片付けられない大人はADHDだから!?「大人のADHD」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

片付けたいのに片付けられない…

そのような悩みをお持ちの方ってたくさんいらっしゃると聞きます。

普通の人だったら「片付けたいなら片付ければいいのに」と思うかもしれませんが、それができなくて困っている方が大勢いらっしゃるのです。

そのような悩みを抱えている方がインターネットや書籍などを使って原因を調べていくと、あるひとつの言葉に当たるのです。

それがADHD(注意欠陥・多動性障害)という、発達障害です。

実はかつては、発達障害というものは子供特有のものという認識がありました。

しかし、発達障害やADHDの症状が大人になってから目立ち始めるケースが増えてきました。

子供特有のものが、なぜ大人になってから目立ち始めるのでしょうか?

子供と大人でADHDに何か違いがあるのでしょうか?

そもそも片付けられないということとADHDとの因果関係や相関関係はあるのでしょうか?

今回のこのブログでは、大人になってから気づくADHDと片付けられないこととの関係や、ADHDである大人の人との接し方などについて紹介していきます。

スポンサードリンク

大人のADHDとは何なのか?

大人のADHDとは何なのか?
ADHDの研究はまだまだわからないことだらけで、解明されていない部分の方が多いと言われています。

しかしどうやら、自分の注意や行動をコントロールする脳の働きの偏りが関係していると考えられています。

脳の前頭葉の働きに偏りがあったり、神経伝達物質の働きと関連に影響されていたりと言われていますが、ハッキリとしたことはまだわかっていません。

そういったことが根本にあって発達障害というものがあるのですが、かつてこの発達障害は子供特有の症状だと思われてきました。

他の子供に比べ言動や行動が異なっていたり、落ち着きがなくウロウロしたり奇声を発したりする子供を見たことがある人がいるかもしれません。

そういった子供は幼稚園や保育園や小学校の低学年くらいの早い段階で、他の子供たちとは離して学習させます。

僕が通っていた小学校と中学校には、「特別支援学級」というクラスがありました。

当時はあまり意識していなかったのですが、今思えばあのクラスにいわゆる発達障害やADHDの人が、他の児童と離されていたのだと思います。

しかし子供のころにADHDや発達障害だと分かる子供は、それらの特徴が顕在化するのでわかりやすいのですが、今回紹介する「大人のADHD」で悩んでいる人は、それらの特徴や問題が露呈しなかったので、他の人から気付かれにくかったのだと言われています。

もちろんそのような人達も、子供の頃からそういった特徴はあったののだと思います。

ただその頃は、例えば忘れっぽくて忘れ物をしても「おっちょこちょいだなあ」で片付けられていたり、あっても大きなミスに繋がらなかったり、授業中に彷徨かなかったりしてADHDの特徴が顕在化されなかったからだと推測されます。

しかし児童~学生の間は不注意が多くてもミスが多くても生きていけたのかと思いますが、これが就職して社会人として生きていくとなってから、ADHDの特徴が影響して仕事でミスをしたり人間関係が悪くなってしまったりで、社会人としてやっていく自信がなくなってしまうのです。

子供の頃や学生時代には気づかなかったけど社会人になってから「自分は何かおかしい…」と感じて発覚するのが、「大人のADHD」なのです。

なぜADHDは片付けが苦手と認識されているのか?

なぜADHDは片付けが苦手と認識されているのか?
実はADHDは人それぞれで見られる特徴が大きく違い、たとえADHDであっても片付けや整理整頓が苦手な人もいればそうでない人もいます。

一般的にはADHDの特徴である「活動で注意を集中し続けることが難しい」や「課題や活動を順序だてて行うことが難しい」「注意が長続きせず、気が散りやすい」などの特徴の要素が強い人が、片付けが苦手もしくはできないと言われています。

ADHDは治るものではない

ADHDは治るものではない
残念なことに今現在の医療では治るものではありません。

治療の内容は投薬してADHDの症状を最小限に食い止めることと、生活環境などを見直してADHDでも暮らしやすい環境を作っていくことが柱になります。

ですので片付けられないことで悩んでいるADHDの方は、まずは薬で欠けている脳の機能を補完して、それから掃除や片付けができるような生活環境や仕組みを作っていくことになるのではと思います。

このような生活環境の整備等はお医者さんはもちろんですが「発達障害支援センター」という機関を利用するのが有効です。

発達障害支援センターにはADHDを始め発達障害に関するプロが集まっていますので、あなたが困っていることの支援をしてくれるはずです。

ADHDの家族とどう接していくか

ADHDの家族とどう接していくか
僕自身がADHDの当事者なので、当事者の会というのにたまに行くのですが、自分自身がADHDで困っている方もいれば、自分の家族の誰かがADHDで困っているという話をよく聞きます。

例えば、自分の子どもの様子がおかしくて、調べてみたらどうもADHDに当てはまるのではないか…?

または夫や妻が片付けられなかったり突然話を変えてきたりして、そういったことで辟易しているなど。

病院に連れて行くべきなのか、病院に連れて行こうとしても本人が嫌がって行けないですとか、ADHDか否なのかハッキリさせるべきなのかということで悩んでいる家族の方はいらっしゃいませんか?

確かに、自分自身が「障害者」であるということを避けたいという人は多いと思います。

しかし同時に、これまでとは違う「生きやすい環境」を考えていく上でADHDの診断をもらったり投薬をしていくことは、これからの人生を考えると非常に有効だと思います。

個人的な意見ですが、僕はADHDなのではと思ったらいち早く病院に行って診断をしてもらって、その人に合った適切な治療をしていくことが重要だと思います。

治療や診察をしてくれる病院はまだまだ少ないですし、治療や診察ができるということを公表していない病院もありますので、お住まいの自治体にある発達障害支援センターに問い合わせて病院を教えてもらいましょう。

こうすれば片付けられる

こうすれば片付けられる
お医者さんや発達障害支援センターのスタッフの方と一緒に、どうやったら片付けられるようになるか考えていくことになると思いますが、実際に発達障害支援センターのスタッフの方が教えてくれた、ADHDの特徴を踏まえて効果のありそうな方法を2つ挙げておきますので、よかったら試してみてください。

誰かと一緒にやる

多くのADHDの人は、得意なことには人一倍集中力を持って臨めますが、不得意なことや苦手なことに関しては全くやる気が出なくて集中力も落ちていきがちです。

そのようなADHDの方はひとりで無理に頑張って方法を模索するより、片付けが得意な人と一緒に片付けや掃除をした方が良いのではと思います。

身の回りにいる片付けや掃除が得意な人でも良いですし、身の回りにそのような人がいないようなら「整理収納アドバイザー」と呼ばれる片付けのプロに依頼すれば、あなたの家や部屋に合った片付けの方法を考えてくれるはずです。

片付け・掃除のマニュアル化をする

片付けられない方の理由で多いのが「何をすればいいか、何からどうすればいいかわからない」と言う方も多いです。

なので、あらかじめ片付けや掃除で何をするかマニュアル化して視認できるようにしておけば、いざ片付けをするとなった時に何をすればいいかわからないということを防ぐことができます。

このマニュアル化も片付けが得意な人と一緒に作ることができれば良いと思います。

以上2つの方法に関しては、「ADHDは病気ではない!?片付けられない原因は一体何!?」「片付けられなくてADHDを疑っている人が受けるべき、治療と支援」にも同じような内容を書いているので、参考にしてみてください。

まとめ

上の「片付けのマニュアル化」をするのであれば、このブログの中の「あっという間に汚部屋が“美部屋”になる、片付けの方法とやる気を出すコツ」「『ときめきお片づけ』のこんまりさんに学ぶ、片付けの順番」を参考にすると、良いマニュアルができると思います。

僕もADHDと診断されてから片付けについてのマニュアル(のようなもの)を作りましたが、やはり基本はいらない物は捨てる・買わないということです。

これを順守するだけでも、部屋の掃除や片付けは飛躍的に簡単になります。

僕がADHDだと診断されたのが2年ほど前なのですが、そこから比べてもADHDの認知度は日を追うごとに増えていっている気がします。

特に国内・海外の著名な俳優やタレントの方の何人かが、自分がADHDやLD(学習障害)だということをカミングアウトしたので、それで知れ渡ったのだと思います。

認知度が増えるに従って、そういう人がいるということの意識にも結びついたら、ADHDの人にとってもっと暮らしやすい環境ができるのではと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*