これでキレイが持続!リビングを片付けるために大事な”順番”

リビングが散らかっていて片付けたけど、またすぐ散らかってしまったという経験はありませんか?子どものおもちゃや、乾いて取り込んだ洗濯物が散乱して、片付けたけど、また元通りなんてこと、ありませんか?

僕も以前は自分の部屋を片付けたけど、またすぐ元通りに戻ってしまったという経験があります。

でも、実はこの現象って「あること」を決めて実行すれば解決する問題だったんです。その「あること」って何だと思いますか?

実は、片付ける「順番」だったんです。

そこで今回の記事ではリビングを効率的に片付ける順番を紹介します。記事の内容を実践して頂ければ、リビングのキレイが長続きするので「何度も片付ける…。」という手間がなくなります。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

1 「片付け上手」になるために、片付ける順番を決める理由

片付けたけどまたすぐ元通りに戻るのは、「その場所」しか片付けてないのではないのでしょうか?

リビングならリビングだけ。玄関なら玄関だけ。トイレならトイレだけ、という風にです。

ではどうすれば良いのでしょう?そのためには、あなたが片付けたい場所”ではない”別の場所を先に片付ける必要があるのです。

2 先に“片付ける場所”は「収納場所」

その場所とは“物をしまっておく場所”、いわゆるタンスや押入れや棚や机の引き出しといった「収納場所」のことです。

なぜ「収納場所」から片付けるのかというと、あなたが本来片付けたい場所にある要らない物を、その「収納場所」にしまっておくためです。

例えば、散らかった玄関を片付けていて、本来なら玄関にあるべきでない物を見つけた時に、ちょっと人目に付かないところに“隠して”しまったこと。リビングを片付けていて、本来ならリビングに無くてもいい物を見つけた時に、「まぁコレはココでいいか」とそのままにしておいたりしたことです。

そういった行為が、せっかく片付けてもすぐに散らかってしまう原因だと思います。

そうならないためにも先にタンスや押し入れ等の収納場所を片付けて、リビングにある物がそこに収まるようにしましょう。その後にあなたが片付けたいリビングの片付けをしましょう。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

3 収納場所を片付ける方法と順番

順番(1)タンスや押し入れ

まずはタンスや押し入れの片付けをしましょう。何年も使ってない物、これから先も使わないであろう物、何年も着ていない服などを優先的に捨てていきましょう。

机の引き出しなら、使っていないペンや鉛筆、ノートなどです。「勿体無いからとっておきたい…」は、やめた方が良いと思います。使う予定が無いものは捨てましょう。

また、収納場所の片付けだけに言えることではないですが、片付けは「カテゴリー」を意識したら良いと思います。服なら服だけ片付ける、本なら本だけ片付ける、布団なら布団だけ片付けるといったことです。

同じカテゴリーの物を片付けることで集中ができ、作業途中での“脱線”を防ぐことができます。それに加えて、片付けを複数日でする場合、「今日は◯◯を片付ける日」と決めることもできます。

収納場所の片付けをする時に、季節に応じて使う物(例えば扇風機やストーブなど)は、その都度出し入れしやすく、且つ、他のしまっている物に干渉しないようにした方が良いと思います。

例えば、扇風機を出すためにはたくさんの本を避けないと出すことができない、ということはマズいということです。

そうやって捨てるべき物を捨てたら、結構な収納スペースが生まれたのではないでしょうか?収納スペースができたら、綺麗に掃除をした方が良いと思います。きっとその収納スペースは、普段手を入れることのない場所だと思うので、ホコリまみれだったり、汚れていると思います。

順番(2)リビング

「リビングを片付ける」というより、「リビングに要らない物を選ぶ」という考え方が良いかもしれません。リビングは家族が食事をしたりくつろいだりゲストをもてなす場所です。

そういった場所には、何が必要で、何が不必要でしょうか?そうやってリビングに必要な物と不必要な物を分けていきます。そして不必要な物の中から、ゴミとして処分する物と、ただ単にリビングに必要ではないけど他の部屋で使える物とに分けます。

ゴミは処分してしまいましょう。ただ単にリビングに必要ではないけど他の部屋で使える物を、先ほど片付けた押入れやタンスにしまった方が良いと思います。

子供のおもちゃも同様のことが言えます。子供がよく遊んでいるおもちゃとそうでないおもちゃがあると思うので、それらを別々の箱に分けて収納した方が良いと思います。

すぐに散らかるリビングにしないために

今まで「片付けたのにすぐにまた散らかってしまう」「何回片付けても、また元のように戻ってしまう」そのようなことで悩んだ方も多いと思います。

僕も自分の部屋“だけ”を片付けても、すぐに散らかっていました。でも、家の物置やタンスや押し入れを片付けて、先に物がしまえるスペースを確保し、その後、自分の部屋を掃除して、要らない物を先ほどのスペースにしまっていったら、散らかりにくくなりました。

あなたは、掃除洗濯等で使った物を、そのままその辺にポーンと置いたままにしていませんか?乾いて取り込んだ洗濯物を、そのままリビングに「山」にしていませんか?

雑巾は洗って干し、所定の位置へ。洗濯物はそのままにせず、ちゃんと畳んで所定に位置へ。

上記のように、リビングに要らない物をしまって片付けておくためのスペースを確保しておくことが大事だと思います。ぜひやってみてください。