買取り不可能なソファーを粗大ゴミとして処分する方法まとめ

家の中で最もリラックスできる場所といえば、ソファーの上ではないでしょうか。

家の中の快適さを求めて、ついソファーを買い足して部屋が狭くなってしまい、ソファーを処分しなければならなくなってしまったという人がいるかもしれません。

ソファーは大きいだけに処分料金が高いのではないかと思うと、処分するのもつい億劫になってしまいます。

ソファーは解体できないことが多い家具なので、どうやって運べば良いのかと悩んでいる人もいると思います。

足を伸ばして横になれるように大きめのソファーを買ったため、私の家にも大きなソファーがあります。

ソファーを動かして掃除することがありますが、少し動かすだけであれば私の家にあるソファーは意外と軽く、1人で楽々と動かすことができます。

しかし他の場所へソファーを動かそうと思うと、最低2人の人手が必要です。

私は何度か引越しをしていますが、引越し屋さんの家具の運び出しを見ながら、大きな家具を狭いカーブした階段を移動させたり、狭い通路を通したりするコツを目の当たりにして、感動した覚えがあります。

家の中に運び入れることができたソファーであれば、コツさえ分かれば自分たちでも外へも運び出すことができるということです。

もし自分たちでソファーを外へ運び出すことができれば、ソファーの処分方法の選択肢が広がります。

しかし、中にはとても重いソファーもあります。

頑丈な作りのソファーで大きくなると60キロ近くの重さのものもありますから、そうなると運び出すのが大変です。

そこで今回は、リサイクルショップでは買い取ってもらえないような古いソファーを処分したいと思っている人のために、ソファーの処分料金と処分方法についてご紹介します。

続きを読む

解体してバラバラになったベッドを粗大ゴミとして処分する方法

1日の3分の1の時間を過ごしている寝具は、寝心地を重視してお気に入りのベットを買って使っているうちに、使わなくなった古いベッドが家にたまってしまい、いざ古いベッドを処分しようとしたら、解体されてバラバラになったいくつかのベッドが物置に置かれているのを見つけ、処分に戸惑っているという人がいるかもしれません。

ベッドの処分料金は、1台につきいくらという単位で計算されます。

特に自治体の粗大ゴミ回収サービスでベッドの処分をする場合は、処分するベッドの台数を申告して処分の回収を依頼しなければならないですし、1台ごとにまとめて粗大ゴミシールを貼って出さなければなりません。

パーツがバラバラに保管されていて、パーツの組み合わせが分からなくなっていると、どうやってまとめて良いのか困ってしまいますよね。

また、ベッドの処分で最も困っている人が多いのは、スプリングマットのベッドですよね。

スプリングが入ったマットレスは、自治体によっては回収していないところもあります。

私の実家ではベッドを移動することがよくあります。
移動するたびごとにベッドを解体してパーツをひとつずつ移動させることで、大きなベッドを一人で移動させることができますし、狭い通路を通すことができます。

ベッドを一度解体してしまうと、もしパーツが一緒に置いてあったら、似たような素材のベッドだとパーツの組み合わせが分かりづらくなってしまうという状況はよくわかります。

そこで今回は、解体してバラバラになったベッド処分したいと思っている人のために、バラバラになったベッドのまとめ方や処分費用も含めて、ベッドの処分方法についてご紹介します。

続きを読む

買取り不可能な冷蔵庫を粗大ゴミとして処分する方法まとめ

引越しをする時は、処分したいテレビや冷蔵庫などの電化製品が出てきますよね。
長く使って古くなった電化製品は、引越しを機会に新しく買い換えることも多いです。

電化製品の中でも冷蔵庫は購入する時の価格が高いため、20年以上など長い年月使い続けているという人が多いと思います。

ですから処分したいと思った時点で、とても古くなっていて、リサイクル業者には買い取ってもらえないという場合が多いのではないでしょうか。

冷蔵庫を処分する場合、高い料金がかかります。
できれば処分費用を、少しでも抑えたいですよね。

冷蔵庫は長く使うものなので、私自身冷蔵庫を処分したことがありませんが、私の実家では新しい冷蔵庫を買った時に、販売店が新しい冷蔵庫を運び入れた時に古い冷蔵庫を持って行ってもらい、処分してもらったことがあります。

このように、冷蔵庫を買うのと同時に、買ったお店に処分してもらうという人が多いのではないでしょうか。

しかし引っ越しの時に冷蔵庫を処分するという場合、新しい冷蔵庫を運び入れるついでに引き取ってもらうという方法で処分することができません。

新しい冷蔵庫を買っていない販売店で古い冷蔵庫を処分してもらう場合は、運搬料や手数料が加算され、処分費用が高くなる場合があります。

冷蔵庫を処分する場合、リサイクル料金の他、運搬料金もかかることが多いのです。

そこで今回は、リサイクル業者には買い取ってもらえないような古い冷蔵庫を処分したいと思っている人のために、冷蔵庫を処分する方法をまとめてご紹介します。

続きを読む

洗濯機は粗大ゴミとして処分?買取り?お得に処分する方法

引っ越しをする時は、家電の粗大ゴミがたくさん出ることがあります。

冷蔵庫、洗濯機、テレビなどは引っ越しを機会に処分して、引っ越し先では新しいもの使うという人が多いと思います。

しかし家電を処分しようとすると、費用がかかる場合がほとんどです。
特に古い家電はリサイクルショップでは買い取ってもらえず、処分するのに処分に困ります。

処分費用が高いので、処分をためらったり、もっと安く処分したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

私も洗濯機を処分したことがあります。

新しい洗濯機を買ったお店で、洗濯機を配送してもらったついでに、古い洗濯機を処分するために持って行ってもらったことがあります。
この時はリサイクル料金がかかりました。

また、引っ越しをした時も、古い洗濯機を引っ越し業者に処分してもらったことがあります。
引越し業者に処分してもらった時も、リサイクル料金がかかりました。

今まで2台の洗濯機を処分してもらったことがあるのですが、新しい洗濯機を運び入れた時のついでだったり、引っ越しをした時に荷物を運び出す時のついでだったりしたので、リサイクル料金だけを払えばよく、引き取り手数料などはかからなかった記憶があります。

処分したい家電が多いほど処分費用がかかって出費が多くなりますから、処分に高い費用がかかる家電リサイクル法対象の家電を、お得に処分する方法があるのかどうか知りたい人もいると思います。

そこで今回は、洗濯機を処分したいと思っている人のために、洗濯機の買い取りも含め、お得に処分する方法についてご紹介します。

続きを読む

発達障害の疑いがある人が実践したい片付けのコツや収納術

子供の頃から部屋を片付けることが苦手で、親から『おもちゃを片付けなさい』と言われていたことがある人は多いと思います。

成長し学生になると勉強やサークルが忙しく、部屋が散らかっていて生活スペースが少なくても、汚いままでも、そんなものだと思って過ごしてきたかもしれません。

大人になり就職してみると、仕事ではミスが多く仕事がうまくこなせなくて悩んでいる人や、結婚してから自分がどんなに努力をしても、どうしても部屋を片付けられないことに気付き悩んでいる人が、『難しいことではないのに、どうしてうまくできないのだろう?』と調べているうちに、自分が発達障害ではないかと心配になり、病院で診断を受ける人が増えているそうです。

部屋を片付けたいけれど、どうしても片付けられなくて困っている人が、自分が発達障害ではないかと心配になって病院を受診したところ、自分が発達障害、または発達障害の傾向があると言われたとしたら、『発達障害だから片付けられなかったんだ…。』と納得しながらも、『発達障害だからこれから先も部屋を片付けができるようにならないのだろうか?』と不安になってしまいますよね。

発達障害があっても、工夫をしたりコツをつかめば片付けられるようになるのでしょうか。

何年か前、テレビでADHDという発達障害の夫婦が、『片付けられない』という障害を乗り越えて、2人で工夫や努力をしながらとても片付いた部屋に暮らしているという番組を観たことがあります。

その夫婦は2人ともADHDだったので、お互いが片付けられない理由がよく分かるので、お互いが片付けができるようになる収納や方法を、工夫しながら生活していました。

この夫婦のように発達障害があってもその発達障害を知ることで、自分が苦手とする部分をよく理解し、弱点を乗り越える方法を身につけながら生活することで、『片付けられない』という障害があっても片付けられるようになるのです。

そこで今回は、自分が片付けられない障害を持っているのではないかと思っている人のために、発達障害があっても部屋を片付けられるようになり、そのまま片付いた部屋で生活できるようになる収納や方法のコツをご紹介します。

続きを読む

買換えで粗大ゴミとなったプリンターを賢く処分する方法

家にパソコンがある人はプリンターも持っているという人が多いと思います。

プリンターは持っているけれど、プリンターを使うのは年賀状の印刷の時くらいで、年に数回しか使わないという人も中には多いのではないでしょうか。

プリンターは長く使っていないと、インクカートリッジが乾燥して故障の原因になってしまいます。
ですから月に1回は印刷をすると、長持ちすると言われています。

年に数回しか使わないという場合、使っていないにも関わらず、かえって壊れやすくなってしまうのです。

プリンターをあまり使わないことが原因で、インクがうまく出なくなったりして、買い替えなければならなくなったという人も年末になって気付く人が意外と多いかもしれません。

それではプリンターは何ゴミに分類され、どのように処分すれば良いのでしょうか。

プリンターの処分方法がよく分からず、処分するのにお金がかかるのかどうかも気になっているという人がいるかもしれません。

私の実家がある地域では粗大ゴミの日が決まっていて、回収日には家にある粗大ごみや不用品を自由に出して良いことになっています。

粗大ごみ回収日に壊れたプリンターを出したことがありました。
粗大ごみ回収日には、『市から委託された不用品回収業者』が回収してくれます。

しかし、市から委託された不用品回収業者が回収に来る前に、民間の不用品回収業者がやって来て、そのプリンターを持って行ってしまいました。
壊れたプリンターなのに欲しがる人もいるのだと、その時思ったことがあります。

私の実家がある地域のように、粗大ごみを無料で出してよい地域では、市の回収窓口に電話して受付すれば、プリンターも無料で処分することができます。
※有料で回収している地域では、プリンターの処分にはお金がかかります。

プリンターの処分方法は自治体が指定する方法でゴミとして出す他ほかに、不用品回収業者会に処分を依頼するなどの方法がありますが、できれば処分料金がかからない廃棄方法があるといいですよね。

そこで今回は、プリンターを処分して新しく買い換えたいと思っている人のために、古いプリンターをお得に処分できる方法について紹介します。

続きを読む

引越しで出る粗大ゴミを高く買取ってもらうためにやっておきたいこと

引っ越しをする時は次の住居で使わなくなる大型家具や家電などが、たくさん出てくることがあります。

家具を処分したいけれど、できれば処分料金がかからない方法で処分したいものです。
さらに言えば、買い取ってもらえると一番嬉しいですよね。

買取ってもらえれば不用品処分としてお金がかかるわけではありませんし、お金がかからなくても無料で引き取ってくれるケースもあるのでとてもありがたい処分方法の一つです。

しかし、いざ家具や家電を売ろうとなると、意外と買い取ってもらえないと感じている人もいると思います。

家具や家電をリサイクルショップに持ち込んで、もし買い取ってもらえなければ、また持って帰って来なければなりません。

また、不用品買い取り業者に家具や家電の買い取りを依頼して見積もりをとってもらっても、買取できませんと言われることがあるかもしれません。

家具や家電の処分ならば、ほとんどのものは処分料金を払えば処分してくれる業者がほとんどですが、買い取りとなると一気にハードルが高くなります。

それでは買い取ってもらえる家具や家電と、買い取ってもらえない家具や家電はどんな違いがあるのでしょうか。

私の知り合いで、リサイクルショップでソファーを買ったことがあるという人がいます。

リサイクル業者が家の中までソファーを運び込んでくれた時に、今まで使っていたソファーを買い取ってもらえないかと頼んだところ、快く買い取ってもらえ、買い取ってもらえたソファーの金額分を、購入した中古のソファーの代金をから引いてもらえたという話を聞いたことがあります。

このように『リサイクルショップで何かを買ったついで』であれば、家にある家具や家電を買い取ってもらえる確率は高くなると思います。

しかし引っ越しの時に、今後使わなくなる家具や家電をただ『買い取ってもらうだけ』となると、買い取ってもらえる店を探すのに手間取ることがあるかもしれません。

そこで今回は、引っ越しなどの際、不用になった大型家具や家電をできれば高く買い取ってもらいたいと思っている人のために、高く買い取ってもらえるものの傾向や基準、高く買い取ってもらえるコツについてご紹介します。

続きを読む

女性でも粗大ゴミがカンタンに切れる!オススメ廃棄物ノコギリ(カッター)3選

生活スタイルや家族構成が変わったりして、たんす、椅子、ベビーベッド、こたつなど、年月とともに使わなくなる家具が出てくることがあると思います。

家具の場合粗大ゴミとして分類されますが、処分したい家具がたくさんある場合処分費用がかさむため、粗大ゴミとしてではなく可燃ゴミや不燃ゴミなどの一般ゴミとして出したいと思っている人も多いと思います。

粗大ゴミは小さく切ってしまえば、一般のゴミとして処分できるのでしょうか。
大きな家具を切ることは大変ですが、よい道具を使えば女性でも解体することができるのでしょうか。

私自身、大きな家具をノコギリで切ったことはありませんが、ゴミ袋に入らないくらい大きな幅だったのでノコギリで切って、ゴミとして出したことがあります。

切る時に使ったのこぎりは安いもので切れ味が悪かったため、切るのに苦労した覚えがあります。

かといって切れ味のよいノコギリを探して買おうとは思わなかったので、大きな粗大ゴミは自治体が指定している方法で、粗大ゴミシールを貼って回収してもらっています。

処分したい粗大ゴミがたくさんあり、粗大ゴミをノコギリで切って処分する手間をかけてもよいと思っている場合、切れ味がよく効率のよいノコギリを購入すれば、自分で切り分けて一般のゴミとして出すことができます。

そこで今回は、粗大ゴミを切るためのノコギリを探している人のために、女性でも使えるノコギリの選び方と、おすすめのノコギリについてご紹介します。

続きを読む

今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら