物置部屋を使える部屋にする3つの片付けのコツ

「遂に『自分の部屋が欲しい』って言い出したんだよ」

そう言うのは、友人の生命保険の営業マンさん。

何でも娘さんが自分の部屋が欲しいって言い出したそうです。

「でも家買った時に、『部屋がたくさんあるから、将来は子ども部屋にしよう』って言ってましたよね?」

僕がなぜそう言ったのかというと、その人が5年ほど前に買った家の決めては、程よい広さの部屋がいくつかあるからという理由を覚えていたからでした。

するとその友人はこう言いました。

「それが苦労したんだよ~」

僕がどういうことですかと問うと、なんでも趣味のラジコンがいくつかの部屋を圧迫していて、片付けて子ども部屋にするのが非常に面倒くさかったそうです。

「俺もヨメさんも片付け苦手だからさ、片付け方がわからないからどうしようかと思ったよ」

「で、結局どうしたんですか?」

僕がそう聞くと、その友人はニヤっと笑って

「知りたい?」
って聞いてくるのです。

僕は、「あ、やっぱいいです」と答えたんですが、

「不用品回収やってる会社の社長に、片付け方を聞いたんだ。
その通りにやってみたら、物置と化していた部屋が、案外簡単に片付けられたんだよ」

と、断ったにも関わらず教えてきました。

そのままその不用品回収会社の社長が教えてくれた片付けの方法を聞いていたのですが…

この方法、すごく効果がありそうです。

多少時間がかかったそうですが、実際にその生命保険の営業マンさんの家の物置部屋も片付いて、ちゃんと娘さんの部屋になったそうです。

今この文章を読んでいて、正に物置部屋を片付けて子ども部屋にする必要性に駆られている方、この方法知りたくないですか?

今回はその、不用品回収会社の社長直伝の「物置部屋を片付ける方法」を披露したいと思います。

続きを読む

忙しい女性に朗報!少しの時間でワンルームを片付けるコツ

社会人になってワンルームで一人暮らしをしている女性の方で、部屋の片付けで困っているという人いませんか?

学生の時なら時間があったから、その時間を使って片付けや掃除をしていたかもしれませんが、社会人になって日々の仕事に追われて、クタクタになって帰ってきて部屋の片付けや掃除をする気になれないって思っていませんか?

僕の姉は実家に住んでいる時はコマメに片付けをする人でしたが、社会人になって実家を離れて都心のワンルームで一人暮らしを始めてたのですが、日々の仕事に追われて、やっぱり片付けられなかったみたいです。

そんな姉でしたが、恋人ができたことがキッカケで、こんな物やゴミが散らかった部屋ではマズいと思ったらしく、徐々に徐々に片付けをしていったらしいです。

姉曰く、徐々に少しづつ片付けをしていったおかげか、「リバウンド」せずにキレイな状態を保てたということです。

今回は、そんな僕の姉が体験・実践したワンルームの片付けのコツや方法を、かつての姉のように仕事で忙しくて片付ける余裕がない女性に向けて、紹介します。

続きを読む

片付けで出た3つの「捨てづらい物」をカンタンに処分するコツ

「母に言われて部屋の片付けをしているのですが、洋服を処分するポイントを教えてください」

「何をどう捨てて良いかわかりません。物の適切な処分の仕方について知りたいです」

「机の上や収納場所の中の要らない本やぬいぐるみをダンボール箱に詰めてみましたが、この後どうすればいいですか?」

友達からこういった、身の周りで出た要らない物の処分の仕方について困っているという相談を受けました。

その友達曰く、いろんな片付けのノウハウを載せている本やサイトに、「要る物」と「要らない物」の箱を作って、その中に物を分けていくというやり方がよく書かれていて、「要らない物は捨てましょう!」と書かれているのだけれど…

実際に「要らない物」の箱の中には、燃えるゴミも入っているし、反面燃やせない物や処分の仕方がわからないような物も入れているとのこと。

僕にも経験がありますが、「要らない物」の箱の中から「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」などを分けていくことが必要で、その際に「コレって燃えるのかな?」とか「コレはどう処理すればいいんだ?」って思うこと、よくあります。

「要らない物」の箱をそのまま処分することって、なかなか困難だと思います。

その箱の中の物を分別していくわけですが…

どうやって処分すればいいか、何ゴミになるのか、そういったことで作業する手が止まってしまい、結局その箱のまま捨てずに放置してしまったり、分別が面倒くさいからと不法に投棄してしまう人もいると聞きます。

このように手が止まってしまったり、処分せずに放置したりを防ぐためには、あらかじめ処分の方法がわかっていればいいのです。

なので今回は、処分の仕方に困るような洋服・衣類や本やぬいぐるみを例に、処分の方法について紹介します。

続きを読む

モチベーションを上げて最後まで掃除や片付けをする3つの方法

「出産準備のために色々な物を捨てていますが、あともう少しというところでモチベーションが落ちてしまいます」

「主人も子どもも散らかしグセがあるせいで、掃除や片付けが苦手になってしまいました。何とかなりませんか?」

「昔から片付けが苦手…やろうと思っても途中で諦めてしまう。最近ではやろうとも思わなくなった。これは脳の欠陥なんでしょうか?」

という、掃除や片付けに対するモチベーションが上がらないという悩みをお持ちの、若い女性の方って多いみたいです。

凄くわかります…なぜなら、僕の姉もこういう感じだからです。

小さい頃から片付けが得意なタイプではなく、でも結婚当初はまだ良かったらしいのですが、子ども(僕からみれば甥っ子)が産まれてからは、掃除や片付けに対して「嫌悪感」を感じたと言っていました。

そういうことで掃除や片付けをちょくちょくサボっていたらしいのですが、やはり散らかっていて汚い言えで子どもを育てなくないと思ったのが、自分でいろいろモチベーションを上げる方法を探して断捨離を実践したらしく、今では出産直後に比べて家がキレイになりました。

今日は、僕の姉が実際に実践した掃除や片付けに対するモチベーションの上げ方や、そもそもなんでモチベーションが上がらないのかということについて紹介しようと思います。

続きを読む

「片付けない社員」を変える!事務所を片付けさせる3つのコツ

「事務所の中が荒れ放題。どこから片付けていいかわからない」

「同僚の机が汚い。何と言えば片付けてくれるだろうか?」

「仕事で取引先に行ったら、まるでモデルルーム並みにキレイな事務所だった。かたやウチの事務所は…」

と、会社の事務所の片付けや整理整頓の問題で悩んでいる方って多いと思います。

僕が以前働いていた会社の事務所は、お世辞にもキレイで清潔とは言えないところでした。

目につくところですら散らかっているのに、使わない部屋の中には要らない物が大量に放置されて、酷いものでした。

社員の机の上には、処理済みなのか未処理なのかわからない書類がうず高く積まれ、パンの空き袋や食べかけのカップ麺が捨てられずに置かれていることも多々でした。

なので、事務員のおばちゃんがいつも「みんな片付けて!」と声を上げていました。

でも、そんな声をみんなで蔑ろにして、誰も片付けようとしませんでした。

しかしそんな状況も、突然終わりを迎えました。

ある日、抜き打ちでやって来た社長がその光景を目にして、怒りのカミナリを落としました。

そのおかげで、みんなで一目散に片付けて、その状態を維持するようになりました。

どうやら、何回言ってもみんなが片付けないからということで、事務員のおばちゃんが社長に代わりに言ってくれと頼んだそうです。

すると、今までは誰かが仕事が進まずにイライラしたり怒鳴ったりしていたのが、事務所の片付けをして以降、そういった光景は見られなくなりました。

いつも残業が当たり前だったのが、残業せずに帰る人も多くなりました。

事務員のおばちゃんもストレスが無くなったのかニコニコしてお茶を出してくれたり、いつも怒っていた上司も少し優しくなったようでした。

今回はそんな、片付けない人に片付けをするように促す方法を、紹介します。

続きを読む

「ときめきお片づけ」のこんまりさんに学ぶ、片付けの順番

「一体いつになったら部屋を片付けるの?」

「なんでこんなに物ばかりなの?」

「同じ本が二冊もあるじゃない!?」

これらの言葉は全て、僕の母から妹へ向けられた言葉です。

僕の妹の部屋は、もう汚部屋寸前まできていると思います。

部屋は服とマンガと化粧品だらけ。

乾いた洗濯物も、その辺に置きっぱなしです。

しかし、妹もいい加減、母に口やかましく文句を言われるのが嫌らしく、何度か片付けにチャレンジしたみたいです。

妹が部屋を片付けているところを何度か見たことがあるのですが、本当に要らないゴミみたいな物だけ捨てて、後は家具を動かして終わりという感じで、「それって片付けって言うの?」という感じです。

でも、いつも道半ばで力尽きてしまい、すぐにいつも通りの部屋の状態に戻るようです。

今このコンテンツを読んでいる方の中にも、なかなか片付けが上手くいかないとお思いの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、そうやって片付けようにも上手くいかないという方は、もうちょっとで部屋を片付けることができると思います。

なぜなら、そういった方たちはあとひとつのことを意識すれば、散らかりにくい部屋を手に入れることができるからです。

そのあとひとつのこととは、片付けの「順番」です。

続きを読む

思わぬ「副産物」が出てくるかも?物置の片付けの6つのコツ

「暑い」

僕はそう思ったので、扇風機を出そうしました。

我が家の物置は2つあり、1つは1階と2階を結ぶ階段下のスペース(屋外から入るタイプ)と、100人乗っても大丈夫な屋外に置くタイプの物置です。

目的の扇風機は屋外に置いてある物置の中だとはわかっていたので、その物置を開けたら…

古新聞や古雑誌、僕の五月人形や妹の雛人形が場所を取り、目的の扇風機が奥の方にあるのでスムーズに出せないのです。

「これは全部出さないと扇風機が出ないぞ、参ったな」

と思った瞬間に、

「これから先、毎年毎年こういったことで困りたくないなぁ」

と思い、物置の片付けをしようと思いつきました。

しかし、ただただ闇雲に片付けていっても上手くいかないかもと思ったので、とりあえず扇風機は我慢して、物置の片付け方を調べることにしました。

調べてみると意外なことに、物置の片付け方が結構たくさんあるんです。

そのたくさんある中から、僕の家の物置に最適な片付け方を探していきました。

そして父親を呼んで説得し、2人でそのやり方通りに物置を片付けると…

目的の扇風機が出てきたのはもちろん、要らない物がかなり減り、なんと思いがけない“副産物”まで出てきました!

おかげで僕の財布も父親の財布も潤うことになりました!(母には言っていません)

ただ、そのような後付けの物置が、都合上置くことができないという人もいるでしょうし、片付けが面倒で片付けられない人もいるかもしれません。

そこで今回は、僕が我が家の物置で実践して効果が出た「物置の片付けの6つのコツ」を紹介しようと思います。

この方法は、新しい物置は買わなくても済む方法ですし、片付けが苦手な方でも簡単に片付けられる方法です。

僕がそうなったように、物が溢れかえってしまった物置を片付けると、思わぬ副産物に出会えるかもしれません。

続きを読む

シワの心配バイバイ!服の片付け方と収納方法

「服の片付けのやり方がわかりません。服をタンスに入れなくて床に置いてしまい、どんどん溜まってしまいます」

「服のシワが気になります。いくら綺麗に畳んでも、やはり畳んでしまうとシワや折り目が付いてしまいます。どうすればいいですか?」

「いつも綺麗にたたんで収納しても、服にシワがついてしまいます。服にシワにならずに綺麗に収納できる片付け方を教えて下さい」

という、衣類の片付けの方法や、シワや折り目が付きにくいたたみ方について、多くの女性の方が悩んでいるようです。

僕は男なので、あまり服の折り目って気にならないのですが、僕の姉はそういう衣類の折り目をかなり気にしています。

例えば、クローゼット等のハンガーを引っ掛けられる棒があるじゃないですか?

あの棒が太ければ太いほど、丈の長い服に折り目を付けずに、収納することができるということで、僕の部屋のクローゼット等のハンガーが掛けられる棒には、姉の衣類が結構掛かっています。

今回は、そんなウチの姉が実践している服の収納の仕方や、服のたたみ方について紹介していきます。

続きを読む

自分も周りもスッキリする、部屋の整理整頓方法

「自分では綺麗だと思っているのですが、部屋が汚いから掃除しなさいと親に言われます。整理整頓のやり方がわからないので、教えてください」

「物は捨てることができたのですが、一度出したらまた使うだろうとか、しまうのがめんどくさいとかでそのままその場所に置きっ放しにしてしまいます。良い収納方法があったら教えて下さい」

「娘の部屋を整理整頓しやすい機能的な部屋にしたいのですが、方法を教えて下さい」

という、若い世代の方の部屋の整理整頓についての問題ってよく聞きます。

また、親御さんが子供の部屋が汚いから何とかしたいという悩みもあります。

僕自身も、特に高校生の時の自分の部屋は、漫画や教科書が山積みになっていて、物が散らかっていて汚くて、さながらゴミ屋敷のような状態でした。

親には毎日のように「掃除しろ」とネチネチ言われ続けていて、それでも中々掃除をしなかったです。

僕のその態度に業を煮やしたのか、父親と母親が夫婦揃って、強制的に僕の部屋の掃除や片付けを始めたので、喧嘩になってしまいました。

以来、自分のパーソナルスペースに父親を入れたくないと思い、片付けたり掃除したりするようになりました。

でも、結果的にそうして良かったと思います。

部屋の整理整頓をすることで、する前と比べて、良いことが増えたからです。

今回は、そんな整理整頓をして起こる良いことや、整理整頓の方法について紹介していきます。

続きを読む

仕事が早くなる!?たまった書類を片付ける4つの整理整頓法

「会社で書類を探す時間が多くて、見つからないこともあります。どうしたら整頓整頓が出来るようになりますか?」

「自宅も会社の机もぐちゃぐちゃです。いつか必要になると思い、捨てられません。整理整頓がうまくなるコツなど教えて下さい」

「昔の給与明細や期限が切れた保証書などが捨てられません。出すたびに全部見なきゃいけないので面倒です。どうやったらうまく整理整頓できますか?」

という、会社での書類の整理整頓が十分にできていないサラリーマンの方が、こういった悩みを抱えています。

僕は社会人になってからは、学生の時とは比べ物にならないくらい、たくさんの書類を扱うようになったので、最初は四苦八苦した覚えがあります。

僕も、僕の周りの上司や先輩や同僚も、仕事が忙しくてなかなかそういった書類の整理整頓ができておらず、みんな机の上がめちゃくちゃな状態でした。

重要事項が記載されている書類もありますから、もし無くしたとなったら大変でした。

ある時、本社から社長が来た時にみんなの机を見て、「こんなに机の上に書類が散乱していたら、仕事にならんだろ!」と怒り、全員強制的に片付けをさせられました。

その時に、なぜか社長の奥様も同行されており、そういった整理整頓に関してとても造詣が深く、収納のテクニックの多くを教えてもらいました。

それ以来、書類の整理整頓を徹底するよう心がけたら、失くすこともなくなりましたし、その他にも良いことがありました。

今回はそういった、サラリーマン必見の整理整頓について紹介します。

続きを読む