ってくれたりする業者が増えて、物を売ることがどんどん便利になっているのをご存知でしょうか?

私自身、不用品を処分する時、以前は捨てるばかりでしたが、それがリサイクルショップへ持って行っていくようになったり、さらに便利な宅配の買取のサービスを利用したりするようになりました。

『断捨離』という言葉が今、とても多くの人たちの心に共感する時代となっています。
ですから、物を処分したいと思う人が増えてきているのだと思います。

この時代にゆえに、多くの便利なサービスが増えていますから、これを利用しない手はないと思います。

多くの物を処分する場合、売上金もそれなりの金額になります。

売上金が多かった場合、税金はどうなるのでしょうか?
そんな疑問を持つ人も多いかもしれません。

そこで今回は、多くのものを売って処分したい人のために、できるだけ簡単で高く売れる方法と、それに関わる税金について、そしてまた物をためこまない方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

不用品を売るべきか捨てるべきか見極めるメリット・デメリット

不用品を売るべきか捨てるべきか見極めるメリット・デメリット
不用品を、売るものと売らないものに分けるという作業は、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

それは、売れるものか売れないものかで処分方法や、売り方が変わってくるからです。

メリット

そもそも不用品を可燃ゴミや不燃ゴミとして処分しようとするとき、 自治体によって無料でゴミを出せる地域もありますが、指定された有料のゴミ袋に入れてゴミを出さなければならないという地域が多いものです。

さらにゴミ袋の値段にも差があります。
有料ゴミ袋の値段が高い地域ですと、出来る限りゴミを減らしたいと思うものです。

ですから不用品は、ゴミとして処分するよりも、たとえたいした金額で売れなかったとしても、リサイクルショップなどで買い取ってもらった方がずっとお得になります。

売れるか売れないか分からないような物を、リサイクルショップへ持って行った時、値段がつかない物も中にはあったけれど、引き取ってもらえたという場合、ゴミとして処分する費用がかからなくて済むというメリットがあります。

不用品の中で売り方次第では、かなりの売り上げ金額に差が出る場合があります。

売る方法を工夫すれば、不用品を売った時の金額が大きくなり、思わぬ収入につながることがあります。

デメリット

不用品をリサイクルショップへ持って行った時、中には値段をつけられないものや、買い取ってもらえないものがあります。

買い取ってもらえなかったものが多すぎて、また持って帰ってこなければならなかった場合は、持って行った手間が無駄になるということがあります。

手間や、手数料の問題も考えなくてはいけません。

宅配で買い取ってもらった場合、売れた金額よりも送料を高く取られたり、オークションに出品した場合、売れた値段よりも送料や手数料の方が高くついてしまったという場合は、捨てた方がお得だったということになってしまいます。

また、面倒な手間をかけたのに、大した金額で不用品が売れなかった場合も、その手間のことを考えると、ゴミとして処分した方がよかったのではないかと思うこともあります。

不用品売却益に関わってくる税金

不用品売却益に関わってくる税金
ネットオークションで多くの利益をあげている人に対し、税務署からの調査が入り、税金を納めるように言われる場合があります。

給料の他に20万円以上の副収入があった場合、その収入は所得とみなされ、課税対象となり確定申告が必要となります。

税金がかかる所得の種類

  • 給与所得…一般的な会社員やパート社員
  • 事業所得…個人事業主
  • 不動産所得…マンションや貸事務所・駐車場などの不動産のオーナー
  • 譲渡所得…株や金融商品などの売買(譲渡)
  • 雑所得…フリーマーケットやアフィリエイト、ネットオークションなどの収入

リサイクルショップやオークションなどで販売した場合の収入は「雑所得」にあてはまりそうですね。

しかし、基本的に個人が自分の家にある不用品をリサイクルショップやオークションで売った場合、20万円以上の収入があったとしても、それは課税の対象にはならず、確定申告をする必要はありません。

これは『生活用動産(生活動産)の譲渡による所得は非課税』という法令によるもので、課税の対象にならないのです。

ですから、家にある不用品を売ることではたとえ20万円以上の売り上げがあったとしても、課税の対象とはならないのです。

しかし、多くの同じ商品を新品で出品している場合や、何年にもわたって多くの利益を上げている場合、事業経営による所得としてみなされ、税務署から追加課税の判断をされる場合があります。

また、骨董品、貴金属、絵画などは、ひとつの価格が30万円以上になると課税対象となります。

不用品を高く買取ってくれるサービス

それでは、不用品を売る場合、どのようなサービスや売る方法があるのかをご紹介します。

売る方法の違いや、買取り業者の違いによって、不用品が売れる金額が変わってきますので、売りたいものと相性のよい方法で売るのがよいと思います。

ネットオークション(ヤフオク、メルカリ)

ネットオークション(ヤフオク、メルカリ)
今はインターネットを使って、気軽に不用品を売ることができるようになっています。

最もよく利用されているオークションサイトである、『ヤフオク』は、パソコンやスマートフォンのアプリから出品することができます。

ご存知かもしれませんが、出品者が最低落札価格を決め、期限まで入札されて値段が上がっていく仕組みで売買されます。

他によく利用されているサービスに、『メルカリ』という不用品をフリーマーケット方式で売買できるサービスがあります。

これは、スマートフォンのアプリからのみ利用できるサービスです。

メルカリでは出品者が価格を決め、その価格で買い手がついたらすぐに売れる仕組みになっています。

人気の高いものや、希少価値のあるものは、ネットオークションの方が高く売れる可能性があります。

売る値段をいくらにすれば良いのか分からない場合は、ネットオークションに出した方が便利かもしれません。

一方、メルカリなどのフリーマーケットでは、自分で値段の相場を調べて値段設定ができる場合や、ネットオークションでは売れるかどうかわからないような物を出品しても、売れる可能性があります。

オークションやフリーマーケットのような、個人で売買をするサービスを利用する場合、出品する手間や交渉する手間、発送する手間が面倒かもしれません。

出品する手間をそれほどかけられない人の場合は、オークション代行サービスを利用する方法があります。

オークションに出品したいものを委託し、売却分の金額から手数料を引かれた分が出品した人の収入となります。

この、 オークション代行サービスも数多くありますから、条件を比較して利用してみるのもよいかもしれません。

リサイクルショップ

リサイクルショップ
リサイクルショップというと、店舗型のリサイクルショップを思い浮かべる方が多いと思います。
店舗型のリサイクルショップの他に、宅配型のリサイクルショップもあります。

宅配型のリサイクルショップは、インターネットから申し込み、ダンボールに売りたい不用品を詰めて宅配業者に持って行ってもらうという、とても簡単な方法で不用品を売ることができます。

この宅配買取りサービスを運営する会社も数多くあります。
会社によって買取り価格に差があるようです。

ブランド品を高く買い取ってくれる会社や、ノーブランドのも物でも買取率が高い会社、衣類や服飾小物の他にも、本屋やCD、雑貨など、いろいろな物を買い取ってくれる会社などがあります。

宅配型の買取りサービスの他にも、出張型の買取りサービスもありますから、お好きな方を選んで買取りサービスを利用してみてはいかがでしょう。

家電は解体業者へ

家電は解体業者へ
家の建て替えなどで解体工事を予定の場合、自分で処分をすることができなかった電化製品を、解体業者に処分してもらうことができます。

洗濯機やエアコンなど、鉄の純度の高い電化製品は「キロいくら」で買い取ってくれます。
※冷蔵庫などのプラスチックが多く含まれる場合は不可能な場合が多いです。


そのほか、不用品回収業者や、不用品処分もしてくれる便利屋さんなど、便利なサービスがありますから、最後に残った不用品の中でどうしても自分で処分できない物があった場合は、このように回収してくれる業者に依頼しましょう。

効率的に断捨離する方法

効率的に断捨離する方法
『断捨離』という言葉をよく耳にされると思います。
『やましたひでこさん』という方が、この断捨離という考え方を広め、今では多くの人が断捨離をするようになってきました。

字が表すとおり、必要のないもの断ち、必要のないものを捨て、物への執着から離れる、という三つの要素からなる整理法のことです。

具体的に説明すると、『必要のないものは買わないようにすること』『今持っている中で、必要のないものは捨てること』『物欲をなくし、ものへの執着から離れること』ということです。

断捨離を徹底的に実践するとなると、家中の物を出して物を整理することになりますから、始めるには腰が重いと感じ、なかなか始められない人が多いものです。

また、いざ断捨離を始めてしまうと作業量が多すぎて、途中で投げ出してしまう人も少なくありません。

ではどうしたら効率よく、断捨離を始めることができるのでしょうか?
断捨離をすぐに始められるようになる考え方のコツは、『今を基準にして考える』ということです。

人が物を買うとき、物がなくなった時の不安や、欲しい物への執着から、必要ではないのに買ってしまうというケースが多いのではないでしょうか。

また、今持っている物で、使わないけれども捨てられないでいる物の中には、 『また使うかもしれない』という思いがあるため、捨てられないでいることが多いものです。

この『いつか』という気持ちが、物を溜め込んだり、捨てられなくなったりする原因なのです。

ですから『今』必要なものだけ残せばよいという基準でも物を選べば、そんなに買う必要がなく、とっておく必要もないということになります。

こうすることで、効率よく断捨離を始めることができるのです。

まとめ

いかがでしたか?
今あなたの家にある多くの物は使われていなかったり、必要のない物なのかもしれません。

それを効率よくお得な方法で処分し、再び物を溜め込むことがないような整理法である断捨離についてご紹介しました。

すっきりとした家で、広々とのびのびと暮らすことができたら素敵ですよね。

ご紹介した方法を参考にして、家の中にある必要のない物をお得に処分するお手伝いができましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。