捨てたいけどどこへ持ち込めば良いか…粗大ごみはこう処分しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

粗大ごみを処分するのって、大変ですよね…

物によっては解体・分解しなければ家の外に出せなかったり、解体・分解をしても家の外に持って出ることが困難だったりします。

しかしそれらの問題より前に存在する“壁”…それが「どうやって粗大ごみを処分するか」という問題です。

お住まいの地域に長年住んでいらっしゃるのであれば、近くの粗大ごみ処理施設や粗大ゴミセンターをご存知かと思います。

しかし、例えば引っ越してきて間がなかったり、近くにあった処理施設が老朽化等でなくなってしまったりという場合だと、一体どこに持ち込めばいいかわからないという方もいらっしゃるかと思います。

また、あなたが捨てたい物が果たして粗大ごみとして捨てて良い物なのかが不安ということもあるかと思います。

今回のこの記事では、一体何が粗大ごみであって粗大ごみでないか、またどこに粗大ごみを持ち込めば処分してくれるかということについて、紹介していきたいと思います。

何が粗大ごみなのかは、自治体によって様々

何が粗大ごみなのかは、自治体によって様々

断言は難しい

「私の捨てたい物干し竿は粗大ごみ?」

「僕の捨てたい自転車の空気入れは粗大ごみ?それとも燃えないゴミ?」

「バイクのバッテリーって…何ゴミになるの?」

僕もそうですが、ゴミを捨てたいと思う時に必ずと言っていいほど陥ってしまうのが、「自分の捨てたい物は何ゴミに当てはまるのか?」ということです。

この記事で「これは◯◯ゴミ!」という風にひとつひとつ紹介していきたいという気持ちは山々なのですが、膨大な情報量になってしまう以前に、そもそも「ゴミの分別は市町村によって様々」という壁が立ち塞がります。

以前いくつかの自治体に粗大ごみとして捨てる物の基準について尋ねてみたことがありますが、どの自治体もおおよその大きさの基準は合っているにしても、やはり少しずつ違ったり差があったりします。(詳しくは「粗大ごみの他に手段は?いらないテーブルの3つの処分方法」「材質や形状で捨て方は変わる?」を参照してみてください。)

なぜ自治体によってゴミの分別が変わってくるかというと、自治体が所有しているごみの処理施設の処理能力の差が要因だと言われています。

分別の種類の多い・少ないはどうやって決まるか?

例えば東京都はゴミの分別が少ないと言われています。

なぜかと言うと、埋め立て処理場が不足しているということと、焼却所の焼却力が向上しているからです。

埋め立て処理場が不足するとゴミは燃やさざるを得なくなります。

そして焼却力が上がると、ダイオキシンを発生させずにプラスチックが焼却処分できるようになります。

つまりは焼却処理能力が高いので、ある程度燃やせるゴミとして収集しても焼却処理ができるということなのです。

さらに『サーマルリサイクル』といって、焼却時の熱を利用して発電などに利用できるようになりました。

サーマル・リサイクル

廃棄プラスチックなどの廃棄物を燃焼処理して発生する熱エネルギーを、発電や冷暖房、温水などの熱源に利用する方法。

出典:現代カタカナ語辞典

多くのごみ処理施設に温水プールやスポーツジム施設が併設されているのは、このことです。

そして東京都のゴミの分別が少ないもうひとつの理由が、「人件費」です。

東京は人口が多いのでゴミも多くなります。

それらを細かく分別するためには、ゴミ収集車も分別ゴミの種類に合わせてたくさん出さなければいけなくなります。

車をたくさん出すことになると、当然働いてもらう人の数も増えてしまうので、人件費が上がってしまいます。

だから東京都はゴミの分別を少なくすることで、ごみの処理に従事する人を少なくして人件費を減らしているのです。

逆に、僕がかつて住んでいた島根県浜田市は、非常にゴミの分別が細かく、かつ厳しかったです。

市から指定された袋には名前と住所を書いておかねば回収してもらえず、もし袋の中に分別とは違う物が入っていると、収集してくれず家の玄関先まで戻される始末でした。

そこまでゴミの分別が細かいということは、ゴミの焼却処理の能力があまり高くないということが考えられます。

粗大ごみはどうか?

燃やせるゴミや資源ごみの分別と同じように、粗大ごみも自治体によって差があります。

なので、「自分の捨てたい物は粗大ごみなのか違うのか?」ということについて一番早く知る方法は、お住まいの自治体のゴミや廃棄物に関する部署のホームページを見ることか、お住まいの自治体に直接問い合わせや連絡を取るということになると思います。

自治体のホームページには家庭ごみに関するページがあり、複雑なごみの分別や捨て方について事細かく説明がなされているので、参考になります。

そのホームページでもわからないことがあれば、ゴミを管理している部署に直接尋ねるという形になるでしょう。

尋ねにくい・聞きにくいかもしれませんが、これが確実な情報を早く知るための手段です。

粗大ごみを自治体の処理場に持ち込む場合

粗大ごみを自治体の処理場に持ち込む場合
あなたが捨てたい物が粗大ごみであると確認できたら、処理場に持ち込んで処理してもらう予約をすることになります。

「粗大ごみ受付センター」に電話をする

粗大ごみ受付センターやクリーンセンターなど、名称は自治体によって多少違うかもしれませんが、粗大ごみ受付センターといって粗大ごみの処理・処分の受付を一挙に担っているところがありますので、そこの連絡先に電話をして、粗大ごみの持ち込み(自己搬入)の予約をしましょう。

予約をする際に必要な情報は、持ち込みを希望する日、あなたの住所、あなたの名前、電話番号、ごみの品目とその個数です。

また、粗大ごみを載せてくる車によっては持ち込みができないことがありますので、予約申し込みの時に確認をするようにしましょう。

また、エアコンやテレビなどの家電4品目や、事業活動に伴って出るごみ等の持ち込みはできません。

必要な情報を伝え終わった後に、粗大ごみを持ち込む日、受付番号、粗大ごみを持ち込む施設が伝えられますので、必ずメモに控えておきましょう。

予約の時、もし持ち込む粗大ごみ処理施設の場所がわからないという方がいらっしゃるのであれば、このタイミングで場所を尋ねましょう。

インターネットで予約ができる自治体もありますが、その多くは最初の一回目は電話ででしか予約ができず、一度利用して二回目からはインターネット予約ができるようになります。

土地勘がなければ…

土地勘が無くて、どうしても粗大ごみ処理施設や粗大ごみセンターのある場所がわからないという方がいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、無理して粗大ごみを持って行くよりも、多少お金がかかりますが取りに来てもらった方が楽です。

多くの自治体の粗大ごみの収集は「持ち込み」と「戸別収集」があります。

どこにあるのかわからない粗大ごみ処理施設に、しかも限られた日時に持っていかなくてはならない「持ち込み」よりも、家の前に置いておくだけで取りに来てくれる「戸別収集」の方が楽に粗大ごみを処分できます。

戸別収集については「大きくて重たい…実家の片付けで出た粗大ごみの廃棄について」を参考にしてみてください。

なお自治体によっては、戸別収集のサービスが無い自治体もありますので、お気をつけください。

日時がどうしても合わない場合

日時がどうしても合わない場合
粗大ごみの処分方法の中では安い(自治体によっては無料のところもある)「持ち込み(自己搬入)」ですが、デメリットもあります。

ひとつは、予約の受付時間もゴミを粗大ごみ処理施設に搬入する時間も、かなり限定的になるということです。

基本的にはお役所仕事なので平日が休みで土日が休みという感じですが、祝祭日は受付をしていたり、日曜日でも第三日曜日だけ受付をしていたりと、自治体や粗大ごみ処理施設で様々です。

しかし、どうしても近くの粗大ごみ処理施設が受付をしている時間帯に持ち込みができないという場合があるかもしれません。

そんな時は、上の章で紹介した「戸別収集」のサービスを利用するか、民間の不用品回収業者を利用するという方法もあります。

民間の不用品回収業者を利用する

行政ではなく民間の不用品回収業者を利用する方法があります。

民間の業者なので、自治体の粗大ごみ処理施設などと比べたら受付をしている時間も長いので、粗大ごみ処理施設に持ち込む時間が無いという方も持ち込みができるかもしれません。

また、不用品回収業者は家にある不用品を回収・処分してくれるのが仕事ですから、無理に持ち込みをしなくても取りに来てくれます。

もっとも、不用品回収業者が回収しに来るよりも、自分で持ち込む方が安くはなるのですが。(それでも自治体の粗大ごみと比べたら料金は高いですが)

民間の不用品回収業者に持ち込むとなれば、探した不用品回収業者が直に持って行っても大丈夫かどうかを確認せねばなりません。

中には直接持ち込み禁止という業者もありますので、注意が必要です。

買い取ってくれる業者もいる

「ゴミを捨てるにはお金がかかる」という時代になって久しいですが、物によっては無料で処分ができたり、または買取をしてくれてお金を払うどころか逆にお金を得ることになる場合もあります。

世の中には需要があるものであれば、買い取ってくれたり無料で引き取ってくれる業者がいます。

例えば家電は、一般的に新品購入後5年までであればリサイクルショップ等の買取業者が買い取ってくれて、5年を超えた家電は買い取ってくれないということがあります。(その理由については「粗大ゴミでも大丈夫?意外と知らないパソコン廃棄の方法集」を参照してみてください。)

同じように家具も大量生産された汎用品は買取の対象にならず、デザイナーズ家具しか買取対象にならないということがあります。

しかし需要があれば、家電でも正確に5年以内ではないといけないですとか、家具もデザイナーズ家具でなければいけないなどという決まりはありません。

年式、デザイナーズものでも、需要がなければ引き取ってもくれませんし、需要があれば5年以内、デザイナーズ以外の家具などでも引き取ってくれたり、買取ってくれたりします。

資源として売る

それその物としては価値が無いけど、それを構成している素材や部品にまだ価値があるかもしれません。

例えば鉄やアルミなどの金属は、スクラップ屋さんに持っていけば◯円/1kgというような感じで買い取ってくれます。

エアコンの室外機をスクラップ屋さんに持っていったら、鉄を多用している物だから高く売れたという話があります。

また、携帯電話などの通信機器の中にあるレアメタルも、高い値段で買い取られます。

どうせ捨てる物であれば、お金を払って処分するのではなく、売って少なからずのお金を得る可能性もあるのです。

まとめ

実は僕も、自治体の粗大ごみ収集に「戸別収集」というサービスがあることを、最近になって知りました。

小さい頃に父親と一緒に粗大ごみを処理施設に持っていって処分してもらったことがあるので「持ち込み」の制度は知っていましたが、予約をして家の玄関先やアパートの前に出しておくだけで収集してくれるサービスがあることを最近になって知りました。

先日僕は小さい頃使っていた学習机を粗大ごみとして出したのですが、コンビニで粗大ゴミシールを1,500円で購入して戸別収集をしてもらいました。

僕の住んでいる自治体は持ち込みは手数料が無料で、戸別収集は粗大ゴミシールを買って貼っておく必要があるのですが、いくらタダでもわざわざ車を動かして粗大ごみ処理施設に粗大ごみを持って行くより、いくらか払って収集して貰った方が便利だと感じました。

粗大ごみの処分方法は自治体での処分だけでなく、様々な方法があります。

あなたの都合や考え方に合った方法を見つける参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*