バタバタせずスムーズに引越すための、部屋の片付けのコツ

「地元に戻ることになったよ」

高校の頃から仲が良い友達A君が、東京勤務を解かれてこっちに帰ってくることになったそうです。

僕「左遷なん?」

A「違うわw」

という話を電話でしていました。

そして話は「引っ越し」のへ移っていきました。

僕「で、いつこっちに帰ってくるの?」

A「◯月の初めからそっちで仕事になるから、それまでには帰る」

僕「あ、結構余裕があるんだね」

A「そうそう、だから早く引越しの準備をしようと思っているんだけど、全然進まない」

地元に帰るまでの時間的余裕があるせいで、引越し準備が一向に進んでいないそうです。

おまけに、前の地元から東京へ引っ越す時は、親が手伝ってくれたので助かったが、今回は全て自分ひとりでしなくてはならず、余計に行動できないと言いました。

僕「引越しの準備もそうだけど、それ以外にもいろいろすることがいっぱいあるでしょ?早くやろうや」

A「そうなんだけどさー、何からすればいいかわからんのよね」

僕「引越し業者で働いている友達がいるから、いろいろ聞いてあげるわ」

A「おおっ、さすが!頼むわ!」

というわけで引越し業者で働いている別の友達に、引越しをするための早めの部屋の片付けのコツやアドバイスをいろいろと聞いて、A君に教えてあげました。

すると、引越して帰ってくるはずの日の一週間前には、

「部屋の掃除もしたし、最低限使う物以外の荷物は全部パッキングしたから、もうすることなくなった」

と電話がかかってきました。

「いやぁ、早め早めに行動すると楽だわ、聞いてくれてありがとう!」

と、どうやら上手くいったみたいです。

今このブログを読んでいる方の中にも、引っ越しをする予定があって、それを見越して部屋の片付けをしようと思ってはいるが、上手くやるためのコツを知りたいという方はいらっしゃいませんか?

引越し前になるべく片付けをしておくススメと、具体的な片付けのステップやコツについて紹介します。

続きを読む

不用品なの?不要品なの?読めばハッキリする両者の違い

このブログを書き出してからというもの、ずっと気になっていることがあります。

「不用品」という言葉と、「不要品」という言葉の使い分けです。

個人的には「必要のない物」という意味で「ふようひん」という言葉をよく使うのですが、キーボードで打ち込んで変換すると、候補に「不用品」と「不要品」の両方が出てきて、その度に「どっちが正しいのだろう?」と思う反面、「どっちも同じ意味だろう」とも思っていました。

しかし先日、こんなことがありました。

ある朝のこと、僕の家の近くを「ふようひん回収」の軽トラックが一台走っていました。

その軽トラックを何気なく見ると、荷台の側面(いわゆる“アオリ”)の外側に、「不要品回収◯◯(◯◯は社名)」と書かれていました。

そしてその日の午後、よく行くバイク屋さんに行ったのですが、その店の近くを走っていた、朝とは違う軽トラックには「不用品回収◯◯」と書かれていました。

僕はそのことを、話していたバイク屋の店長さんに言いました。

僕「店長、『不用品」と『不要品』って違うんですかね?今朝と今とで別々の業者が別々の用語を軽トラックに書いてましたよ」

店長「俺の友人にもそういうことやっている人がいるけど、アレはね、厳密に言うと違うみたいよ」

と言って、「不用品」と「不要品」の2つの言葉の違いについて教えてくれました。

皆さんの中にも

「『不要品』という言葉が正しいのか、『不用品』という言葉が正しいのか?」
「どちらも同じ読み方だし、同じ意味なのでは?」
「そこまで気にならないけど、多少気になる」

という方がいらっしゃるのではないですか?

今回は「不用品」と「不要品」の2つの言葉について疑問をお持ちの方に、様々な切り口2つの言葉について考察します。

続きを読む

開運!幸せになるためにいらないガラクタを捨てる3ステップ

「本当に良いこと無いんですよ…」

僕の高校の後輩のA君は、最近不運続きだそうです。

ここ1年の不運の内容を見てみると…

  • バイクで事故→骨折(2回)
  • 車で事故
  • 車で違反
  • 彼女に浮気されて別れる
  • 勤めていた会社が倒産

という、笑えない状況です。

僕「何歳だっけ?」

A君「25歳です」

僕「本厄の歳だね、お祓い行こうね」

A君「神様にもすがりたい気分です…」

という話をしている時に、彼が、

「厄払いはまだわかりますけど、『断捨離』って言うんですかね?
 
『要らない物を捨てたら運気が上がる』って言いますけど、アレって本当なんですかね?」

と言うのです。

僕は心の中で(待ってました!)と思いました。

僕「効果あると思うよ。実際、前に僕が要らない物を処分したら、良いことあったもん」

A君「えっ?本当ですか!?何があったんです!?」

僕「(ククク…話に乗ってきた乗ってきた…)」

僕の話を、彼は食い入るように聞いてくれました。

皆さんも、僕の体験談聞きたいですか?

そして、今このブログを読んでいる人の中にも、

「最近良いことが無いから、どうにかしたい」
「要らない物を捨てると良いと聞いたが、効果があるかわからないので行動できない」
「運が上がるための方法を知りたい」

とお思いの方がいらっしゃいませんか?

今回は、要らない物やガラクタを捨てて開運する効果と方法を紹介します。

続きを読む

脱・狭い部屋をして広く使える部屋にするための4つの工夫

「家族が増えると、部屋が狭く感じるのよね」

仕事で行ったとある米屋さんのおかみさんが、雑談をしている時にそう言いました。

県外に住んでいたおかみさんの娘さん一家が、娘さんの旦那さんの仕事の都合で、おかみさんの家に同居するようになったのです。

しかし、おかみさんの家は元々家族4人が住んでいた家で、今はおかみさんの旦那さん、娘さんと旦那さんと幼稚園のお孫さんの5人が住むようになり、大人4人の荷物が家が狭く感じているそうです。

娘さんの旦那さんの仕事は転勤が多く、近い将来またどこかに転勤するようになるらしいのですが、それがいつになるかわからないとのこと。

「孫がいる生活は楽しいのだけれど、やっぱり大人が4人もいるとなると狭く感じるねえ」

おかみさんは嬉しさ半分、少し困っているようでした。

僕はおかみさんを助けてあげたいなと思い、提携さきさんを紹介しようと思いました。

僕「僕が働いている会社の提携先さんで、不用品回収の会社をしている社長さんがいるんですよ。
その人、整理収納アドバイザーの資格を持っててコンサルタントもしている方なんで、ひょっとしたらおかみさんの力になるかもしれませんよ」

おかみさん「そんな人と提携しているの?是非紹介して欲しいわ!」

僕はさっそくその場で提携先さんに連絡を取りました。

そしてたちまち、数日後におかみさんの家に行くということになりました。

その後、そのおかみさんから電話がかかってきました。

おかみさん「社長さんの言うとおりにしたら、以前とは見違えるくらいに家と部屋が広くなったわ!ありがとうございます!」

僕「お力になれたようで、僕も嬉しいです!」

後日、その社長さんに会うことがあったので、一体どのような方法を取ったのか聞いてみました。

社長「いろいろと“秘策”を使ったんだよ…聞きたい?」

と仰るので、いろいろと聞いてきました。

このブログを読んでいる方の中にも、

「家族で住んでいる部屋が狭く感じる」
「子どもの物も夫婦の物も多くて困っている」
「少しでも部屋を広く使うためのアイデアや工夫を探している」

という方がいらっしゃると思います。

今回はそんな狭い部屋を脱して、家族みんなが快適に過ごせるような広く使える部屋にする方法やアイデアを紹介します。

続きを読む

100円グッズでカンタンに収納道具が作れる、DIYのやり方

僕は先日まで、“本立て”が欲しいと思っていました。

僕はバイクに乗るのですが、関連する雑誌で好きな物があり、インターネットオークションでちょくちょく買うのです。

たまに片付けと称して、もう読まない雑誌を捨てたり友達にあげたりするのですが、何冊かは手元に置いています。

それらの雑誌を収納しておく本立てが欲しいと思っていたのですが、買うとなるとソコソコの値段がするのです。

だったら自分で作ってしまおうと思っていたのですが、手が進まず作り方を調べることも無くいました。

適当な物をリサイクルショップで買おうかなと思っていました。

そんな時に、友人のバイク仲間の家に遊びに行きました。

その人はバイクのオイル交換はもちろんチェーンの張り替えまで自分でやってしまうような人なのですが、家にはイスや机といった、自分で作ったような物がたくさんありました。

そういった物の中に、僕がその時まさに欲しかった本立てがありました。

僕「これも自作なんですか?」

知「そうそう!板すのこをくっつけて作ったの」

僕「えー凄い!コレくださいよ!」

知「嫌だよ!でも作り方教えてあげるわ!」

というわけで、その人からすのこの本立ての作り方を教えてもらいました。

その他にも、いわゆる「DIY」のことについて、いろいろと教えてもらいました。

今このブログを読んでいる方の中に、

「ちょっと収納が欲しいんだけど、買うほどの物じゃないしなあ」
「自分でちょっとした収納を作ってみたいけど、やり方がよくわからない」

と感じている方はいらっしゃいませんか?

今回は、100円ショップで売っている物を使ってDIYをして収納に役立てたいという方に、DIYで簡単に収納を作る方法や、そもそもDIYとはつまり何なのかということを紹介します。

続きを読む

【100均グッズ活用】片付け・整理整頓・収納の3つのコツ

「何か良い方法はないかしら?」

服の片付けをしていた母が、僕にそう言ってきました。

どうやら、服の片付けをしたらクローゼットの中にスペースが空いて、そのスペースをどうにか服を収納できるようにしたいのですが、良い方法が思い浮かばないのだそう。

「スペースの寸法を測ったんだけど、家具屋さんに行ってもホームセンターに行っても、良いと思える物が無いの」と言います。

なんでも、幅に合わせると奥行が足りなかったり、奥行に合わせると幅がオーバーしてしまったりで、ピッタリ合うような物が見つからないそうです。

僕もなんとかしたいと思い、インターネットで調べたり片付けの本などを読んだりしていました。

そうしている時に、提携している不用品回収会社の社長さんから電話が来たので、ついでに何か良い方法がないか尋ねてみました。

するとその方は、「100均に売ってある“ある物”を使えば、ひょっとしたら上手くいくんじゃない?」と言ってくれたので、早速母と100均に行き、その“ある物”を買いました。

すると、見事に寸法ピッタリの物があったので、それを買って使うことにしました。

母も、調度良くぽっかり空いたクローゼットのスペースを有効に使えたので、非常に満足しています。

このブログを読んでいる方の中にも、「もっと賢い服の収納方法を探している」とか、「100均の物を上手く使った整理整頓方法はないか」と思っている方がいるのではないですか?

そして、不用品回収会社の社長さんが教えてくれた、100均に売ってある“ある物”の正体を、知りたくないですか?

この“ある物”の正体は、下の「片付けや収納で使える100均グッズ」で紹介します。

今回は、片付けや整理整頓の方法と、不用品回収会社の社長さんが教えてくれた収納力を上げるために効果的な、100均グッズ活用法を紹介します。

続きを読む

断捨離したい方必見!3つの要素が身につく片付けと収納のコツ

「何か良い方法ないかな?」

同期の女の子が部屋の片付けで困っているそうです。

「インターネットでいろいろ探して試したし、図書館で『こんまりさん』の本も借りて読んで試したんだけど、なかなか上手くいかない。すぐに散らかっちゃうの」

と、本人はいろいろと頑張って努力してやっているみたいなのですが、上手くいかないみたいです。

部屋には物が散らかり、特に服は量が多くクローゼットや衣装ケースの中は洋服で溢れているらしいです。

その話を友達何人かで聞いていたのですが、一人の友達が、

「断捨離はしたの?」

と言うのです。

言った友達以外の、僕も含めた全員が一斉に

「えっ、『片付け』=『断捨離』なんじゃないの!?!?」

と叫びました。

するとその友達が

「違う違う!全然違うよ!」

と言うので混乱してしまいました。

僕はそれまで「片付け」=「断捨離」だと思って、半ば汚部屋に近かった自分の部屋の片付けをした時に、

「いや~、俺断捨離したのよ~」

と友達に言っていたのに、それらは別々のことだと知って驚愕しました…

今このブログを読んでいる人の中にも、片付けと断捨離が同じ意味だと思っていた人がいらっしゃるんじゃないですか?

教えてくれた友達は以前、たまたま立ち読みした本で片付けと断捨離の違いを知り、その本を買って家に帰って、実際に自分の部屋の“断捨離”をしてみたそうです。

すると、片付いただけでなく散らかりにくい、まるで魔法をかけたような部屋ができたというのです。

今日は、片付けを断捨離が違うと教えてくれた友達が実践した、断捨離の方法や、感じた効果を紹介します。

続きを読む

早めにするのがコツ!実家の自分の部屋の片付けの方法

「言っても言ってもさあ、聞いてくれないんだよ」

よくツーリングに行くバイク仲間のおじさんが、困った顔でこう言いました。

何でもそのおじさん、自分や家族の今後のことを考えて、自分の実家の片付けを早めにしておこうと思ったのですが、ご両親に反対されたのです。

ご両親曰く、我々がまだ生きているのに片付けるだなんて許せないとのこと。

僕「それで、どうするんですか?」

おじさん「いや、とりあえず自分の部屋だけ片付けたよ。その方が楽だと思って」

おじさん自身が実家に住んでいた時に使っていた部屋にはかなりの量の私物があったため、先にそっちから片付けたようです。

おじさん「でも自分でも思いがけず私物が多くて大変だったよ。まるでゴミ屋敷みたいで、掃除するのが大変だった」

僕「へえ、業者さんを呼んだんですか?」

おじさん「最初は呼ぼうかなと思ったんだけど、結局呼ばなくても自分でできたよ。事前にいろいろ調べていったからね」

僕「本とかインターネットとかで調べたんですか?」

おじさん「そうそう。いろいろ見ながら自分に合うと思うプランを立てて、それを元に片付けたんだ。岡本くんもいずれそういう機会があるかもしれないから、教えてあげるよ」

ということで、そのおじさんが実家の自分の部屋を片付けた方法、また実家や自分の部屋を片付けようと思い至った理由を聞きました。

このブログを読んでいる方の中にも、実家の自分の部屋を片付けたい、本当は実家全部を片付けてしまいたいけど、まずは自分の部屋からと考えている方っていらっしゃるのではないですか?

今回は、とある方が実際に実践して上手くいった、昔使っていた自分の部屋の片付け方について紹介します。

続きを読む

あっという間に汚部屋が“美部屋”になる、片付けの方法とやる気を出すコツ

「お兄ちゃん助けて!」

大阪で一人暮らしをしている妹から電話がかかってきました。

貸せる金は無いよ…と言ったらそうではないらしく、

妹「明後日、大家さんが新しいインターホンと火災報知機を付けに業者さんを連れてくるんだけど、とてもじゃないけど上げられる部屋の状態じゃない」

と言いました。

確かに、過去に何度か妹の家に泊まらせてもらったことがありますが、びっくりするくらいの「汚部屋」でした。

僕「そういうのって、事前に連絡が来るもんなんじゃないの?」

妹「…うん、ひと月前くらいに…」

僕「……」

妹「ずっと後回しにしてた」

僕「…そうか」

あれこれ言ってもどうしようもありません、もう明後日のことですし。

妹は、僕が過去に自分の汚部屋を片付けた経緯(詳しくは「散らかりにくい部屋が手に入る!全5つの片付けのコツと収納術」を参照)を知っていたので、僕に助けを求めてきたようです。

僕はその時は友達も手伝ってもらって1日で片付けましたが、妹の場合はたった一人で片付けをしなければなりません。

僕は、その時の経験や普段の自分の部屋の片付けを元に、妹に「短時間で汚い部屋を片付ける方法」と、「短時間で部屋を片付けるためのやる気を出すコツ」を、いくつかアドバイスしました。

切羽詰まった妹はその通りに片付けをしたらしく、無事インターホンと火災報知機を付けに来た大家さんと業者さんを部屋に上げることができました。

今この文章を読んでる方の中にも、

「急な来客があるので片付けなければならないのだけれど、どうしよう」

と思っている方はいらっしゃいませんか?

今回は、汚部屋を短時間で片付ける方法と、汚部屋を片付けるやる気を引き出すコツを紹介しようと思います。

続きを読む

何が起きても大丈夫!あなたの部屋をキレイにする整頓のコツ

僕が電池を買いに近所の100均に行った時に、偶然職場の先輩(女性)が買い物をしているところに遭遇しました。

先輩の買い物カゴの中には、大量のプラスチック製の小さなカゴやケースが入っています。

僕が何のためにこんなにカゴを買ってるんですかと聞くと、

先輩「小物とか薬とか入れておこうと思ってるの。小さい物って散らかりやすいし無くしやすいから、こういう物を使って収納しておこうと思って」

聞けば先輩の家は、服やら小物やらが結構散らかっているらしいのですが、この前の熊本の地震をキッカケに「このままではいけない」と思ったらしく、部屋の中の整理整頓をしようと決意されたそうです。

しかし、インターネットで調べても、いろいろと本を読んでもなんかしっくりくる方法が見つからないとのこと。

とりあえず小物の整理整頓をしようとは思って100均に来て、プラスチックのカゴを買いに来たのです。

でも、一番の悩みのタネである山積みの服は、未だ手付かずの状態みたいです。

そのことを聞いた僕は、以前自分の部屋を片付けてくれた大学の教授(詳しくは「散らかりにくい部屋が手に入る!全5つの片付けのコツと収納術」を参照)が教えてくれた方法を、先輩に教えてあげました。

すると数週間後、御礼を言われました。

先輩「あなたの言う通りに片付けたらキレイになったわ!ありがとう!」

おおー上手く整頓できたんだと、ちょっと嬉しくなりました。

今このブログを読んでいる方の中にも、服の整頓の方法や、整頓に使える良いグッズがないか探していませんか?

今回は、僕の先輩が試して実際に部屋が整理整頓できた、服の整頓方法や整頓で使えるグッズを紹介します。

続きを読む

今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら