富里市のゴミ出し手順|分別・ゴミ袋・収集日まで自治体処分すべて

富里市でゴミを捨てたいけど、どこにどうやって出せば収集してくれるの?使うゴミ袋や収集日、必要な料金も分からない、まとめて確認できたら良いのに…とお悩みではありませんか?

富里市のゴミは8種類に分別し、地区別の収集日に地域ごとの集積所へ出す排出方法です。蛍光管等の有害ゴミ以外は、市指定のゴミ袋を使用するので注意が必要ですね。

家庭から出るほとんどの品目は集積所で捨てられますが、10kg110円の料金でクリーンセンターへ持ち込むこともできます。

ただ、車や荷下ろしする人手が必要になるので、大量のゴミを早く捨てたい時以外は集積所収集を利用するのがオススメです。

また、粗大ゴミは持ち込み処分できるほか、300kg3,300円にて戸別収集を依頼することも可能です。複数個の処分でも300kg以内であれば3,300円で回収してくれます。
ゴミの出し方や料金は、市のホームページにも掲載されていますが、ページが個々に分かれているため少し見づらいのが難点です。

ゴミの処分に必要な情報が1ページに簡潔にまとめられていたら、楽にゴミ捨てができるのではないでしょうか。

本記事では、富里市のゴミの出し方・料金を見やすくまとめました。集積所へ出す際の分別ルール・収集日の確認方法から、持ち込み処分や戸別収集の利用手順まで解説します。そのほか、テレビや洗濯機など市で処分できない品目の捨て方や、自治体と民間業者の賢い使い分け方も紹介!

最後まで読んで頂ければ、富里市ですぐに、迷うことなくゴミ処分ができるようになります。

※本記事は、2021年1月17日時点で富里市内に在住する一般家庭の方が対象です。(事業者は対象外です。)


即日
片付け
可能

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

女性スタッフ対応

クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。
今すぐご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

富里市の家庭・粗大ゴミ全8種【分別区分・品目一例】

富里市のゴミは、以下の8種類に分別します。

1)可燃ゴミ
2)不燃ゴミ
3)ガラスびん
4)ペットボトル
5)紙パック
6)有害ゴミ・紙パック
7)新聞・雑誌・ダンボール・衣類
8)粗大ゴミ

それぞれどのような品目が該当するのか、以下の表に品目一例と合わせてまとめました。

1)可燃ゴミ
台所ゴミや紙くず、小型のプラスチック類、皮・ゴム製品、枯葉が該当します。
【品目一例】
<台所ゴミ・紙くず>
・生ゴミ
・食用油
・アルミホイル
・ティッシュくず
・汚れた紙
・レシート

<小型のプラスチック類>
・ボールペン
・歯ブラシ
・タッパー
・CDやDVD
・ラップ
・卵のパック
・インスタント麺の容器や袋
・肉魚のトレイ
・ペットボトルのキャップとフィルム
・みかんのネット
・洗剤のボトル

<皮・ゴム製品>
・靴
・ゴム手袋
・カバン
・ベルト

<枯葉>
・落ち葉や枯花などの雑草類
※剪定枝は粗大ゴミです。

2)不燃ゴミ
4L以下の空き缶類、陶器・特殊ガラス類、飲料食料用以外のビン・割れたビン、スプレー缶・カセットボンベ、ライター類、鍋類が該当します。
【品目一例】
<4L以下の空き缶類>
・ジュース缶
・缶詰
・粉ミルク缶

<陶器・特殊ガラス類>
・食器
・素焼き鉢
・耐熱ガラス
・哺乳瓶
・蛍光灯、LED以外の電球

<飲料食料用以外のビン・割れたビン>
・化粧水のビン
・塗り薬のビン

<スプレー缶・カセットボンベ>
・ヘアスプレー缶
・殺虫剤
・制汗スプレー
・カセットコンロ用ボンベ

<ライター類>
・使い捨てライター

<鍋類>
・フライパン
・やかん
・鍋

3)ガラスびん
飲料食料用のガラスやビンが該当します。
【品目一例】
・日本酒やワインのビン
・飲み薬のビン
・栄養ドリンクのビン
4)ペットボトル
PETマークのついたボトルが該当します。

PETマーク
ペットボトル
※「PETボトルリサイクル推進協議会識別表示マークって何?」より引用。

【品目一例】
・お茶やジュースのボトル
・調味料のボトル
5)紙パック 内側が白い紙パックが該当します。
※内側がアルミのパックは可燃ゴミです。
6)有害ゴミ
蛍光灯・LED電球、乾電池、水銀使用物が該当します。
【品目一例】
<蛍光灯・LED電球>
・筒型蛍光管
・丸型蛍光灯
・LED電球

<乾電池>
・筒型乾電池
※ボタン型電池・充電式電池は「充電式電池・ボタン電池」の方法で処分します。

<水銀使用物>
・水銀体温計
・水銀血圧計

7)新聞・雑誌・ダンボール・衣類
新聞類、雑誌類、ダンボール、衣類が該当します。
【品目一例】
<新聞類>
・新聞紙
・チラシ

<雑誌類>
・本
・漫画
・雑誌
・ペーパー類の芯
・ティッシュの箱
・封筒
・お菓子の紙箱

<衣類>
・古着
・毛布
・シーツ

8)粗大ゴミ
家具類、電化製品類、小型家電類、寝具類、電池を使用したモノ、からみやすいモノ、剪定枝、指定袋に入らないプラスチック類、鍋以外の金属類、その他大型の趣味用品の10種類が該当します。

※富里市の場合「〇cm〇kg以上」といった明確な定義がありません。判断に迷う場合は、下記「富里市クリーンセンター」に電話で確認してください。

【品目一例】
<家具類>
・タンス
・ソファ
・テーブル
・棚

<電化製品類>
・電子レンジ
・掃除機
・炊飯器
・扇風機
・ファンヒーター
・プリンター

<小型家電類>
・携帯電話
・ドライヤー
・アイロン
・DVDプレイヤー
・電卓
・携帯ゲーム機

<寝具類>
・ベッド
・マットレス
・布団
・毛布
・じゅうたん

<電池を使用したモノ>
・電池で動くおもちゃ
・電動ひげそり

<からみやすいモノ>
・針金ハンガー
・傘
・電気コード

<剪定枝>
・長さ2m以下の枝類
※枯葉類は可燃ゴミです。

<指定袋に入らないプラスチック類>
・ポリバケツ
・プランター
・衣装ケース

<鍋以外の金属類>
・包丁などの刃物
・4L以上の缶

<その他大型の趣味用品>
・自転車
・スキー板
・ゴルフクラブ
・釣り道具

※粗大ゴミを処分する際は、上記10種類に分別の上捨てます。

上記の表に捨てたいモノがないなどの場合は「市民経済環境部環境課環境保全班」に連絡すると教えてくれます。また、家庭ゴミと粗大ゴミの分別に迷うなど、粗大ゴミに関することは「富里市クリーンセンター」に聞いてみましょう。

市民経済環境部環境課 環境保全班 TEL:0476-93-4945
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は除く。
富里市クリーンセンター TEL:0476-93-4529
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時
※正午~午後1時はお昼休み。
※土曜日の受付は正午まで。
※日曜日・祝日・12月30日~1月3日は休業日。

集積所収集・持ち込み処分・戸別収集の利用手順

富里市のゴミは集積所収集が基本となりますが、持ち込み処分・戸別収集も利用できます。

以下の表にて各方法の料金やメリット・デメリットを確認し、処分時の状況に応じた方法を選びましょう。

集積所収集【予約不要】
地域ごとの集積所にゴミを捨てに行く方法です。
【料金】
無料

【メリット】
・無料で捨てられる。
・ゴミ捨て場は自宅から近い場所にある。
・ゴミの個数に制限がない。

【デメリット】
・収集日は固定。
・午前8時30分までにゴミを出す必要がある。
・粗大ゴミは出せない。

持ち込み【予約不要】
市の処理施設に自分でゴミを持ち込む方法です。
【料金】
10kgごとに110円

【メリット】
・平日・土曜日であれば予約不要で即日持ち込める。
・ゴミの個数に制限がない。

【デメリット】
・土曜日の午後・日曜日・祝日・12月30日~1月3日は受け入れしていない。
・一部持ち込めない品目もある。
・荷下ろしは自分で行う。

戸別収集【要予約】
粗大ゴミを自宅前まで回収に来てもらう方法です。
【料金】
300kg3,300円
※300kgを超えた場合、10kgごとに110円加算。

【メリット】
・玄関前の道路際やマンションの集積所付近まで回収に来てもらえる。
・ゴミの個数に制限がない。

【デメリット】
・収集希望日の1週間前までに予約・料金の支払いを済ませる必要がある。
・料金の支払いは窓口まで行く必要がある。
・収集時間は指定できない。
・日曜日・祝日・12月30日~1月3日は収集してもらえない。
・市では室内からの運び出しはしない。
・収集時は立ち合いが必要。

富里市の場合、集積所収集で処分するのが1番簡単ですが、粗大ゴミは集積所収集では出せません。
持ち込み処分は収集日に捨てられなかった時や、粗大ゴミを捨てたい時に利用すると良いでしょう。戸別収集に関しては、粗大ゴミを持ち込みできる車や人手がない場合に限り利用するのがオススメです。

料金やメリット・デメリットを確認したところで、各方法の処分手順を解説します。

集積所収集の利用手順

集積所収集は以下の3ステップにてゴミ処分ができます。

1)ゴミを分別する。
2)収集日を確認する。
3)午前8時30分までに集積所へ捨てに行く。

1)ゴミを分別する

確実にゴミを収集してもらうために、以下の表にてポイントを確認しながら分別しましょう。

使用するゴミ袋 【可燃ゴミ、不燃ゴミ、ガラスびん、ペットボトル】
市内のホームセンターやコンビニなどで販売している指定袋を使用します。袋のサイズ・値段は下記の通り店舗によって異なるので注意してください。

<値段の目安(50cm×80cm可燃ゴミ袋)>
・ジョイフル本田 富里店:10枚入り 101円
・セブンイレブン 富里店:10枚入り 146円
・マツモトキヨシ 富里店:10枚入り 107円

※2021年1月19日に問い合わせた時点の税込みの値段です。

<袋の種類>
・可燃ゴミ:緑色の袋
・不燃ゴミ:桃色の袋
・ガラスびん:淡青色の袋
・ペットボトル:半透明の袋

【紙パック、有害ゴミ、新聞・雑誌・ダンボール・衣類】
有害ゴミは購入時の箱またはポリ袋、紙パックや新聞類はヒモでしばって出します。

1)可燃ゴミ ・生ゴミはよく水気を切って紙に包む。
・食用油は紙に染み込ませるか固める。
・紙おむつの汚物はトイレへ流す。
2)不燃ゴミ ・中身を使い切り、すすげるモノは軽くすすぐ。
・スプレー缶は穴あけ不要。
3)ガラスびん 中身を使い切り、軽くすすぐ。
4)ペットボトル ・キャップとフィルムは可燃ゴミで出す。
・軽くすすいで汚れを落とし、つぶして出す。
5)紙パック 軽くすすぎ開いて、ヒモでしばる。
6)有害ゴミ ・蛍光灯、水銀使用物は割れないように購入時の紙箱などに包む。
・乾電池はポリ袋に入れる。
7)新聞・雑誌・ダンボール・衣類 種類ごとにヒモでしばって出す。

2)収集日を確認する

収集日は地域ごとに異なるので「富里市公式ゴミの分別収集日程」にて確認してください。例年12月30日~1月3日の収集はお休みです。

なお、新聞・雑誌・ダンボール・衣類は自治会やPTA管理のもと、民間業者が収集しています。排出場所・日程など詳細は「市民経済環境部環境課リサイクル推進班」に電話で聞いてみましょう。

市民経済環境部環境課 リサイクル推進班 TEL:0476-93-4946
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は除く。

3)午前8時30分までに集積所へ捨てに行く

分別・収集日の確認ができたら、午前8時30分までに集積所へ捨てに行きます。
時間までに決まった集積所へ出さないと収集してくれない可能性もあるので注意しましょう。

集積所収集に関するお問い合わせ先

分別や出し方など、集積所収集で困ったことがある場合は「市民経済環境部環境課 環境保全班」に電話で聞いてみましょう。

市民経済環境部環境課 環境保全班 TEL:0476-93-4945
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は除く。

持ち込み処分の利用手順

粗大ゴミを捨てたい、集積所の収集日に捨て忘れたなどの場合は、以下の2ステップで持ち込み処分を利用しましょう。

1)施設所在地・受入基準を確認する。
2)持ち物を確認し、車で安全に持ち込む。

1)施設所在地・受入基準を確認する

以下の表にて施設の所在地や受付時間、受入基準を確認してください。
また、記載した品目以外のモノでも、形状などによっては受け付けてくれない場合もあるので、事前に電話で問い合わせましょう。

施設所在地 【富里市クリーンセンター】
富里市七栄654
TEL:0476-93-4529
受付時間 月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時
※正午~午後1時はお昼休み。
※土曜日の受付は正午まで。
※日曜日・祝日・12月30日~1月3日は休業日。
持ち込みできない品目

・リサイクル家電6品目(冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・エアコン・洗濯機・洗濯乾燥機)
・パソコン
・二輪車(オートバイ・原付バイク)
・スプリング入りマットレス
・ガスボンベ
・油類
・薬品
・消火器
・車両部品
・農機具
・ピアノ
・金庫
・建築廃材
・医療系廃棄物
・建築廃材

2)持ち物を確認し、車で安全に持ち込む

受付時間等を確認できたら、以下の表を参考に持ち物を準備し、車で安全に持ち込みましょう。

持ち物 ・市内在住であることを確認できる身分証。
・小銭(支払いは現金のみです。)
施設到着後から処分完了までの流れ 基本の流れとしては到着後、ゴミを捨てる前後に車両ごと計量して処分料金を算出します。ゴミの荷下ろし方法や詳しい手順は、現地係員の指示に従ってください。
注意点 ・自転車、バイク、徒歩での持ち込みはできません。
・集積所収集と同様の分別をしてから持ち込んでください。

持ち込み処分に関するお問い合わせ先

処分したいモノが持ち込みできるのか知りたい等、持ち込み処分についてのお問い合わせは「富里市クリーンセンター」に電話で聞いてみましょう。

富里市クリーンセンター TEL:0476-93-4529
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時
※正午~午後1時はお昼休み。
※土曜日の受付は正午まで。
※日曜日・祝日・12月30日~1月3日は休業日。

戸別収集の利用手順

粗大ゴミを持ち込み処分する手だてがないという時は、以下の3ステップで戸別収集を利用しましょう。

1)品目を確認し予約をする。
2)収集日1週間前までに申請書提出・支払いをする。
3)分別し、指定日時・場所に粗大ゴミを運び出す。

1)品目を確認し予約をする

処分する品目の種類・個数を確認し、「富里市クリーンセンター」へ電話にて予約をしましょう。
なお、予約は収集希望日の3カ月前から2週間前まで受け付けています。希望日の予約が埋まってしまう可能性もあるので、時間に余裕をもって連絡するようにしてください。

富里市クリーンセンター TEL:0476-93-4529
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時
※正午~午後1時はお昼休み。
※土曜日の受付は正午まで。
※日曜日・祝日・12月30日~1月3日は休業日。

【予約時の手順】
1)「氏名・住所・電話番号・品目・個数」を伝える。
2)予約日・処分料金・ゴミを出す場所を聞いたら完了。

2)収集日1週間前までに申請書提出・支払いをする

予約後に「収集申請書・粗大ゴミ品目一覧・納入通知書」が郵送されるので、必要事項を記入してください。
収集日1週間前までに以下の指定窓口いずれかに行き、申請書の提出・現金にて処分料金の支払いを済ませます。

なお、申請時に支払う金額は3,300円ですが、回収品目の総重量が300kg以内であることが前提となっています。
回収後の計量で300kgを超えていることが分かった場合は、10kgごとに110円の追加料金の支払いが必要です。後日送付される納入通知書にて支払いましょう。

富里市クリーンセンター 富里市七栄654
TEL:0476-93-4529
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時
※正午~午後1時はお昼休み。
※土曜日の受付は正午まで。
※日曜日・祝日・12月30日~1月3日は休業日。
富里市役所 市民経済環境部環境課【分庁舎2階】 富里市七栄652-1
TEL:0476-93-4945
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後5時15分
※日曜日・祝日・12月30日~1月3日は休業日。
富里市日吉台出張所 富里市日吉台3-24-1
TEL:0476-93-3755
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後5時15分
※日曜日・祝日・12月30日~1月3日は休業日。

3)分別し、指定日時・場所に粗大ゴミを運び出す

以下の表を確認し、予約日までにゴミの分別をしておきましょう。当日は、指定時間までに指定された場所へ粗大ゴミを運び出します。
なお、回収には必ず立ち合いが必要なので、申込をしたご本人は予定を空けておくようにしてください。

以下10種類に分別してください。袋は不要です。 ・家具類
・電化製品類
・小型家電類
・寝具類
・電池を使用したモノ
・からみやすいモノ
・剪定枝
・指定袋に入らないプラスチック類
・鍋以外の金属類
・その他大型の趣味用品

戸別収集に関するお問い合わせ先

戸別収集に関する疑問は「富里市クリーンセンター」に電話で聞いてみましょう。

富里市クリーンセンター TEL:0476-93-4529
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時
※正午~午後1時はお昼休み。
※土曜日の受付は正午まで。
※日曜日・祝日・12月30日~1月3日は休業日。


即日
片付け
可能

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

女性スタッフ対応

クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。
今すぐご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

富里市で処分できないゴミの正しい捨て方

以下の品目は粗大ゴミと間違えがちですが、法律や富里市の規定により自治体で処分できないので、正しい捨て方を解説します。

1)リサイクル家電6品目
2)パソコン
3)二輪車(オートバイ・原付バイク)
4)充電式電池・ボタン電池
5)その他の処理困難物

1)リサイクル家電6品目

『冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・洗濯機・洗濯乾燥機・エアコン』は、家電リサイクル法により部品を再利用し資源の有効活用をはかる決まりの為、自治体では処分できません。
リサイクル料金を支払いのうえ『小売店に回収してもらう』『指定引取場所に持ち込む』『市指定の業者に回収してもらう』いずれかの方法で処分しましょう。

リサイクル料金の目安 【冷蔵庫・冷凍庫】
170L以下:3,740円
171L以上:4,730円

【テレビ】
15型以下:1,870円
16型以上:2,970円

【洗濯機・洗濯乾燥機】
2,530円

【エアコン】
990円

※2021年1月17日時点の税込み表記です。
※上記リサイクル料金は、主なメーカーの料金になります。「これはどうかな?」と確認したい時は、「家電リサイクル料金検索ページ」を参考にしてください。

小売店に回収してもらう場合 家電6品目を扱う小売店(家電量販店や地域の電気店など)で回収してもらえます。回収手順は店舗ごとに異なるので、お近くのお店に電話で確認してみましょう。
指定引取場所に持ち込む場合 リサイクル料金を郵便局で支払いのうえ、指定引取場所に持ち込みます。富里市近辺の指定引取場所は以下1カ所です。

【(株)エコマイン】
TEL:0476-94-0050
富里市十倉604-5
月曜日~土曜日:午前9時~午後4時

※正午~午後1時まではお昼休み。
※土曜日は午後2時45分まで。
※日曜日・祝日・お盆・年末年始は要問い合わせ。

市指定の業者に回収してもらう場合 「(株)環境美装」に電話をして、回収日や運搬手順の確認をしてください。

【(株)環境美装】
TEL:0476-36-6606
月曜日~金曜日:午前9時~午後5時
※土日・祝日・年末年始は要問い合わせ。

2)パソコン

パソコンは資源有効利用促進法により部品をリサイクルする決まりがあります。以下の表にて手順を確認の上『メーカーによる回収』『パソコン3R推進協会による回収』いずれかの方法で処分しましょう。

メーカーによる回収(処分するパソコンのメーカーが分かる場合) 【処分料金】
原則無料
※2003年10月1日以前に製造された、PCリサイクルマークの表示が無いパソコンは有料になります。

PCリサイクルマーク
PCリサイクルマーク(pc_recycle_mark)

※「パナソニック公式 パソコンのリサイクル手順」より引用。

【回収手順】
メーカーごとに回収手順が異なるので、「パソコン3R推進協会各メーカーの回収方法検索ページ」よりメーカーを選択し、手順の確認をしましょう。

パソコン3R推進協会による回収(自作パソコンやメーカー名が分からない場合) 【処分料金】
<各4,400円で処分>
・デスクトップパソコン本体
・ノートパソコン
・液晶ディスプレイ
・液晶ディスプレイ一体型パソコン

<各5,500円で処分>
・ブラウン管式ディスプレイ
・ブラウン管式ディスプレイ一体型パソコン

【回収手順】
パソコン3R推進協会公式回収申し込みページ」にアクセスし、必要事項を入力のうえ申込します。

リサイクル家電6品目とパソコンの処分料金・捨て方は「リサイクル家電の処分料金最安値は小売店回収!料金~処分方法の全情報」でも詳しく解説しているので、合わせてご覧下さい。

3)二輪車(オートバイ・原付バイク)

二輪車のパーツや部品は再利用できるものが多い為、規定の方法で処分する必要があります。以下の4ステップで処分しましょう。

1)処分する二輪車のメーカーや車両状態を確認する。
2)必要な書類を準備する。
3)指定引取場所に持ち込む。
4)指定引取場所で受付手続きをしたら完了。

詳しい処分方法は「自動車リサイクル促進センター」のホームページにて詳細を確認するか、促進センター内「二輪車リサイクルコールセンター」に電話で相談しましょう。

二輪車リサイクルコールセンター TEL:050-3000-0727
月曜日~金曜日:午前9時30分~午後5時
※土日祝日・年末年始を除く。

4)充電式電池・ボタン電池

充電式電池・ボタン電池は火災の原因になる為、規定の方法で処分する必要があります。いずれも協力店に設置された無料回収ボックスにて処分できます。無料回収ボックスの設置場所は、以下の検索ページから調べましょう。
【充電式電池】「一般社団法人JBRC協力店検索ページ

【ボタン電池】「一般社団法人電池工業会協力店検索ページ

5)その他排出禁止物

市の施設で処理困難な下記品目は、購入店舗や専門業者に処分を依頼しましょう。店舗が分からない等の場合は、「市民経済環境部環境課環境保全班」に電話で相談してください。

・スプリング入りマットレス
・ガスボンベ
・油類
・薬品
・消火器
・車両部品
・農機具
・ピアノ
・金庫
・建築廃材
・医療系廃棄物
・建築廃材

市民経済環境部環境課 環境保全班 TEL:0476-93-4945
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は除く。

自治体処分と民間業者の賢い使い分け方法

自治体と民間業者、結局どちらで処分するのが良いのかよく分からない!と迷われる方も多いのではないでしょうか。

処分時の具体的なケースを知っておくことで、2つの方法を賢く使い分けることができます。以下の表にまとめたので、参考にしてください。

自治体で処分したほうが良いケース ・分別がしっかりできている。
・なるべく安く処分したい。
・運搬車両や人手がある。
・ゴミの量はさほど多くない。
民間業者に依頼したほうが良いケース ・分別が追いつかないゴミが大量にある。
・遺品整理等で遠方の家を片付けたいが、出向く時間がない。
・室内からの運び出しをして欲しい。
・自治体で受け入れてもらえないモノをまとめて処分したい。

自治体のルールに沿った分別ができているのであれば、自治体で処分するのが1番安く簡単です。民間業者は面倒な作業をすべてお任せできる分、処分費用が高くなります。分別が難しい・時間も人手もないといった場合に限り利用すると良いでしょう。

まとめ

富里市のゴミの分別方法・出し方手順・料金をまとめました。

  • 富里市は全部で8種類(可燃ゴミ、不燃ゴミ、ガラスびん、ペットボトル、紙パック、有害ゴミ、新聞・雑誌・ダンボール・衣類、粗大ゴミ)に分別する。
  • 粗大ゴミは『家具類、電化製品類、小型家電類、寝具類、電池を使用したモノ、からみやすいモノ、剪定枝、指定袋に入らないプラスチック類、鍋以外の金属類、その他大型の趣味用品』が該当する。
  • 処分方法は集積所収集(予約不要・無料)・持ち込み処分(予約不要・10kg110円)・戸別収集(粗大ゴミに限る。要予約・300kg3,300円)の3つの方法がある。
  • リサイクル家電6品目やパソコン、自治体で処理が難しい品目は、メーカーや販売店に回収を依頼する必要がある。
  • 分別できなかったり、時間や人手がないなどの場合は、民間業者に処分を依頼すると手間なくゴミを捨てられる。

家庭からよく出る種類のゴミであれば、集積所収集で処分するのが1番簡単です。収集日に出せなかった、粗大ゴミを捨てたいなどの時は持ち込み処分を利用しましょう。戸別収集に関しては料金が高くなってしまうので、大量の粗大ゴミを持ち込む手だてがない時に限り利用するのがオススメです。

本記事を確認しながらしっかり分別し、適切な方法でゴミを処分しましょう。

独自プレゼントキャンペーン中!

まで期間限定キャンペーン中!】
富里市でのゴミ回収で同じくらいの費用なら「千葉片付け110番」に依頼した方がダンゼンお得です。