ピアノは重たくて運びにくいですよね?あなたにおすすめの処分方法を紹介します!

 弾かなくなったピアノを処分したいという方はいませんか?しかし、大きな楽器なので「処分の方法が分からない」「自分だけじゃ運びだせない」など、それぞれに事情もあるでしょう。
 処分方法は5つあります。重いものが多いため、おすすめする回収業者に依頼する方法からご紹介いたします。

日本
全国
対応可

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

ご予算内の相談可

クレジット対応

1億円賠償保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。

今すぐご相談ください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ


ピアノの種類別処分費用相場

ピアノの種類別処分費用相場
 ピアノの種類によって費用が異なるので、ここではピアノの種類別・処分費用相場をまとめました。(費用は不用品回収業者5社の情報をもとに平均を独自に算出)

グランドピアノの処分費用相場

グランドピアノの処分費用相場
 グランドピアノは、重量が250〜400kgほどもある大型楽器なので費用も高くなりがちです。アップライトピアノや電子ピアノに比べて、大きさもあり重いので、運搬する作業員の人数も多めに必要になります。
 例えば、400kgのグランドピアノを運送する場合、作業員は4名程度必要です。また、クレーン車を利用して2階の窓から搬出したり、ピアノを解体して搬出したりする場合は、特殊作業費が別途必要になるケースもあります。

グランドピアノ処分費用 50,000円程度

※上記は特殊作業費なしでグランドピアノを処分した場合の料金相場です。

アップライトピアノの処分費用相場

アップライトピアノの処分費用相場
 アップライトピアノは、重量が200~250kg程度なので、グランドピアノと比べると処分費用も安いです。重量200kg程度のアップライトピアノなら、搬出に必要な作業員は2-3名ほどになります。

アップライトピアノ処分費用 30,000円程度

※上記は特殊作業費なしでアップライトピアノを処分した場合の料金相場です。

電子ピアノの処分費用相場

電子ピアノの処分費用相場
 電子ピアノは、重量が40〜80kg程度とグランドピアノやアップライトピアノに比べると軽いため運送・搬出もラクにできます。電子ピアノならモデルによっては1人でも運べるため、人件費がかかりにくい点がメリットです。そのため、処分費用もグランドピアノの半額程度で済みます。

方法1)不用品回収業者に処分を依頼する

 ピアノを確実に手間なく処分したいのなら、不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。費用はかかりますが、不用品回収業者ならピアノの種類やメーカー、破損具合を問わず処分ができます。希望日時に自宅まで引き取りに来てくれるため、急いで処分したい方にも向いています。

片付け110番回収事例

片付け110番回収事例

BEFORE

片付け110番回収事例

AFTER

回収内容 アップライトピアノ
実際の作業料金(税込) 20,900円
お客様のご要望 指定日時までに連絡希望
担当のコメント アップライトピアノの処分でお困りのお客様からご相談いただきました。実際に見にきてくれた為、依頼しようと思って頂けたようです。実際にご利用いただき、「親切にしてもらって良かった。100点!」とのとてもうれしいお言葉をいただくことができました。今後とも、より良いサービスが提供できるよう、励んでまいりたいと思います。
片付け110番に依頼される前は、どんなことで悩んでいましたか?
どこに頼めばいいか、どんな会社があるかなわからなかった
片付け110番を知ってすぐに依頼しようと思いましたか?もしそうでなかった場合は、どのような不安がありましたか?
レビューを読んて、依頼してみようと思った
色々なサービスがある中で、何が決め手となって片付け110番に依頼されましたか?
実際にみにきてくれたから
実際にご利用になっていかがでしたか?
親切にしてもらって良かった
最後にサービスの点数を教えてください!
100

日本
全国
対応可

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

ご予算内の相談可

クレジット対応

1億円賠償保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。

今すぐご相談ください!

フリーダイヤルでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ


ピアノ処分業者を選ぶポイント

ピアノ処分業者を選ぶポイント
 後々、業者とのトラブルで後悔しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント(1)賠償責任保険に加入しているか

 重いピアノを搬出・運送する作業は危険を伴うこともあります。そのため、万が一事故が起こった時のために賠償責任保険に加入している業者を選びましょう。

ポイント(2)実績や口コミがよいか

 業者の公式サイトには、これまでの実績や口コミが紹介されているケースもあります。実績豊富で、依頼した人の満足度も高い業者に依頼すれば、自分も納得のできる作業をしてもらえる可能性が高いでしょう。

ピアノを処分するその他の方法

ピアノを処分する5つの方法
 回収業者以外でのそのほか4つの方法もご紹介いたします。

方法2)自治体の粗大ごみ回収で処分する

 電子ピアノは、自治体の粗大ごみとして2,000円程度の費用で回収してもらえます。グランドピアノやアップライトピアノは、ピアノ線や大きさの関係から、自治体で回収をしてもらえない可能性があります。ただし、粗大ごみとして取り扱っていなくても、自治体がピアノの処分ができる「一般廃棄物収集運搬業者」の免許を持った不用品業者を紹介してくれる場合はあります。そのため、処分したいピアノの種類がグランドピアノやアップライトピアノだったとしても、まずはお住まいの地域の自治体や粗大ごみセンターに問い合わせてみるようにしましょう。

参考:粗大ごみ収集受付システム|大阪市
参考:粗大ごみ受付センター|東京都練馬区

電子ピアノ自治体持ち込み処分予約体験記

 中国地方のある地域で実際に予約申し込みにトライしました。WEBからメールアドレスを入力し、送信。届いたメールに記載のURLをタップすると、個人情報入力画面になり、2分ほどで入力を終えました。続いて処分品項目の選択です。「ピアノ」と入力すると「オルガン」と表示されました。ピアノは処分できないのか心配になりましたが、「説明」というボタンをタップしたところ、オルガンという項目内でエレクトーンや電子ピアノが収集対象になっていることがわかりました。アップライトピアノやグランドピアノは収集不可のようですが、電子ピアノは捨てられそうです。持ち込めばこの地域の場合費用も0円と無料処分が可能です!点数を入力し最後に持ち込み予約日をカレンダーから選択します。今は5月のゴールデンウイークあけで、引っ越しシーズンも落ち着いているはずですので、近い日程で予約できるかと思いましたが、直近一週間は予約がいっぱい、土日は受付していないことがわかりました。即日で処分するのは難しそうです。電子ピアノであれば軽いので自分で搬出して持ち込むのは問題なさそうですが、収集対象外のアップライトピアノやグランドピアノは重たいうえ引き取りもしてもらえないので、自治体処分は利用できず、かなり難航しそうです。試しにインターネットで自治体が提供している指定回収業者一覧なるものを確認してみましたが、業者名と拠点住所と電話番号が記されているだけで、料金体系やどんな会社なのかもわからず、依頼するにも不安が募りました。

方法3)ピアノ買い取り業者を利用して処分する

 ピアノを無料で処分したい場合は、ピアノ買取業者を利用することをおすすめします。買取業者ごとに欲しいピアノメーカーが違うため、1社に断られても別の業者なら買い取ってもらえる可能性もあります。ピアノを買取業者に査定してもらう際は、「ピアノのメーカー」「型番」「製造番号」の情報が必要になるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。「損傷や劣化がひどいピアノ」「相場価格が低すぎるピアノ」は、値段がつかない場合があります。値段がつかない場合は不用品回収業者や自治体の粗大ごみ回収で処分する方法を考えましょう。

取材記録

 とある買い取り業者に電話で確認したところ、「ヤマハ、カワイ」のピアノは買取需要が高いとの回答を得ました。ただし、音が鳴らないなど劣化の激しいものは買取が難しくなるそうです。電子ピアノは、製造から7,8年以内が買取の基準になるとのことでした(おそらくメーカー保証が約8年間のものが多いためと思われます)。

方法4)ネットオークションやフリマアプリに出品して処分する

 ネットオークションやフリマアプリにピアノを出品して処分することもできます。ピアノの運送料や搬出料は購入者が負担するため、処分費用を抑えられます。買い手がつくまでに時間はかかりますが、無料でピアノを処分できるだけでなく、高値で売れる可能性もあるので、急いでいない方におすすめです。

方法5)友人や親戚に無料で譲って処分する

 友人や親戚に無料で譲って処分する方法もおすすめです。とくに電子ピアノは、需要もあり、1人で搬出・運送ができる重量なので、気軽にやり取りができます。運送距離が長い場合だけ、その分の費用を相手にもってもらえばよいので、無料でピアノを処分したい方は、友人や親戚に譲るのも検討してみましょう。

まとめ

まとめ
 ピアノは重量や大きさもあるので、1人で処分するのは大変です。
とくにグランドピアノとアップライトピアノは搬出に人数が必要なので、人件費のことも考えて予算を組む必要があります。ピアノの買い取り業者やネットオークション、フリマアプリなどで買い取ってもらえれば一番よいですが、劣化や損傷により無理な場合は不用品回収業者がおすすめです。お金はかかりますが、希望日に合わせて手間なくお任せできちんと処分してくれるため、忙しくて時間がない方でも手軽に処分ができます。本記事でピアノを処分する方法を5つ詳しく解説しているので、ぜひ自分に合った方法をみつけてピアノを処分してみてください。