大阪市に住んでいる友人の引っ越しが決まりました。結構長く住んでいたので、テーブルやベッドや布団、テレビなどの大物が不要となりました。新しい場所では新しい物を買う予定…。

小さな物ならゴミ袋に入れて捨てられますが、大物=粗大ゴミとなると簡単に捨てられません。いざ捨てたい!と思ったのですが、「大阪市ではどうやって粗大ゴミを捨てるのだろう?」と困ってしまった友人。

ゴミの処分方法については燃えるゴミ・燃えないゴミ同様、粗大ゴミについても各自治体で捨て方が異なっていますよね。

そこで、大阪市での粗大ゴミの処分方法、料金、メリットやデメリットなどを徹底的に調べました。

今、目の前にあるゴミの分類は粗大ゴミとなるのか?粗大ゴミだとしたらどうやって捨てたら良いのか?捨てるのに料金はどのくらいかかるのか?など、アナタの粗大ゴミの悩みをすべて解決してくれるでしょう。

ぜひ最後までお読みください!

以下の区もすべて同様の内容で粗大ごみを処分することが可能です。 北区都島区福島区此花区中央区西区港区大正区天王寺区浪速区西淀川区淀川区東淀川区東成区生野区旭区城東区鶴見区阿倍野区住之江区住吉区東住吉区平野区西成区


即日
片付け
可能

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

女性スタッフ対応

クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。
今すぐご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

大阪市での粗大ゴミとは?

大阪市のゴミの区分は、『普通ゴミ・資源ゴミ・容器包装プラスチック・古紙・衣類・粗大ゴミ』となっています。

もちろん粗大ゴミにならないゴミもあります。そこで、大阪市での粗大ゴミとなるゴミ・粗大ゴミとならないゴミについて詳しく説明します。

粗大ゴミとなるゴミ

大阪市での粗大ゴミとは、以下の3つに該当するモノを言います。

1:最大の辺または径が30cmを超えるもの
2:棒状で1mを超えるもの
3:引っ越しなどで一時的に多量に出されるごみ

上記の基準で行くと、気になっていた台所にあった古いフライパンは粗大ゴミではありません。布団は粗大ゴミ。など、捨てたいものの分類からはじまり、粗大ゴミが何であるかを把握します。

粗大ゴミとならないゴミ

粗大ゴミにならないゴミを出しても回収してくれませんので正しく出したいですよね。そこで、粗大ゴミとならない7つのゴミを詳しく紹介します。

1:蛍光灯管
2:資源となる古紙・衣類
3:家電リサイクル法対象品(家電4品目)の電化製品
4:パソコン
5:危険物や処理が困難な品物
6:事業系ごみ
7:その他

それぞれのゴミを詳しく紹介します。

1:蛍光灯管 A:水銀封入されている蛍光灯管
直管・環型・ボール型の蛍光灯
B:水銀封入されていない蛍光灯管
電球・LED・グロー球
2:資源となる古紙・衣類 新聞・折り込みチラシ・段ボール・紙パック・雑誌・その他の紙・衣類
3:家電リサイクル法対象品(家電4品目)の電化製品 エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機
4:パソコン 付属品(マウス、キーボード、スピーカーなど)も含む
5:危険物や処理が困難な品物 ガスボンベ・灯油・ガソリン・シンナー・消火器などの危険物、自動車用タイヤ・ミニバイク・大型金庫・バッテリー、コンプレッサーを使用するウォーターサーバー・家庭用製氷機
6:事業系ごみ 事業活動に伴って生じた一般廃棄物・産業廃棄物
7:その他 建築及び増改築などに伴う建築廃材やコンクリートがらなどのごみ

大阪市での粗大ゴミの処分方法

大阪市での粗大ゴミの処分方法は『戸別収集』と『持ち込み収集』があります。2つの収集方法を覚えれば、問題なく粗大ゴミの処分が出来るようになるのでおさえておきましょう!

粗大ゴミを処分する際のメリットデメリットを比較しながら『戸別収集』『持ち込み』の場合で紹介します。

戸別収集とは?メリットデメリット

『戸別収集』とは、指定された日に自宅前や指定された場所に粗大ゴミを出す方法です。
指定場所まで回収してくれます。

戸別収集の最大のメリットは『処理料金が明確で家の前(もしくは指定場所)まで回収に来てくれること』です。その他にもメリットやデメリットもあるので表にまとめましたのでご覧ください!

<戸別収集のメリット・デメリット>

メリット デメリット
予約 ・申込日から1か月先の収集希望日を選ぶ事が出来る。
・引っ越しなどの予定が決まっている人は早くから予約できる。
・最低でも収集の4日前までには予約が必要。
・今すぐ捨てたい人には不向き。
収集場所 ・収集車が家の前(もしくは指定場所)まで取りに来てくれる。 ・家の前(もしくは指定場所)にA.M9:00までに自分で出しに行く必要がある。
・粗大ゴミを運ぶための人出の確保が必要。
料金・支払方法 ・大きさによって処理料金が決まっているので予算が立てやすい
(200円・400円・700円・1,000円の4種類)
例)大きめのタンス(三辺合計2.5m以上)で処理料は1,000円と比較的安い。
・収集日前に粗大ゴミの大きさを測ったり、ゴミ処理券を購入したりと事前準備に手間がかかる。

持ち込みとは?メリットデメリット

『持ち込み』とは、自分で処理施設に粗大ゴミを持ち込むことで粗大ごみを処分する方法です。

持ち込みの最大のメリットは『料金が安いこと』です。その他にもメリットやデメリットもあるので表にまとめましたのでご覧ください!

<持ち込みのメリット・デメリット>

メリット デメリット
予約 ・予約は必要だが、処理日程が比較的自由に選べる。 なし
収集場所 なし ・住んでいる区の処理場まで持って行かなければならず、大型の車を持っていない場合はかえって高くつくケースもある。
・最大辺が1m以上ある物は舞洲工場まで運ばなければならない。
料金・支払方法 ・安い(重さ10kgにつき90円)
例)40kgのタンスは、360円の処理料で済む。
現金払いなので事前準備の必要なし。
・処理場に行くまで正確な料金は不明。
・決済が現金のみ。
その他 ・可燃物・不燃物は同じ日に持ち込めない。 ・1日1回1台(4トントラックまで)などの規制があるので、1日での処理が終わらない事もある。


即日
片付け
可能

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

女性スタッフ対応

クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。
今すぐご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

戸別収集・持ち込みの手順

次に、『戸別収集』と『持ち込み』で粗大ごみを処分する方法の具体的手順について説明します。

戸別収集

戸別収集を依頼する手順は、次の5ステップです。

1)大きさを測る
2)処理料金を調べる
3)粗大ごみ処理手数料券を購入する
4)粗大ごみ収集受付センターに予約する
5)収集日に自宅前(指定の場所)に粗大ごみを出す

気を付ける点や詳細を説明しますね!

1)大きさを測る

粗大ゴミの大きさによって処分料金が変わりますので大きさを測る必要があります。

大きさは以下の基準です。

大阪市の粗大ゴミの料金測定基準
画像引用元:「粗大ごみ処理手数料一覧表」より

丸いテーブルの場合 最大の径
四角いテーブルの場合 最大の辺
靴箱・本棚・タンスなどの場合 幅+奥行+高さ

参考サイト:「粗大ごみ処理手数料一覧表内「テーブル、靴箱、本棚、たんすなどの大きさの測り方」/大阪市」より

2)処理料金を調べる

粗大ゴミ処理手数料は大きさによって200円・400円・700円・1,000円の4種類あります。

靴箱の場合を例にとってみると、

幅+奥行+高さ=2m未満の場合 400円
幅+奥行+高さ=2m以上2.5m未満の場合 700円
幅+奥行+高さ=2.5m以上の場合 1,000円

このように大きさによって処理料金が変わってきます。

詳細な処理料金については「大阪市公式サイト:大阪市粗大ごみ処理手数料一覧(PDF)」をご覧ください。

3)粗大ごみ処理手数料券を購入する

粗大ゴミの処理料金がわかったら、粗大ごみ処理手数料券を購入して粗大ゴミに貼ります。粗大ごみ処理手数料券は、下記で購入可能ですので事前に確認しておきましょう。

・コンビニエンスストア
・スーパーマーケット
・大阪市内の郵便局
・各環境事業センター

取扱店には「粗大ごみ処理手数料券取扱店」のオレンジ色のステッカーが貼ってあります。

大阪市:粗大ごみ処理手数料券取扱店
画像引用元:「大阪市公式サイト:粗大ごみの申し込み方法」より

取扱店一覧は「粗大ごみ処理手数料券取扱店」をご参照ください

なお、ごみ処理券について次の点に注意してください。

ごみ処理券利用時の注意点 ・粗大ゴミを出すときには、手数料券が粗大ゴミから剥がれないように、また見えやすい場所にしっかりと貼られているか、再度確認してから出す事。
・粗大ゴミ1品につき手数料券1枚ずつ貼る事。
・収集が終わるまで手数料券の『購入者控え』は大事に保管しておく事。

4)粗大ごみ収集受付センターに予約する

粗大ゴミを出すには事前に受付予約が必要です。『インターネット』もしくは『電話』で申し込みください。

<インターネット申し込みの場合>

インターネット申し込み手順は次のとおり。24時間365日、いつでも受付しています。

1.粗大ごみ申込のページにメールアドレスを入力
2.メールで受け付け番号とパスワードが送られてくる
3.必要事項を入力する

<電話申し込みの場合>

粗大ごみ収集受付センターへ直接電話して申し込む方法です。電話受付手順は下記の3つのステップで処分できます。

1.電話をかける
2.住所・氏名・電話番号・粗大ごみの種類を連絡
3.収集日・受付番号・手数料を教えてくれるのでメモする

1.電話をかける
通話料が無料(0120-79-0053)と有料があります。携帯電話やスマートフォンの場合は有料電話(0570-07-0053)のみです。

粗大ごみ収集受付センター 固定電話(通話料無料):0120-79-0053
携帯電話(有料):0570-07-0053
※携帯電話・スマートフォンは0570の有料の方へ電話してください。
月曜日~土曜日・祝日
午前9時~午後5時
(休日・12月29日~1月3日を除く)

2.住所・氏名・電話番号・粗大ごみの種類を連絡
粗大ゴミの種類は、回収に来た人が分かりやすいように明確に伝えてください。集合住宅の場合は建物名・部屋番号まで伝えましょう。

3.収集日・受付番号・手数料を教えてくれるのでメモする
『受付番号』がないと、当日は回収してくれません。必ず受付番号をメモしておきましょう。

5)収集日に自宅前(指定の場所)に、午前9時までに粗大ごみを出す

指定場所ではない場合、午前9時までに出ていない場合、粗大ごみ処理手数料券が正しく貼られていない(料金が違う)などの場合は、回収してくれません。最後にチェックしておきましょう!

持ち込み

持ち込みの手順は、次の2ステップです。

1)電話で予約する
2)処理施設に持ち込む

戸別収集と比べると、事前準備が少ないのが分かります。気をつける点や詳細を説明しますね!

1)電話で予約する
お住まいの区を担当する処理施設に電話で予約します。

受付時間はすべて午前9時~12時 午後1時~午後5時
営業時間:月曜日~金曜日(祝日と年末年始は休み)

<持ち込み処理施設一覧>

鶴見工場
中央区・東成区・城東区・鶴見区
大阪市鶴見区焼野2-11-5 TEL:06-6912-4700
西淀工場
北区・西区・港区・大正区・浪速区・西淀川区・住之江区・西成区
大阪市西淀川区大和田2-5-68 TEL:06-6472-3000
※舞洲工場
福島区・此花区
大阪市此花区北港白津1-2-48 TEL:06-6463-4153
平野工場
天王寺区・生野区・阿倍野区・住吉区・東住吉区・平野区
大阪市平野区瓜破南1-3-14 TEL:06-6707-3753
東淀工場
都島区・淀川区・東淀川区・旭区
大阪市東淀川区南江口3-16-6 TEL:06-6327-4541
八尾工場
(他工場の状況により持込みしていただく場合あり)
八尾市上尾町7-1 TEL:072-923-4226

※ご住所をタップしていただければ、施設までの地図が表示されます。

2)処理施設に持ち込む
粗大ゴミをお住まいの区の処理施設に持ち込みます。持ち込み時に『車検証』の確認がありますので忘れないようにしましょう。

<注意> 最大辺が1mを超えるものについては「破砕処理」が必要になります。破砕処理が必要な場合は、お住まいの区の処理施設ではなく、※舞洲工場へ連絡をしてください。(破砕設備設置あり)

粗大ゴミとならないゴミの出し方

粗大ゴミとならないゴミもさまざまあります。粗大ゴミとならないゴミの捨て方は、正しく理解していますか?

ちょっと自信のない人のために、粗大ゴミとならないゴミの出し方を下記でまとめてみました。確認してみてくださいね!

1:蛍光灯管 A:水銀が封入されている蛍光管…直管・環型・ボール型の蛍光灯
<無料>
・回収ボックス(市内に41カ所にある)に入れる(回収ボックス設置施設リストを参照)。
・最寄りの『環境事業センター』まで持ち込む
・電話申し込みによる『訪問回収
環境事業センターへ連絡

B:水銀が封入されていない蛍光管…電球・LED・グロー球
<無料>
普通ごみとして出す。

2:資源となる古紙・衣類 <無料>
・品目ごとに6分類(新聞と折り込みチラシ・段ボール・紙パック・雑誌・その他の紙・衣類)して週1回の収集日に出す。
・地域でコミュニティ回収を実施している地域があるので回収している地域は出す。
3:家電リサイクル法対象品(家電4品目)の電化製品 <有料>
家電リサイクル法対象品目(家電4品目)の出し方に従って出す
4:パソコン <有料>
パソコンメーカーまたはパソコン3R推進協会(TEL:03-5282-7685)に問い合わせのこと
5:危険物や処理が困難な品物 <有料>
処分の仕方の相談窓口がありますので、各種参照ください。
6:事業系ごみ <有料>
臨時搬入』と『継続搬入』があり。継続の場合は予約不要。1日に運ぶ台数制限なしなどの特典あり。
7:その他 <有料>
建築及び増改築などに伴う建築廃材やコンクリートがらなどのごみは、産業廃棄物処理となるので、産業廃棄物処理業の許可を有する業者に委託して収集してもらう。

『蛍光灯管の区分』については間違いやすいので、下記図を参照ください。『A:回収できるもの』『B:回収できないもの(普通ゴミとして出せるもの)』はゴミとしての処理の取り扱いが異なりますので、注意してください。

蛍光灯管の区分
画像引用元:「大阪市/家庭から排出される蛍光灯管」より

ゴミの出し方が分からない場合は、お住まいの環境事業センターへお問い合わせください。また、スマートフォン用『ごみ分別促進アプリ「さんあ~る」』もありますので利用してください。

自治体以外での粗大ゴミの処分の方法

ところで、自治体以外での粗大ゴミの処分の方法はないのでしょうか?

大阪市で粗大ゴミを処分する方法を紹介してきて、料金が安いという事は分かりました。しかし手間と時間がかかり、引っ越しなどで急いで片付けるにはもっと良い方法はないだろうか?と思いますよね。

そこで、次に自治体以外での粗大ゴミの処分の方法をいくつか紹介します。

オークションに出す

処分する場合、オークションに出すという方法があります。まだ使える物のときはもったいないですよね。

余りに大きい物だと配送料が高くなってしまいますが、送れるものでしたら『ヤフーオークション』や『メルカリ』などのサイトに出してみましょう。

例えば、処分に困る折りたたみベッドが2,000円(ヤフオク)、机が4,600円(ヤフオク)で売れていました。

折りたたみベッド:2,000円
折りたたみベッド:2,000円
引用元:https://aucview.aucfan.com/yahoo/g419297088/

机:4,600円
机:4,600円
引用元:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u354868761

思わぬ金額で売れることもあるので、出品してみてはいかがですか?

※ヤフーオークションはこちら:ヤフーオークション
ヤフオクが初めての人は『ヤフオク!ご利用ガイド』をご覧いただければ初心者でも簡単に出品することができます。

※メルカリはこちら:メルカリ
メルカリが初めての人は新規会員登録をしてから利用してください。

必要とする人にもらってもらう

必要な人にもらってもらうという方法もあります。まだ使えるものを処分するのって結構心が痛むものですよね。

必要としている友人などが使ってくれていると思えば、もったいない気持ちもなくなり、スッキリと処分出来るでしょう。

お近くに必要としている友人がいなかったら、『ジモティ』などの物々交換サイトを利用してみましょう!

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップへ連絡すると、家に来て見積もりをしてくれます。金額は安いかもしれませんが、引き取ってもらえて、少しのお金が戻ってきたらラッキーですね!

民間業者へ依頼

不用品を処分する時に民間業者へ依頼する方法もあります。民間の業者へ依頼すると次のようなメリットがあります。

1.時間をかけずに素早く片付けられる。
2.自分の都合の良い時間に合わせて片付けられる。
3.荷物の運び出しから処分まですべてやってくれる。
4.使えそうな物は買い取りしてくれる可能性もある。

大阪市での不用品回収業者の相場は1立米あたり12,000~14,000円程度ですので、三辺合計が2.5m以上の大きめのタンスであったとしても、1台 3,000円~5,000円くらいで回収してくれます。

このように時短・自己都合に合わせてくれて手間いらず。しかも買い取ってもらえたら処分料との差し引きで思ったよりも支払う金額が少なくなる可能性もあります。

なお、業者によって、処分料金はマチマチですので、複数の業者から見積もりを取って、良心的な業者に依頼すると良いでしょう。

まとめ

引っ越しが決まってからは何かとバタバタしますが、友人が一番困っていた大阪市での粗大ゴミの処理方法が無事に解決しました。

大阪市の粗大ゴミについては以下の通りです。

・大阪市の粗大ゴミの基準は最大の辺または径が30cmを超える・棒状で1mを超えるものの事。
・大阪市の粗大ゴミの処分方法は『戸別収集』『持ち込み』の2種類ある。

戸別収集 最大のメリット:処理料金が明確で家の前(もしくは指定場所)まで回収に来てくれること。
最大のデメリット:最低でも収集の4日前までには予約が必要。
持ち込み 最大のメリット:手数料が安い!
最大のデメリット:処理場に行くまで正確な料金は不明。

大阪市(自治体)で粗大ごみを出すことで、お安く、安心に粗大ごみを処分することができます。

とはいえ、急いでいる場合や、自分で搬出ができない場合など、ご自身で処分するには限界がある場合があります。

その際には、片付け業者に依頼しましょう。自治体よりは料金は高いでが、短時間で自分の都合で片付けられて、全て手間なく処分してもらえるのが利点です。需要があるモノであれば買い取りもしてくれます。

大阪市での粗大ゴミの処分方法が分かり、友人もホッとして作業に取りかかれました。

大阪市に住んでいて、粗大ゴミを処分しようと思って悩んでいる人は、上記の方法のうち一番最適な方法を選んで、快適に暮らしてください!

独自プレゼントキャンペーン中!

11日まで期間限定キャンペーン中!】
大阪市での粗大ごみ回収で同じくらいの費用なら「大阪片付け110番」に依頼した方がダンゼンお得です。