風呂場をスッキリしたい!掃除道具の生活感を消す方法

風呂場をスッキリしたい!掃除道具の生活感を消す方法

あなたは、お風呂場の掃除道具を、どこに置いていますか?

「お風呂場を掃除するのだから、風呂場に置くのが当たり前でしょ。」と思っている人もいれば、「ゆっくりお風呂に入りたいのに、掃除道具に囲まれてお風呂に入るなんて、リラックスできない!」という人もいるでしょう。

掃除道具がお風呂場にあると、「不快に思うか」、それとも、「気にならないか」というのは、人それぞれの感覚や習慣の違いによって、差があります。

お風呂の掃除道具をお風呂場に置くのが当たり前だと思っている人は、主に風呂場を掃除している人の感覚であることが多いですよね。

お風呂の掃除道具は風呂場に置いておく方が、気軽に掃除ができるので、断然便利のように感じます。

掃除後は、水切りをして乾燥を保つためにも、お風呂場に置いておくのが、最も使いやすい置き場所です。

また、掃除をする人にとって、掃除道具を毎日使った後、掃除道具もきれいに洗っている人は、掃除道具のことをそれほど汚いと感じないかもしれません。

一方で、お風呂場に掃除道具があると、不快に感じるという人は、掃除道具そのものが「汚い」という感覚があるということです。

実は人間には、「お風呂は身体をきれいにする場所なのに、汚いものがあるところでお風呂に入りたくない。」と言う心理があります。

掃除道具が汚いと感じる人は、お風呂掃除を担当していない人が多いです。

続きを読む

良質なエアコン掃除業者と適正価格を知って損をしないポイント

安心したい!良質な掃除業者と適正価格を知って損をしないポイント

季節が変わり、「そろそろエアコン付けようか?」

『ポチッ』
としたとき、厳しい暑さや、凍える寒さも一気に吹き飛ぶ感じ、たまらないですよね。

しかし、そんな幸せのひと時のはずが、久しぶりに稼働するエアコンから「ん?もしかして臭い」って経験ありませんか?

億劫なフィルター清掃もやっているのに、スッキリしないのはなぜでしょう。
エアコンはフィルター掃除をしていても、内部の汚れは蓄積していくものです。

続きを読む

メディアで話題の掃除道具・方法のしられざる『驚きの効果』

メディアで話題の掃除道具・方法のしられざる『驚きの効果』

テレビや雑誌で、面倒な掃除を楽にしてくれる掃除道具や、掃除方法が紹介されていることがよくありますよね。

テレビショッピングでよく紹介されている、家庭用スチームクリーナーの実演映像を見ていると、水周りにスチームを当てるとすぐにスルッと汚れが落ちているので、「うちにもスチームクリーナーが1台あれば、家中を簡単にキレイにできそう!」と思えてきます。

「本当に、あんなに簡単に汚れが落ちるのかしら?」と、内心不思議に思いながらも、スチームクリーナーを欲しくなってしまいますよね。

布団クリーナー(布団用ローラー)も、ヒット商品になりました。

「布団干すよりも効果があるのかしら?」と思いながらも、アレルギー持ちの人は欲しくなってしまうでしょう。

また、最近は、ナチュラル系の掃除方法が流行っていますよね。

ナチュラル系クリーナーの種類も増えているので、それぞれのクリーナーの使い方を知りたいと思っている人も多いと思います。

ナチュラル系クリーナーについては、「本当にキレイになるのかしら?」「洗浄力が弱いのではないかしら?」と、効果について知りたいと思っている人もいると思います。

続きを読む

夫婦で家事分担はアリ?忙しい主婦必見の効率良い掃除生活

夫婦で家事分担はアリ?忙しい主婦必見の効率良い掃除生活

夫婦で共働きをしているという家庭は、多いと思います。

フルタイムで働いていると、子供の世話や家の家事など、全てこなすのは本当に大変ですよね。

パートタイムで働いていても、仕事から帰ってくると、家では主婦という仕事が待って、仕事は尽きることがありません。

働く主婦は、すべての家事を、1人で完璧にこなすというわけには、いかないと思います。

共働きの場合、ご主人と家事を分担しているという家庭も、多いのではないでしょうか。

洗濯物を取り込んでもらうとか、男性用トイレの掃除をしてもらうとか、会社へ行く途中にゴミを出してもらうということを、夫が担当しているという、共働きの家庭が多いと思います。

しかし、家事を分担している人の中には、家事をご主人に手伝ってもらっていることに対して、上司などの他人から批判されたという経験がある人がいるかもしれません。

上司に「旦那さんに掃除をさせるなんて信じられない!」と、言われて、「我が家は夫に家事を手伝わせて非常識なのかしら」と思い悩んだ経験があるという人はいませんか?

続きを読む

掃除できない人を『掃除できる人』に激変させるアドバイスの方法

掃除できない人を『掃除できる人』に激変させるアドバイスの方法

仕事が終わって疲れて家に帰ると、妻と子供たちが笑顔で出迎えてくれる、明るくて居心地のよい家。

男性誰もが、思い描いている家庭像があると思います。

幸せな家庭像を思い描いて誰もが結婚しますが、結婚して家庭生活を始めたら、想像していた結婚生活とはずいぶん違っていたと、嘆いている男性もいるかもしれません。

例えば、こんな人はいないでしょうか?

続きを読む

断捨離人必見!大量の粗大ゴミを一気に減らせる3つの捨て方

断捨離人必見!大量の粗大ゴミを一気に減らせる3つの捨て方

大量のゴミを捨てるという状況になった時、いろいろ困ることがありますよね。

最近は、断捨離をする人が増えています。

断捨離を始めて家の中を片付けていたら、捨てるものが大量に出たけれど、『こんな大量のゴミを一体どうやって捨てればいいの?』と、断捨離よりもゴミの処分の方が困っているという人も、多いのではないでしょうか?

大量のゴミが出た時は、まずゴミの分別が大変です。

自治体の粗大ゴミ収集サービスを利用して粗大ゴミを出すには、ゴミをひとつひとつ確認しながら正しく分別しなければなりません。

粗大ゴミなのか一般ゴミなのか、分からないものもありますよね。

例えば炊飯器は、不燃ごみなのか粗大ごみなのか迷ってしまいます。
布団や座布団は、燃えるゴミなのか粗大ゴミなのか迷ってしまいます。

もうひとつ、粗大ゴミが大量にある場合、気になることは、『大量の粗大ゴミをまとめて処分できるのか』ということです。

もし自治体で粗大ゴミを出す量の制限があるとすると、一度に粗大ゴミを処分できません。
アパート、マンションお住まいの方の場合は、管理会社に聞いても「的確な答え」がないものです。

また、ベッドや箪笥のような重いものを粗大ゴミに出したい時も、外まで運び出せなければ、市の粗大ゴミ収集サービスを利用できません。

自分で運び出せない粗大ゴミが大量に出た場合は、一体どうやって処分すればよいか知りたいですよね。

私も大量の粗大ゴミが出た時に、どうやって処分しようかと困ったことがあります。

大量のゴミを処分するには処分費用がかかるので、まずは売れそうなものをリサイクルショップへ持っていき、買い取ってもらいました。

リサイクルショップで買い取ってもらえなかったものの中で、普通のゴミとして出せるものは、市の有料ゴミ袋に入れてゴミの日に出しました。

残った粗大ゴミは大量にあった上に、市が指定するゴミの品目に該当しないようなゴミが多かったので、まとめて不用品回収業者に処分してもらったことがあります。

粗大ゴミの処分方法は他にもあるので、処分したい方法に合わせて不用品を分別し、処分しやすい方法で処分するのが、大量の粗大ゴミを一気に減らすコツになります。

そこで今回は、断捨離を始めて、大量に粗大ゴミが出てしまったという人に向けて、大量の粗大ゴミを処分する3つの方法と、ゴミの分別やまとめ方が分らない場合はどうすればよいか、そしてゴミを貯めないためのコツについてご紹介します。

続きを読む

これでカンペキ!綺麗な部屋を保てる掃除頻度とかける時間

これでカンペキ!綺麗な部屋を保てる掃除頻度とかける時間

あなたは『掃除をしっかりする方』だと思いますか?
人の家に行って、『きれいな家だなあ』と感じると、我が家の部屋を思い出して、『自分の掃除は不十分なのかもしれない』とか『自分の掃除方法は間違っているのかもしれない』と感じる人もいますよね。

また、人が自分の家へ来た時に、我が家が『きれいな家だなあ』と感じているのかどうかも気になります。

私自身も「キレイな家を保っている人が、どれくらい掃除に時間をかけているのか?」気になっているひとりです。

エアコン、換気扇、窓拭きなどの普段はあまりしないような場所もこまめに掃除して、いつもキレイにしている人がいますが、どれくらいの頻度で掃除をすればよいのかということも気になります。

私の知り合いにきれい好きな人がいて、その人の掃除を見ているととても勉強になります。

例えばその人は、キッチンの排水溝は使った後に毎日洗剤で洗うので、排水溝の中もいつまでも新品のようにきれいです。

また、キッチンのゴミをまとめた後は、ゴミ箱の中の隅まできれいに拭いています。
キッチンマットは汚れをサッと拭きやすいように、撥水素材のマットを敷いて、汚れたらすぐに雑巾がけをしていました。

その日の汚れはすぐにキレイにして、いつもきれいな状態を保つ工夫をしていました。

その人の掃除習慣を見てからというもの、私も真似をして毎日排水溝を毎日洗い、ゴミを出したらゴミ箱を掃除するようになりました。

私にとって排水溝を洗うとかゴミ箱をキレイにするといったことは、掃除というよりも、『お皿洗いの一部やゴミ出しの一部』としての感覚となっています。

ちょっとしたついでの掃除なので、掃除として意識していないけれど掃除をしていて、毎日掃除にすることでキレイな状態を保てる習慣となっています。

キッチン周りは汚れやすい場所なので、キレイな状態を保つには毎日掃除したほうが良い場所ですが、他の所にもキレイな状態を保つために丁度よい掃除の仕方やタイミングがあります。

そこで今回は、どのような掃除をどれくらいの頻度と時間ですれば、キレイな家を保つことができるのか、具体的な方法と頻度について、場所別にご紹介します。

ご紹介する方法を私も試してみたところ、それほど多くの時間を掃除にはかけていませんが、家族からは『いつも家がキレイで気持ちがいいね』と言われるようになりました。

ぜひお試しください。

続きを読む

頼む前に自分で!部屋の片付け・収納上手になるためのコツ

頼む前に自分で!部屋の片付け・収納上手になるためのコツ

家に物がたくさんあって、収納や片付けをするのに苦労していることがよくありますよね。

結婚をして色々な物を買いそろえていくうちに、いつのまにか物が増えてしまったということもあります。

子供が生まれてから子ども用品やおもちゃなどをそろえていくうちに、部屋中が物あふれ、散らかったままになってしまって困っているという人も多いと思います。

特に子供がいると、毎日の掃除や片付けに手が回らなくなることが多いですし、子供がおもちゃで遊ぶたびに、床の上はおもちゃが散らばった状態になるので、どうすれば効率よく部屋を片付けたり、物を上手く収納できるのかしらと、頭を悩ませている人の悩みもよく耳にします。

自分の物に加え、ご主人の物、子供の物がたくさんあると、収納場所が必要ですし、収納方法が効率良くなければ、管理していくことがとても大変であると感じるのではないでしょうか。

テレビを観ていた時に『なぜ片付けをするのか』ということについて、話しているのを聞いたことがあります。

片付けるということは『次に行う作業や仕事の準備でもある』ということが、テレビの中で言われていました。

部屋が散らかっていても良いではないかと思うことがあるかもしれませんが、片付けておくことは、次に行う作業や仕事が効率よくはかどらせるための準備であると考えると、片付けることに大きな意義を感じます。

片づけをしやすい収納のコツを知って、片付けそのものも効率よく片付けることができれば、片づけを含め、他の様々なことが効率良くこなせるようになるでしょう。

実際、テレビで紹介された『ラベリング』という収納方法を試してみたら、予想以上に片づけやすくなり、自分以外の家族も収納しやすくなりました。

片付けを効率よくこなすには、使いやすい収納方法を基本から知って、家中の収納を工夫することが重要になってきます。

そこで今回は、片付け、整理整頓が苦手だなと感じている人に向けて、部屋の片付け・収納上手になるためのコツを紹介します。

続きを読む

無料の不用品回収はアリ?知っておきたい不用品回収の最低相場

無料の不用品回収はアリ?知っておきたい不用品回収の最低相場

テレビ、冷蔵庫、洗濯機などのリサイクル家電を処分する時、リサイクル料金が高いので処分する時に躊躇することがよくありますよね。

『無料で回収します。』と、軽トラックでアナウスを流しながら走っている廃品回収車を見かけることがよくあると思います。

無料で回収してくれるという業者は、トラックで回っている業者の他にも、『何でも買い取ります。』と電話をかけてくるリサイクル業者もいますし、『無料回収します。』という看板を空き地に掲げて、テレビや洗濯機をはじめ、炊飯器などの家電を回収している場所を見かけることもよくあります。

本来ならば料金を支払って処分してもらう粗大ゴミや、リサイクル料を支払って処分してもらうリサイクル家電などを、なぜ無料で回収してもらえるのか不思議に思う人もいると思います。

『無料で回収します。』と言っている業者に依頼すれば、「本当に無料で引き取ってくれるのか」と不安にもなります。

「粗大ゴミ処分が無料になるかも!」とうかれてしまう反面、「もしかすると詐欺や悪徳業者なのではないか…」という不安を、拭い去ることができません。

私の実家にも、
『家に不要なものはありませんか?何でも買い取りします。明日伺いたいのですがご都合いかがですか?』
という電話が何度もかかってきます。

あまりにもしつこいので危険に感じ、電話がかかってくるたびに断っています。

便利でお得だなと思うような魅力に感じることであっても、危険かもしれないという気持ちが少しでもあれば、きっぱりと断ることが必要だと思います。

無料で引き取ってくれるという業者が悪徳業者ではないかという不安があるけれど、家電やリサイクル家電の処分には高いお金がかかるため、無料で回収してもらえれば、やはり嬉しいですよね。

そこで重要になってくるのが、悪徳業者を見分ける目が必要であるということです。

何を基準にして悪徳業者を見分け、不正な取引や詐欺に会わないようにすれば良いのでしょうか。

悪徳業者を見分けるためには家電や廃品の物とお金の流れの仕組みを知り、どのような仕組みの中で業者は商売をしているのかということを知ることで、トラブルから身を避けることができます。

そこで今回は無料で廃品を回収している業者がどのように利益を得ているのか、引き取ってもらった場合の適正料金はいくらぐらいなのか、悪徳業者とのトラブル内容などについて、ご紹介します。

続きを読む

一人暮らし掃除の「めんどくさい」を克服するモチベーションアップ術

一人暮らし掃除の「めんどくさい」を克服するモチベーションアップ術

家事が好きな人もいますが、嫌いな人もいますよね。

掃除や洗濯などの家事をするのが面倒で手につかなくて、いつも家が汚かったりほこりがつもっている中で、暮らしているという人もいると思います。

または掃除や洗濯が面倒だけれども、ストレスを感じながら嫌々こなしているという人もいるかもしれません。
仕事が忙しがしくて家事をする気力が出ない人もいます。

仕事をしている人は、忙しくて家事をする時間があまり取れませんから、ゴミ出し日にゴミを出すということすら苦労している人がいると思います。

子育て中の主婦も本当に忙しいです。
子どもがすぐに部屋を散らかすので掃除へのやる気が出なくなっている人、子育てによる疲れとストレスで掃除なんてしたくない人など、忙しさや疲れから掃除ができない人も多いと思います。

しかし家事というものは、めんどくさいからやらないというわけにはいきません。

家事や掃除は生活の基本的なことですから、忙しくてもこなしていかなければならないのですが、ストレスを感じながら嫌々ではなく、あまりストレスを感じずにテキパキとこなせたらいいですよね。

家事をしていて楽しかったり気分が良くなれば、理想的です。
そこで気持ちよく家事をするためのモチベーションが必要になってきます。

しかしモチベーションは人それぞれ違っているので、モチベーションをあげるアプローチも人それぞれ違います。

私ももともとめんどくさがりですが、埃やカビにアレルギー反応が出たり、散らかっている部屋を見るとストレスを感じるので、掃除をしています。

掃除をする前はめんどくさい気持ちがありますが、掃除をしていると気分がよくなります。
掃除をし始めて身体を動かしていると、掃除を始める前よりも掃除へのモチベーションがどんどん上がってきます。

そこで今回は、掃除へのやる気が出ないという人のために、掃除へのモチベーションをあげる方法についてご紹介します。

続きを読む