コツは環境の整備!幼稚園に通う子どもの片付け・収納の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕の従姉妹が子育てに非常に苦労しています。

上の子は小学校に上がって多少落ち着いたのですが、幼稚園に通う下の子が活発で手に負えないです。

特に片付けができない。

出したおもちゃは出しっぱなし、食べた物は散らかしっぱなし、脱いだ服は放りっぱなし。
リビングなんていつも大惨事状態です。

従姉妹が片付けたら、今度はまた別の物や場所を散らかし始めるので、もう休まる暇が無いのだそう。

同じように幼稚園に通うお子さんをお持ちの親御さんも、同じような悩みを抱えているのではないでしょうか?

従姉妹自身、子どもを取り巻く環境の中でいくつかの疑問があると言うのです。

ひとつは、上の子どもも下の子どももそうなのですが、学校や幼稚園でいろんな物を作って持って帰ってくるんです。

絵を書いたり粘土で人形を作ったりといった物です。

そういった物って、一体どうすれば良いのか、いつまで取っておけば良いのかということです。

叔母(従姉妹の母)や他のママ友曰く、そういった物はずっと取っておくべき物だと言うのですが、それにしてもドンドン溜まっていくので家や部屋を圧迫していくので、従姉妹自身いかがなものかと思うのです。

ただ、こんまりさんが著書で書いているような「迷った物を捨てていく」やり方も抵抗があってできないのです。

ふたつ目は、子どもの洋服に関してです。

とにかく子どもは成長が早いので、このあいだまで着れていた洋服が「もう着れなくなった…。」なんてザラにあること。

どんどん服を買い足していくのですが、服の量と収納が追いついていないのです。
洋服が増えるにつれて洗濯物も自然と増えていくものです。

子どもの服の収納について、何か良い方法を模索しているのです。

もうひとつは、子ども自身が自発的に物の片付けをしてくれるためにはどうすれば良いか、ということです。

子どもの年齢を考えると高望みなのかもしれませんが、小さい時期から片付けができていれば、大きくなってから躾け(しつけ)なくても良いのではと考えています。

今このブログを読まれている皆さんも、そういったことで悩んでいたり考えていたりする方がいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、幼稚園に通うお子さんを取り巻く片付けのことについて、工作物の捨て時や自発的に整理整頓ができるようになる促し方や、おもちゃや洋服の片付けや収納の方法について、紹介していきます。

スポンサードリンク

子どもが作った工作物の処分について

子どもが作った工作物の処分について
率直に言って、子どもが小学校や幼稚園で作った工作物は、あまり長い間取っておくのはオススメしません。

その理由について紹介します。

これから作品がどんどん溜まっていく

今はまだそれほど考えなくて良いかもしれませんが、これから小学校・中学校と進学していくと、いろんな授業で様々な物を作ることになります。

それらの物を全て保存しておくのは、ただ単に物量が増えるだけで、他の大事な物の置き場を失いかねません。

幼稚園や学校で工作をする意図は、「作ることとその過程に意義がある」ということと捉えるのが適切なので、完成品をいつまでも保存する必要は全くないと思います。

自分に置き換えると想像しやすいかと思いますが、子どもが大人になって親が大量に幼稚園や小学校の頃に作った作品を置いていたとしても、せいぜい「懐かしい」と思うだけで、もしそれを「嫁にいくときに持って行って」と言われたら、迷惑ですよね?

特に、まだ自我が芽生えていない幼稚園で作った物に関しては、子ども自身もそれほど気にしていないのではないかと思うので、朽ちてきたりホコリがかぶってきたりしたなら、早々に処分すべきだと思います。

それが小学校や中学校で作った物となると、一応子ども本人の了承を得てから処分することが良いでしょう。

「捨てるなんてできない!」と思う親御さんにとっては、良い方法をこの後紹介します。

ではどうすべきか?

工作物だけに限ったことではないですが、どうしても捨てづらい思い出の物は、デジカメで写真に撮ってから処分することをオススメします。

要はその物自体が無くなる不安ではなく、その物に纏わる思い出や記憶が無くなってしまうことが不安に感じると思うので、物の姿形をキレイに消してしまうのではなく、写真に撮って姿形を保存できるようにしておけば良いのではと思うのです。

特に今では写真ではなくデジタルデータで保存ができるようになりましたから、アルバムに写真をまとめていちいち写真を探し出して取り出さなくても思い出に簡単に触れられるようになっています。

子どもが片付けをするようになる方法

子どもが片付けをするようになる方法
スポーツがスポーツとして機能し楽しめるのは「ルール」があるからです。

人間生活が人間生活として送るために「憲法」や「法律」があるのです。

では、子供に「ああして欲しい、こうして欲しい」と思うのであれば、「ルール」を作ることで解決するかもしれません。

例えば、おもちゃを片付けなければ次の行動に移ることができないなどのルールを作るのです。

スポーツの場合、ルールを破れば罰則があります。

サッカーでイエローカードを2枚もらったら退場しなくてはなりません。

子供がルールを破ってしまったら、罰則を与えた方が良いです。

もちろん、体罰なんてことは絶対に許されません。

おもちゃを片付けずに次の行動に移ってしまったら、次回2回は一番好きなおもちゃで遊べないというようなルールを作るのです。

そうしていくと子供自身も「おもちゃの片付けをしなかったら、ダメなんだ」と思うようになるはずです。

もしあなたが子どもに「こうして欲しい、ああなって欲しい」と思うのであれば、そうなるようなルールづくりをすれば良いのです。

子ども本人ができるおもちゃの片付け方

子ども本人ができるおもちゃの片付け方
しかし、子どもにとってもルールを円滑に進められるようにしなければ、望むべき方向へ進んでいかないかもしれません。

親であるあなたが、ある程度レールを敷いてあげる必要があります。

つまり片付けに関しても、最初っから子どもに全てをさせるのではなく、ある程度親であるあなたが子どもが片付けやすいような環境を作ってあげるのです。

子ども本人も、そして親であるあなたも片付けやすい環境…

そんな環境を作る方法は、「育児がラクになる!幼児向け家庭の片付け・収納ノウハウ」「踏んでケガする心配がなくなる、おもちゃを棚に片付ける方法」を読んでみてください。

子ども服の収納方法

子ども服の収納方法
子どもの服だけでなく大人の服でも言えることですが、とにかく服という物は質量はそれほどでもないのに、数が多くなってしまいがちなので非常に場所を取ります。

「ポールハンガーにかけておけば大丈夫!」
というわけにもいかなくなりますよね。

特に子どもは成長が早いので、着れなくなった服をスムーズに捨てることができれば良いのですが、捨てられずズルズル引きずっていると、あっという間に子どもの服で溢れてしまうでしょう。

なので、子ども服の収納方法で悩む前に、着れる服と着れない服の見極めをコンスタントにしていくことの方が重要です。

子ども服の質量はそれこそそれほどでもないので、数が減るだけで収納は段違いにしやすくなるハズです。

数が減ったならば、後は大人の服と同じように収納していけば良いと思います。

詳しくは「他の物とは違う、服の片付けと収納の5つのステップ」「着たい服を早く見つけられる、クローゼットの片付け・収納のコツ」を参考にしてみてください。

大事なのは、「着れる服と着れない服の見極めをコンスタントに行う」ことです。

まとめ

それまで従姉妹の家の子どものおもちゃはひとつの箱に全てしまっていたのですが、子どもが遊ぶ頻度によって箱をいくつかわけたおかげで、子どもも親も片付けやすい環境になりました。

そして、必然的に遊ぶ頻度の少ないおもちゃが固まっていくので、あまり遊ばなくなったおもちゃを処分しやすくなりました。

また、おもちゃなどを片付けなかった場合は「3日間おやつをあげないというルール」を決めたところ、おやつ欲しさに片付けをするようになりました。

僕の友人にお子さんがいらっしゃる旦那さんがいますが、今回のノウハウを教えたところ、

「洋服に関しても、妻が自分自身で着れるか着れないかという見極めをコンスタントにしていったら、収納にそれほど困ることがなくなった。
それからいつも引越しの身支度をするような感覚で片付けが出来るようになった!」
と喜んでいました。

幼稚園に通うお子さんがいらっしゃる親御さん、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*