自分でやってしまえば無料の草刈り作業。でも忙しかったり、あまりにも広い草刈り作業だと自分では中々できないもの。そんな時は業者に任せてしまうのが一番です。

ですが、業者に任せると必ず必要なのが「作業料金」。人に任せる以上無料ではやってくれません。

とはいえ、もともと無料の作業を料金を払ってやってもらうとなると、いったいいくらかかるのか?料金は適正なものなのか?安い業者と高い業者があるけど違いはなんだろう…、と気になることが盛りだくさん。

一般的に「シルバー人材センターに頼めば安く済む」と思われがちですが、実はシルバー人材センターに頼むと高くつく場合があることはあまり知られていません。

時間単位で考えれば一番安く済みますが、時間がかかってしまうことがあるため、結果的に高額になる可能性もあるからです。

そこで今回の記事では、依頼先ごとの草刈りの料金相場、メリット・デメリット、安く抑えるコツについて紹介します。料金相場がわかるだけではなく、あなたの状況に合わせた依頼先を決めることができるようになります。ぜひ最後までお読みください。

即日
片付け
可能

手に負えない、困った状況をすべて解決!
365日年中無休・即日対応・明朗会計です。

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

1 草刈りにかかる料金の算定基準

一般的な草刈りとは、「刈り倒し」(ただ草を刈るだけの作業)がメインとなり、刈り倒し料金は「作業時間」もしくは「作業面積」のどちらかで決まります。
※業者によって異なります。

他にもやっておいた方がよい作業として、草を生えにくくするための「除草剤散布」「防草処理」や「刈った草の処分」があります。

料金は、

  • 草の処分…処分する草の量
  • 除草剤散布…必要な薬剤の量や薬剤の種類
  • 防草処理…施工面積

によって、追加で頼む際は追加料金が発生します。

2 依頼先別!草刈り料金相場は4,400円~15,000円

依頼先 刈り倒し料金(50平米=約15坪)
シルバー人材センター 5,500円
※1平米あたり110円
便利屋 15,000円
※1平米あたり300円
自力 4,400円~6,400円
※草刈り機レンタル代

シルバー人材センター・便利屋業者・草刈り機レンタル業者数社の約4時間作業を想定した場合の料金から平均を算出。

料金が安く済む順に、「シルバー人材センター」「便利屋」となり、「自力」で草刈りを行った場合との費用差は最大10,000円となります。

シルバー人材センター

60歳以上の高齢者で、定年退職後も意欲的に社会貢献したいという人の能力を活用・促進するために設立された団体です。軽作業が基本ですが、その地域のシルバー人材センターに技術職経験者が属している場合は、大工仕事など技術仕事も依頼することができます。
例:

便利屋

草刈りの留まらず、電球の取り換えや不用品回収、部屋の整理整頓や事務手続き代行作業など、どんな困りごとにも柔軟に対応してくれる業者です。
例:

各依頼先のメリット・デメリット比較

依頼先 メリット デメリット
シルバー人材センター
  • 料金が安い。
  • 急斜面の草刈りなど場所によって対応してもらえない。
  • 予約が取りづらい(特にシーズン中は順番待ちになる。)
便利屋
  • どんな場所の草刈りも頼める。
  • 即日や希望日時での対応してくれる。
  • シルバー人材センターに比べて高額。
自力
  • 最も料金が安く済む。
  • 労力や時間、手間がかかる。
  • けがをする可能性がある。

とにかく費用をかけたくないなら自力で行うのが1番ですが、草刈はかなりの体力を使います。

予約が取れるならシルバー人材センター、予約が取れないなら便利屋さんに頼むといいかもしれません。ただし、シルバー人材センターが「作業時間」の場合は、作業の遅さから結果的に便利屋さんよりも高額になる可能性もあるので注意しましょう。

追加料金が発生する作業

依頼先 除草剤散布費※5平米あたり 防草シート設置費※5平米あたり 草処分費
シルバー人材センター 2,000円
※薬剤費用別
2,000円
※防草シート費用別
6,000円
※軽トラ1台分程度
便利屋 5,000円 6,000円 10,000円
※軽トラ1台分程度
自力 4,000円
※除草剤購入費
3,000円
※防草シート購入費
0円
※地区のゴミ出しに出す

費用に応じて、自力でやるのか業者にまかせてしまうのか決めると良いでしょう。

即日
片付け
可能

手に負えない、困った状況をすべて解決!
365日年中無休・即日対応・明朗会計です。

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

3 4,000円近く費用を抑えられるコツ3選

以下3つのコツを実践することで、通常よりも草刈り料金を安く抑えることができます。

    1. 草むらの石やゴミ、枯れ木を取り除く
    2. 木の周辺など費用の上がる場所は自分で草抜きする
    3. 草の状態や立地で業者を使い分ける

コツ(1)草むらの石やゴミを取り除く

草刈り中に石やゴミが飛んで、ガラスが割れたり、車を傷つけたりすることがあります。場合によっては数十万円もの被害がある可能性があるんです。業者は経験上よく理解しているため、草刈り前に石の撤去やゴミ拾いを行います。これらをすべて任せているとその分時間もかかり、結果的に料金が高くなってしまいます。

業者が草刈り作業のみスムーズに行える状況に整えておくことで、費用を抑えることができますので、作業日前日までに石やゴミを撤去しておきましょう。

コツ(2)木の周辺など費用の上がる場所は自分で草抜きする

木の近くの作業ではキックバック現象が起きやすいため、時間がかかり結果費用が高くなります。

キックバックとは

刈刃が樹木に接触した瞬間に、草刈り機ごと、人が振り回されるほど強く跳ね返され、人や物に刈刃があたって事故が起きることをいいます。

木の周辺の草刈りだけは自分で手で草抜きして、広い部分だけを業者に任せる方が費用が安く済みますので、業者の草刈りより前に済ませておくようにしましょう。

コツ(3)草の状態や立地で業者を使い分ける

作業時間が読めない大変な現場では、時間がかかるにつれて追加料金が発生してしまうので、時間単価では損をします。次のパターンで業者を使い分けると、損をせずお得に依頼をすることが可能となります。

  • 面積単価の業者に依頼…草丈1m以上、急斜面での作業
  • 時間単価の業者に依頼…草丈1m未満、平坦地での作業、狭いスペースでの草刈り

問い合わせの際に「面積単価ですか?時間単価ですか?」と料金設定を確認し、自分の草刈りシチュエーションで一番お得になる料金設定の業者を選ぶようにしましょう。

4 草刈り業者の選び方

  • 手間をかけたくない
  • 予算が1万円以上はある
  • 急斜面がある
  • 50平米以上ある
  • 急いでいる

上記チェックリストに3つ以上チェックが入ったら、業者に依頼したほうがあなたにとってメリットが大きく、業者に頼むべきです。

自力ですべきか?業者に頼んだ方がいいか?を判断する際に、活用してみてください。

5 片付け110番の草刈り事例

実際の草刈り事例を写真・請求金額とあわせてご紹介しますので、便利屋に依頼する時の仕上がり具合や料金感を知る参考にしてみてください。

200平米の草刈り機での刈り倒しのみ

広さ 200平米(60坪)
作業内容 草刈り機での刈り倒しのみ
御請求金額 35,640円(税込)

86平米の草抜き(手抜き)・43平米分の防草シート設置・草の処分

広さ 86平米(26坪)
作業内容 手での草抜き86平米分(26坪)、43平米分(13坪)の防草シート設置、抜いた後の草処分
御請求金額 81,000円(税込)

まとめ

草刈りの依頼先には大きく「シルバー人材センター」「便利屋」「自力」の3つがあります。

一番費用が安いのは自力作業、手間がかからず安いのはシルバー人材センター、高いが柔軟にどんな場所の草刈りも完遂してくれるのが便利屋です。

費用を抑えたいと思ったら、草刈りの邪魔になる石を撤去したり、キックバックの原因となる樹木周辺だけは自分で草抜きしたり、草刈り場所で業者を使い分けて工夫しましょう。

この記事が草刈りの料金について知りたいあなたの役に立ち、お得に草刈りを終えられる力になれば幸いです。