婚礼タンス・家具を最も安く処分する方法~業者に頼んだ場合の費用相場

婚礼タンスを処分することになり、お困りではありませんか?

需要が低いため、残念ながらリサイクルショップで売ることは不可能です。

大きく重たいタンスを前に、有料処分は高くつきそうだ…と思うかもしれませんが、実は婚礼タンスは格安処分可能です。

市区町村の粗大ゴミで出せば、無料や高くても1,000円前後で処分できるんです。

例えば、岩手県下閉伊郡山田町では戸別回収(予約日にゴミステーションに排出する方法)でも無料で回収してもらえます。

ただし各都道府県市区町村によって、粗大ゴミの出し方や事前にやるべきことが異なります。この記事ではそんなお悩みにもお応えできるよう、婚礼タンスの解体方法までご紹介しています。

あなたも実践すれば不要な婚礼タンスを最安で処分することができるようになります。ぜひ最後までご覧下さい。

即日
片付け
可能

手に負えない、困った状況をすべて解決!
365日年中無休・即日対応・明朗会計です。

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

1 最も安く処分する方法は市区町村の粗大ゴミとして出すこと

婚礼タンスのサイズ 粗大ゴミ手数料
長い2辺の長さが270cm以下 0円~800円
長い2辺の長さが270cm以上 0円~1,500円

粗大ゴミは市区町村によって、

  • そのままの状態で家の外か集積場に出すだけで良い
  • 処理場まで持ち込みが必要
  • 指定サイズまで解体が必要
  • 指定袋に入るサイズまで解体が必要

と出し方が異なりますので、事前にやるべき準備も異なります。

粗大ゴミの詳しい全国各地域別の出し方について別ページで詳しくまとめていますので、あわせてご確認ください。

そのままの状態で自宅前や集積場に出すだけでいい場合は、引き出しを一度抜いてから運ぶことで軽くなり搬出しやすくなります。

また、天板、連結部側面、底板の3カ所のネジを外すだけで、かなり持ち運びやすい状態・サイズにできます。

指定袋に入るサイズまでの解体が必要な場合は、次の手順で解体すれば大きなタンスでも10分程で解体し終えられます。

準備する物

手順(1)扉を閉めるのとは反対方向に曲げて外す

男性の力なら簡単です。女性の力でも勢いを付ければ楽に外れます。

手順(2)引き出しなど中身を全て取り出す

引き出しは全て取り出し解体の邪魔にならないようにします。ブルーシートなどの上に置き、床に傷がつかないようにしましょう。

手順(3)赤丸の部分(四隅)に金づちを使いノミを打ち付けていく

ポイント

下段は内側からノミを打ち、冗談は外側からノミを打つことでより早く簡単に分解できます。

手順(4)すき間にノミを突っ込んでテコの原理で板を外す

最終的に1枚の板になるまで外していきましょう。

手順(5)取り出した引き出しは内側から金づちを使って叩いて外す

この板も全て外して1枚の板にしてしまいましょう。

手順(6)蝶番(ちょうつがい)など金属部品が板に残っている場合はドライバーで取り外す

木材部と金属部とで分別ができていないと回収してもらえない市区町村があるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

手順(7)集積場に出せるサイズや指定袋に入るサイズまでノコギリで切断する

あとは指定袋に入れて口をしっかり縛り、終了です。

2 業者に頼んだ場合の費用相場は1.5万円くらい

婚礼タンス サイズ(横幅cm) 処分費用相場
90cm未満 10,000円
120cm未満 15,000円
150cm未満 18,000円

※不用品回収業者数社から平均を算出しています。

搬出のために「解体作業」「養生」「人手」「作業時間」「車両」が必要になるので、同じタンスでも整理タンスよりも高額になる傾向にあります。

即日
片付け
可能

手に負えない、困った状況をすべて解決!
365日年中無休・即日対応・明朗会計です。

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

3 片付け110番の回収事例

実際に片付け110番で回収した際の事例を写真と料金あわせてご紹介しますので、ご自宅の婚礼タンスを回収する前のイメージとして確認してみてください。

3-1 3枚扉の大型婚礼タンス回収の場合

回収品 幅150cm未満婚礼タンス(3枚扉)
実際の作業費用 14,364円(税込)

3-2 2階から婚礼タンス3点セット回収の場合

回収品 幅150cm未満婚礼タンス3点 ※2階から搬出
実際の作業費用 32,832円(税込)

4 自力処分か?業者に任せるべきか?判断方法

「地区の粗大ゴミの出し方が簡単」「ゴミとして扱うことに抵抗がない」人は自力処分が向いていますが、「数が多い」「男手がない」「解体やゴミ扱いに抵抗がある」人は業者に任せた方がいいでしょう。

次のフローチャートをもとに自分に最適な処分方法をチェックしてみてください。

4-1 自力処分と業者処分のメリットデメリット

自力処分 業者処分
費用 ★★★★★

  • 安く捨てられる
☆☆☆☆☆

  • 費用が高い
労力や手間 ★☆☆☆☆

  • 運び出しや解体など力仕事が必要
  • 予約手続きや粗大ゴミ処理券購入など手間
★★★★★

  • 運び出しから積み込みまで全てお任せできて楽
  • 電話1本で完結
時間 ★★★☆☆

  • 粗大ゴミ予約~実際の収集までに時間がかかる
★★★★★

  • 即日回収可能

最安処分をしたいなら「自力処分」、急いで捨てたいなら「業者処分」に大きなメリットがあるといえます。

自分の置かれたシチュエーションでどちらの方がよりメリットが大きいか、しっかり判断して決めましょう。

引越しで急いでいてるのに、安さにこだわって自力処分をしようとすると、退去日までに処分ができず引っ越せないということにもなりかねないので注意が必要です。

まとめ

婚礼タンスは売れないため、リサイクルショップでは買い取りしてもらえません。

処分する際は、市区町村の粗大ゴミに出すことで最安処分が可能です。

もし、「2階から運び出さないといけない」「急いでいて時間がない」という場合は、費用は高めですが業者処分が即日回収楽々処分できてオススメです。

処分費用の相場は1棹あたり1.5万円前後ですが、運び出し状況などで変わって来るので一度見積もりを取ることをオススメします。

この記事が婚礼タンスの処分に悩むあなたの役に立てば幸いです。