長野市のゴミの出し方|分別・指定袋・収集日・持ち込みまで全解説
長野市でゴミを捨てたいから、分別や出し方を知りたい!自分で持ち込みできる場所はある?使うゴミ袋は指定なのかな…とお調べの方、本記事ですべて解説します!

長野市のゴミ分別は全部で9種類。市指定のゴミ袋を使い、収集日に地域ごとの集積所へ出すのが基本です。集積所へ出すほかに、市の処理センターへの持ち込み処分や、戸別収集を依頼することもできます。

集積所収集は最大40Lの指定袋に入れば原則無料、タンスなど大型のゴミも1m×50cm×50cm以下であれば、粗大ゴミシール(1点40円(非課税))を貼って出すことができます。

持ち込み処分は総重量で料金が決まり、品目の種類に応じて10kg28円(税込30円)から146円(税込160円)かかります。(スプリングマットレスなど指定処理困難物の料金は異なります。)

戸別収集はタンスなど一般的な粗大ゴミだけではなく、紙くずやビン缶など一般的な家庭ゴミも回収可能で、2トン車4分の1台分の量で10,546円(税込11,600円)からと、ゴミの総量で決まる料金体系です。

基本的には集積所収集を利用して、集積所に出せない大型ゴミを捨てたい・収集日に出せなかったという時に、持ち込み処分を活用すると良いでしょう。

戸別収集に関しては、引っ越しや大掃除などで一時的な多量ゴミが出た・持ち込みする手だてがない時に限り、利用が推奨されています。

ゴミの分別方法や料金などゴミ捨ての基本情報は、「長野市公式家庭用資源物とゴミの出し方」で見ることができます。

しかし、地域ごとの収集日や指定袋の販売店、処理困難物の持ち込み料金などは記載がありません。

ゴミの処分は早く簡単に終わらせたいのに、下調べに時間がかかるのは困りますよね。

必要な情報から知っておくと便利なコトまで、簡潔に1ページに集約されていたら、便利ではないでしょうか。

そこで本記事では、長野市の集積所収集・持ち込み処分・戸別収集の利用手順と、すべての料金を簡潔にまとめました。分別のルールや指定袋の種類、戸別収集の予約申込先も紹介します。そのほか、テレビなど市で処分できない品目の捨て方から、自治体と民間業者の使い分け方まで解説!

最後まで読んでもたった5分!すべて確認して頂ければ、どんな家庭ゴミもなるべく安く早く処分できるようになりますよ。

※本記事は、2021年4月18日時点で長野市内に在住する一般家庭の方が対象です。(事業者は対象外です。)


即日
片付け
可能

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

女性スタッフ対応

クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。
今すぐご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

長野市の家庭・粗大ゴミ全9種【分別区分・品目一例】

長野市のゴミは、以下の9種類に分別します。

1)可燃ゴミ
2)不燃ゴミ
3)プラスチック製容器包装
4)ペットボトル
5)剪定枝・葉・草
6)紙
7)缶
8)ビン・乾電池
9)指定処理困難物16品目

それぞれどのような品目が該当するのか、以下の表に品目一例と合わせてまとめました。

1)可燃ゴミ
台所ゴミ、汚れた紙・布類、皮革・ゴム製品類、やわらかい素材のプラスチック製品類、市が可燃ゴミと定めたモノ、木製など可燃性家具が該当します。
<台所ゴミ>
・残飯
・野菜果物くず
・肉や魚の骨

<汚れた紙・布類>
・ピザの箱
・レシート
・シュレッダーくず
・じゅうたん
・布団

<皮革・ゴム製品類>
・ホース
・靴
・ブーツ
・かばん

<やわらかい素材のプラスチック製品類>
・スポンジ
・ストロー
・ビニールひも

<市が可燃ゴミと定めたモノ>
・保冷剤
・カイロ
・ビデオ、カセットテープ

<木製など可燃性家具>
・タンス
・机
・カラーボックス
・本棚
・ロッキングチェア
・骨組みが木製のスポンジソファ
・木製ベッド枠
・スポンジマットレス

2)不燃ゴミ
陶器・ガラス類、金属類、硬い素材のプラスチック類、小型家電類、金属の割合が多い家具・用品が該当します。
<陶器・ガラス類>
・食器
・グラス
・植木鉢
・白熱電球
・LED電球
・蛍光灯

<金属類>
・フライパン
・包丁
・鍋
・傘

<硬い素材のプラスチック類>
・電池で動く電車のおもちゃ
・ポリバケツ
・クリーニングのハンガー
・DVDやCD

<小型家電類>
・オーブントースター
・アイロン
・電気ポット
・レコーダー
・扇風機
・掃除機

<金属の割合が多い家具・用品>
・自転車
・スチール棚
・鏡台の鏡部分
・ベビーカー
・ゴルフクラブ
・スキー板
・パイプベッド
・骨組みが金属のスポンジソファ

3)プラスチック製容器包装
プラマークのある、中身を使い切った容器や包装が該当します。

プラマーク
プラマーク
※「プラスチック容器包装リサイクル推進協議会
プラマークとは
」より引用。

・レジ袋
・発泡スチロール
・お菓子のビニール
・納豆や卵のパック
・カップ麺の容器
・洗剤のボトル
・マヨネーズや薬味チューブ
・ペットボトルのフィルムとキャップ
・植木ポット

※プラマークがあっても汚れがひどいモノは「可燃ゴミ」に該当します。

4)ペットボトル
PETマークのあるボトルが該当します。
PETマーク
ペットボトル
※「PETボトルリサイクル推進協議会
識別表示マークって何?
」より引用。
・お茶やジュースのボトル
・調味料のボトル
5)剪定枝・葉・草
家庭で出る枝類、草花が該当します。
・剪定枝
・落ち葉
・枯れた花や葉
・家庭菜園で出た茎や枝
6)紙
新聞紙、ダンボール、内側が白い紙パック、雑誌類、雑がみが該当します。
・新聞紙とチラシ
・牛乳パック
・本
・漫画
・雑誌
・教科書
・パンフレット
・包装紙
・ティッシュの紙箱
・ペーパーの芯
7)缶 ・ジュースやビール缶
・粉ミルクの缶
・缶詰
・ヘアスプレー
・制汗スプレー
・カセットボンベ

※一斗缶以上の大きさの缶、塗料・オイル缶は「不燃ゴミ」に該当します。

8)ビン・乾電池 <ビン類>
・ワインや日本酒のビン
・ビールビン
・ジャムのビン
・栄養ドリンクのビン
・飲み薬のビン

※化粧品のビン、耐熱ビン、乳白色のビン、薬品ビンは「不燃ゴミ」に該当します。(飲み薬のビンのみ例外。)

<乾電池類>
・筒型乾電池
・コイン型電池(CR、BRと記載のあるモノ)

充電式電池・ボタン電池は市で処分できません。詳しくは「4)充電式電池・ボタン電池」を参照してください。

9)指定処理困難物16品目
スプリングマットレスなど、通常の廃棄処理が難しい品目が該当します。
・スプリングマットレス
・スプリングソファ
・物干し台
・電動自転車
・オイルヒーター
・電動車いす
・電動介護ベッド
・電子オルガン
・コンクリートブロック
・瓦
・レンガ
・タイヤ
・油圧式ジャッキ
・温水器
・浴槽
・電動工具

長野市の場合、一般的な「粗大ゴミ」の区分がありません。タンスや自転車など大型のゴミも、家庭ゴミとして「可燃ゴミ」または「不燃ゴミ」に分別します。1m×50cm×50cm以下の品目であれば原則として集積所収集が可能で、1m×50cm×50cm以上のモノは持ち込み処分または戸別収集で処分します。

上記の表に捨てたいモノがない、分別に迷う場合は、「長野市公式ゴミの分別辞典」で調べましょう。それでも解決しない時は「生活環境課」に連絡すると教えてくれます。

生活環境課 TEL:026-224-7635
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

集積所収集・持ち込み処分・戸別収集の利用手順

長野市では、集積所収集・持ち込み処分・戸別収集いずれかの方法でゴミを処分します。

以下の表にて各方法の料金やメリット・デメリットを確認し、処分時の状況に応じた方法を選びましょう。

集積所収集【予約不要】
地域ごとの集積所にゴミを捨てに行く方法です。
【料金】
<最大40Lの指定袋に入るゴミ>
原則無料
<指定袋に入らないモノで、1m×50cm×50cm以下のゴミ>
1点40円(非課税)

【メリット】
・ゴミ捨て場は自宅から近い場所にある。
・1m×50cm×50cm以下であれば、タンスなど大型のゴミも捨てられる。
・排出するゴミの個数に制限がない。

【デメリット】
・可燃ゴミ、不燃ゴミ、プラスチック製容器包装は指定袋を使う必要がある。
・タンスなど指定袋に入らない大型のゴミは、粗大ゴミシールを購入する必要がある。
・収集日は固定。
・収集日の午前8時までに出す必要がある。
・蛍光灯、リサイクル家電、パソコン、スプリングマットレス・ソファなど指定処理困難物16品目は出せない。

持ち込み【予約不要】
市の処理施設に自分でゴミを持ち込む方法です。
【料金】
<可燃ゴミ>
10kg146円(税込160円)

<不燃ゴミ>
10kg155円(税込170円)

<プラスチック製容器包装、ペットボトル、紙、缶、ビン>
10kg28円(税込30円)

<剪定枝・蛍光灯>
無料

<スプリングマットレス・ソファ>
【セミダブル以下のマットレス】
1点5,455円(税込6,000円)

【セミダブル以上のマットレス】
1点8,182円(税込9,000円)

【1人掛けソファ】
1点6,364円(税込7,000円)

【2人掛け以上ソファ】
1点9,091円(税込10,000円)

※スプリングマットレス・ソファ以外の指定処理困難物16品目の料金は「長野市公式品目・手数料一覧表」を参照してください。

【メリット】
・スプリングマットレスやソファなど指定処理困難物16品目以外は、平日・土曜日であれば、即日持ち込める。
・ゴミの個数に制限がない。

【デメリット】
・日曜日・祝日・1月1日~1月3日は受け入れしていない。
・スプリングマットレスやソファなどの指定処理困難物16品目は、第2・第4土曜日しか受け入れてもらえず、各日先着30名までの電話予約制。
・リサイクル家電・パソコン・プロパンガスボンベなどの危険物は持ち込めない。
・荷下ろしは自分で行う。

戸別収集【要予約】
自宅の玄関前(マンションは1回集積所付近)まで有料で回収に来てもらう方法です。
【料金】
<スプリングマットレス・ソファ>
1点4,546円(税込5,000円)~7,273円(税込8,000円)前後。
※民間業者による回収のため、各社で料金は異なります。
※品目のサイズや重量、運び出しの現地状況、人件費によっても料金は変動します。

<スプリングマットレス・ソファ以外のゴミ>
【2トン車4分の1台までの量】
10,546円(税込11,600円)

【2トン車2分の1台までの量】
14,819円(税込16,300円)

【2トン車1台までの量】
23,455円(税込25,800円)

【メリット】
・自宅の近くまで回収に来てもらえる。
・ゴミの個数に制限がない。
・タンスなど大型ゴミに限らず、可燃ゴミなどの家庭ゴミもまとめて回収してもらえる。
・スプリングマットレス・ソファは、収集希望日を聞いてもらえる。

【デメリット】
・集積所収集と同じ分別が必要。
・予約は電話のみ。
・スプリングマットレス・ソファ以外は、毎週月曜日・水曜日のみの回収。
・スプリングマットレス・ソファの詳しい処分料金は、電話で都度問い合わせする必要がある。
・室内からの運び出しは対応していない。
・リサイクル家電、パソコン、プロパンガスボンベなどの危険物は収集してもらえない。

集積所収集は、タンスなど指定袋に入らない大型のゴミも、1点40円(非課税)の粗大ゴミシールを貼れば、1m×50cm×50cmのサイズまで出すことができるのがメリットです。また、指定袋(可燃ゴミ最大40L・不燃ゴミ最大30L)におさまるサイズまで解体できれば、無料で排出することもできます。

解体できない1m×50cm×50cm以上のゴミを捨てたい・スプリングマットレスやソファを処分したい・持ち込みできる車や人手があるという方は、持ち込み処分を利用しましょう。戸別収集は、引っ越しや大掃除などで一時的な多量ゴミが出た・持ち込みする手だてがない時に限り、利用が推奨されています。

集積所収集、持ち込み処分、戸別収集の順で処分方法を検討するのが良いですね。

料金やメリット・デメリットを確認したところで、各方法の処分手順を解説します。

集積所収集の利用手順

集積所収集は以下の3ステップにてゴミ処分ができます。

1)ゴミを分別する。
2)収集日を確認する。
3)粗大ゴミシールを購入する【指定袋に入らないモノ】
4)収集日の午前8時までにゴミを出す。

1)ゴミを分別する

確実にゴミを収集してもらうために、以下の表にてポイントを確認しながら分別しましょう。

使用するゴミ袋 可燃ゴミ、不燃ゴミ、プラスチック製容器包装は「長野市公式ゴミ指定袋等販売許可店」にて販売しているゴミ袋(10枚1セット)を使用します。

※可燃ゴミ・不燃ゴミ袋の販売価格は、規定のゴミ処理手数料に、袋の代金を合わせた合計額となります。販売店によって価格が変動するのであらかじめご了承ください。

【サイズ・価格】
※カッコの金額はゴミ処理手数料です。

<可燃ゴミ(緑)>
40L(364円(税込400円))・30L(273円(税込300円))・20L(182円(税込200円))・10L(91円(税込100円))の4種類です。

<不燃ゴミ(赤)>
30L(273円(税込300円))・20L(182円(税込200円))の2種類です。

<プラスチック製容器包装(黄)>
30L・20Lの2種類です。価格は販売店によって異なりますが、調べたところ30L袋で182円(税込200円)から273円(税込300円)前後でした。
※2021年4月18日時点の情報です。

【集積所にそのまま出すゴミ】
ペットボトル、缶、ビン・乾電池

【ヒモでしばるゴミ】
紙、剪定枝・葉・草の枝

【透明・半透明のポリ袋を使用するゴミ】
剪定枝・葉・草の葉と草

1)可燃ゴミ ・オムツの汚物はトイレに流す。
・ゴムホースは1m以内に切る。
・生ゴミは水気を切る。
2)不燃ゴミ ・刃物や割れ物は紙や布で包んでから指定袋に入れる。
・小型家電などの電池は抜く。
※割れていない蛍光灯は、市役所内「生活環境課」に無料持ち込み処分する。
3)プラスチック製容器包装 ・軽くすすぐ。
・弁当容器をレジ袋に入れたままなど、袋を二重にしない。
4)ペットボトル ・軽くすすぐ。
・外装フィルムとキャップはプラスチック製容器包装で出す。
5)剪定枝・葉・草 ・剪定枝は長さ1m・太さ25cm以内に切り、直径50cm程度になるようにヒモで束ねる。
・葉や草は土を落としてから袋を入れる。
6)紙 ・新聞紙とチラシ、ダンボール、本、紙パック、雑がみに分けて、ヒモで束ねる。
・牛乳パックはすすいで開いて乾かす。
7)缶 ・軽くすすぐ。
・スプレー缶は中身を使い切り穴をあける。
8)ビン・乾電池 ・ビンは軽くすすぐ。
・ビンの色で入れるコンテナを分ける。

<無色透明ビン>
白色コンテナ

<茶色ビン>
茶色コンテナ

<その他の色のビン>
青色コンテナ
・乾電池は赤色コンテナに入れる。

2)収集日を確認する

収集日は地域ごとに異なります。「長野市公式家庭用資源物・ゴミ収集カレンダー」にてお住まいの地域の収集日を確認しましょう。

3)粗大ゴミシールを購入する【指定袋に入らないモノ】

指定袋(可燃ゴミ最大40L・不燃ゴミ最大30L)に入らないゴミで、1m×50cm×50cm以下のモノは、1枚40円(非課税)の粗大ゴミシールを貼ってから集積所に出します。

長野市公式ゴミ指定袋等販売許可店」にて、ゴミの点数分のシールを購入しましょう。(例:棚と自転車を出す場合、シールは2枚必要です。)

4)収集日の午前8時までにゴミを出す

分別・収集日の確認ができたら、地域ごとの集積所へ午前8時までにゴミを出します。決まった時間内に出さないと収集してくれない可能性もあるので注意しましょう。

集積所収集に関するお問い合わせ先

集積所収集について質問がある場合は「生活環境課」に電話で聞いてみましょう。

生活環境課 TEL:026-224-7635
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

持ち込み処分の利用手順

解体できない1m×50cm×50cm以上のゴミを捨てたい・スプリングマットレスやソファ、割れていない蛍光灯を処分したい・持ち込みできる車や人手があるという場合は、以下のステップで持ち込み処分を利用しましょう。

1)持ち込む施設・受入基準を確認する。
2)予約する【スプリング製品など指定処理困難物】
3)搬入申請書を記入する【指定処理困難物以外】
4)持ち物を確認し、車で安全に持ち込む。

1)持ち込む施設・受入基準を確認する

以下の表にて施設の所在地や受付時間、受入基準を確認してください。

※集積所収集と同様の分別をしてください。
※指定ゴミ袋・粗大ゴミシールは使用しません。中身が見える透明半透明の袋に入れるか、家具などはそのまま持ち込んでください。

ながの環境エネルギーセンター 【住所・電話番号】
長野市松岡2-27-1
TEL:026-222-5301

【受付時間】
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時30分
※土曜日は午前11時30分までの受付。
※日曜日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

【受入品目】
可燃ゴミ

【処分料金】
10kgごとに146円(税込160円)

長野市資源再生センター 【住所・電話番号】
長野市松岡2-42-1
TEL:026-221-5316

【受付時間】
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時30分
※土曜日は午前11時30分までの受付。
※日曜日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

【受入品目】
不燃ゴミ、プラスチック製容器包装、ペットボトル、剪定枝・葉・草、紙、缶、ビン・乾電池

【処分料金】
<不燃ゴミ・乾電池>
10kgごとに155円(税込170円)

<プラスチック製容器包装、ペットボトル、紙、缶、ビン>
10kgごとに28円(税込30円)

<剪定枝・葉・草>
無料

ストックヤード 【住所・電話番号】
長野市松岡2-42-1
TEL:026-221-5316
※資源再生センター内に開設されます。

【受付時間】
第2・第4土曜日:午前8時30分~午前11時30分
※平日・第1、第3土曜日・日曜日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

【受入品目】
スプリングマットレスやソファなど、市が指定した処理困難物16品目。詳しい品目は「長野市公式品目・手数料一覧表」を参照してください。

【処分料金】
<セミダブル以下のマットレス>
1点5,455円(税込6,000円)

<セミダブル以上のマットレス>
1点8,182円(税込9,000円)

<1人掛けソファ>
1点6,364円(税込7,000円)

<2人掛け以上ソファ>
1点9,091円(税込10,000円)

※スプリングマットレス・ソファ以外の料金は「長野市公式品目・手数料一覧表」を参照してください。

市役所庁舎内 生活環境課【第2庁舎3階】 【住所・電話番号】
長野市鶴賀緑町1613
TEL:026-224-7635

【受付時間】
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

【受入品目】
割れていない蛍光灯
※割れた蛍光灯は、集積所収集の「不燃ゴミ」で出します。

【処分料金】
無料

全施設共通持ち込みできない品目 ・リサイクル家電6品目(冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・洗濯機・洗濯乾燥機・エアコン)
・パソコン
・二輪車(オートバイ・原付バイク)
・充電式電池、ボタン電池(LR・SR・PRと記載のあるモノ)
・ガソリン、軽油、灯油、オイル
・塗料、シンナー
・自動車部品
・バッテリー
・農機具
・プロパンガスボンベ
・塩化カルシウム
・農薬、火薬、劇毒物
・ピアノ
・石、土、砂

2)予約する【スプリング製品など指定処理困難物】

スプリングマットレスやソファなど、市が定めた処理困難物16品目のみ、搬入希望日の前日までに予約が必要です。各日先着30名までしか受け入れてもらえないので、予定が立ち次第早めに電話しましょう。

予約先・受付時間 【長野市資源再生センター】
TEL:026-221-5316

【予約受付時間】
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

【搬入可能時間】
第2・第4土曜日:午前8時30分~午前11時30分
※平日・第1、第3土曜日・日曜日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

予約時の流れ 1)氏名・住所・電話番号・品目・個数・サイズ(縦×横×高さ)を伝える。
2)搬入日を聞いたら完了。

3)搬入申請書を記入する【指定処理困難物以外】

ながの環境エネルギーセンター・長野市資源再生センターを利用する場合は、「ゴミ焼却施設搬入申請書」を提出する必要があります。搬入日当日に受付で記入することも可能ですが、スムーズにゴミ処分ができるようにあらかじめプリント・記入しておきましょう。

4)持ち物を確認し、車で安全に持ち込む

以下の表にて持ち物・搬入の流れや注意点を最終確認し、車で安全に持ち込みましょう。

持ち物 ・免許証など市内在住であることを確認できる身分証
・小銭(支払いは現金のみです。)
施設到着から処分までの流れ 【ながの環境エネルギーセンター・長野市資源再生センター】
1)受付窓口にて申請書の提出・身分証の提示をする。
2)車両ごと計量する。
3)荷下ろし場に車を移動しゴミを捨てる。
4)再度計量し、処分料金を現金で支払う。

【ストックヤード】
1)受付にて予約氏名・品目を伝える。
2)処分料金を現金で支払う。
3)ゴミを自分で荷下ろし・処分したら完了。

【市役所庁舎内 生活環境課】
課の窓口にて直接蛍光灯を手渡すだけで完了です。

※ゴミの荷下ろし方法や詳しい手順は、現地係員の指示に従ってください。

処分料金 <可燃ゴミ>
10kgごとに146円(税込160円)

<不燃ゴミ・乾電池>
10kgごとに155円(税込170円)

<プラスチック製容器包装、ペットボトル、紙、缶、ビン>
10kgごとに28円(税込30円)

<剪定枝・葉・草>
無料

<セミダブル以下のマットレス>
1点5,455円(税込6,000円)

<セミダブル以上のマットレス>
1点8,182円(税込9,000円)

<1人掛けソファ>
1点6,364円(税込7,000円)

<2人掛け以上ソファ>
1点9,091円(税込10,000円)

※スプリングマットレス・ソファ以外の処理困難物16品目の料金は「長野市公式品目・手数料一覧表」を参照してください。

持ち込み処分に関するお問い合わせ先

持ち込み処分に関する質問は、各持ち込み先に電話で聞いてみましょう。

ながの環境エネルギーセンター(可燃ゴミ) TEL:026-222-5301
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時30分
※土曜日は午前11時30分までの受付。
※日曜日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。
長野市資源再生センター(不燃ゴミ、プラスチック製容器包装、ペットボトル、剪定枝・葉・草、紙、缶、ビン・乾電池) TEL:026-221-5316
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時30分
※土曜日は午前11時30分までの受付。
※日曜日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。
ストックヤード(スプリングマットレスやソファなど、市が指定した処理困難物16品目) TEL:026-221-5316
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。
市役所庁舎内 生活環境課(割れていない蛍光灯) TEL:026-224-7635
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

戸別収集の利用手順

引っ越しや大掃除などで一時的な多量ゴミが出た・持ち込みする手だてがない時は、以下のステップで戸別収集を利用しましょう。

1)申込可能な品目を確認する。
2)電話にて予約をする。
3)収集日に指定場所へゴミを運び出す。
4)処分料金を現金で支払う。

1)申込可能な品目を確認する

集積所収集で出せる品目およびスプリングマットレス・ソファは、原則として申込可能です。以下の表で具体的な品目を確認しましょう。

戸別収集できる品目 ・可燃ゴミ
・不燃ゴミ
・プラスチック製容器包装
・ペットボトル
・剪定枝・葉・草
・紙
・缶
・ビン・乾電池
・スプリングマットレス、ソファ

※集積所収集と同じ分別作業は必要です。
※スプリングマットレス・ソファ以外の指定処理困難物16品目は、種類によって受け入れ可否が異なります。予約時に回収可能かどうか聞いてみましょう。

戸別収集できない品目 ・リサイクル家電6品目(冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・洗濯機・洗濯乾燥機・エアコン)
・パソコン
・二輪車(オートバイ・原付バイク)
・充電式電池、ボタン電池(LR・SR・PRと記載のあるモノ)
・ガソリン、軽油、灯油、オイル
・塗料、シンナー
・自動車部品
・バッテリー
・農機具
・プロパンガスボンベ
・塩化カルシウム
・農薬、火薬、劇毒物
・ピアノ
・石、土、砂

2)電話にて予約をする

戸別収集はゴミの総量で処分料金が変わります。予約時に処分料金の概算を聞くことができるように、おおよその量(家具などは縦×横×高さのサイズも)を確認してから電話予約をしましょう。

※スプリングマットレス・ソファについては、市指定民間業者4社いずれかに申し込みます。
※スプリングマットレス・ソファ以外の指定処理困難物16品目(「長野市公式品目・手数料一覧表」)は、種類によって受け入れ可否が異なります。予約時に回収可能かどうか聞いてみましょう。

長野市資源再生センター【可燃ゴミ、不燃ゴミ、プラスチック製容器包装、ペットボトル、剪定枝・葉・草、紙、缶、ビン・乾電池】 【電話番号】
TEL:026-221-5316
【予約受付時間】
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時30分
※土曜日は午前11時30分までの受付。
※日曜日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

【収集可能曜日】
毎週月曜日または水曜日のみです。

【処分料金】
<2トン車4分の1台までの量>
10,546円(税込11,600円)

<2トン車2分の1台までの量>
14,819円(税込16,300円)

<2トン車1台までの量>
23,455円(税込25,800円)

市指定業者4社【スプリングマットレス・ソファ】 【直富商事(株)】
TEL:026-222-1887

【宝資源開発(株)】
TEL:0120-030-320

【イコールゼロ(株)】
TEL:026-221-8080

【(有)トサキ商会】
TEL:026-221-3274

<4社共通 基本受付時間>
月曜日~金曜日:午前9時~午後5時
※土日・祝日・年末年始は要問い合わせ。

【収集可能曜日】
民間業者なので、希望日・時間を聞いてもらえます。

【処分料金の参考例】
【セミダブル以下のマットレス】
1点4,546円(税込5,000円)

【セミダブル以上のマットレス】
1点7,273円(税込8,000円)

【1人掛けソファ】
1点4,546円(税込5,000円)

【2人掛け以上ソファ】
1点7,273円(税込8,000円)

※上記料金は、直富商事(株)の最低料金です。品目のサイズや重量、運び出しの現地状況、人件費によって料金は変動するのでご了承ください。
※各社で回収運搬料金が異なるので、複数社見積もりを取ることをオススメします。

3)収集日に指定場所へゴミを運び出す

収集日当日は、予約時間までに指定された場所(戸建て住宅は玄関前、マンションの場合は1階集積所付近)へゴミを運び出します。室内からの運び出しには対応していないので、注意してください。

4)処分料金を現金で支払う

作業員がゴミの総量・品目を確認後、処分料金を現金で支払えば処分完了です。

以下のようなケースは収集してくれない可能性があるので注意してください。

・集積所収集と同じ分別がされていない。
・指定された場所まで運び出されていない。
・危険物など収集できない品目が混ざっている。

戸別収集に関するお問い合わせ先

戸別収集に関する質問は、長野市資源再生センター・各民間業者に電話で聞いてみましょう。

長野市資源再生センター【可燃ゴミ、不燃ゴミ、プラスチック製容器包装、ペットボトル、剪定枝・葉・草、紙、缶、ビン・乾電池】 TEL:026-221-5316
月曜日~土曜日:午前8時30分~午後4時30分
※土曜日は午前11時30分までの受付。
※日曜日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。
市指定業者4社【スプリングマットレス・ソファ】 【直富商事(株)】
TEL:026-222-1887

【宝資源開発(株)】
TEL:0120-030-320

【イコールゼロ(株)】
TEL:026-221-8080

【(有)トサキ商会】
TEL:026-221-3274

<4社共通 基本受付時間>
月曜日~金曜日:午前9時~午後5時
※土日・祝日・年末年始は要問い合わせ。

<4社共通 基本受付時間>
月曜日~金曜日:午前9時~午後5時
※土日・祝日・年末年始は要問い合わせ。


即日
片付け
可能

困った状況をすべて解決します!
365日24時間営業・秘密厳守・明朗会計

女性スタッフ対応

クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902

お見積りは無料です。
今すぐご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

長野市で処分できないゴミの正しい捨て方

以下の品目は一見すると家庭ゴミ・粗大ゴミとして捨てられそうなモノですが、法律や長野市の規定により自治体で処分できないので、正しい捨て方を解説します。

1)リサイクル家電
2)パソコン
3)二輪車(オートバイ・原付バイク)
4)充電式電池・ボタン電池
5)その他の処理困難物

1)リサイクル家電6品目

『冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・洗濯機・洗濯乾燥機・エアコン』は、家電リサイクル法により部品を再利用し資源の有効活用をはかる決まりの為、自治体では処分できません。

リサイクル料金を支払いのうえ『小売店に回収してもらう』『指定引取場所に持ち込む』『市指定の業者に回収してもらう』いずれかの方法で処分しましょう。

リサイクル料金の目安 【冷蔵庫・冷凍庫】
170L以下:3,400円(税込3,740円)
171L以上:4,300円(税込4,730円)

【テレビ】
15型以下:1,700円(税込1,870円)
16型以上:2,700円(税込2,970円)

【洗濯機・洗濯乾燥機】
2,300円(税込2,530円)

【エアコン】
900円(税込990円)

※2021年4月18日時点の税込み表記です。
※上記リサイクル料金は、主なメーカーの料金になります。「これはどうかな?」と確認したい時は、「家電リサイクル料金検索ページ」を参考にしてください。

小売店に回収してもらう場合 家電6品目を扱う小売店(家電量販店や地域の電気店など)で回収してもらえます。回収手順や料金は店舗ごとに異なるので、お近くのお店に電話で確認してみましょう。
指定引取場所に持ち込む場合 リサイクル料金を郵便局の貯金窓口で支払い、リサイクル券を持参のうえ指定引取場所に持ち込みます。
長野市近郊の指定引取場所は、以下2カ所です。

【深澤産業(株)】
千曲市大字雨宮2060
TEL:026-272-2727

【東海西濃運輸(株)長野指定引取所】
長野市真島町川合字村西240-1
TEL:026-214-7556

【2施設共通受付時間】
月曜日~土曜日:午前9時~午後5時
※正午~午後1時はお昼休憩
※日曜日・祝日・年末年始は要問合せ。

※リサイクル料金の詳しい支払い手順は「一般財団法人家電製品協会郵便局・ゆうちょ銀行での手続き」を確認してください。

市指定の業者に回収してもらう場合 長野市公式一般廃棄物収集運搬許可業者一覧」の、リサイクル家電を取り扱う業者のいずれかに回収・処分を依頼できます。回収運搬料金は各社で異なるので、複数社見積もりを取ることをオススメします。

2)パソコン

パソコンは資源有効利用促進法により部品をリサイクルする決まりがあります。以下の表にて手順を確認の上『メーカーによる回収』『パソコン3R推進協会による回収』いずれかの方法で処分しましょう。

メーカーによる回収(処分するパソコンのメーカーが分かる場合) 【処分料金】
原則無料
※2003年10月1日以前に製造された、PCリサイクルマークの表示が無いパソコンは有料になります。

PCリサイクルマーク
PCリサイクルマーク(pc_recycle_mark)
※「パナソニック公式 パソコンのリサイクル手順」より引用。

【回収手順】
メーカーごとに回収手順が異なるので、「パソコン3R推進協会各メーカーの回収方法検索ページ」よりメーカーを選択し、手順の確認をしましょう。

パソコン3R推進協会による回収(自作パソコンやメーカー名が分からない場合) 【処分料金】
<各4,000円(税込4,400円)で処分>
・デスクトップパソコン本体
・ノートパソコン
・液晶ディスプレイ
・液晶ディスプレイ一体型パソコン

<各5,000円(税込5,500円)で処分>
・ブラウン管式ディスプレイ
・ブラウン管式ディスプレイ一体型パソコン

【回収手順】
パソコン3R推進協会公式回収申し込みページ」にアクセスし、必要事項を入力のうえ申込します。

3)二輪車(オートバイ・原付バイク)

二輪車のパーツや部品は再利用できるものが多い為、規定の方法で処分する必要がありますが、原則無料で処分可能です。以下の4ステップで処分しましょう。

1)処分する二輪車のメーカーや車両状態を確認する。
2)必要な書類を準備する。
3)指定引取場所に持ち込む。
4)指定引取場所で受付手続きをしたら完了。

詳しい処分方法は「自動車リサイクル促進センター」のホームページにて詳細を確認するか、促進センター内「二輪車リサイクルコールセンター」に電話で相談しましょう。

二輪車リサイクルコールセンター TEL:050-3000-0727
月曜日~金曜日:午前9時30分~午後5時
※土日祝日・年末年始は休業日。

>4)充電式電池・ボタン電池

充電式電池・ボタン電池は火災の原因になる為、規定の方法で処分する必要があります。いずれも協力店に設置された無料回収ボックスにて処分できます。無料回収ボックスの設置場所は、以下の検索ページから調べましょう。

【充電式電池】「一般社団法人JBRC協力店検索ページ
【ボタン電池】「一般社団法人電池工業会協力店検索ページ

5)その他の排出禁止物

市で排出が禁止されている下記品目は、購入店舗や専門業者に処分を依頼しましょう。

・ガソリン、軽油、灯油、オイル
・塗料、シンナー
・自動車部品
・バッテリー
・農機具
・プロパンガスボンベ
・塩化カルシウム
・農薬、火薬、劇毒物
・ピアノ
・石、土、砂

店舗が分からない等の場合は、『生活環境課』に電話をすると、品目に合った専門の業者を紹介もしくは処分の相談ができます。

※購入店舗・専門業者(市から紹介された業者含む)いずれの方法でも、原則有料処分となるので、あらかじめご了承ください。

生活環境課 TEL:026-224-7635
月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分
※土日・祝日・12月29日~1月3日は休業日。

自治体処分と民間業者の上手な使い分け方

ゴミを捨てる時、自治体と民間業者どちらで処分するのがよりお得なの?と悩む時もありますよね。

なるべく安く、かつ賢く使い分けられるように、それぞれのメリット・デメリット、民間業者の相場料金を解説します。

それぞれのメリット・デメリット

それぞれのメリット・デメリットを事前に知っておけば、処分時の状況に合わせて方法を選ぶことができます。以下の表にまとめたので、参考にしてください。

自治体処分のメリット・デメリット 【メリット】
・処分料金が安い。
・公的機関だから安心。

【デメリット】
・分別作業が必要。
・大型ゴミでも室内からの運び出しはしてもらえないことが多い。
・リサイクル家電など一部品目は受け入れてもらえない。

民間業者のメリット・デメリット 【メリット】
・自分が希望する日時・場所で回収してもらえる。
・分別や室内からの運び出しも可能。
・自治体で処分できない品目も回収してもらえる。

【デメリット】
・自治体と比較すると処分料金が高い。
・中には悪質な業者もいるので注意が必要。

自治体で処分する良さは、処分料金が安く済むという点ですね。ただ、分別が必要だったり、捨てられない品目があるというのが難点です。

一方の民間業者は手間のかかる作業をお任せできる分、処分料金は高くなります。そこで気になるのは「いったいどのくらい料金が違うのか」ということですよね。
次に民間業者の相場料金を紹介します。

民間業者の相場料金

長野市近郊の不用品回収業者の相場料金(一例として4品目)を調べました。

長野市近郊の一般民間業者の相場料金 【シングルベッド(マットレス込)】
9,091円(税込10,000円)前後~

【衣装タンス(最大辺60cm程度)】
4,546円(税込5,000円)前後~

【1人掛けソファ】
5,455円(税込6,000円)前後~

【冷蔵庫(170L以下)】
8,182円(税込9,000円)前後~

※2021年4月18日時点の情報です。
※品目のサイズや重量、運び出しの現地状況、人件費によって料金は変動します。
長野市(自治体)で上記品目を処分する料金は、以下の通りです。

シングルベッド枠 【1m×50cm×50cm以下】
集積所収集にて、1点40円(非課税)。

【1m×50cm×50cm以上】
・持ち込み処分にて、10kg146円(税込160円)~。
・戸別収集にて、10,546円(税込11,600円)~。

マットレス 【スプリングなし】
<1m×50cm×50cm以下>
集積所収集にて、1点40円(非課税)。

<1m×50cm×50cm以上>
・持ち込み処分にて、10kg146円(税込160円)~。

・戸別収集にて、10,546円(税込11,600円)~。
【スプリングあり】
<持ち込み処分>
1点5,455円(税込6,000円)

<戸別収集>
1点4,546円(税込5,000円)前後~。

衣装タンス(最大辺60cm程度) 集積所収集にて、1点40円(非課税)で処分可能。
1人掛けソファ 【スプリングなし】
<1m×50cm×50cm以下>
集積所収集にて、1点40円(非課税)。

<1m×50cm×50cm以上>
・持ち込み処分にて、10kg146円(税込160円)~。
・戸別収集にて、10,546円(税込11,600円)~。

【スプリングあり】
<持ち込み処分>
1点6,364円(税込7,000円)

<戸別収集>
1点4,546円(税込5,000円)前後~。

冷蔵庫(170L以下) リサイクル家電である冷蔵庫は、リサイクル料金を支払いの上、

・小売店に回収してもらう。
・指定引取場所に持ち込む。
・市指定の業者に回収してもらう。

いずれかの方法で処分します。

主要メーカーの冷蔵庫(170L以下)を処分する場合のリサイクル料金は、3,400円(税込3,740円)が目安となります。詳しくは「1)リサイクル家電6品目」を参照しましょう。

長野市の場合、指定袋に入れるか1m×50cm×50cm以下にできれば、ほとんどのモノは集積所収集にて無料、もしくは1点40円(非課税)で処分することができます。また、民間業者と比較すると、持ち込み処分もかなり安いです。

しかし、スプリングマットレスとソファは処理困難物なので、持ち込み処分・戸別収集ともに一般の民間業者の料金と大差ありません。スプリングマットレスとソファを処分したい方は、

・市の処理センターに持ち込む。
・市指定の民間業者に戸別収集してもらう。
・一般の民間業者に回収・廃棄をしてもらう。

上記3通りの方法の中から、自分に1番合った方法を選ぶ必要があります。選ぶポイントとしては、業者ごとの料金差・室内からの運び出し可否がメインになるので、複数社に問い合わせて、最適な方法を選びましょう。
また、スプリングマットレス・ソファ以外のゴミを長野市で処分する時に、はじめから一般の民間業者の利用を検討したほうが良いのは以下のようなケースです。

・分別・解体・運び出しができない。
・自治体で処分できない品目(リサイクル家電等)もまとめて捨てたい。
・ゴミ屋敷を早く片付けたい。
・遺品整理を手伝って欲しい。

処分時の状況に応じて、賢く使い分けましょう。

まとめ

長野市のゴミの出し方・料金をまとめました。

  • 長野市のゴミは全部で9種類(可燃ゴミ、不燃ゴミ、プラスチック製容器包装、ペットボトル、剪定枝・葉・草、紙、缶、ビン・乾電池、指定処理困難物16品目)に分別する。
  • 基本となる集積所収集は生ゴミ等の一般ゴミのほか、タンスなどの大型のゴミも1m×50cm×50cm以下まで1点40円(非課税)で出すことができる。
  • 集積所収集のほか、原則有料にて持ち込み処分・戸別収集も利用できる。
  • 持ち込み処分の料金はスプリングマットレスなど一部処理困難物を除き、10kg28円(税込30円)~155円(税込170円)で、原則即日利用できる。
  • 戸別収集は引っ越しなどに伴う一時多量ゴミや、持ち込み処分する手だてがない時に限り利用が推奨されているので、料金が10,546円(税込11,600円)からと高い。
  • スプリングマットレスとソファは処理困難物なので、持ち込み処分で1点5,455円(税込6,000円)~、戸別収集で1点4,546円(税込5,000円)~と、一般ゴミと比べるとかなり高い料金がかかる。
  • リサイクル家電・パソコン・農薬などの危険物は、メーカー・小売店・専門業者に回収してもらう必要がある。
  • ゴミは民間業者に回収・廃棄を依頼することもできるが、基本的に自治体よりも料金が高くなるので、処分時の状況に応じて使い分けるのが良い。

長野市は、1m×50cm×50cm以下の品目であれば集積所に出せるという点が最大のメリットですね。反面、持ち込み処分や戸別収集になると料金体系が多岐に渡るため、少し分かりづらいのが難点です。

しかし、ややこしい料金システムも、本記事を確認すればわずか5分で分かります!最後までしっかり読み、長野市で安く早く、そして正しくゴミを処分しましょう。

独自プレゼントキャンペーン中!

まで期間限定キャンペーン中!】
長野市でのゴミ回収で同じくらいの費用なら「長野片付け110番」に依頼した方がダンゼンお得です。