使わないテレビがあるけど、粗大ゴミとして捨てられなくて困っていませんか?

正しく処分する方法は全部で7つあります。

「テレビを無料で捨てたい」「売りたい」「簡単に処分したい」と、考えは異なりますよね。今回紹介する7つの処分方法で、これらの内容全てを網羅できるようになっています。

ニュースでも取り上げられていますが、無認可でテレビを回収し、違法に処分している業者も少なからず存在します。知らずに違法な業者に依頼しないように注意しなければなりません。

とはいえ、テレビは頻繁に捨てるものではないので、違法な業者の見極めはなかなか難しいのではないでしょうか。

この記事では、家電リサイクル法に沿ってテレビを処分する7つの方法と、テレビの処分にかかる料金相場、壊れたテレビやブラウン管テレビの処分についてまとめています。

さらに、トラブルに巻き込まれないための業者の見極め方も伝授します。

あなたにとって最適な処分方法を選択し、後悔なくテレビを処分しましょう。

日本
全国
対応可

困った状況をすべて解決します!
365日24時間受付・秘密厳守・明朗会計

ご予算内の相談可

クレジット対応

1億円賠償保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。

今すぐご相談ください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ


家電リサイクル法の対象であるテレビ

家電リサイクル法の対象であるテレビ

家電リサイクル法は、再利用できる家電は回収して再利用し、廃棄物を減らしましょうという法律です。

家電リサイクル法で定められている家電は、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機・乾燥機の4品目です。

いずれも粗大ゴミとして処分することが出来ないため、必ず所定の業者に依頼し、引き取ってもらう必要があります。

液晶、ブラウン管、プラズマのどの機種においても、家電リサイクル法に沿って処分しなければなりません。

※ただし、ポータブルテレビや車載用テレビ、建築物に埋め込まれているタイプのテレビは対象外。

テレビの処分には家電リサイクル券が必須

テレビの処分には【家電リサイクル券】が必須です。家電リサイクル券は「販売店回収形式」と「郵便局振込形式」の2種類あり、処分の仕方によって使用する券が異なります。

  • 販売店回収方式…小売業者で回収してもらった場合に、お店側が記入するリサイクル券
  • 郵便局振込方式…排出者が自分で記入し郵便局で料金を振り込むリサイクル券

不用品回収業者に依頼する場合、業者にて手続きを行うことが多いため、リサイクル券が不要なこともあります。

一覧 リサイクル料金(税込)
液晶・プラズマテレビ 15型以下→1,870円
16型以上→2,970円
ブラウン管テレビ
(ソニー・アイワ・日立・シャープ・富士通・三菱電機など)
15型以下→1,870円
16型以上→2,970円
ブラウン管テレビ
(パナソニック・東芝・三洋電機・LG・ ハイアールなど)
15型以下→1,320円
16型以上→2,420円

基本のリサイクル料金は上記記載の料金になります。記載のないメーカーはRKC一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページをご確認ください。

テレビの処分にかかる料金相場

テレビの処分にかかる料金相場

ここからは、7つの処分方法別での料金相場を紹介します。

処分方法 料金相場(税込)
新しいテレビを購入した販売店で処分を依頼 3,687円(リサイクル料+運搬料)の負担
捨てたいテレビを購入した販売店にて処分を依頼 5,469円(リサイクル料+運搬料)の負担
指定の引取場所にテレビを持ち込み処分する 2,237円(リサイクル料のみ)の負担
リサイクルショップに査定を依頼する 6,900円で買取実績あり(シャープ AQUOS 32型 2019年製)
フリマアプリ・オークションでテレビを売る 19,162円で売却実績あり(シャープ AQUOS 32型 2019年製)
自治体指定の回収業者に依頼をする 3,522円(リサイクル料+引取り料)持ち込みの場合はリサイクル料のみ
不用品回収業者にテレビの処分を依頼する 7,971円(ブラウン管15型以下)

※公開された7つの家電量販店、6社の不用品回収業者の情報をもとに平均を算出しています(独自調べ)。

日本
全国
対応可

困った状況をすべて解決します!
365日24時間受付・秘密厳守・明朗会計

ご予算内の相談可

クレジット対応

1億円賠償保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。

今すぐご相談ください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ


テレビの正しい処分方法7選

テレビの正しい処分方法7選

先ほど、テレビの処分方法と料金相場について説明しましたが、ここからはテレビの正しい処分方法7つについて詳しく説明します。これさえ読めば、あなたも簡単に処分することが可能ですよ!!

新しいテレビを購入する販売店に処分を依頼する

新しいテレビを購入する時に古いテレビの処分を依頼すれば、販売店に引き取って貰うことができます。

テレビを家に配達してもらう時に引き取ってもらう、もしくは新しいテレビを購入した店舗に持ち込んで引き取って貰うのどちらでも大丈夫ですが、どちらの場合も「リサイクル料金+運搬料」が必要です。

また販売店によって、2階からの搬出、配送と回収の日時が異なる場合、搬出の際の作業員の追加には、追加料金がかかりますので注意しましょう。

処分するテレビを購入した販売店に処分を依頼する

購入した販売店にテレビの処分を依頼することも可能です。ただし、すべての販売店で行っているわけではありません。

新しいテレビを購入しないので、運搬費は平均2,000円ほど高めに設定されています。

また、回収に来てもらう場合は、「リサイクル料金+運搬料」のほかに、出張代が3,000円~5,000円程度かかるので店舗によく確認しましょう。

指定の引取場所にテレビを持ち込み処分する

全国には指定の引取り場所が存在し、持ち込むことで処分ができます。この方法の場合、「リサイクル料金」のみで回収してもらうことが可能です。

処分方法

郵便局で料金を支払う→家電リサイクル券を貼る→製品を持ち込む

の手順を踏む必要があります。また、家の近くに引取り場所があるとは限らないため、交通手段も考えなければなりません。

リサイクルショップに査定を依頼する

リサイクルショップで査定をしてもらう場合、何社か比較検討しましょう。

リサイクルショップによって買取価格は異なり、買取が出来ない事もあるからです。

比較的新しいテレビ(製造から5年以内)やパナソニックのVIERAやシャープのAQUOSなどのテレビを処分する際は、高額買取をしてもらえることがありますが、性能や、型式、インチによっては、まったく価値がつかず、買い取ってもらえないことがあります。

その場合、別の処分方法を考える必要があります。

フリマアプリ・オークションでテレビを売る

メルカリやラクマ、ヤフオク!など最近は多くのフリマサイトが存在します。

この方法は、リサイクルショップよりも高額で売れる場合があります。

ただし、「送料、手数料」などを考えて販売する必要があり、説明文や画像の添付などアプリの使い方に慣れていないと大変に感じるでしょう。

さらに、電化製品の梱包には細心の注意が必要です。「テレビがつかない、壊れている、傷がついている」などのトラブルにつながることがあります。

また、いつまでも売れず処分できないことがあるので、早く処分したい人には向いていません。

自治体指定の回収業者に依頼をする

自治体によっては、自治体指定の回収業者に依頼することで、テレビを回収してもらうことができます。

回収方法

自治体のホームページから指定業者を探し問い合わせる→郵便局で家電リサイクル券を購入→テレビに貼り付ける→指定日時に回収してもらう

この処分方法では「リサイクル料金+運搬料」がかかります。

指定業者によって運搬料は異なるため、自治体に問い合わせてくださいね。

また、テレビの運び出しはおこっていないので、自分で指定場所に運ばなければいけない点も考慮しましょう。

不用品回収業者にテレビの処分を依頼する

スピーディにテレビを処分したい場合、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

  • 最短即日回収可能
  • 家の中から運び出してもらえる
  • 良いものは買取してもらえる
  • 家電リサイクル券を買いに行く必要がない
  • リサイクル券を購入しに行く手間がない

不用品回収業者は、最短即日ですべて回収してくれるので、分類する手間もなく、リサイクル券を購入しに行く必要もありません。

引っ越しなどで日程に余裕がない時にとても便利です。

電話1本で大まかな見積もりをしてくれますし、買取をしてくれることもあります。

依頼の方法

メールや電話で問い合わせ→見積もり→作業→支払い 

※支払いは業者によって、前払いのところもあるので業者に問い合わせてください。

のちほど「不用品回収業者のポイント」で説明しますが、不用品業者の中には、高額な料金を請求、山に不法投棄をするような悪質業者がいますので注意しましょう。

壊れたテレビやブラウン管テレビはどう処分するの?

壊れたテレビやブラウン管テレビはどう処分するの?

画面が破損しているテレビの処分はリサイクルとしてだせるのか気になりませんか?

また、ブラウン管の処分はどこでも受け付けてくれるのか気になりますよね。ここでは壊れたテレビとブラウン管の処分方法を紹介します。

壊れたテレビ

壊れたテレビも古いテレビと同様に粗大ゴミとして処分することは出来ません。フリマアプリやリサイクルショップは使えませんので、どうしても処分費用が掛かってしまいます。

家電量販店や、自治体の回収業者、不用品回収業者に回収してもらいましょう。

ブラウン管テレビ

ブラウン管テレビの場合、フリマアプリ、リサイクルショップで買値がつくことがあります。

レトロな物を集めているお店や、個人に売れる場合があるからです。とはいえ、需要が多いわけではありません。

売れるとすれば、古くて価値のあるテレビではないと、正直厳しいですね。

また、フリマアプリでは処分するまでに時間がかかってしまうので、お金は多少かかりますが、自治体の回収業者や家電量販店、不用品回収業者に依頼する方が良いでしょう。

テレビの処分は認可されている業者に依頼しトラブルを避けよう

テレビの処分は認可されている業者に依頼しトラブルを避けよう

テレビの処分は認可されている業者に依頼しましょう。「一般廃棄物収集運搬業」と呼ばれる認可を受けていなければ回収はできません。

無認可の業者に依頼することで、高額請求のトラブルに巻き込まれるケースや法律を守らず、「不法投棄」で処分をされてしまうことがあります。

失敗しない!テレビ回収業者を選ぶポイント

失敗しないためにはどのようなテレビ回収業者を選んだら良いか分かりますか?ここで業者選びのポイントを7点紹介します。

【業者を選ぶポイント】

  • ネットの評判が良い業者を利用する
  • ホームページに会社情報が記載されている
  • 電話やメールで見積りをしてくれる
  • 自治体のホームページで紹介されている回収業者を使う
  • 無料回収の業者は使わない
  • 必要な許可をとっている
  • 回収事例が豊富にあり実績がある

ネットの評判が悪い、会社情報がない、見積もりをしてくれない業者はなんとなく怪しいと分かるかもしれませんが、「無料回収」がなぜ危険かわかりますか?

家電リサイクル法ではテレビの回収は有料でしたよね。

無料で回収ということは、必要な金属部分のみ回収し、不要な部分は不法投棄している可能性が高いです。

さらに、無料回収と宣伝している業者とのトラブルでは、依頼した途端に高額な金額を請求された…というケースがあります。

必要な許可は「一般廃棄物収集運搬業」のほかに、中古品を買い取るなら「古物商許可」が必要です。

壊れたテレビやブラウン管テレビを、家電リサイクルではなく、「中古品(リユース)として回収したい」と言い張る業者にも注意が必要です。

この場合も、金属部分のみを回収し、残りの部分を不法投棄している可能性が高いのです。必ず許可を取っているか確認してくださいね。

また「搬出で床や壁に傷が付いた」「怪我をした」などに備えて「賠償責任保険」に加入しているかも確認しておくとよいですね。

片付け110番では、必要な許可や保険に加入済みなので、トラブルに巻き込まれることなくテレビの処分ができますよ。

まとめ

まとめ

テレビの処分方法と料金相場、不用品回収業者のポイントをお伝えしました。

時間に余裕がある時とない時では処分の方法も変わりますよね。

業者や個人間のトラブルを避け、あなたにとって最適なテレビの処分を見つけてくださいね。
不用品回収サービスバナー
ハウスクリーニングサービスバナー
草刈り・草抜きサービスバナー