洗濯機は粗大ゴミとして処分?買取り?お得に処分する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引っ越しをする時は、家電の粗大ゴミがたくさん出ることがあります。

冷蔵庫、洗濯機、テレビなどは引っ越しを機会に処分して、引っ越し先では新しいもの使うという人が多いと思います。

しかし家電を処分しようとすると、費用がかかる場合がほとんどです。
特に古い家電はリサイクルショップでは買い取ってもらえず、処分するのに処分に困ります。

処分費用が高いので、処分をためらったり、もっと安く処分したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

私も洗濯機を処分したことがあります。

新しい洗濯機を買ったお店で、洗濯機を配送してもらったついでに、古い洗濯機を処分するために持って行ってもらったことがあります。
この時はリサイクル料金がかかりました。

また、引っ越しをした時も、古い洗濯機を引っ越し業者に処分してもらったことがあります。
引越し業者に処分してもらった時も、リサイクル料金がかかりました。

今まで2台の洗濯機を処分してもらったことがあるのですが、新しい洗濯機を運び入れた時のついでだったり、引っ越しをした時に荷物を運び出す時のついでだったりしたので、リサイクル料金だけを払えばよく、引き取り手数料などはかからなかった記憶があります。

処分したい家電が多いほど処分費用がかかって出費が多くなりますから、処分に高い費用がかかる家電リサイクル法対象の家電を、お得に処分する方法があるのかどうか知りたい人もいると思います。

そこで今回は、洗濯機を処分したいと思っている人のために、洗濯機の買い取りも含め、お得に処分する方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

なぜ洗濯機は捨てるのにお金がかかるのか?


洗濯機を処分するには、リサイクル料金がかかります。
リサイクル料金は、古い家電を適切に分別して再利用するために必要なコストです。

家電リサイクル法対象の家電は、『家電を適正に引き渡すこと』と、『リサイクル料金と運搬費を支払うこと』が、消費者の役割として求められています。

家電リサイクル法

以前は洗濯機もゴミとして捨てられ、その多くはゴミとして埋め立てられていました。

しかし、埋め立てられるゴミがあまりにも多いため、埋め立てるための土地がなくなってきてしまいました。

また家電の中には、鉄、アルミ、ガラス、などの有用な資源が多く含まれています。

埋め立てる廃棄物を減らすため、そして再生可能な資源を有効に再利用するために、家電を適正に処理するための仕組みが作られました。

家電リサイクル法とは?
一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

※引用:経済産業省公式HPより

これが家電リサイクル法です。

家電リサイクル法は2001年4月から施行されました。
家電リサイクル法の対象となっている家電は、家庭用の『エアコン』『テレビ』『冷蔵庫・冷凍庫』『電気洗濯機・衣類乾燥機』の4品目です。

洗濯機を分解して分別ゴミとして出せないの?


家電リサイクル法に指定されている家電は、リサイクル料金を支払って処分することになっているので、洗濯機を分解してゴミとして出しても自治体では回収をしてくれません。

例えば千葉市内ですと、『家電リサイクル法は対象廃棄物(家電4品目)について、製造メーカーがリサイクルすることを定めており、市では収集しません。』とホームページに記されています。

洗濯機をきちんと資源としてリサイクルするには、リサイクル料金を支払って正規のルートで処分される必要があります。

知っておきたい買取りの基準


洗濯機の買い取りの基準は、何と言っても『壊れていないこと』です。
年式が新しいことや、傷や汚れが少ないことも査定の重要ポイントとなります。

買い取りの見積もりを頼む前に、カビ取り洗浄をしたり、傷を直したりしておくと良いと思います。

ドラム式洗濯乾燥機と、小型の洗濯機は需要が高いので、買い取ってもらえる可能性が高いです。
ドラム式洗濯乾燥機の輸送用ボルトを保管しておくなど、付属品がそろっていることも買い取りのポイントとなります。

また国産メーカーであるほうが買い取ってもらえる可能性が高い高くなります。
洗濯機だけでは買い取ってもらえなくても、他のものと一緒だと買い取ってもらえることもあります。

出張買い取りをしてもらう場合、1階に住んでいるとか、上の階に住んでいてもエレベーターがあるかなどという、運び出す経路に関しても買い取りの判断基準に含まれることが多いです。

洗濯機を粗大ゴミとして捨てた場合の料金相場


家電リサイクル法対象である洗濯機は、回収の予約ができる自治体と、回収をしていない自治体があります。

自治体で処分する洗濯機の回収を依頼できない場合は、他に、洗濯機を回収してもらって処分する手段として、洗濯機を買った販売店か新しく洗濯機を買う販売店にリサイクル料金を払って引き取ってもらうか、不用品回収業者にリサイクル料金と運搬費を払って引き取ってもらう方法があります。

自分で洗濯機を運ぶことができるのであれば、リサイクル券を郵便局で購入し、指定取引場所へ直接持って行くと、リサイクル料金だけで洗濯機を処分することができます。

リサイクル料金は洗濯機の製造メーカーによって違い、2,300円から3,000円程度です。
不用品回収業者販売店に回収してもらう場合は、リサイクル料金の他に650円~3,000円程度の運搬費がかかります。

結局どこで処分したらお得に処分出来るのか?


洗濯機を処分するには、リサイクルショップに買い取ってもらったり、ネットオークションで売れればそれが一番お得なのですが、洗濯機の年式や使用程度、壊れているかどうかなどによって買ってもらえないこともあります。

買い取ってもらえない場合は、リサイクル料金を支払って洗濯機を処分することになりますが、処分してもらう場合は運搬費が安い販売店や不用品回収業者に回収してもらうことが処分費用を抑えるコツとなります。

自分で処分する方法

不用品回収業者や販売店に処分を依頼すると処分費用が高くなるため、少しでも処分費用を抑えたい場合は、自分で洗濯機を処分する必要があります。

自分で処分する方法は3つあります。

オークションで売る

他に自分で洗濯機を処分するには、オークションに出品する方法があります。

オークションに出品しても必ず売れるとも限りませんから、早く洗濯機を処分したい場合は向いていないかもしれません。

オークションに出品する場合も、年式が新しかったり、使用感、汚れ、傷などが少ないこと、そして何より壊れていない洗濯機が売れる可能性があります。

解体業者に持って行く

洗濯機は、家電リサイクル法対象の家電をリサイクルする工場として、国から認可を受けている解体業者が最終的に解体し、資源を分別してリサイクルしています。

その解体業者さんへ直接洗濯機を持ち込むことで、リサイクル料金だけで処分することができます。

家電リサイクル法対象の家電を持ち込むことができる解体業者は、一般財団法人家電製品協会のホームページで指定引取場所を調べることができます。

解体業者さんに洗濯機を直接持ち込む前に、郵便局で指定金額分のリサイクル券を購入し、解体業者へ洗濯機とリサイクル券を一緒に持ち込んでください。

地域にもよりますが、洗濯機は鉄を多く含む家電製品なので、1kgあたり数十円で買取ってくれる場合もあります。
買取ってくれる解体業者さんの場合は、リサイクル券の購入は不必要です。

友人にあげる

まだまだ使える洗濯機を処分したい場合、もし欲しいと言ってくれる友人がいてもらってくれるのであれば、最も気軽な処分方法です。

しかし洗濯機は、使っているうちにどうしてもカビが生えたり汚れたりしてきますから、もらってくれるという人は少ないかもしれません。

リサイクルショップで買取り

年式が新しかったり人気の機種の洗濯機であれば、リサイクル業者に買い取ってもらうことができます。

出張買い取りの場合、運搬費や出張費がかかることがありますから、洗濯機の他にも引越しで不用になりがちなラックなどを一緒に買い取ってもらえるものがあれば、すべて買い取ってもらった金額から運搬費と出張費を差し引いてもプラスの金額になるかもしれません。

出張費を節約するために、リサイクル業者への買い取りの見積もりは、インターネットでいくつかのリサイクル業者に見積もりをとるのが良い方法です。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に洗濯機の処分の依頼をすれば、リサイクル料金と運搬費と出張費を支払って処分することができます。

買取りもしている不用品回収業者であれば、買取りの対象であれば買ってもらえ、買取りの対象にならなかった場合でもリサイクル料金と運搬費を支払って処分してもらうことができるので、買い取ってもらえるのかどうかわからない場合は不要品回収業者に依頼するのが良いかもしれません。

引越しを機会に洗濯機を処分したいと思っている場合、引越し業者が買い取りや処分をしてくれる場合があるので、引越しのついでに処分屋や買取を依頼する方法もお得で気軽な処分方法の一ひとつです。

まとめ

今回は不要になった洗濯機を処分する方法についてご紹介しました。

家電リサイクル法の対象である洗濯機を処分するには、リサイクル料金を支払うのが消費者の義務です。

洗濯機を処分する場合は、少なくともリサイクル料金分の料金がかかりますが、リサイクルショップに買い取ってもらったり人に譲ったりすることで、処分料金を支払わなくてもよくなる方法についてもご紹介しました。

処分したい洗濯機が壊れているかどうか、汚れているかどうか、どれぐらいの古さかなどによって、処分方法が変わってきます。

まだ買い取ってもらえる洗濯機であれば、できるだけお得な方法で買い取ってもらい、買い取ってもらえない洗濯機であれば、できるだけお得な方法で処分する方法を選択してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*