粗大ゴミでも大丈夫?意外と知らないパソコン廃棄の方法集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕の伯父は昔からパソコンを作ることが好きで、かなり昔からいわゆる「自作PC」を数多く作ってきました。

でも作ったパソコンは誰かに売ったりあげたりすることが目的ではなかったので、全てが家の中にある状態なのです。

またノートパソコンも定期的に購入していたので、これもかなりの量が家の中にある状態です。

しかし家の容量も限りがあり、たくさんのパソコン達が居住空間を圧迫するようになってきたので処分しようと思ったのですが…

これまでパソコンを作ることだけに夢中だった伯父は、パソコンのゴミ処分の方法は全く知らなくて困っているのだそうです。

確かにパソコンって買うことはあっても処分することってあまりないですよね?

今この記事をお読みのあなたも、ノートパソコンやデスクトップ型パソコンなどの処分の方法でお困りなのでは?

今回はパソコンの処分の方法について、これぞスタンダードという方法からちょっと変わった方法、廃棄予定のパソコンをお金にする方法などを紹介していきます。

資源有効利用促進法について

まずはメーカーが処分してくれるか確認

パソコンの処分のまず初めは、その捨てる予定のパソコンのメーカーが処分してくれるかどうか確認することです。

なぜパソコンのメーカーに処分の問い合わせをするかと言うと、「資源有効利用促進法」という法律で国がメーカーにパソコンの処分・リサイクルを義務付けているからです。

資源有効利用促進法

循環型社会の形成を目指して、廃棄物のリデュース(発生抑制)、リユース(再利用)、リサイクル(再利用)の指針を定めた法律。

正式名称は「資源の有効な利用の促進に関する法律」。

改正リサイクル法とも呼ばれる。2001年4月に施行された。

パソコンは指定省資源化製品にされており、不要になったパソコンは事業者(パソコンメーカー)が回収する。

2003年4月には資源有効利用促進法の省令が改正され、同年10月からパソコンメーカーに対して家庭向けパソコンの回収・リサイクルサービスの提供が義務付けられた。

「じゃあメーカーはいくらで処分してくれるの?」という話になるのですが、これは廃棄予定のパソコンにPCリサイクルマークが貼られてあるパソコンについては無料です。

PCリサイクルマーク
※PCリサイクルマーク

PCリサイクルマークが貼られているパソコンの場合、まずはメーカーのHP等でリサイクルの申し込みをし、次にパソコンを梱包してメーカーから送られてくる「エコゆうパック伝票」を貼って、最後に郵便局に持ち込むか集荷を待って発送します。

そうすれば無料でメーカーがパソコンをリサイクル処分してくれるのです。

無料じゃない場合もある

実はパソコンによっては無料処分ではない物が2つあります。

ひとつはPCリサイクルマークが貼られていないパソコン、もうひとつはメーカーが既に倒産などして無くなってしまったパソコンです。

PCリサイクルマークが貼られていなくても製造メーカーがあるパソコンについてはメーカーに送れば有料で処分してくれます。

料金はメーカーによって異なります。

例えば富士通だとノートパソコン本体・デスクトップパソコン本体・液晶ディスプレイ/液晶一体型パソコンは3,240円、ディスプレイ/CRT一体型パソコンは4,320円となっています。

また、メーカーが倒産などして無くなってしまったパソコンに関しては「パソコン3R推進協会」というところに送れば処分をしてくれるのですが、有料での処分になります。

料金の目安はノートパソコン本体・デスクトップパソコン本体・液晶ディスプレイ/液晶一体型パソコンは4,000円、ブラウン管(CRT)ディスプレイ/CRT一体型パソコンは5,000円かかります。

どちらも回収は全国の郵便局が窓口となり、郵便局の窓口に廃棄パソコンを持ち込むか、メーカーから届く「エコゆうパック伝票」に記載されている郵便局に電話し希望日を伝えると、郵便局の人が家まで集荷に来てくれます。

そこから再処理工場へと運ばれ、リサイクルされるのです。

粗大ごみとして捨てられるパソコンもある

上の「PCリサイクルマーク」が付いていないパソコンを、粗大ゴミとして受け入れてくれる自治体もあります。

例えば岡山県倉敷市の場合、ノートPC本体・デスクトップPC本体・キーボード等を環境センターに持ち込む場合は100円、戸別収集の場合は200円です。

(この場合の持ち込みというのはパソコンを廃棄したい人が直接環境センターに持って行くこと、戸別回収とは自治体に電話予約をした後に自治体が日時と収集場所をしてくるので、その時その場所にパソコンを持って行くことです。)

パソコンのディスプレイの場合だと環境センターに持ち込む場合は100円、戸別収集の場合は600円です。

反対にそのような自治体は、PCリサイクルマークがついているパソコンは粗大ゴミとして受け入れてくれません。

詳しくはお住まいの自治体のホームページか、直接問い合わせをしてみましょう。

まだ捨てないで!売れるかもしれないパーツ

まだ捨てないで!売れるかもしれないパーツ
「さあじゃあパソコンを捨てようか」

でもちょっと待って下さい。

メーカーやパソコン3R推進協会や自治体でお金を払って処分する前に、売れる物だったら売ってお金にしておいた方が良いとは思いませんか?

例えば電源や電源ユニット、デスクトップパソコンの本体を覆っているPCケースが鉄製なら売れるでしょう。

鉄製PCケースが売れるというより、自作のパソコンはメーカーやパソコン3R推進協会や自治体では取り合ってくれないかもしれないので、スクラップ工場へ持っていって売ると良いと思います。

また、マザーボードに使われている金属にはレアメタルが含まれているので売れるでしょう。

他にもメモリ・HDD・CPUなどの部品も売れないことはありませんが、新品でも値下がりしてしまっているので、パソコンをバラバラにしてまで売るメリットは少ないです。

これから捨てようとしているパソコンが新品で購入してまだ2年経っていないパソコンであれば、初期化してインターネットオークションで販売することができます。

捨てる予定のパソコンがmacのパソコンの場合は、値下がりしにくいのでのインターネットオークションで相場を見てみると価値の有無がわかり売れるかどうかがわかると思います。

大事なデータを消去する方法

大事なデータを消去する方法
パソコンを廃棄処分する際に気をつけなければならないのが、データの消去です。

パソコンは会社や家庭などいろいろな場所でいろいろな用途に使われています。

これらのパソコンの中のハードディスクという記憶装置に、自分本人やお客様の個人情報や会社の重要なデータが記録されています。

知らない間に個人情報流出してしまう…
と考えるとゾッとしますよね。

なのでパソコンを廃棄処分するときには、これらの重要なデータを消去するということが必要なのです。

いくら大した情報が入っていないと言っても、誰がその情報に価値があると感じて欲しがるかわからないので、そんなパソコンでもキッチリデータの消去をしておくことをオススメします。

簡単なデータ消去法

まずは誰でもできる簡単なデータ消去法を紹介します。

データを消去するまず初めの一歩は、いらないと思うデータを「ごみ箱」の中に入れましょう。

そして「ごみ箱を空にする」でごみ箱の中のデータを消します。

そしてパソコンを買った時のソフトで初期化して、付属のリカバリーCDを使って工場出荷状態にします。

この作業はパソコンに詳しくない方でも出来る方法ですので、まずはチャレンジしてみましょう。

データは消えたけど安心はできない…

工場の出荷の時の状態になったものの、本当はハードディスク内に記録されたデータのファイル管理情報が変更されるだけで、実際はデータが見えなくなっているだけの場合があります。

この場合データが消去されたように見えますが、それらのデータを呼び出す処理ができなくなっただけで本来は残っているという状態にあるのです。

ということで特殊なデータ回復のための特殊なソフトウェアを利用すれば、これらのデータを読みとることが可能な場合があります。

このため、悪意のある人により、このパソコンのハードディスク内の重要なデータが読みとられ、予期しない用途に利用される恐れがあります。

データを消去する専用のソフトがある

消去したものの一見見えなくなっただけのパソコンのデータを、消去するためのソフトが存在します。

消去、というよりも「別のデータを上書きする」という表現の方がふさわしいと思います。

こういったソフトを利用することで、二度とデータが復元できなくなります。

専用ソフトには有料の物と無料の物があるのですが、ここでは無料の物を紹介しておきましょう。

DESTROY

DESTROYは世界最高基準のレベルに値するデータの消去ができるソフトと言われています。

しかし使用するのが少々難しいと言われています。

なので「初心者向け DESTROYの使い方」を参考にしていただけたらと思います。

DESTROYのインストールはコチラ
http://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se196626.html

File Shredder

こちらも同じようなデータ消去ソフトです。

無料のHDD完全消去ソフトFile Shredderを使ってみる」を参考にしていただけたらと思います。

File Shredderのインストールはコチラ
http://www.fileshredder.org/

CCleaner

パソコン内の不要なデータを手軽に削除できるシステムクリーナーソフトです。

“Adobe Reader”や“Office”などのアプリケーションや不要ファイルも削除が可能です。

CCleanerのインストールはコチラ
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ccleaner/

どんな悪い奴があなたのデータをどう悪用するかわからないので、このようなソフトを使ってデータを消去して処分することをオススメします。

データの消去については「【注意】パソコンを不用品として処分回収する前にするべきこと」で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

他のパソコンの処分方法

他のパソコンの処分方法
メーカーやパソコン3R推進協会や自治体でお金を払って処分する方法や、スクラップ屋さんに持って行って売るという方法以外に、何か方法は無いのでしょうか?

専門業者に依頼する

パソコンの廃棄を専門としている業者さんが存在します。

送料だけ払って送ったり持ち込んだりすると、無料もしくは有料で廃棄を引き受けてくれますし、データの消去もキッチリしてくれる業者さんも多いです。
※全てというわけではないと思いますが…。

ただ業者さんによってはCRTモニターや液晶モニター、CRT一体型パソコンなど引き受けてくれない物もあるので注意が必要です。

不用品回収業者に依頼する

不用品なら何でも回収してくれる不用品回収業者(ゴミ回収業者)に依頼するのも良いと思います。

不用品回収業者だと引き受けられない物があまり無いので、自作のパソコンをごっそり回収してくれるかもしれません。

不用品回収業者ならどんな業者でも良いかというと、悪徳業者がいて回収したパソコンを悪用する可能性があるので注意する必要があります。

事前にデータの消去も依頼できるかを聞いておいたほうがいいですね。

また、悪徳不用品回収業者の見分け方は「【注意】不用品回収で知っておくべき、違法行為と無許可の真実」を、優良な不用品回収業者の見つけ方は「大掃除で頼むかも!?優良な不用品回収業者を見つける方法」を参考にしてみてください。

ただいずれの方法にせよ、データの消去は十分すぎるくらいしておいた方が良いと思います。

まとめ

伯父はとにかくデータが流れるのが嫌だと思ったため、データの消去はできる限り入念にして、PCリサイクルマークが付いている物はメーカーへ、ついていない物はパソコン廃棄の専門業者へ、自作デスクトップの本体はスクラップ屋さんへ、CRTは不用品回収業者さんに回収してもらいました。

パソコンにはやはりいろいろなデータが入っているので、十二分に気をつけて廃棄処分したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*