【働く女性でも安心】掃除片付けが上達する3つのコツ

新居へ引っ越しをした時、引っ越した時の荷物を片付けるのは大変ですよね。

なかなか物の置き場が決まらなくて、引っ越しで使った段ボール箱がいつまでも部屋に積まれていることもよくあることです。

フルタイムで働いている忙しい主婦であれば、なおさら、このように引っ越しをきっかけに、家がどうにも片付かなくなってしまうことが多いでしょう。

毎日子どもや夫のお世話をしながら家事をこなし、フルタイムで働いていると、ゆっくりできる自分の時間もありません。

それどころか、掃除や片付けをする時間もありません。

食事を作ることが優先されますから、掃除や片付けは後回しになりがちです。

仕事の忙しさや疲れから部屋も片付けられなくなって、いつまでも部屋が散らかったままになってしまい、その状態から抜け出せなくなって困っている人は多いのではないでしょうか。

フルタイムで働いているお母さんは、家事や生活スタイルのひとつひとつを工夫していくことで、家事をこなしていくしかありません。

私の知り合いに、フルタイムで働きながら家事をこなし、部屋もいつもきれいにしている人がいます。

その人は気力にあふれた人でしたが、話を聞いていると健康管理にずいぶん気をつけていて、毎日の運動にも心がけているということでした。

仕事も家事もこなしていく気力を保つには身体も元気でなければいけないという話は、身体が心とつながっていることを考えれば、うなずける話です。

忙しい中でも仕事と家事をこなしていくようになるには、掃除や片付けのコツをつかむと共に、気力の面にもアプローチしていく必要があるのです。

その他にもうひとつ、どうしても必要なことがあります。
それは、家族の理解と協力が必要であるということです。

家族にフルタイムで働きながら家事をこなしている大変さを理解してもらいながら、家族の助けを借りることができれば、フルタイムで働いている主婦の負担も軽くなるでしょう。

そこで今回は、掃除や片付けをする時間がないフルタイムで働く主婦のために、効率よく掃除片付けができるようになるコツを3つ厳選して紹介していきます。

もちろん専業主婦の方でも十分にお役に立つ記事になっていますので、ぜひ最後まで読み進めてください!

続きを読む

片付けできないのは病気?自分で出来るセルフチェック法

小さい頃から物がなかなか捨てられなくて、気づいたら自分の部屋がゴミばかりになっていることが多かった人はいませんか?

わかっているんだけれどもなかなか決められなくて、物が捨てられないんですよね。

父親、母親、兄弟(姉兄、弟妹)も同じような性格をしているため、家中がゴミだらけだった…という人も少なくないでしょう。

部屋の掃除はもちろんですが洗濯物も片付けられず、服がそのままになってしまい、旦那さんから注意されてイライラすることもあることでしょう。

これではテレビによくある「ゴミ屋敷じゃないか!」と感じて、そのイライラを子供にぶつけてしまったりして自己嫌悪…。

本当に何とかこの片付けができなくて癖を直したいと思ってるのではないでしょうか。

もしかすると片付けられない病気にかかっているのかもしれません。

自分の意志や癖など関係なしに片付けられないのは、病気の可能性があります。

もしかしたら病気かもしれないと疑ってる人たちのために、片付けができない病気の特徴やチェック方法についてご紹介していきます。

続きを読む

ADHD診断?片付けられない場合の対処法

物が片付けられなくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

今や自動掃除ロボット「ルンバ」という便利な家電がありますが、それでも家電で掃除できる「限界」というものがあります。

片付け自体が嫌いというわけではないのですが、どこから片付けたらいいのかわからない、また片づけをしたいけれども、その順序が分からないという人も多いのではないでしょうか。

もしかするとそれはADHDという病気なのかもしれません。

あなたが片付けられないのはADHDという病気のせいなのです。

もしADHDだった場合は、どのように対処すればいいのでしょうか?
詳しくご紹介していきます。

続きを読む

家具を買わなくても出来るキッチンを片付けるコツ

アパートや社宅で暮らしていると、収納場所に困ることがありますよね。

収納場所が足りないので、引き出し一杯に詰め込んで、出し入れが大変になってしまい、ストレスを感じてしまうことはありませんか?

特にお子さんが生まれて家族が増えてくると、その悩みは深刻化します。
おもちゃやおむつなど、かさばるものが多くて部屋を片付けるのもお手上げになってしまいます。

収納に困った人を助けてくれる、最も便利な収納用品があります。
それは高価な家具ではなく、スチールラックです。

私は収納上手な友人の家へ行った時、スチールラックを上手く使って物を収納していたのを見て感心したことがありました。

スチールラックはサイズのバリエーションが多く、スペースに合わせて収納場所を作ることが出来るのでとても便利です。

背の高いスチールラックを使えば、天井までの空間を生かして収納場所を大幅に増やすことができます。

また、転勤族の方であってもスチールラックであれば、引っ越し先でもスペースに合わせて使い回すことができます。

また、スチールラックはスチールカラーだけでなく白などの色や、木製の棚板などパーツの種類が多く、部屋の雰囲気を壊さずに使うことができます。

今回はとても便利なスチールラックを使って、収納に困りがちなキッチンをすっきり片付ける方法を紹介します。

続きを読む

片付けられない女性の特徴と心理状態とは?

結婚生活が始まってからしばらくして、実は奥さんがなかなか片付けられないという癖が発覚し、それが気になってる旦那さんいませんか?

部屋中散らかっているから、自分でも片付けるようにしてはいるものの、やはり仕事が第一。

可能であれば専業主婦の奥さんにまかせたいものです。

ですが、なかなか部屋をきれいにならず、ゴミ屋敷とまではいきませんが、家中に常時『ゴミ』が散らばっていることが多いかもしれない。

そうなると、お客さんなんてとても呼べない状態ではないということもあるでしょう。

奥さんも必死に片付けるように努力はしているにも関わらず、片付けができないというのはなぜなのでしょうか?

実は片付けられないというのは、病気であるという可能性もあるのです。

病気であれば遺伝しないかどうか気になる人も多いと思います。

いったい奥さんの片付けられない癖というのは病気なのでしょうか?それとも遺伝なのでしょうか?それともただ怠慢なのでしょうか?

その点について詳しく知りたい人に対して必要な情報をご紹介していきます。

続きを読む

遺品の整理は精神的に辛い…遺品整理業者ってどうなの?

僕の母は最近、時間を見つけては頻繁に母の実家に行くことがあります。

何をしに行っているのかと言うと、亡くなった祖父の遺品を整理しに行っているのです。

亡くなった祖父と言っても、ここ最近亡くなったわけではなく、もう10年も前に亡くなっているのです

母も祖母も祖父のことを慕っていましたから、中々遺品を片付ける気になれなかったのです。

ただこのままズルズルと祖父の遺品を整理せずにいると、80歳を超えている祖母が仮に亡くなってしまったら、母ひとりで祖父母両方の遺品整理をすることになりかねないのです

ですので、時間を見つけては実家に行って、祖父の遺品整理と祖母の生前整理の両方をしているのです。

しかし…母も祖母も祖父のことが好きでしたから、思い出の品が出てくる度にふたりとも思い出に浸ってしまうものですから、中々作業が進まないのです。

そういうことで祖父の遺品整理に時間がかかっているので、未だに祖母の生前整理が出来ないと言うのです。

また運転が苦手な僕の母からしてみれば、僕の家と母の実家は車で1時間ほどかかる距離なので、行って帰るだけでもかなりの負担なのです。

行って帰るだけでも疲れるし、遺品整理は進まない…

ひょっとしたら今この記事を読まれている方の中にも、今まさに親の遺品整理をしているという方がいらっしゃるのでは?

そしてまさに、家と実家との往復や遺品整理が進まないということで、困っているという方がいらっしゃるのではないでしょうか?

今回のこの記事では、遺品整理を自分ではなく代わりにやってくれる「遺品整理業者」について紹介します。

続きを読む

戸惑わずに不用品や粗大ゴミを回収処分してもらう6つのステップ

かつての若者の多くは、働き口の少ない地方から働き口の多い東京などの大都市に出ていって就職をしていました。

しかし現代では、地方だからといって稼げない時代ではなくなりました。

また、都会で働いていたけど、ストレス過多になったり都会の風が合わなかったりで、地元にUターンしたり出身地以外の地方へIターンして就職するという方が増加していると聞きました。

さて、Uターンして久しぶりに地元で暮らすようになったものの、ゴミ出しをしようと思ったら、以前と勝手が変わってしまい「あれ?」と感じた方もいるのではないでしょうか?

またIターンをした方の中には、これまで経験してきたことのないゴミの分別の仕方に戸惑いを感じたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

僕の高校の時の先輩が先日、働いていた東京から10年ぶりにUターンで地元に戻ってきました。

新しい商業施設ができたり、以前までは無かった道路ができていたりと、約10年で地元もすっかり変わったなという話をしていました。

その話の中で特に興味深かったのが、ゴミを出す時に使う指定ゴミ袋ができたということと、粗大ごみを粗大ゴミセンターに持って行って処分する際の処理手数料が無料になっているという話でした。

まさか10年でゴミの出し方などが変わるとは想像していなかったらしく、少し戸惑ったという話をしていました。

こういったごみの収集方法の違いや処分方法の違いというのは、新たにその土地に引っ越してきた方や地元に戻ってきた方にしてみれば、最初は戸惑ってしまうのではと思います。

今回は新たにその土地に引っ越してきた方や地元に戻ってきた方が、その土地でのゴミの処分をするとなって戸惑わないように、こうすればスムーズにゴミの処分ができるようになるという方法やポイントを紹介します。

続きを読む

今は野焼きをしたら罰則が!?廃棄物処理法の今までとこれから

皆さんの家や、またはご近所さんのお家には、以前「焼却炉」という物がありませんでしたか?

まるで陶芸家の作家さんが用いる窯の小さい版のような、ボディがレンガやコンクリートで出来ていて、中が空洞になっていて煙突があるタイプの焼却炉です。

僕の家にはありました。

紙ゴミとかダンボールとか刈り取った芝や雑草など、簡単に燃やせるゴミはその中に入れて、火を付けて燃やしていました。

しかし10年ほど前でしょうか、我が家にあった焼却炉や、ご近所の家にあった焼却炉は無くなってしまいました。

火災の原因になりかねないということもあるでしょうが、ゴミが燃えきれなくて発生した未燃焼ガスや有毒ガスのことが、家庭用焼却炉が減った原因と言われています。(しかし例外等もあり、完全に家庭用焼却炉が無くなったわけではありません。)

ゴミのことだけではありませんが、このように「昔は良かったけど今はダメになった」ということはよくあります。

自動車のシートベルトを例に挙げると、今は後部座席まで義務化されていますが、かつては後部座席のシートベルトは任意でした。

時代の移り変わりに伴い、昔は良しとされてきたことが、今では悪しとされるのです。

今日はゴミや廃棄物における「昔は良かったけど今はダメになった」という事象を作り上げている「廃棄物処理法」を紐解いていきます。

続きを読む

無害なるまで10万年!?高レベル放射性廃棄物の処理について

第二次世界大戦で唯一の被爆国となった我が国は、それ以降世界中に核兵器の悲惨さを訴え、廃絶を呼びかけてきました。

そして、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって起きた福島第一原発事故により、日本国民だけではなく世界中が原子力の危険さや悲惨さを改めて目の当たりにする事態となりました。

核兵器のような軍事的使用だけではなく、原子力発電のような人々の生活に欠かせないライフラインの役割としてでも、原子力という存在は恐ろしい存在だと気付かされました。

福島第一原発の事故以降、世界中で原子力について見直され、特にドイツは脱原子力発電の道を歩み始めました。

ドイツは2022年までに、国内にある全ての原子力発電所を閉鎖すると発表しています。

一方でフランスでは電力の約8割を原子力発電で生み出しており、周辺他国へ電力を輸出していたり、原子力発電の技術輸出も盛んに行われています。

原子力発電に賛成をする人達は、原子力発電所で働く人や周辺の町の雇用や経済の面や、火力発電に比べて圧倒的に少ない燃料で、火力発電と同等かそれ以上の電力を安定的に生み出せるなどのメリットを優先し、原子力発電を廃止するべきではないとしています。

我が国日本でも、原子力発電所の稼働や停止のニュースが大々的に報道され、原発反対派や賛成派が意見を交わしている状況です。

さて、多くの人達が原子力発電を考える上でまず気になることと言えば、原子力発電で使用された使用済み核燃料、いわゆる放射性廃棄物をどう処理するかということが挙げられます。

非常に強い毒性があり危険とされる使用済み核燃料は、現在国内のいくつかの施設において埋設処理がなされていますが、国内だけでは処理しきれずに国外へ輸出をしている状況です。

また、核燃料サイクルといって使用済み核燃料から原子力発電で使われるウランやプルトニウムを再度取り出して使用するという仕組みもありますが、目的を果たせずにいます。

コストや効率を優先させるか、福島第一原発のような事故や処理が難しい危険な使用済み核燃料をどうするか、核や原子力発電を取り巻く環境は、岐路に立たされています。

今この記事を読まれているあなたも、ひょっとしたらコストや効率を優先させて原子力発電を進めた方が良いのか、それとも自分の子孫に有害なゴミを残すべきではないから原子力発電は止めた方が良いのではと考えているのではないでしょうか?

今回は廃棄物の観点から、使用済み核燃料(放射性廃棄物)の危険性についてや、放射性廃棄物の処理が今後どうなっていくかなどについて紹介をします。

続きを読む

売れないし捨てられない…不用品を恵まれない人に寄付しよう!

引っ越しや大掃除をしていると、最近は使っていない食器や、最後にいつ着たかわからないような服などが出てきます。

そういった物の中には、捨てるには状態が良いのでもったいない物や、大量生産品なので売れないか売れても二束三文の物があると思います。

売れる可能性も少ないし、かと言って捨てるのも忍びない…困りますよね。

ひょっとすると、今まさにこのような状況で困っていて、この記事を読まれている方がいらっしゃるかもしれません。

そんな時に有効な方法が、「寄付」です。

戦争や紛争で物資が不足していて困っている海外の国や地域に送ったり、国内でホームレス支援をしているような団体に送ったりするのです。

こうすれば売れにくい物も捨てにくい物も、他の誰かに使ってもらえます。

しかし、寄付ってどうやってすれば良いのでしょうか?

誰か、どこか企業や団体がやっていることなのでしょうか?

そもそも自分がいらない物を寄付しても良いのでしょうか?

今回は不用品の寄付について、寄付の良い面と悪い面や、どういった物が寄付するのに向いているかや、どういったところに寄付の依頼をすれば良いのか等について、紹介していきます。

続きを読む