片付けられない女性の特徴と心理状態とは?

結婚生活が始まってからしばらくして、実は奥さんがなかなか片付けられないという癖が発覚し、それが気になってる旦那さんいませんか?

部屋中散らかっているから、自分でも片付けるようにしてはいるものの、やはり仕事が第一。

可能であれば専業主婦の奥さんにまかせたいものです。

ですが、なかなか部屋をきれいにならず、ゴミ屋敷とまではいきませんが、家中に常時『ゴミ』が散らばっていることが多いかもしれない。

そうなると、お客さんなんてとても呼べない状態ではないということもあるでしょう。

奥さんも必死に片付けるように努力はしているにも関わらず、片付けができないというのはなぜなのでしょうか?

実は片付けられないというのは、病気であるという可能性もあるのです。

病気であれば遺伝しないかどうか気になる人も多いと思います。

いったい奥さんの片付けられない癖というのは病気なのでしょうか?それとも遺伝なのでしょうか?それともただ怠慢なのでしょうか?

その点について詳しく知りたい人に対して必要な情報をご紹介していきます。

続きを読む

遺品の整理は精神的に辛い…遺品整理業者ってどうなの?

僕の母は最近、時間を見つけては頻繁に母の実家に行くことがあります。

何をしに行っているのかと言うと、亡くなった祖父の遺品を整理しに行っているのです。

亡くなった祖父と言っても、ここ最近亡くなったわけではなく、もう10年も前に亡くなっているのです

母も祖母も祖父のことを慕っていましたから、中々遺品を片付ける気になれなかったのです。

ただこのままズルズルと祖父の遺品を整理せずにいると、80歳を超えている祖母が仮に亡くなってしまったら、母ひとりで祖父母両方の遺品整理をすることになりかねないのです

ですので、時間を見つけては実家に行って、祖父の遺品整理と祖母の生前整理の両方をしているのです。

しかし…母も祖母も祖父のことが好きでしたから、思い出の品が出てくる度にふたりとも思い出に浸ってしまうものですから、中々作業が進まないのです。

そういうことで祖父の遺品整理に時間がかかっているので、未だに祖母の生前整理が出来ないと言うのです。

また運転が苦手な僕の母からしてみれば、僕の家と母の実家は車で1時間ほどかかる距離なので、行って帰るだけでもかなりの負担なのです。

行って帰るだけでも疲れるし、遺品整理は進まない…

ひょっとしたら今この記事を読まれている方の中にも、今まさに親の遺品整理をしているという方がいらっしゃるのでは?

そしてまさに、家と実家との往復や遺品整理が進まないということで、困っているという方がいらっしゃるのではないでしょうか?

今回のこの記事では、遺品整理を自分ではなく代わりにやってくれる「遺品整理業者」について紹介します。

続きを読む

戸惑わずに不用品や粗大ゴミを回収処分してもらう6つのステップ

かつての若者の多くは、働き口の少ない地方から働き口の多い東京などの大都市に出ていって就職をしていました。

しかし現代では、地方だからといって稼げない時代ではなくなりました。

また、都会で働いていたけど、ストレス過多になったり都会の風が合わなかったりで、地元にUターンしたり出身地以外の地方へIターンして就職するという方が増加していると聞きました。

さて、Uターンして久しぶりに地元で暮らすようになったものの、ゴミ出しをしようと思ったら、以前と勝手が変わってしまい「あれ?」と感じた方もいるのではないでしょうか?

またIターンをした方の中には、これまで経験してきたことのないゴミの分別の仕方に戸惑いを感じたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

僕の高校の時の先輩が先日、働いていた東京から10年ぶりにUターンで地元に戻ってきました。

新しい商業施設ができたり、以前までは無かった道路ができていたりと、約10年で地元もすっかり変わったなという話をしていました。

その話の中で特に興味深かったのが、ゴミを出す時に使う指定ゴミ袋ができたということと、粗大ごみを粗大ゴミセンターに持って行って処分する際の処理手数料が無料になっているという話でした。

まさか10年でゴミの出し方などが変わるとは想像していなかったらしく、少し戸惑ったという話をしていました。

こういったごみの収集方法の違いや処分方法の違いというのは、新たにその土地に引っ越してきた方や地元に戻ってきた方にしてみれば、最初は戸惑ってしまうのではと思います。

今回は新たにその土地に引っ越してきた方や地元に戻ってきた方が、その土地でのゴミの処分をするとなって戸惑わないように、こうすればスムーズにゴミの処分ができるようになるという方法やポイントを紹介します。

続きを読む

今は野焼きをしたら罰則が!?廃棄物処理法の今までとこれから

皆さんの家や、またはご近所さんのお家には、以前「焼却炉」という物がありませんでしたか?

まるで陶芸家の作家さんが用いる窯の小さい版のような、ボディがレンガやコンクリートで出来ていて、中が空洞になっていて煙突があるタイプの焼却炉です。

僕の家にはありました。

紙ゴミとかダンボールとか刈り取った芝や雑草など、簡単に燃やせるゴミはその中に入れて、火を付けて燃やしていました。

しかし10年ほど前でしょうか、我が家にあった焼却炉や、ご近所の家にあった焼却炉は無くなってしまいました。

火災の原因になりかねないということもあるでしょうが、ゴミが燃えきれなくて発生した未燃焼ガスや有毒ガスのことが、家庭用焼却炉が減った原因と言われています。(しかし例外等もあり、完全に家庭用焼却炉が無くなったわけではありません。)

ゴミのことだけではありませんが、このように「昔は良かったけど今はダメになった」ということはよくあります。

自動車のシートベルトを例に挙げると、今は後部座席まで義務化されていますが、かつては後部座席のシートベルトは任意でした。

時代の移り変わりに伴い、昔は良しとされてきたことが、今では悪しとされるのです。

今日はゴミや廃棄物における「昔は良かったけど今はダメになった」という事象を作り上げている「廃棄物処理法」を紐解いていきます。

続きを読む

無害なるまで10万年!?高レベル放射性廃棄物の処理について

第二次世界大戦で唯一の被爆国となった我が国は、それ以降世界中に核兵器の悲惨さを訴え、廃絶を呼びかけてきました。

そして、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって起きた福島第一原発事故により、日本国民だけではなく世界中が原子力の危険さや悲惨さを改めて目の当たりにする事態となりました。

核兵器のような軍事的使用だけではなく、原子力発電のような人々の生活に欠かせないライフラインの役割としてでも、原子力という存在は恐ろしい存在だと気付かされました。

福島第一原発の事故以降、世界中で原子力について見直され、特にドイツは脱原子力発電の道を歩み始めました。

ドイツは2022年までに、国内にある全ての原子力発電所を閉鎖すると発表しています。

一方でフランスでは電力の約8割を原子力発電で生み出しており、周辺他国へ電力を輸出していたり、原子力発電の技術輸出も盛んに行われています。

原子力発電に賛成をする人達は、原子力発電所で働く人や周辺の町の雇用や経済の面や、火力発電に比べて圧倒的に少ない燃料で、火力発電と同等かそれ以上の電力を安定的に生み出せるなどのメリットを優先し、原子力発電を廃止するべきではないとしています。

我が国日本でも、原子力発電所の稼働や停止のニュースが大々的に報道され、原発反対派や賛成派が意見を交わしている状況です。

さて、多くの人達が原子力発電を考える上でまず気になることと言えば、原子力発電で使用された使用済み核燃料、いわゆる放射性廃棄物をどう処理するかということが挙げられます。

非常に強い毒性があり危険とされる使用済み核燃料は、現在国内のいくつかの施設において埋設処理がなされていますが、国内だけでは処理しきれずに国外へ輸出をしている状況です。

また、核燃料サイクルといって使用済み核燃料から原子力発電で使われるウランやプルトニウムを再度取り出して使用するという仕組みもありますが、目的を果たせずにいます。

コストや効率を優先させるか、福島第一原発のような事故や処理が難しい危険な使用済み核燃料をどうするか、核や原子力発電を取り巻く環境は、岐路に立たされています。

今この記事を読まれているあなたも、ひょっとしたらコストや効率を優先させて原子力発電を進めた方が良いのか、それとも自分の子孫に有害なゴミを残すべきではないから原子力発電は止めた方が良いのではと考えているのではないでしょうか?

今回は廃棄物の観点から、使用済み核燃料(放射性廃棄物)の危険性についてや、放射性廃棄物の処理が今後どうなっていくかなどについて紹介をします。

続きを読む

売れないし捨てられない…不用品を恵まれない人に寄付しよう!

引っ越しや大掃除をしていると、最近は使っていない食器や、最後にいつ着たかわからないような服などが出てきます。

そういった物の中には、捨てるには状態が良いのでもったいない物や、大量生産品なので売れないか売れても二束三文の物があると思います。

売れる可能性も少ないし、かと言って捨てるのも忍びない…困りますよね。

ひょっとすると、今まさにこのような状況で困っていて、この記事を読まれている方がいらっしゃるかもしれません。

そんな時に有効な方法が、「寄付」です。

戦争や紛争で物資が不足していて困っている海外の国や地域に送ったり、国内でホームレス支援をしているような団体に送ったりするのです。

こうすれば売れにくい物も捨てにくい物も、他の誰かに使ってもらえます。

しかし、寄付ってどうやってすれば良いのでしょうか?

誰か、どこか企業や団体がやっていることなのでしょうか?

そもそも自分がいらない物を寄付しても良いのでしょうか?

今回は不用品の寄付について、寄付の良い面と悪い面や、どういった物が寄付するのに向いているかや、どういったところに寄付の依頼をすれば良いのか等について、紹介していきます。

続きを読む

ウソの記載は罰則対象!産業廃棄物処理とマニフェストについて

個人事業主の方や自ら事業をされている方は、事業活動を展開していく中でゴミや廃棄物って必ず出ると思います。

メモで使った紙くずから、大量の廃木材や取り払ったアスファルトまで、ゴミや廃棄物は多岐に渡ると思います。

でも、そういったいわゆる産業廃棄物の処分って大変ですよね?

家庭で出るゴミと一緒に捨てることはできないので、きちんと産業廃棄物として処理しなくてはなりません。

(産業廃棄物の処理全般については、「まずは何から?どうすれば?初めての産業廃棄物処理について」を読まれると参考になると思います。)

産業廃棄物の処理は決められていることや法令が多く、なにか間違ったことをすると罰則を受けることになり、もし罰則を受けると事業を進めることが困難になってしまいます。

「家庭ごみとは分けているけど、本当に今の捨て方で良いのだろうか?」

「一応正しく捨てているつもりだけど、この方法で良いのかな?」

「間違った捨て方をしていた知り合いが警察から注意を受けていた…自分も気をつけないといけない…」

今まさにこのような不安を抱えている方って、いらっしゃるのではないかと思います。

今回のこの記事では、産業廃棄物の処理に関して、特に産業廃棄物を処分・処理する時に欠かせない産業廃棄物管理票、いわゆるマニフェストについて、詳しく紹介します。

続きを読む

家庭ごみとして捨てて良い?産業廃棄物の正しい捨て方や罰則

テレビを見ていると、昔から続く仕事を親子何代にも渡って継いでやっているという家族を見ることがあります。

家が代々左官屋さんで自分の左官をしているとか、代々漆の漆器を作り続けているだとか、そういった方々です。

最近では後継者不足の問題が表面化し、後を継ぐ者や子どもがいないといったことが頻繁に取り上げられている印象を受けます。

そんな中でも、「自分は家業を継ぐつもりでやっている」という方も大勢いらっしゃると思います。

さて、継ぐつもりでやられている家業をしている過程で、ゴミって出ませんか?

いろいろなお仕事があると思いますが、その仕事をする中で多かれ少なかれゴミは出てくるかと思います。

仕事や家の事業で出てきたゴミは、どのようにして処分していますか?

もしかして、家から出るゴミを捨てるのと同じように捨てていませんか?

家から出るゴミと一緒に事業で出たゴミを捨てていると、廃棄物処理法に基いた罰則を受けることになるかもしれません。

今回の記事では、事業で出たゴミを家庭用のゴミとして捨ててはいけない理由や、事業ででたゴミの捨て方や具体的な流れについて紹介していきます。

続きを読む

まずは何から?どうすれば?初めての産業廃棄物処理について

起業して何か事業を始めるですとか、今までやってきた仕事を独立してやっていくですとか、親がやっていた事業を継ぐことになったという方は多いと思います。

そういった方々は、新たな船出に向けて様々な準備に追われていることだと思います。

さて、あなたがたがこれからしようとしている事業は、ゴミや廃棄物が出てくるでしょうか?

「そういえば、事業で出たゴミはどう捨てれば良いんだ?」

「一般の家庭用のゴミ袋で出してもいいのかな?」

「ガラスとか廃油とか金属ごみとか、そういった物も普通に捨てて良いのかな?」

今まさにこういったことを考えながら、この記事を読まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

実は事業をする中で出たゴミや廃棄物は、決して一般家庭用のゴミ収集に出してはいけません。

事業をする中で出たゴミは、必ず一般家庭のゴミとは分けて処理・処分されるように決められています。

今回は、なぜ事業をする中で排出されたごみや廃棄物は一般廃棄物と分けて処理・処分されなければならないか、分けて処理・処分する時の流れなどについて紹介していきます。

続きを読む

タダより高いものはない?「不用品あげます」の言葉の裏の危険性

「少しでも安く物を買いたい」という欲望は、きっと多くの方が持ち合わせている感情だと思います。

  • 買い物に行くとなると、新聞の折込チラシを見て一円でも安い物にチェックをして、車や自転車を走らせる…
  • 外食をするとなれば、ありとあらゆるクーポンを駆使して一円でも安くする…
  • たまにいく旅行も、比較的安い宿に宿泊したり移動費を考えてレンタカーを借りるなど、なるべく節約している

このような目まぐるしい努力をされている方、非常に多いのではと思います。

特に貯蓄や資産があまりないという若い年齢のご夫婦は、きっとこのような努力をされている方が多いのではないかと思います。

というのも、僕の知り合いの女の子が「ベビー用品を安く手に入れたい」と言うのです。

その子はただ今妊娠中で、そろそろベビー用品を揃えていきたいと考えているのです。

しかし家計に余裕がなく、なるべくお金を使わないようにしたいと考えているのです。

そこで彼女は僕に、不用品をタダで手に入れることのできる方法は無いかと尋ねてきました。

その方法を使って、他の誰かが使わなくなったベビー用品をもらいたいと考えているようです。

ひょっとして、今この記事を読まれているあなたも、同じようなことを考えたことがある、または今まさに考えている最中だ、という方がいらっしゃるのではないでしょうか?

確かにベビー用品って、言ってしまえば子どもが生まれた後の僅かな期間にしか必要にならないので、わざわざ新品を買うのはちょっと抵抗感があります。

しかし、誰かも知らない人から物をもらうというのも…いささか怖い気もします。

確かに不用品をあげたりもらったりする場というのは、オンラインでもオフラインでも存在します。

そして「不用品をお金を出して処分するより、無料で引き取ってくれる人にあげたい」考えている人もいらっしゃいます。

一方で「ただより高いものはない」ということわざが表す通り、後々になってトラブルが起きたり面倒なことになったりするリスクも併せ持っています。

今回は不用品をタダで手に入れたいと考えている人に向けて、無料で物をもらったりあげたりすることについてやその方法、また無料とはいかないが安く物のやり取りをする方法を紹介していきます。

続きを読む

今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら