粗大ゴミで捨てるのは面倒…ベッド・マットレスの賢い捨て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寝具って家具家財の中でも結構大きくて場所を取りますよね?

買う時はもちろん、捨てる時も大変な労力を要します。

特に捨てる時はどうやって捨てれば良いか、誰に頼めば良いかわからないという方が多いのではと思います。

実はこの度、僕が新しいベッドとマットレスを買うことになり、かつて使っていた金属製のロフトベッドとソファーベッド、そしてマットレスを処分することになりました。

最初は自治体の粗大ゴミ処分に出そうと思ったのですが…正直ベッドを解体するのは非常に面倒…

マットレスも切り刻むか折り畳んでゴミ袋に入れて燃えるゴミとして捨てようと思ったのですが、切り刻むのは面倒だしどう頑張ってもゴミ袋に入りませんでした…

しかも調べてみたところ、僕が使っていたマットレスは分厚いという理由で、自治体や不用品回収業者に処分を依頼してもお金がかかることがわかりました。

物の厚さ薄さによって、処分にお金がかかるマットレスとかからないマットレスがある…?

今この記事を読んでいる方の中でベッドやマットレスを捨てようとしていた方、このことご存知でしたか?

そもそもベッドやマットレスの処分の方法って、どういう方法があるのでしょうか?

そしてそれらの方法って、一体いくら払えば良いのでしょうか?

今回はベッドやマットレス・ベッドパッド等の寝具を捨てよう・処分しようと考えている方に、処分に関して知っておくべきことや、処分方法と費用についてや、不用品回収業者に依頼した場合の処分料金の調べ方について紹介していきます。

スポンサードリンク

厚さで変わるマットレスの処分料金の謎

厚さで変わるマットレスの処分料金の謎
「マットレスなんて布と綿くらいでできているのに、厚さで処分料金が変わるわけないだろ!」

実際僕はこう思いました。

でもマットレスの構造を知っていくと、そんなに単純な物ではないことに気付かされました。

中に◯◯が入っているかいないかの違い

質の高い睡眠を提供してくれるマットレスは、ただ単に布と綿だけでできているワケではありません。

マットレスの中に金属製のスプリングが入ることで、程よい弾力が加わり寝た時の体のラインに合うようになっているのです。

しかしマットレスを捨てる・処分するとなると、自治体でも不用品回収業者でもこのスプリングの有無で処分料金は変わってきます。

金属のスプリングが入っていないマットレスの場合、表面のカバーを剥がしていくだけで分別ができて捨てることができます。

しかし中にスプリングが入っているマットレスの場合は解体の手間が全く違い、労力が必要になってくるのです。

マットレスの中にスプリングが入っている場合は、全てのスプリングからスプリングを覆っているカバーをひとつひとつ剥がしていく必要があります。

マットレスの中にスプリングが入っている場合
※多くのベッドマットレスに入っているスプリング

ちなみに不用品回収業者の場合、中にスプリングが入っているマットレスと入っていないマットレスとでは、解体作業は1時間ほど余計にかかることになります。

となると中にスプリングが入っているマットレスの場合、金属と非金属に分ける時間と手間分の人件費がかかることになるのです。

すると必然的にマットレスの処分料金は自治体の粗大ゴミ代も不用品回収業者も問わず、

スプリングが入っているマットレス > スプリングが入っていないマットレス

となるのです。

さらに「コイル」と呼ばれるスプリングが連結された物が入っているマットレスになると、さらに分別に手間がかかり処分料金も高くなります。

スプリング(コイル)入りマットレス
※ベッドマットレスに入っているコイル

スプリング(コイル)入りマットレス > スプリング入りマットレス > スプリング無しマットレス

となります。

自治体に処分を依頼するのであれば、岡山市の場合だと、スプリング入りのマットレスだと処分するのに2,500円かかりますが、スプリングの入っていないマットレスの処分だと200円しかかからないのです。

なので自分が使っていたマットレスを処分するとなったら、そのマットレスにスプリングが入っているかいないかで処分料金が変わってくると思っておきましょう。

不用品回収業者に聞いたマットレスの処分料金

実際にマットレスの処分料金がどれくらいなのか、東京近辺を営業エリアにしている不用品回収業者3社に尋ねてみました。

シングルのマットレス単品の回収費用:
A社:7,992円(税込み)
B社:8,400円(税抜き)
C社:10,000円(税込み、単品回収ではなく一番小さな大きなのパック料金)

だいたいこれくらいの処分料金がかかるようです。

感じたのはマットレス単品での回収は割高で、例えばベッドやもう一枚マットレスも処分してもらうというように複数の物を一緒に処分した方が割安な感じがしました。

マットレスをゴミ袋に入れて捨てても良いのか?

マットレスをゴミ袋に入れて捨てても良いのか?
マットレスを燃えるゴミとして自治体指定のゴミ袋に入れて捨てられるかということなのですが、前の章で紹介した「中にスプリングが入っているかいないか」が大きな分かれ道となります。

中にスプリングが入っているマットレスは、折り畳んだぐらいでは一番大きなゴミ袋にも入らないでしょうし、じゃあ自分で分解して中のスプリングを除いて~というのは非常に面倒臭いと思います。

しかし中にスプリングが入っていないマットレスで分解して細かくできる物であれば、ゴミ袋に入れて処分することも可能です。

大きや・形状でベッド・マットレスの処分費用は変わるのか?

大きや・形状でベッド・マットレスの処分費用は変わるのか?
ベッドやマットレスの処分費用(業者さんの最終処分金額)は、大きさや重さで決まります。

例えばシングルベッドとダブルベッドの場合、処分する物の重さが違うし処分の手間も倍なので、純粋に処分料金が増えます。

また、ベッドやマットレスを運搬するトラックによって料金が違う場合があります。

例えばシングルベッドとダブルベッドを比較した場合、単純にダブルベッドの方が大きくて軽トラックに載らない可能性があるのです。

そうすると2tクラスの大きなトラックで運搬することになるのですが、1つ上のクラスのトラックを用意する関係で若干料金が変動する可能性はあります。

マットレスの処分方法

マットレスの処分方法
「分解したり切り刻むのは面倒だから普通に捨てよう」と考えている方に、安く処分する方法と早く処分する方法の2つを紹介します。

安価な方法

安くマットレスを紹介するのであれば自治体に依頼しましょう。

前の章でも紹介した通り、岡山市の場合だとスプリング入りのマットレスだと処分するのに2,500円、スプリングの入っていないマットレスの処分だと200円で処分してくれます。

ただ役所に収集の予約をしたり、その予約も自分自身の意向に沿う予定でなかったり、粗大ゴミシールを買ってきたり、クリーンセンターや粗大ゴミセンターに持ち込むのであれば平日の決められた時間内でなければならないと、かなり細かく面倒な制約が多いです。

またあなた自身の時間を多く必要とするので、そういったことをがデメリットに挙げられます。

早く処分したいなら…

長年に渡り使い続けてきたマットレスは、長年の汗やホコリをたくさん含んでいてお世辞にも清潔な物とは言えません。

お世話になってきた恩もあるでしょうが、処分せずにいつまでも置いていくのは衛生上あまりよろしくないでしょう。

早く処分するのであれば不用品回収業者に処分の依頼をするのが良いでしょう。

自治体のサービスのように制約が多かったり労力が必要なことはありません。

あなたのスケジュールや都合に合わせて回収処分をしに来てくれます。

不用品回収業者の処分相場の調べ方

不用品回収業者の処分相場の調べ方
面倒なことは避けたい、お金がかかっても良い、早く処分してしまいたいと思って不用品回収業者に処分を依頼しようと思っても、一体いくらかかるか見当がつかないという方もいらっしゃると思います。

そんな時は複数の不用品回収業者に電話で尋ねてみると、だいたいの相場がわかります。

例えば今回の僕のように金属製のロフトベッドとソファーベッドとマットレス1つ分を処分したいと思ったら、複数の不用品回収業者に実際にどれくらいで処分してくれるか尋ねてみるのです。

だいたい3~5社くらいから返ってきた料金の金額が、その地域の相場と思って良いでしょう。

自分でベッドを処分する方法

自分でベッドを処分する方法
マットレスならまだ自分で処分できるかもしれませんが、ベッドとなるとさらに難易度が上がります。

自治体に収集してもらうにしても、クリーンセンターや粗大ゴミセンターに持ち込むにしても、解体しなければなりませんし、解体した物を粗大ゴミ置き場まで運んだり車に載せなければなりません。

手間と労力を考えると、少し面倒に感じることでしょう。

ベッドは売れるのか?

ベッドを処分したいと思っている方の中には「ベッドなら売れるのでは」と思っている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、余程のブランド物のベッドでない限り売り物にはなりません。

特に木製のベッドは売れない傾向にあります。

中古のベッドの場合、「ほつれ、汚れ、へたれ」がある物は神経質な日本人には全く売れません。
※海外の方は「ほつれ、汚れ、へたれ」があっても、安ければ日本人よりも買うことが多いです。

しかもベッドはその大きさゆえ売り場を占領してしまうので、売り場を占領してしまう物を取り扱うよりは、回転率が良く高く売れる別の商品を取り扱った方がリサイクルショップとしては効率が良いとされています。

ということで、買取業者やリサイクルショップの場合ベッドの買い取りはかなり慎重になります。

ただ鉄などの金属でできたベッドになると少し話は変わります。

金属でできたベッドはベッドその物としてはもう売れないかもしれませんが、鉄などの金属を集めているスクラップ屋さんに直接持って行くと、鉄という材質として買い取ってくれるかもしれません。

まとめ

ベッドやマットレスは大きくて重たくて自分の力では処分が難しいと感じました。

しかし金属製のロフトベッドはお金になりそうなので、解体して木でできているベッドヘッドの部分だけ除いて、友人の軽トラックを借りてスクラップ屋さんに持って行くことにしました。

残りのソファーベッドとマットレスに関しては、ある不用品回収業者さんが一台の軽トラックに両方積めるということで処分してもらうことにしました。

普通だとあまり処分する機会の無いベッドやマットレス、しかも売ることも難しそうですし自分の力で処分するのも大変だと感じました。

ベッドやマットレスを処分しようと考えている方にはぜひ参考にしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*