依頼先別!洗濯機処分費用相場~格安でリサイクルする2つのコツ

「色々な業者に相談したりホームページを見たりしたけど、料金がバラバラ…。洗濯機の処分費用は一体いくらが相場なんだろう…?」あなたもこんな風にお悩みではないですか?

実は洗濯機の処分費用は、「どこに引き取りを依頼するか」で相場が異なっています。自分にあった処分方法は何なのかをまずはっきりさせることで、あなたの洗濯機処分にかかる費用が見えてきますよ。

ただ、自分にあった引き取り先がどこなのかわからない!という方もいらっしゃいますよね。

そこで今回の記事では最新の処分事情も踏まえながら、引き取り先別に『費用相場・どんな人にオススメか』をご紹介、さらに少しでも安く処分する方法までお伝えします。

最後まで読んでいただくことで、適切な相場とあなたにあった引き取り先を知ることができます。よくわからない…という処分費用の不安は消え、予算計画を立ててスムーズに、そして安く洗濯機の処分をすることができます。最後までご覧ください。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

1 洗濯機は家電リサイクル法の対象である

洗濯機は、家電リサイクル法によって適正な処分が義務付けられた家電です。

家電リサイクル法は、今までゴミとして埋め立てていた「まだ資源として再利用できるものを含んだ廃棄品」の量を減らし、リサイクルを促進するために制定されました。

対象となっているのは、『エアコン』『テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)』『冷蔵庫・冷凍庫』『洗濯機・衣類乾燥機』で、これらを家電4品目と呼びます。

この法律に伴って消費者に具体的に義務化されたのが、「不要になったら適切に処分すること」「リサイクル料金と収集運搬費の支払いを行うこと」なんです。

リサイクル料金と収集運搬費を支払う必要がある

リサイクル料金は、収集した家電4品目が再利用可能な資源になるまでに必要な粉砕や分類といった『作業工程で発生する費用』に充てられています。

また収集運搬費は、消費者の家から引き取った家電4品目を一時保管する『指定引取場所まで運ぶのにかかる運送費用』に充てられています。

リサイクル料金はメーカーごとで、収集運搬費は各市区町村で異なりますが、おおよそ以下のような金額です。

リサイクル料金
エアコン 972円
テレビ
(ブラウン管、液晶・プラズマ)
ブラウン管テレビ15型以下:1,836円
ブラウン管テレビ16型以上:2,916円
液晶・プラズマテレビ15V型以下:1,836円
液晶・プラズマテレビ16V型以上:2,916円
冷蔵庫・冷凍庫 170L以下:3,672円
171L以上:4,644円
洗濯機・衣類乾燥機 2,484円

※大手洗濯機メーカー5社のリサイクル料金をもとに平均を算出した相場です。

収集運搬費 2,500円前後

※10の自治体の収集運搬費をもとに平均を算出した相場です。

2 【依頼先別】処分費用相場とメリット・デメリット

有料処分をする場合は、『自治体』『洗濯機販売店』『回収業者かリサイクルショップ』のいずれかに引き取りを依頼することになります。

依頼先の比較修正

それぞれの処分費用・メリットとデメリットをわかりやすくお伝えしますので、どうやって捨てるか決めるのに役立てて下さいね。

急いでいない・安く捨てたい人は「自治体」

自分で処分場まで持ち込めば、リサイクル料金(2,500~3,000円程度)のみ、業者に回収しに来てもらう場合は、リサイクル料金+収集運搬費で合計5,000~5,500円程度での料金です。

項目 相場費用
リサイクル料金 2,500円~3,000円程
収集運搬費 2,500円前後

※大手洗濯機メーカー5社のリサイクル料金をもとに平均を算出した相場です。

リサイクル券の購入や記入・払い込みなど手続きに手間がかかりますが、「特に処分に期限がなく、少しでも安く捨てたい」という人には自治体処分がオススメです。

メリット
  • 有料処分の中で最も安い処分ができる
デメリット
  • 手続きやリサイクル料金払い込みなど手間が多い

具体的な自治体処分の手順については、『洗濯機回収をより安くより安全で適切に処分する方法』で9つのステップに分けてわかりやすく解説していますので、あわせてご確認ください。

買い替えを予定している人は「洗濯機販売店」

洗濯機販売店では、「買い替えに伴っての引き取りか・処分のみの引き取り依頼か」「収集に来てもらうか・持ち込むか」によって、収集運搬費に4,000円~5,000円程差があります。

買い替えに伴う場合は6,500円~9,000円程、引き取りのみの依頼ですと、9,000円~13,000円程の料金です。

表にまとめましたので、確認してみてください。

項目 相場費用
リサイクル料金 2,500円~3,000円程
収集運搬費 買い替えに伴う引き取りの場合(訪問回収):4,000円~6,000円程
買い替えに伴う引き取りの場合(持ち込み):4,000円程
購入なし、引き取りのみの場合(訪問回収):8,000円~10,000円程
購入なし、引き取りのみの場合(持ち込み):6,500円~8,000円程

※洗濯機販売店6社の情報をもとに平均を算出した相場です。

よくある洗濯機販売店
  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • リサイクルショップ

洗濯機の買い替えを予定している人にとっては、オススメの処分方法です。

メリット
  • 回収業者よりは安く処分できる
  • 買い替えと同時なら収集運搬費が安く済む
デメリット
  • 店舗によっては新規購入なし
  • 引き取り依頼のみの対応には応じてくれないことがある

洗濯機販売店への依頼手順については、『お得な方法がわかる!洗濯機処分方法5選~全国相場まで』でどのように進めていけばいいかを説明していますので、ぜひご参考になさってください。

運び出せない・急いでいる人・楽をしたいは「回収業者・リサイクルショップ」

回収業者やリサイクルショップでは、タテ型洗濯機の場合で8,000円~11,000円程、ドラム式洗濯機の場合は15,000円前後の料金です。

さらに詳細な料金について、表にまとめましたので確認してみてください。

処分費総額の全国相場 6kg以下タテ型洗濯機:8,000円前後
7kg以上タテ型洗濯機:11,000円前後
ドラム式洗濯機:15,000円前後
追加料金となる作業の相場 階段作業費(内階段):1フロア2,000円程
階段作業費(外階段):1フロア1,000円程
養生作業:3,000円前後
取外し作業:500円~1,000円程
窓からの吊りおろし1フロアごとに追加:12,000円程プラス
作業員追加:1名あたり3,000円程

※回収業者・リサイクルショップ7社の情報をもとに平均を算出した相場です。

有料処分の中では高額ですが、即日回収や希望日時での予約が可能で、リサイクル券購入や家の外までの自力搬出など面倒なことが一切ありません。

とにかく手間なく早く処分を終えたい」人には、電話1本ですべて片付くのでオススメです。

メリット
  • 即日・希望日時指定での回収可能
  • 手間や面倒な作業がない
  • 売れそうだ、と判断された場合は処分費用を少し安くしてくれる
デメリット
  • 費用が高額
  • 不法投棄をする悪質業者がいるので、業者選びを慎重に行う必要がある

片付け代行業者は片付けたいシーンと業者の強みで選ぶ!オススメ片付け業者4選』では、ここに頼めば間違いない、という良質な業者4社の紹介をしています。相場費用も公開しているので、ぜひあわせてご確認ください。

片付け110番での洗濯機回収事例

回収事例

お引越しに伴い、「ギリギリまで使用したい洗濯機を退去日直前希望日時で回収して欲しい」とご予約いただきました。
タテ型タイプ6kgの洗濯機で、1階から作業員1名での運び出しとなりました。

最終金額 6,480円(税込)
片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

3 格安処分は難しい?まだ使える洗濯機を安く手放すコツ2選

有料で処分する場合は、最も安く済む自治体でも2,500円以上、自宅まで収集に来てもらえば5,000円以上の費用が必要です。捨てるものにまでお金をかけたくない…というのが本音ですよね。

そこで1円でも安く処分をするためのコツを2つご紹介します。ご紹介する2つのことを実践してもらえれば、もしかすると格安処分や無料処分ができるかもしれません。

(1)近くのスクラップ工場に問い合わせてみる

近くにスクラップ工場や、スクラップ事業を展開する会社はありませんか?もし持ち込める距離にあるなら電話して、「洗濯機の無料引き取りはされていますか?」と聞いてみましょう。

2017年末から始まった中国の雑品スクラップ輸入規制強化政策がきっかけで、今までは持ち込めば買い取りまでしてくれていた洗濯機も、その余波を受け格安処分が難しくなりつつあります。

しかし地域によっては、スクラップ工場やスクラップ事業を展開する会社で、「洗濯機なら鉄として無料なら引き受けできます」といってくれるところも残っていますよ。

(2)ジモティをチェックしてみる

ジモティという無料サイトの、『譲って・助けて』のカテゴリで洗濯機と検索してみると、洗濯機を譲って欲しいという書き込みがたくさん見つかります。

知りあいの伝手(つて)で譲り手が見つからない場合は、インターネットで譲り手を探すのもいいですね。

ジモティでは、譲って欲しい人の書き込みを探すほかにも、自分で「無料で譲ります」と出品をすることもできます。

出品の詳しい手順については、『お得な方法がわかる!洗濯機処分方法5選~全国相場まで』で順をおって説明していますので、ぜひあわせてご確認ください。

まとめ

洗濯機の処分費用は、『自治体』『洗濯機販売店』『回収業者・リサイクルショップ』と、どこに引き取り依頼するかで大きく異なります。

それぞれに相場がありますが、特に自治体以外の引き取り先を利用する時は相場費用をよく確認して、法外な請求をされてしまわないよう自分の身を守りましょう。

最後まで読んでくださったあなたには、自分がどんな処分に向いていて、どれくらいの費用感で手放せるのかわかり、ご安心いただけたのではないでしょうか。

この記事があなたの不安を無くし、スムーズな洗濯機処分のための力になれば幸いです。