横浜市に暮らしていて粗大ゴミを処分したい方は、その粗大ゴミの処分料金の相場が気になるのではないでしょうか。実際に、粗大ゴミの処分料金は品目によって異なるので分かりにくいですよね。

しかし、しっかり調べないと適切に処分できなかったり、処分料金が高くなってしまいます。

そこで、今回は横浜市で粗大ゴミを処分するときの料金についてまとめました。粗大ゴミを処分する流れも紹介するので、今後は迷わずに粗大ゴミを処分できるようになります。

ぜひ最後までお読みください。

以下の区もすべて同様の内容で粗大ごみを処分することが可能です。 鶴見区神奈川区西区中区南区港南区保土ヶ谷区旭区磯子区金沢区港北区緑区青葉区都筑区戸塚区栄区泉区瀬谷区


即日
片付け
可能

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

女性スタッフ対応

クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。
今すぐご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

横浜市(自治体)での粗大ゴミ処分料金相場

横浜市(自治体)に粗大ゴミを出した場合、ほとんどの粗大ゴミは200円~1,000円ほどで処理できます。粗大ゴミの中でも大型のものであれば、1,000円~1,500円、最も高額なものでも2,200円です。

大型のゴミを大量に出すような場合でなければ、10点ほどでも10,000円を上回ることは少ないでしょう。

ここからは、代表的な粗大ゴミの具体的な処理手数料を一覧形式で紹介していきます。また、横浜市に粗大ゴミを出す場合は戸別収集も持ち込みも同様の料金になります。

よく困る粗大ごみ料金について「電化製品の処理手数料」「家具・寝具・建具」「趣味用品」を表にまとめました。ぜひご覧ください!

電化製品の処理手数料
200円 ・米びつ
・照明器具
・食器乾燥機
・ストーブ類
・扇風機
・掃除機
・プリンター
500円 ・オーブンレンジ
・こたつ
・除湿機
・電子レンジ
1,000円 ・食器洗い乾燥機
・マッサージ機/td>
家具・寝具・建具
200円 ・いす
・布団
・カラーボックス
500円 ・応接用いす・ソファー(1人用)
・鏡台
・テーブル(座卓を含む。最も長い辺が1m未満)
1,000円 ・畳
・ベッド・ベッドマットレス
・タンス(最も長い辺が1m未満)
・応接用いす・ソファー(2人以上用)
・テーブル(座卓を含む。最も長い辺が1m以上)
・書棚(最も長い辺が1m未満)
1,500円 ・タンス(最も長い辺が1m以上)
・書棚(最も長い辺が1m以上)
趣味用品
200円 ・キーボード
・ゴルフ用具
・スキー用具
・スノーボード
500円 ・健康器具

その他、「これっていくらなの?」と思われましたら「横浜市公式サイト:粗大ごみ処理手数料表(品目別)」をご覧ください。

粗大ゴミの処理手数料を詳しく調べる方法

粗大ごみの処理手数料の詳細は、以下の方法で調べることができます。

  1. サイズを測る
  2. 横浜市公式サイトを見る
  3. 直接聞く

それぞれの調べ方について詳しく紹介します。

1.サイズを測る

横浜市では、一番長い辺の長さによって粗大ゴミかどうか決まります。「金属製品で30cm以上のもの」「金属製品以外は50cm以上のもの」粗大ゴミに該当します。

例えば、木製のカラーボックスやタンスなどの場合、ハンマーやノコギリなどを使って分解し、50cm未満の長さになれば粗大ゴミにはなりません。手間はかかりますが、簡単に分解できるものは、分解した方が安上がりです。

まずは、粗大ゴミとして処分したい物品のサイズを測り、50cm未満の長さのゴミであれば一般ゴミとして無料で処分できます。

2.横浜市公式サイトを見る

先程の一覧表以外の物品に関しては、横浜市の公式サイト「粗大ごみ処理手数料表」に詳しく品目別の処分料金が掲載されています。サイズを測り、粗大ゴミに該当する場合は、公式サイトで具体的な料金を調べることができます。

また、各区役所などで配布しているゴミの出し方のパンフレットにも詳細が記載されています。

ゴミの出し方のパンフレット
引用元:横浜市公式サイト「ごみと資源物の分け方・出し方-保存版-」より

3.直接聞く

引越しシーズンなどは、電話が込み合うことがあるので、パンフレットやホームページで手数料を調べるのがおすすめです。捨てたい粗大ゴミの形が複雑で、処理手数料が分からない場合は電話で問い合わせるのが一番確実でしょう。

どうしても物品の処分料金が分からない場合は「粗大ごみ受付センター」に相談してみましょう。

粗大ごみ受付センター TEL:0570-200-530
045-330-3953(携帯電話の場合)
受付時間:月曜~土曜、8:30~17:00
(日曜日・年末年始は休み)


即日
片付け
可能

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

女性スタッフ対応

クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。
今すぐご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

横浜市の民間業者で処分した場合の料金相場

横浜市のゴミ処理業者に依頼した場合、料金の相場は1立米あたり約12,000円~14,000円です。もちろん、粗大ゴミの量や時期によって料金は変わりますが、自治体に出すよりも高額になるケースが多いでしょう。

事業者の場合、一般家庭のゴミ収集所に粗大ゴミを出すことができないので、専門の業者に依頼するのが普通です。

横浜市の各自治体・業者で粗大ゴミを処理するメリット・デメリット

粗大ゴミを自治体に出す場合と、業者に依頼する場合ではそれぞれメリット・デメリットがあります。そのため、場合によっては自治体に出すよりも業者に依頼した方がメリットが大きいこともあるのです。

横浜市(自治体)と民間業者に依頼する際の「予約、収集方法、料金・支払方法、その他」の軸で表にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

自治体に粗大ゴミを出すメリット・デメリット

自治体に粗大ゴミを出す最大のデメリットは、「民間業者と比較すると処分費用が安いこと」です。デメリットは、「いずれの方法でも粗大ゴミを持ち運ぶ手間がかかること」です。

自治体に粗大ゴミを出すメリットとデメリットを詳しく紹介します。

<戸別収集>

メリット デメリット
予約 事前申し込みが必要。収集は2週間かかる
収集場所 収集場所が自宅前であることがある 収集場所が遠い場合がある
料金・支払方法 業者に依頼するよりも安い 支払方法は郵便局、コンビニなどによって異なる(現金・クレジットカード・電子マネーなど)
その他 正規の処分方法なのでトラブルになりにくい

<持ち込み>

メリット デメリット
予約 事前申し込みが必要。
収集場所 急ぎの場合でも粗大ゴミを処分できる センターに自分でもちこまなければならない
料金・支払方法 業者に依頼するよりも安い 支払方法は郵便局、コンビニなどによって異なる(現金・クレジットカード・電子マネーなど)
その他 正規の処分方法なのでトラブルになりにくい 市内に4ヶ所しかないので、住まいによっては遠いこともある

民間業者に粗大ゴミを出すメリット・デメリット

民間業者に粗大ゴミを出す最大のデメリットは、「ゴミを処理する手間がかからないこと」です。反対に、デメリットは「自治体に出すよりも、料金が割高であること」です。

民間業者に粗大ゴミを出すメリットとデメリットを詳しく紹介します。

メリット デメリット
予約 不要、もしくは短期間
収集場所 自宅に回収しにきてくれる
料金・支払方法 場合によっては買い取ってくれる
自治体よりも支払方法を選べる(業者による)
自治体よりも高額になるケースが多い
その他 その他
自治体で処理できないものも回収してくれる
悪質な業者の場合、トラブルに発展することがある

横浜市(自治体)の粗大ゴミの基本的な捨て方

横浜市(自治体)で粗大ゴミを出す場合は、事前に粗大ゴミ回収の申し込みを行い、処理手数料を納め、指定された方法で処理します。基本的な粗大ゴミの捨て方について紹介いたします。

「戸別収集」と「持ち込み」

横浜市で粗大ゴミを処理する場合は「戸別収集」する方法と、「持ち込み」する方法の2種類あります。

戸別収集 戸別収集とは、自宅前などに粗大ゴミを置き、回収してもらう方法です。粗大ゴミを収集してもらう場合は、自宅前・道路際・指定の集積場所で収集してもらえます。粗大ゴミの排出場所は、申し込みするときに案内されます。
持ち込み 持ち込みとは、自己搬入ヤードに自分で持ち込む方法です。粗大ゴミを持ち込む方法の場合、横浜市内に4ヶ所ある「自己搬入ヤード」へ粗大ゴミを持ち込みます。持ち込む場合でも、受付センターへの事前持ち込みが必要です。

持ち込みの場合でも、戸別収集の場合でも、以下の3つのステップで粗大ごみを処分することが可能です。

1)インターネット・電話で申し込み
2)手数料を収める
3)指定された方法で処理

1)インターネット・電話で申し込み

粗大ゴミを処理する場合には、事前に「粗大ゴミ受付センター」に申し込みする必要があります。受付方法は、大きく分けて電話とインターネットの2種類あります。

粗大ゴミ受付センター 電話:0570-200-530
携帯電話の場合:045-330-3953
受付時間:8:30~17:00(日曜日・年末年始を除く)
インターネット:横浜市粗大ゴミインターネット受付

2)手数料を収める

申し込みをした後は、案内された処理手数料を納めます。手数料の納め方にはいくつか種類があり、横浜市指定の金融機関・郵便局・コンビニで納められます。

コンビニで納める場合は、粗大ゴミの処理手数料を納める旨を伝えれば大丈夫です。手数料を納めると領収書・収集シールを渡されるので、領収書は収集が完了するまで保管し、収集シールは該当する粗大ゴミに貼ってください。

対応しているコンビニは以下の通りです。

対応しているコンビニ コミュニティストア、サークルKサンクス、スリーエフ、生活彩家、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、スリーエイト、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン

3)指定された方法で処理

粗大ゴミを処理するときは、指定された方法で粗大ごみを処分しましょう。

戸別収集 粗大ゴミに収集シールを貼り、収集日当日の朝8時までに案内された場所にゴミを出します。雨の日でも収集しています。
持ち込み 自己搬入ヤードへ持ち込む

【自己搬入ヤード】

鶴見資源化センター 横浜市鶴見区末広町1-15-1
受付時間:9:00~12:00、13:00~16:00
休日:日曜日、年末年始
TEL:045-503-0091
港南ストックヤード 港南区日野南3-1-2
受付時間:9:00~12:00、13:00~16:00
休日:施設点検日、(1月:第2水曜日、その他の月:第1水曜日)、年末年始
TEL:045-832-2900
長坂谷ストックヤード 横浜市緑区寺山町745-45
受付時間:9:00~12:00、13:00~16:00
休日:日曜日、年末年始
TEL:045-330-3953
神明台ストックヤード 横浜市泉区池の谷3949-1
受付時間:9:00~12:00、13:00~16:00
休日:日曜日、年末年始
TEL:0570-200-530

なお、横浜市での粗大ごみの捨て方については「横浜市で粗大ごみ・大型ゴミを回収・処分する費用・方法・手順」で詳しくお伝えしております。合わせてお読みください。

自治体、業者どっちを利用したらお得?比較しました

横浜市で粗大ゴミを捨てる場合、自治体と業者の2つ方法がありますが、どちらを利用したらいいのかは状況によって変わります。

横浜市(自治体) 業者
回収期間 戸別収集:2週間
持ち込み:即日
即日~
回収方法 収集場所へ自身で運ぶ 運び出しからすべて行ってくれる
料金 200円~2,200円(1個あたり) 1立米あたり約12,000円~14,000円
支払方法 金融機関・郵便局・コンビニで支払い 自治体よりも支払方法を選べる(業者による)
回収までの手間 申し込み・手数料の納付・収集場所へ運ぶ3ステップ必要 電話で予約するだけ
その他 トラブルに発展しにくく、料金が安い 場合によっては買い取ってくれることもある

横浜市(自治体)で処分しようと思っても、引越しですぐに家を退去しないといけないのに粗大ゴミが多く、車などで「粗大ゴミ自己搬入ヤード」へ持ち込めない場合、収集には2週間かかるので利用できません。業者のお願いすれば、最短で即日引き取りしてくれることもあります。

反対に、粗大ゴミの処理に時間的な余裕がある場合は、料金が安くトラブルに発展しにくい横浜市(自治体)を利用すると良いでしょう。民間業者にお願いした場合、基本的には自治体に出すよりも高額になるケースが多いです。

※業者によっては粗大ゴミとした出した物品を買い取ってもらえる場合もありますので一概にはお伝えできませんが…。

時間的な余裕がある場合は自治体に粗大ゴミを出し、時間がない場合は割高でも業者を利用するのがおすすめです。

自治体を利用した方が良い場合 ・時間に余裕があるとき
・処分料金を安く済ませたいとき
業者を利用した方が良い場合 ・粗大ゴミを処理するのに時間がないとき
・買い取ってもらえそうな物品があるとき

まとめ

横浜市で粗大ゴミを処分する際は、自治体と業者の大きく分けて2つの方法があり、それぞれの料金を比較すると以下の表のようになります。

自治体 200円~2,200円(1個あたり)
民間業者 1立米あたり約12,000円~14,000円

自治体と業者の処分方法の料金や、メリットとデメリットを把握することで、あなたにピッタリの処分方法が見つかります。

自治体で処分するときは、戸別収集の場合は収集に2週間かかり、持ち込みの場合は車などを使って運ぶという最大のデメリットがあります。もしも、すぐに処分しないといけない場合や施設への持ち込みが難しい場合は、民間業者を利用することも検討しましょう。

独自プレゼントキャンペーン中!

11日まで期間限定キャンペーン中!】
横浜市で粗大ゴミ回収で同じくらいの料金なら「神奈川片付け110番」に依頼した方がダンゼンお得です。