冷蔵庫を最安で安全に引き取りしてもらえる3つの方法

冷蔵庫を最安で安全に引き取りしてもらえる3つの方法

自宅にある『冷蔵庫の処分』に、お困りではありませんか?

「冷蔵庫の処分は面倒くさそう」
「安く引き取ってもらえないのかな・・・」
「大きな冷蔵庫を自分で運びおろしってできるの?」

と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

もう使わないならなおさら、できれば面倒なく片付けてしまいたいですよね。

今回紹介する方法を実践すれば、『初めて冷蔵庫を捨てる人』でも、『安く引き取ってもらうことができる』ようになります。

また、『手間なく捨てる方法』も解説するので、複数の手段からご自身に合った処分方法を『選んで』処分することができるようになります。

冷蔵庫をお得に引き取ってもらうには、『コツ』があるので、それさえ押さえてしまえば、あなたに合った最適な引き取り方法が見つかりますよ!

もちろん、「安く捨てたい!」という希望も、叶えることができます!

この記事では、「少しでも安く冷蔵庫を処分したい!」という人のために、『安く引き取りしてもらうコツ3選』をお伝えします。

また、『冷蔵庫の引き取りにおける悩み』もあわせてご案内します。

冷蔵庫を安く処分するには手間が必ずかかります。

そこで、丸投げで捨てることができる『回収業者の利用』についても、『相場』と『メリット』をあわせて解説しますね。

今後、どんな状態の冷蔵庫であろうとも、引き取りにあたって困ることはなくなります。

『安く引き取りをしてもらう際のデメリット』も知ることができるので、自分のシチュエーションに応じて、最も利点の多い手段を選ぶことができるようになります。

是非、最後までご覧ください!

冷蔵庫を安く引き取りしてもらう3つの方法

いらなくなってしまった冷蔵庫を『安く引き取りしてもらう3つの方法』を紹介します。

冷蔵庫を安く引き取ってもらう方法はたくさんありますが、特にこれから紹介する3つの方法を試して頂ければ、『安全に確実に』手放すことができます。

具体的には、あなたにメリットが大きい順に次の3つです。

  1. リサイクルショップに買取に出す
  2. 家電量販店に引き取り依頼
  3. リサイクル券を購入して行政処分

詳しく解説しますね。

リサイクルショップに買取に出す

『リサイクルショップに買取に出す』と、処分費の支払いではなく、買取価格という収入が得られるため、最も大きなメリットがあります。

査定に出した冷蔵庫が、店側から再販できると判断されると、『1000円~10,000円程度』で売ることができるんです。

買い取り依頼をする場合は、『大手のリサイクルショップ』『個人で経営しているリサイクル店』を上手に使い分けるのがコツです。

【大手リサイクルショップ】

  • 『出張買い取り』を行っており、利便性は高い
  • 冷蔵庫の年式が新しく状態がキレイと、かなり買い取りラインは厳しい

※例:ハードオフ、トレジャーファクトリー

【個人で経営しているリサイクル店】

  • 大手のフランチャイズ会社と違い、融通が利くため、少しでもお金になる可能性が高い

冷蔵庫の買取価格は、『メーカー』『型番』『使用年数』『劣化度』などによって異なります。

詳しくは、『冷蔵庫を高額買取りのために知っておきたい需要実態と買取り相場価格』で解説していますので、あわせてご確認くださいね!

家電量販店に引き取り依頼

新しく冷蔵庫を購入する際に、『家電量販店に引き取り依頼』をすると、面倒な手続きなく、『約5,000円』で冷蔵庫を手放すことができます。

リサイクルショップのように、引き取ってくれるかわからないという不安もありませんし、行政処分のように複雑な手続きを踏む必要もありません。

冷蔵庫の購入を決めた際に、持ち込んだ古い冷蔵庫を引き渡して、新しい冷蔵庫と交換するような作業になるので、『購入』『処分』の二度手間なく、1度ですべてが片付くんです。

買った冷蔵庫を家まで配送してもらう場合は、配送してもらった際に、古い冷蔵庫を同時に引き取ってもらうこともできますので、訪問引き取りなら運び出しの手間も一切ありませんね。

たとえば、大手家電量販店のエディオンでは、『店舗への持ち込み』か『訪問での引き取り』が可能で、次のような料金設定となっています。

【店舗への持ちこみの場合】
店舗への持ち込みの場合、リサイクル料金(3,672円~4,644円)+収集・運搬料金(1,080円)で引き取りが可能です。

【訪問での引き取りの場合】
リサイクル料金(3,672円~4,644円)+収集・運搬料金(2,160円)がかかります。

持ち込みの方が、安く済みますね。

ショップごとに料金体系は異なりますので、訪問引き取りの場合に、運搬費がかからないお店もあるようです。

買い替えの時は、処分する冷蔵庫のことも視野に、お店を検討するのが得策です。

リサイクル券を購入して行政処分

とにかくどこよりも『安全に』冷蔵庫を処分したいなら、リサイクル券を購入して『行政処分』しましょう。

回収時に『管理票』という「適切な処分をしましたよ」という証明書を貰えるので、処分後のトラブルは一切なく、さらに回収費用の一部を国からの税金でまかなっているので費用は安めです。

リサイクルショップで買取できず、家電量販店では処分料金に「納得いかない!」と感じたり、「購入予定がなく引き取りのみは不可だった」なら、最終手段として検討してみましょう。

例えば、容量170L以下の冷蔵庫でしたら、1台あたり『約4,000円』程度で引き取りが叶います。

【行政処分の主な流れ】

  1. お住まいの自治体が冷蔵庫の廃棄に対応しているか確認
    (参照:https://goo.gl/KkdeR6
  2. 家電リサイクル券に記入必須事項の確認
  3. 家電リサイクル券に必須事項を記入
  4. リサイクル料金の振込(ゆうちょ銀行のみ)
  5. 指定場所へ廃棄or持込

安く処分しようとした場合のデメリット

安く処分しようとした場合のデメリットについて紹介します。

冷蔵庫は、『搬出作業』や『冷蔵庫本体の引き渡し準備』など、処分前の段階で手間や悩みが多々発生します。

自分で処分することで安く処分はできますが、その分『一人で解決しなければならないこと』が増えてしまうんです。

「どうしよう・・・」
「これで合ってるのかな?」

と迷っている時ほど行動できていない、という経験はあなたもありませんか?

悩んでいる間に、処分しなければいけない『タイムリミット』を迎えてしまうこともしばしば…

  1. 怪我をする可能性がある
  2. 時間がかかる
  3. 周りを傷つけてしまうことがある

3つのデメリットについて、詳しく解説しますね。

怪我をする可能性がある

大型冷蔵庫や、重量がある冷蔵庫は、運び出す際に、怪我をする可能性があります。

ファミリータイプの冷蔵庫は、90kg以上あるものがほとんどなので、一般男性でも一人で搬出作業は困難を極めます。

「手を滑らせて足の上に落としてしまう」という危険性もあるんですね。

時間がかかる

捨てるまでに時間がかかってしまうのも、悩みどころです。

買い取りに出すと『リサイクルショップでの見積もり』が、家電量販店での引き取りでは『予約待ち』が、行政処分では『リサイクル券の購入の手続き』が必要になり、手間をとられてしまうんです。

一生に何度も頻繁に捨てるようなものではないので、よくわからない…という手さぐりの中では、さらに『調べる』必要まで生じます。

捨てるにも売るにも、完全に手放せるまでには、過程が多く、かなりの時間を要してしまうんですね。

周りを傷つけてしまうことがある

慣れない運び出し作業で、周りを傷つけてしまうことがあります。

大型冷蔵庫なら90kg以上、200L以下の小型冷蔵庫でも30kg~40kgあるので、引きずったりぶつけたりしてしまって、壁や床を損傷してしまう可能性が高いんです。

賃貸の部屋からの運び出しだと、「傷をつけてしまったら退去時に修繕費用を払わなければいけない…」ですよね。

プロですら保険に入って、もしものアクシデントに対応できるよう備えるのですから、作業に慣れない人間が行うことで思わぬ事態に陥ることは、どんなに気を付けても0にはできません。

安く捨てられる方法ではありますが、デメリットも存在するのが実情です。

「すべて自分で!」と最初から手段を狭めず、回収業者の利用も選択肢に入れておくと、自分にとって一番後悔のない決断をするうえでは、より良いですよ。

回収業者についても視野に入れるなら、知っておきたいのは『相場料金』です。

最終手段は回収業者に…知っておきたい料金相場

最終手段で回収業者の冷蔵庫を引き取ってもらうための料金相場は、『9,000円~15,000円』が一般的です。

料金は、大きく分けて『基本料金(車両代)』『回収料金』『オプション料金』の3つから構成されます。

オプション料金は、『作業員追加』『階段搬出』『搬出後の清掃』など、追加料金にあたる部分です。

相場料金は、不法投棄をしない優良な回収業者へ依頼するための指標になってくれます。

もしも、相場料金から外れた業者に依頼してしまうと、悪質業者だった場合、次のようなトラブルに巻き込まれる危険があります。

  • 請求時に事前に聞いていたのと違う突然法外な高額請求を迫られる
  • 後からあとから理由をつけて追加料金でぼったくられる
  • 回収物を知らないところで不法投棄されてしまう

相場価格から高すぎず安過ぎない料金設定の業者を利用することが、非常に大切ですね。

安く済ませられるという1つのメリットが、デメリットに大きく上回われてしまえば、結果的に損をしてしまいます。

3つの不安要素を前に、「自分ではできないかも…」と感じたら、優良な業者での処分も検討してみましょう。

まとめ

今回は、『冷蔵庫の引き取り』について、複数のお得な方法を紹介してきました。

安く引き取りをしてもらうには、『買取に出す』『購入時に電気屋に渡す』『行政処分をする』の3つのどれかを選択することが大切です。

ただし、費用を抑えられる分、『怪我の危険・時間がかかる・周りに傷をつける』というデメリットが介在します。

自分が運び出して捨てるまでに、安く済ませる以上のデメリットが存在しないか、よく検討し、念のため回収業者の利用も視野に入れておくのがベストです。

もしも、あなたが日々多忙な生活を送っているなら、回収業者を利用すると、料金は高いですが、『スムーズに』処分ができます。

『希望日時で』『作業は丸投げ』でき、『冷蔵庫を撤去した後の簡易清掃や害虫駆除』にも応じてもらえます。

回収業者の引き取り料金は、『9,000円~15,000円』くらいが目安です。

複数の処分の手段が得られたあなたは、もう冷蔵庫の処分に当たって悩むことはありませんね。

『安さ』を取るか、お金を払って『楽』を取るか、両天秤にかけて、あなたの好みで選ぶことができるようになっています。

ぜひ、今回の記事を参考にしていただくことで、あなたのこれからの冷蔵庫処分がより良いものになることを願っています。


片付け業者を無料で紹介します

片付け110番では、遺品整理、お部屋の掃除・片付け、粗大ごみの処分でお困りの方へ、片付け110番の一定の基準を満たした片付け業者を、電話一本ですべて解決できるよう紹介しております。

・立ち合い不要
・365日年中無休
・最大1億円の賠償責任保険加入

ご依頼希望の方は今すぐお電話もしくはメールフォームにてご相談ください。