発達障害の疑いがある人が実践したい片付けのコツや収納術

子供の頃から部屋を片付けることが苦手で、親から『おもちゃを片付けなさい』と言われていたことがある人は多いと思います。

成長し学生になると勉強やサークルが忙しく、部屋が散らかっていて生活スペースが少なくても、汚いままでも、そんなものだと思って過ごしてきたかもしれません。

大人になり就職してみると、仕事ではミスが多く仕事がうまくこなせなくて悩んでいる人や、結婚してから自分がどんなに努力をしても、どうしても部屋を片付けられないことに気付き悩んでいる人が、『難しいことではないのに、どうしてうまくできないのだろう?』と調べているうちに、自分が発達障害ではないかと心配になり、病院で診断を受ける人が増えているそうです。

部屋を片付けたいけれど、どうしても片付けられなくて困っている人が、自分が発達障害ではないかと心配になって病院を受診したところ、自分が発達障害、または発達障害の傾向があると言われたとしたら、『発達障害だから片付けられなかったんだ…。』と納得しながらも、『発達障害だからこれから先も部屋を片付けができるようにならないのだろうか?』と不安になってしまいますよね。

発達障害があっても、工夫をしたりコツをつかめば片付けられるようになるのでしょうか。

何年か前、テレビでADHDという発達障害の夫婦が、『片付けられない』という障害を乗り越えて、2人で工夫や努力をしながらとても片付いた部屋に暮らしているという番組を観たことがあります。

その夫婦は2人ともADHDだったので、お互いが片付けられない理由がよく分かるので、お互いが片付けができるようになる収納や方法を、工夫しながら生活していました。

この夫婦のように発達障害があってもその発達障害を知ることで、自分が苦手とする部分をよく理解し、弱点を乗り越える方法を身につけながら生活することで、『片付けられない』という障害があっても片付けられるようになるのです。

そこで今回は、自分が片付けられない障害を持っているのではないかと思っている人のために、発達障害があっても部屋を片付けられるようになり、そのまま片付いた部屋で生活できるようになる収納や方法のコツをご紹介します。

続きを読む

買換えで粗大ゴミとなったプリンターを賢く処分する方法

家にパソコンがある人はプリンターも持っているという人が多いと思います。

プリンターは持っているけれど、プリンターを使うのは年賀状の印刷の時くらいで、年に数回しか使わないという人も中には多いのではないでしょうか。

プリンターは長く使っていないと、インクカートリッジが乾燥して故障の原因になってしまいます。
ですから月に1回は印刷をすると、長持ちすると言われています。

年に数回しか使わないという場合、使っていないにも関わらず、かえって壊れやすくなってしまうのです。

プリンターをあまり使わないことが原因で、インクがうまく出なくなったりして、買い替えなければならなくなったという人も年末になって気付く人が意外と多いかもしれません。

それではプリンターは何ゴミに分類され、どのように処分すれば良いのでしょうか。

プリンターの処分方法がよく分からず、処分するのにお金がかかるのかどうかも気になっているという人がいるかもしれません。

私の実家がある地域では粗大ゴミの日が決まっていて、回収日には家にある粗大ごみや不用品を自由に出して良いことになっています。

粗大ごみ回収日に壊れたプリンターを出したことがありました。
粗大ごみ回収日には、『市から委託された不用品回収業者』が回収してくれます。

しかし、市から委託された不用品回収業者が回収に来る前に、民間の不用品回収業者がやって来て、そのプリンターを持って行ってしまいました。
壊れたプリンターなのに欲しがる人もいるのだと、その時思ったことがあります。

私の実家がある地域のように、粗大ごみを無料で出してよい地域では、市の回収窓口に電話して受付すれば、プリンターも無料で処分することができます。
※有料で回収している地域では、プリンターの処分にはお金がかかります。

プリンターの処分方法は自治体が指定する方法でゴミとして出す他ほかに、不用品回収業者会に処分を依頼するなどの方法がありますが、できれば処分料金がかからない廃棄方法があるといいですよね。

そこで今回は、プリンターを処分して新しく買い換えたいと思っている人のために、古いプリンターをお得に処分できる方法について紹介します。

続きを読む

引越しで出る粗大ゴミを高く買取ってもらうためにやっておきたいこと

引っ越しをする時は次の住居で使わなくなる大型家具や家電などが、たくさん出てくることがあります。

家具を処分したいけれど、できれば処分料金がかからない方法で処分したいものです。
さらに言えば、買い取ってもらえると一番嬉しいですよね。

買取ってもらえれば不用品処分としてお金がかかるわけではありませんし、お金がかからなくても無料で引き取ってくれるケースもあるのでとてもありがたい処分方法の一つです。

しかし、いざ家具や家電を売ろうとなると、意外と買い取ってもらえないと感じている人もいると思います。

家具や家電をリサイクルショップに持ち込んで、もし買い取ってもらえなければ、また持って帰って来なければなりません。

また、不用品買い取り業者に家具や家電の買い取りを依頼して見積もりをとってもらっても、買取できませんと言われることがあるかもしれません。

家具や家電の処分ならば、ほとんどのものは処分料金を払えば処分してくれる業者がほとんどですが、買い取りとなると一気にハードルが高くなります。

それでは買い取ってもらえる家具や家電と、買い取ってもらえない家具や家電はどんな違いがあるのでしょうか。

私の知り合いで、リサイクルショップでソファーを買ったことがあるという人がいます。

リサイクル業者が家の中までソファーを運び込んでくれた時に、今まで使っていたソファーを買い取ってもらえないかと頼んだところ、快く買い取ってもらえ、買い取ってもらえたソファーの金額分を、購入した中古のソファーの代金をから引いてもらえたという話を聞いたことがあります。

このように『リサイクルショップで何かを買ったついで』であれば、家にある家具や家電を買い取ってもらえる確率は高くなると思います。

しかし引っ越しの時に、今後使わなくなる家具や家電をただ『買い取ってもらうだけ』となると、買い取ってもらえる店を探すのに手間取ることがあるかもしれません。

そこで今回は、引っ越しなどの際、不用になった大型家具や家電をできれば高く買い取ってもらいたいと思っている人のために、高く買い取ってもらえるものの傾向や基準、高く買い取ってもらえるコツについてご紹介します。

続きを読む

女性でも粗大ゴミがカンタンに切れる!オススメ廃棄物ノコギリ(カッター)3選

生活スタイルや家族構成が変わったりして、たんす、椅子、ベビーベッド、こたつなど、年月とともに使わなくなる家具が出てくることがあると思います。

家具の場合粗大ゴミとして分類されますが、処分したい家具がたくさんある場合処分費用がかさむため、粗大ゴミとしてではなく可燃ゴミや不燃ゴミなどの一般ゴミとして出したいと思っている人も多いと思います。

粗大ゴミは小さく切ってしまえば、一般のゴミとして処分できるのでしょうか。
大きな家具を切ることは大変ですが、よい道具を使えば女性でも解体することができるのでしょうか。

私自身、大きな家具をノコギリで切ったことはありませんが、ゴミ袋に入らないくらい大きな幅だったのでノコギリで切って、ゴミとして出したことがあります。

切る時に使ったのこぎりは安いもので切れ味が悪かったため、切るのに苦労した覚えがあります。

かといって切れ味のよいノコギリを探して買おうとは思わなかったので、大きな粗大ゴミは自治体が指定している方法で、粗大ゴミシールを貼って回収してもらっています。

処分したい粗大ゴミがたくさんあり、粗大ゴミをノコギリで切って処分する手間をかけてもよいと思っている場合、切れ味がよく効率のよいノコギリを購入すれば、自分で切り分けて一般のゴミとして出すことができます。

そこで今回は、粗大ゴミを切るためのノコギリを探している人のために、女性でも使えるノコギリの選び方と、おすすめのノコギリについてご紹介します。

続きを読む

粗大ごみを出し忘れてしまった時のために知っておきたい3つの出し方

毎日の生活から出るゴミを正しく分別し、ゴミの種類ごとに自治体決めているゴミスケジュールに従って正しくゴミを出すということは、当たり前のようでいて、人によっては難しさを感じている人もいると思います。

ゴミの分別が細くなるほどゴミ収集日のスケジュールが細く分類され、ゴミ出しの日は一週間の中で何日にも分けられます。

生活スタイルによっては、正しい時間に出したいごみを毎回出すことができないでゴミが家にたまってしまい、困っているという人も多いのではないでしょうか。

生ゴミはゴミ出しの日に出しそびれると、腐って臭くなってしまいます。

ペットボトルやダンボールなど、かさばるゴミを出しそびれるとゴミが場所を取り、家に置いておくのが邪魔になって困っている人も多いかもしれません。

ゴミ出しの時間までにタイミングよくゴミを出すことができず困っている人の中には、ゴミ出し日の前夜にゴミを出してしまってはいないでしょうか。

前日の夜にゴミを出すということは、ルールに反することなのか分からないままゴミを出している人もいると思います。

私は何度か引っ越しをしたことがあり、住んでいた地域や賃貸住宅によってゴミ出しの方法が違っていました。

現在私が住んでいる地域では、ゴミは自宅前に出すことになっており、出したゴミの責任は自分でとるようになっています。

自宅前ではなくて、決められたゴミ収集所にゴミを出すという地域もあります。

ある地域のゴミ収集所では、朝のゴミ出しの時間が始まる前まで鍵がかかっていて、その鍵があけられるまでゴミ出しはできないようになっている地域もありました。

多くの地域では、朝の決められた時間内にゴミを出すようにと言われています。
ゴミ出しの時間を指定しているのは、大切な理由があってのことなのです。

そこで今回は、ゴミ出しの時間にゴミを出すことができず、家にゴミがたまってしまって困っている人のために、ゴミ出しのタイミングと、たまってしまったゴミを出す方法についてご紹介します。

続きを読む

掃除機は家電リサイクル家電?家電粗大ごみを無料で処分する方法

ゴミの出し方は、各自治体によって違います。

燃えるゴミと燃えないゴミの分け方は地域によってずいぶんと違うので、引っ越した先でゴミの出し方が分からないという話もよく聞きます。

家電製品を捨てたい時も、地域によって処分の方法が違うことがあり、どの種類のゴミで出せばよいのか分からないことをがありますよね。

例えば掃除機を捨てたい場合、何ゴミに分別すれば良いのか、どうやって処分すればよいのか分からないという方もおられるのではないでしょうか。

掃除機は小型の電化製品ですが、電化製品はゴミとして処分してよいのか、それともリサイクルしなければいけないのかと、分からない方がおられるかもしれません。

または、掃除機は自分でゴミに出してよいのか、一般ゴミとしてゴミ置場に捨てていいものか、それともお店かどこかに引き取ってもらわなければならないのか分からない方もおられるでしょう。

私も掃除機を処分したことがありますが、その時は掃除機の他にも大量にあった粗大ゴミと一緒に、回収業者に処分してもらったことがあります。

不用品回収業者に処分してもらうのも、処分するときの一つの選択肢かもしれません。

しかし掃除機一つだけの処分となると、小さなサイズである掃除機は自分ひとりで運ぶこともできて処分をしやすいということもあり、掃除機だけのために不用品回収業者に依頼するというのも処分料金が高くついて、大げさな処分方法になってしまいます。

私の実家で古い掃除機を処分したときは、粗大ゴミ収集日にゴミ置き場へ掃除機を持っていったら、粗大ゴミ代がかからず無料で回収してもらえました。

地域によっては、古い掃除機を無料で回収してくれる地域もありますが、どちらかといえば無料で回収してくれる自治体は少ないかもしれません。

そこで今回は、掃除機は何ゴミなのか分からず、どうやって処分すればよいのか知りたいと思っておられる方のために、掃除機を無料で処分する方法について紹介します。

続きを読む

処分したい粗大ごみが運べない時はこうやって処分しよう

引っ越しをする時は、引っ越し先でも同じ家具を使うことができればよいのですが、大型家具が必要なくなり処分しなければならないという人もおられるのではないでしょうか。

粗大ごみを処分するとき、最も頭を悩ませるのは粗大ごみの処分方法です。

粗大ごみの運び出しを手伝ってくれる人がいない場合、処分に苦労することが多いものです。

一人で粗大ごみを処分しなければならない場合は、女性の場合は特に粗大ごみを運んでもらうことも考えて処分方法を考えなければなりません。

力持ちの友人がいればいいのですが、なかなか気軽に大型家具の運搬の手伝いを頼めない場合もありますよね。

大型家具の処分を、引っ越しの前に処分するのか、引っ越しの時に処分するのかによっても処分方法が変わってきます。

運び出しを手伝ってくれる人がいるかどうか、いつ処分するかによって、粗大ごみの処分費用はずいぶん変わってくるのです。

粗大ゴミの運び出しを手伝ってくれる人がいなくて、引っ越しの前に処分したい場合、最も処分するのに苦労しますから、粗大ゴミをどう処分すればよいのか分からず、不便さを感じておられる人もおられるのではないでしょうか。

私の実家で、父が古い食器棚を処分したことがあります。

私の実家はゴミ収集場の近くにあり、 私の実家がある市では月1回の粗大ゴミの日にゴミ収集場まで持っていったものは、何でも回収してくれます。

父は家にある食器棚を自分一人で解体し、ゴミ収集所に持って行ったら、全部回収してくれたと言っていました。

このように大型の家具を分解して、何回かに分けて運べるようにすれば、一人で運べる場合があります。

ゴミ出し場まで粗大ゴミを持っていくことができれば、自治体の粗大ゴミの回収サービスによって処分することができ、無料、もしくは安い料金で粗大ゴミを処分することができるのです。

しかし分解できない家具や、 分解するのが大変な場合もあります。

そこで今回は、引っ越し前に家具などの粗大ゴミを処分したいけれど、一人暮らしなので自分一人で運び出すことができず、処分方法を考えておられる方のために、粗大ゴミを処分する方法についてご紹介します。

続きを読む

誰でも出来る!むやみに処分できない時の片付け過ぎない収納術

田舎の方へ行くと、お葬式をはじめ、ことあるごとに親戚一同が実家へ集まることが多いですよね。

そのため多くのお客さんを迎えるために、多くの食器や小物類、着物、座布団、机などが保管してある家がよくあります。

母屋の横に物置小屋があったり、プレハブ倉庫があったりして、その中にたくさんの荷物が置かれているのをよく見かけます。

普段は使わないものですが、必要な時はないと困るものなので、保管しておかなければならないものです。

いくら広い収納場所があるからといって、何があるのか分からなかったり、どこにあるのか分からなかったりすると、いざ使おうとするとき困ることがあるかもしれません。

ひとり暮らしのように少ない収納ならまだしも、たくさんのものを収納片付けしなければならない時、どのように収納片付けすればいいかわからないものです。

必要のないものは処分して少ないもので暮らすというのが、現代の流行りともなっていますが、そうは言ってもたくさんのものを備えてそれを管理していかなければならない生活スタイルをとらなければならないというのが、多くの人の現状です。

それではどうすれば多くのものを効率よく収納することができ、片付けが楽になるのでしょうか。

物が多いといえば、私の実家のことを思い出しました。

私の実家はお客様が多く、以前は20人から30人、今でも10人ほどのお客様が来られることを常に考えて食器類の準備をしています。

ですからお客様専用の食器棚を用意して、そこへお客様専用の食器をいつも収納しています。
そこにある食器類は普段使いをしていないので、自宅の台所ではなくお客様用の部屋に置いてあります。

お客様の用の部屋に置いてあれば、たくさんのお客様が来られた時は、食器を運ぶ手間も少なくなりますし、気心の知れたお客様ですと、食器を出す作業をお客様が手伝ってくださることもあります。

今よりたくさんのお客様が来られることが多かった頃は、湯呑やコップなどかさばる物は、透明の収納ケースにまとめて入れて、そのケースごと積んで収納していたものでした。

以前は家に泊まられるお客様のために、布団類もたくさん準備していましたが、今ではお客様は家に泊まるよりも近くにのホテルに泊まるようになり、布団は家族の分だけ持つようになりました。

お客様用の椅子や机もありますが、折りたたんだり積み重ねたりできるテーブルや椅子を、普段は重ねて収納してあります。
現在来られるお客様の人数に合わせて、椅子やテーブルの数も減らしました。

いつ多くのお客様が来られるか分からないお宅では、準備しておく『お客様用品の数』を調整し、よく使う分と時々使う分とに分けて、来られるお客様の人数に合わせて収納方法を変えておくことが、使い勝手の良い収納片付けの方法ではないかと思います。

それでは今回は、お客様用のものなど普段は使わないけれど、管理していかなければならないものをたくさん持っておられる人のために、簡単に大量収納が出来て、使いやすい片付けの方法について紹介します。

続きを読む

不用品は売る?捨てる?税金はどうする?効率的に断捨離する方法

いつのまにか、家の中に山のようにたくさん集めてしまった服や、アクセサリー、 バッグなどの嗜好品が、家の中を占拠していることに気づくことがあると思います。

好きでつい買って集めてしまったため、まだ新品のままの物や、大切に使っていたけれど自分ではもう使わない物などを、処分しようと思う日がある日やってくるものです。

自分でも大切に保管してきた物なので、捨てるに捨てられませんし、もしかしたら高く売れるのではないかと思うと、気軽に近所のリサイクルショップへ売りに行ってよいものだろうかと思うかもしれません。

たくさん集めた自分のコレクションですから、数が多くてオークションに出品するのは手間がかかりますし、どうすれば簡単に高く売れるのだろうと、処分の方法を模索しておられる方も多いと思います。

家にある不用品を処分しようと思う時、処分するにはお金がかかりますし、処分するくらいならできるだけ高い値段で売ることができれば嬉しいと、誰もが思うものです。

特に、処分したいものが新品だったり、買ってから数年以内の物であったり、 ブランド物であったりすると、売るときも高い値段がつく可能性が高いです。

コレクターグッズなども、高く売れることがよくあります。

高く売るには、どこで売れば良いのでしょうか?
昔は、古道具屋さんやリサイクルショップくらいしか、 中古品を買い取ってくれるところがありませんでしたが、今ではリサイクルショップだけではなく、オークションにも気軽に出品することができるようになりました。

さらに、中古品を売ったり買い取ってくれたりする業者が増えて、物を売ることがどんどん便利になっているのをご存知でしょうか?

私自身、不用品を処分する時、以前は捨てるばかりでしたが、それがリサイクルショップへ持って行っていくようになったり、さらに便利な宅配の買取のサービスを利用したりするようになりました。

『断捨離』という言葉が今、とても多くの人たちの心に共感する時代となっています。
ですから、物を処分したいと思う人が増えてきているのだと思います。

この時代にゆえに、多くの便利なサービスが増えていますから、これを利用しない手はないと思います。

多くの物を処分する場合、売上金もそれなりの金額になります。

売上金が多かった場合、税金はどうなるのでしょうか?
そんな疑問を持つ人も多いかもしれません。

そこで今回は、多くのものを売って処分したい人のために、できるだけ簡単で高く売れる方法と、それに関わる税金について、そしてまた物をためこまない方法についてご紹介していきたいと思います。

続きを読む

「片付けられない子供」が「片付けられる子供」に激変する方法

お子さんが自分の部屋を片付けられなくて、部屋がいつも物で散乱していて困っておられるというお父さんやお母さんは多いのではないでしょうか?

まだ小さなお子さんであるならば仕方がないと思いますが、中学生、高校生、それももし女の子でしたら、ひどく汚い部屋にいるのに平気でいるというのは、どうしても心配になりますし、部屋を片付けて生活してほしいと思うのは親心ですよね。

部屋が散らかっているといっても、散らかりの程度があると思います。

脱いだ服が床に散らかっているのはもちろん、洗った洗濯物も一緒になって床に散乱していたり、衣類ばかりではなく、食べかけのお菓子や部屋に持ち込んだお皿が溜まって臭くなるなどすると、部屋が散らかっているというだけではなく、不衛生にもなってしまいます。

部屋を散らかすお子さんは片付けが苦手で、親に言われて部屋を片付けても、あっという間にまた散らかってしまうものです。

あまりにも汚い部屋で暮らしているお子さんは、もしかして病気なのではないだろうかと不安に思われるいるお父さんやお母さんがおられると思います。

病気でなかったとしても、部屋を片付けられない子どもは、いつまでたっても片付けられないままなのだろうかと心配になり、どうすればよいのか悩んでおられる人も多いと思います。

部屋を片付けられないという病気や障害は確かに存在します。
しかしきちんと診断を受けて、ひとりひとりの子どもに合った対応をしていくことで、片付けられない子どもも、片付けられるような方法がみつかります。

また、病気や障害がなかったとしても、片付けられない子供に寄り添って、片付けられるようになるまで親が教えたり手助けしたりすることで、たいがいの子どもは片付けられるようになるものです。

私自身、子どもの頃は部屋を散らかしていたものですが、散らかっている部屋に不自由さを感じるようになったり、きれい好きな親の影響で部屋は片付けておくべきものだと思うようになったり、本や雑誌に掲載されている、『きれいな部屋作り』というような企画に影響されて部屋を片付けることに興味を持つようになったりして、だんだんと片付けられるようになりました。

それでは、お子さんが部屋を片付けられなくて困り、心配しておられる人のために、子どもが片付けられない理由考え、片付けられるようになる工夫と方法をご紹介していきたいと思います。

続きを読む