家や部屋の片付けで役立つ、片付け方法と収納用具について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「整理整頓が苦手」と言っても、「どこ」の整理整頓が苦手かというのは、人によって様々です。

「玄関は他人に見られるからキレイにしておきたい」

「キッチンは調理する場なので、衛生面を気にしてキレイにしておきたい」

「来客が来るかもしれないから、リビングは恥ずかしくない程度にしておきたい」

というように様々です。

僕が整理整頓が苦手な友達に「片付けができるようになったら、どこを片付けたい?」と尋ねると、だいたいの人が自分が普段居る部屋と答えます。

「仕事で疲れて帰ってきても、散らかった自分の部屋を見るとまたさらに疲れる」

「必要な物を探しているのだけど、いらない物が多すぎて見つからずイライラしてしまう」

「足の踏み場が無いので気をつけて部屋の中を歩くのだけれど、何か固い小物を踏んで痛い思いをしてしまう」

家で大半の時間を過ごす自分の部屋をキレイに整理整頓したいと思っている人が多いです。

そのようなことを思っている人の中でも、部屋に置いてある机をもっと整頓したいという人がいます。

「勉強に集中したいけど、机の上が散らかっていて集中できない」

「明日必要な参考書が見つからず、どうしようかと思っている」

「机の上は教科書やプリントや暗記カードが山積み…」

あなたやあなたの周りにも、こういった部屋や机の片付けの悩みを抱えている人は、いらっしゃるのではないでしょうか?

でも具体的な片付けの方法がわからなかったり、使える収納ツールがあればもっとキレイに片付くのにと思っていませんか?

今回は、個人の部屋と学習机の片付け方や、収納で使える道具や用品について紹介していきます。

どうして片付けが苦手なの?

どんなことにも原因があって結果があります。

現状片付けや整理整頓が苦手という方にも、必ず原因があるはずです。

そうした原因を省みることによって、片付けができるようになる起爆剤になるかもしれません。

楽しくないから

楽しくないから
買い物をする時って、楽しくないですか?

買い物って、これからの自分の生活や人生にとって、これから買う物が変化を起こしてプラスの方向に持って行ってくれるという期待を抱きやすいから、楽しく感じられるのではないかと思っています。

反対に片付けって、どちらかと言うと「引き算」の行為ですよね。

いらない物やゴミを捨てていく作業って、何か虚しさというか侘びしさを感じます。

僕もそうでしたが、心がウキウキしないんですよね。

あなたはどうでしょうか?

ゴミ袋に物やゴミを捨てていく作業って、楽しくないと感じませんか?

物が多すぎるから

物が多すぎるから
仕事でも勉強でも何でもですが、量が多いとやる気を失い、途方に暮れてしまいます。

片付けも同じことが言えます。

片付けるべき場所、捨てるべき物、収納するべき物が多ければ多いほど、やる気を失い途方に暮れてしまいます。

どうでしょうか、「部屋を片付けたいな」と思っても、部屋を一望して「ちょっとこの物の量だと無理…」と感じたことはありませんか?

時間がないから

時間がないから
仕事に学校にプライベートにと忙しいあなたは、時間をやりくりしてまで片付けや掃除をしたいとは思わないのではないでしょうか?

僕も以前はそうでしたが、片付けをする時間があるなら遊びたいです。

時間がないから、面倒なことは後回し後回し…

気づけば、部屋は散らかっていくばかりなのでは?

よくわからないから

よくわからないから
人にはいろいろなタイプがありますが、やり方や方法がわかると、それまで1mmも行動できなかったのにスッと行動できるようになる人がいます。

片付けの場合だと、掃除の仕方や片付けの仕方、整理整頓に有用な用具や道具を知ることで、「じゃあやってみよう」となるのです。

あなたはどうでしょうか・

やり方や道具さえ分かれば、重い腰が動くようになるのではないでしょうか?

収納で役立つ用具

片付けが苦手という人も、効果的な収納用具の存在を知ることで、「これさえあれば自分の部屋は片付く!」とモチベーションが上がり、片付けをし始める人がいるかもしれません。

効果的な収納用具を紹介していきましょう。

メタルラック・エレクター

メタルラック・エレクター
床に投げ置かれた物は横方向に散らかり、居住スペースや足の踏み場を無くしてしまいがちですが、散らかった物を縦(上)方向に収納するだけで居住スペースは広くなり足の踏み場が現れるようになります。

こういった場合にメタルラックやエレクターという収納用具は役に立つます。

特にタンスや棚などと違いメタルラックやエレクターは、物の量や大きさによって任意に棚板の高さが変えられるので、非常に都合が良いです。

収納ケース(クリアボックス・衣装ケース)

収納ケース(クリアボックス・衣装ケース)
収納ケースなどの箱物は、着物や衣類を収納するのに効果的です。

特にクローゼットの中にたたんだ衣類を収納するとなった場合、クローゼットの中に吊るしている服の下にできるスペースとの兼ね合いを考えて収納ケースを配置すると、非常に効果的に衣類を収納することができます。

クローゼットの収納力を最大限発揮する方法は、「着たい服を早く見つけられる、クローゼットの片付け・収納のコツ」や、「シワの心配バイバイ!服の片付け方と収納方法」を参考にしてみてください。

このように衣類を収納する収納ケースは、引き出しが透明になっている物をオススメします。

なぜなら、透明だと中身が見えて何を収納しているかが一目で分かるようになるので、いざ服を探す時にいろんな引き出しをアチコチ引き出さなくても済むからです。

以上、こういった収納ツールを活用することで、部屋を有用に片付けられるようになります。

個人の部屋の片付け方法

これからはやり方を紹介していきます。

「片付けが苦手だな」と思っているあなたは、片付けをする前にまずモチベーションを上げた方が良いと思われます。

モチベーションを上げることで、片付けを飽きずに完遂しやすくなるはずだからです。

モチベーションを上げる

例えば、前に「片付けは楽しくない」と書きましたが、だったら片付けが楽しくなるように音楽をかけてみましょう。

あなたの好きな音楽、できればアップテンポな曲の方が作業をサクサク進められるかもしれません。

また、なるべく天気が良い時の方が気分も良いと思うので、天気も注視して片付けをしてみましょう。

片付けのモチベーションの上げ方の詳しい方法は、「モチベーションを上げて最後まで掃除や片付けをする3つの方法」や、「片付けができない!断捨離するためのモチベーション向上術!」を参照してみてください。

今のあなたに必要ない物は捨てる

物が少なくならなければ、その後の収納の作業はスムーズに進みません。

物を捨てる基準は、今のあなた自身にとって必要の無い物は極力捨てるという考え方です。

昔は使っていたけど最近は全く使っていない物や、いつか使おう身につけようと思っている物は、恐らく今後使用することはないと思われますので、思い切って処分しましょう。

この捨てる作業をする前に、ゴミの分別方法をチェックしておくことをオススメします。

いざ捨てる作業をしている時に、燃えるか燃やせないのかなどの疑問が頭の中にありますと、作業が途端に鈍化してしまうかもしれないからです。

物を捨てるやり方については、「開運!幸せになるためにいらないガラクタを捨てる3ステップ」「捨てるだけで効果を実感?風水に基づいたガラクタ処分術」も読んでみて参考にしてみてください。

収納する

収納をする上でポイントなのが、収納するべき物をピックアップして、それらにふさわしい収納プランを事前に立てておくことです。

例えば、上で書いたメタルラックやエレクターを使って収納する場合、事前にメタルラックやエレクターに何を収納するのか、そしてそれらをどのような位置に収納しておくのかという設計図を作っておきます。

こうした事前準備をした後で、収納用具やツールを調達しましょう。

収納に関する更に詳しい方法は、「部屋の既存の収納を上手に活用した、片付け・収納方法」「バタバタせずスムーズに引越すための、部屋の片付けのコツ」も合わせてお読みください。

学習机の整頓のコツ

「もっと集中して勉強や作業がしたい」という方にベストな学習机の整頓のコツを紹介します。

人間誰しも「視界に入る物」が少なければ少ないほど集中力は鈍らず研ぎ澄まされます。

集中力を上げたい人は、机に向かった時に視界に入る物を極力減らすようにしてみてください。

例えば、今まで教科書や参考書や資料などを、机に座った時の目の前に配置していたならば、それらの位置を変えて目の前に何もない状態にしてみてください。

僕の今の机の上は、パソコンと電子辞書と、いくつかの資料と筆記用具くらいしか置かれていません。

しかも視界に入る物はパソコンと電子辞書しかありません。

まとめ

僕の部屋もかつてはひっちゃかめっちゃかな状態でしたが、いろいろな方法を試すうちに物も少なくなり片付けもしやすい状態になりました。

特に机の上の物を減らすと、格段に集中力が途切れにくくなりました。

また、物が少なくなると掃除も定期的にやりやすくなります。

キレイな部屋を維持しなすくなりますよ。

ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*