引越しで出る粗大ゴミを高く買取ってもらうためにやっておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引っ越しをする時は次の住居で使わなくなる大型家具や家電などが、たくさん出てくることがあります。

家具を処分したいけれど、できれば処分料金がかからない方法で処分したいものです。
さらに言えば、買い取ってもらえると一番嬉しいですよね。

買取ってもらえれば不用品処分としてお金がかかるわけではありませんし、お金がかからなくても無料で引き取ってくれるケースもあるのでとてもありがたい処分方法の一つです。

しかし、いざ家具や家電を売ろうとなると、意外と買い取ってもらえないと感じている人もいると思います。

家具や家電をリサイクルショップに持ち込んで、もし買い取ってもらえなければ、また持って帰って来なければなりません。

また、不用品買い取り業者に家具や家電の買い取りを依頼して見積もりをとってもらっても、買取できませんと言われることがあるかもしれません。

家具や家電の処分ならば、ほとんどのものは処分料金を払えば処分してくれる業者がほとんどですが、買い取りとなると一気にハードルが高くなります。

それでは買い取ってもらえる家具や家電と、買い取ってもらえない家具や家電はどんな違いがあるのでしょうか。

私の知り合いで、リサイクルショップでソファーを買ったことがあるという人がいます。

リサイクル業者が家の中までソファーを運び込んでくれた時に、今まで使っていたソファーを買い取ってもらえないかと頼んだところ、快く買い取ってもらえ、買い取ってもらえたソファーの金額分を、購入した中古のソファーの代金をから引いてもらえたという話を聞いたことがあります。

このように『リサイクルショップで何かを買ったついで』であれば、家にある家具や家電を買い取ってもらえる確率は高くなると思います。

しかし引っ越しの時に、今後使わなくなる家具や家電をただ『買い取ってもらうだけ』となると、買い取ってもらえる店を探すのに手間取ることがあるかもしれません。

そこで今回は、引っ越しなどの際、不用になった大型家具や家電をできれば高く買い取ってもらいたいと思っている人のために、高く買い取ってもらえるものの傾向や基準、高く買い取ってもらえるコツについてご紹介します。

不用品買取り業者儲けのカラクリ


不用品買取り業者は、買い取った不用品でどのように収益を上げているのでしょうか。

不用品買取り業者の儲けのカラクリを知れば、使わなくなった家具や家電を売る時に、それが売れるのかどうかという判断のための参考になるかもしれません。

不用品買取り業者は、『無料回収や買い取りをした家具や家電をリサイクル品として販売すること』で収益をあげています。

そのまま売れるものもありますし、修理できるものは修理したり補修したりして、直したりきれいにしたりしてからリサイクル品として販売します。

オークションなどの独自のルートや、自分のお店で売っている業者もありますし、リサイクルショップに売る業者もあります。

古かったり状態が悪かったりする家具や家電でも、生活保護の人たちのためのリサイクルショップへ持っていくと、一般のリサイクルショップでは買い取ってもらえなかったものも買い取ってもらえますし、リサイクル業者のためのリサイクルショップである古物市場へ持っていけば、たいがいのものは買い取ってもらえます。

※個人が直接古物市場に持ち込めば、利益になりやすいですが古物許可証が必要です。

国内で売るのが難しいものは、『海外へ輸出して売っている輸出専門のリサイクル業者』へ売ったりもしています。

※最近(2016/12/20現在)では、東南アジア、アフリカ方面への輸出が多くなっています。

製品として売れないものはスクラップ工場に持ち込めば、リサイクル費用を支払わなくても、家電に含まれる金属を資源として買い取ってもらえます。

家電に含まれる金属は 1キログラムあたりの値段で買い取ってもらえます。

エアコンや給湯器に含まれる金属は90~170円/kg、その他の家電ですと15~20円/kgほどで買い取ってもらえます。

これも地方によって違いますが、リサイクル家電で処分が困るものでも、洗濯機だったらキロいくら、ブラウン管テレビは昔と比べて難しくなったものの、無料で引き取ってくれるケースもあります。

買取り対象になりやすい粗大ゴミ

今の時代は安い家具を気軽に買うことができます。

ですから中古家具はよほどの魅力がなければ、なかなか売れないものです。

中古品でも『売れ行きの良い人気のブランド』や、『使用年数が短く状態の良いもの』、単品ではなく複数をまとめて売ったりするなどすると、買い取ってもらえる確率が高くなります。

買い取り価格の相場は各々の商品の状態によって違いますから一概には言えませんが、購入価格のおおよそ10%くらいとされています。

ブランド家具は元の値段が高く人気もあるため需要が高いので、人気ブランドや人気メーカーのものは買い取り価格が高くなります。

大きな中古家具を在庫として抱えるには広い保管場所も必要ですし、輸送費や人件費もかかるため、大きなものになるほど買い取ってもらえる確率が低くなります。

家具


家具は使用年数が5年以内など、新しいほどものほど買い取ってもらえる可能性が高いです。

家具の買い取り基準はリサイクル品として需要があるかどうか、高く売れるかどうかです。

買い取ってもらいにくい家具は、ベッドやソファーなどです。

ベッドやソファーは直接肌に触れて使うものですから、中古品としては買いたいと思う人が少なく、新品を買う人の方が多いからです。

特に脚付きマットレスの場合は、中に『コイルスプリング』という金属が入っていて、処分するためには相当の手間がかかります。

万が一売れ残った場合に処分代が高くなりますので、脚付きマットレスは買取り業者が毛嫌いする傾向にあります。

逆に、直接肌に触れない家具であるテーブルや棚は、比較的買い取ってもらいやすい家具です。

ダイニングテーブルは椅子とセットになっている方が買い取ってもらいやすいですし、他にはオフィス用の家具も需要が高いため買い取ってもらいやすいです。

市場に人気の家具、例えば今の時代だったら小型整理ダンス、小型食器棚など、金額は安いですが、商品回転率が高いものは買取ってくれる可能性があります。

…といっても、リサイクルショップが買取ってくれる金額は、よくて店舗に陳列して表示してある金額の1/5~10程度なので、あまり期待しないようにしましょう。

大型の家具や組立家具など、保管の時に場所をとったり組み立ての手間や運搬の手間がかかるような家具は、買い取ってもらえる確率が低くなります。

家電


リサイクルショップでは、家電の買い取りは製造から3年~5年以内と決めているお店が多いです。

不用品買取り業者でも、古くなるほど買い取ってもらえる確率が低くなります。

もともと家電製品は製造したメーカーによって耐用年数が3年~5年と決められています。

ですから使用年数が3年以上になると、古くなった家電製品は需要と価値が急激に下がるのです。

需要が下がった途端にメーカーは部品の製造も中止するため、万が一買取った家電が壊れてしまった場合、修理も不可能です。

お客様に販売した後に『保証期間内』で戻ってきた場合は、他のパーツと組み合わせて修理するか、修理不可能なので商品になりません。

製造年日が古い家電はリサイクル品として売ることが難しくなり、売ることができない家電は資源としてスクラップ工場に売られます。

不用品回収業者が家電をリサイクル品として売った場合に比べ、資源として売ったほうが収益が少なくなります。

家電の中では一人暮らし用の冷蔵庫など、一人暮らしの人が欲しがる家電は買い取ってもらいやすいです。

ミキサーや炊飯器など口に入る食材が直接触れるようなキッチン家電は、買い取ってもらえること場合が少ないです。

高く買取ってもらうためにやっておくこと


家具を高く買ってもらうには、まずは売りたい家具の汚れやカビなどをきれいに掃除し、傷や壊れている部分を直したり修理したりすると買い取ってもらえる確率が高くなったり、買い取り価格が高くなったりします。

家電を買い取ってもらいたい場合も汚れをきれいに落とし、できるだけ新しいうちに売る方ほうが買い取り価格が高くなります。

家具や家電についていた説明書や保証書も一緒につけたほうが、高く買い取ってもらえる可能性があります。

業者によって家具を高く買ってくれる業者や家電を高く買ってくれる業者など特徴があるので、売る時は何社かに同時に見積もりを取ると良いかもしれません。

また少ない数よりも多い数の家具や家電を一度に売った方が、買い取ってもらえる確率や買い取り価格が高くなる場合があります。

いくつか売りたい不用品の内、買い取ってもらえないものがあったとしても、買い取りと同時に処分を依頼すれば、処分料金が安くなる可能性があります。

まとめ

家具や家電はなかなか買い取ってもらうことができず、処分に困っていると言う人のために、買い取ってもらえるものの特徴やコツについて紹介してきました。

家具も家電も需要があるものが買い取りの対象となるので、リサイクルショップで中古品でも高く売られているものですと、高く買い取ってもらえるかもしれません。

また使用年数が短いなど売るタイミングも重要ですし、見た目がきれいに使ってあるということも非常に重要です。

のちのち家具や家電を売ることを考えているのであれば、買う時の家具選び、売るタイミング、使っている時も傷がつかないように、汚れないように使うなど、普段から気をつけておくと良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。