楽してキレイを手に入れろ!片付け・収納代行サービスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「どうしても片付けや整理整頓が苦手!できない!」

「私も主人も朝早くから夜遅くまで仕事をしているので、疲れて時間も無いのでなかなか家の中の片付けができない…」

「小さな子どもの世話でてんてこ舞い。とても掃除している場合じゃない!」

このように様々な理由で片付けや掃除ができていないという方って、意外と多いのではないかと思います。

そういった方達の誰もが一度、このように思うのではないでしょうか?

「自分達ではもうどうすることもできないから、誰か代わりに片付けや掃除をして欲しい!」

今このブログを読んでいるあなたも、一度はこう考えたことがあるのではないでしょうか?

でも、一体誰に頼めば良いのかよくわからない、そんなサービスがあるのか?どんな業者があるのか知りたいと思うのではないでしょうか?

今回は片付けや掃除や整理整頓を、自分ではなく他の誰かにやってもらう「片付け代行」について紹介します。

スポンサードリンク

不用品回収業者によって片付け代行の有無がある理由

不用品回収業者によって片付け代行の有無がある理由

僕の叔母が経験した話

実は僕の叔母が、以前そのような片付けの代行サービスを利用したことがあるのです。

と言うのも、ある時叔母は家の不用品を処分しようと不用品回収業者を呼んで回収してもらったことがあるのですが、その時に

「ついでに回収していない物の整頓や収納までやって欲しい」

と頼んだのです。

叔母は片付けや整理整頓が苦手で、その不用品回収業者についでにやってもらおうと思ったのですね。

するとその不用品回収業者のスタッフは叔母に「我々の会社にはそのようなサービスは無い」と言ったのです。

ですが、その不用品回収業者が「片付け代行サービス会社」を紹介してくれて、見事叔母の望み通りになったのです。

なぜ叔母が不用品回収業者に家の中の片付けも頼んだかというと、お友達の方が別の不用品回収業者を利用した時に、部屋の片付けもしてもらったという話を聞いていたからなのです。

ある不用品回収業者では部屋の片付けの代行をやってくれる…

別の不用品回収業者では部屋の片付けの代行はしてくれない…

なぜ、そのように不用品回収業者で片付けの代行をやってくれる業者としてくれない業者がいるのでしょうか?

仕事の内容が明確に違うから

そもそも不用品回収業者は「不用品を回収して、リサイクルしたり売ったり廃棄したりする」業者です。

自分のところでやれなくても、リサイクル業者や中古品専門店に売ったりしています。

なので、「回収・処分のプロ」ではあるのですが、「整理整頓・収納のプロ」というワケでは無いのです。

仕事の内容や目的が明確に違うんですよね。

ではなぜ片付け代行をしてくれる業者もいるのかということなのですが、サービスの向上や、よりお客様の要望に答えようとする狙いで、片付けの代行までやっている業者もあるということなのです。

大小問わず不用品を回収しました

部屋の中を掃除して、回収しなかった物を整理整頓しました

となれば、喜ばれるお客様もいるということです。

ですが、やはり片付け代行までやってくれる不用品回収業者の方が少数なようです。

不用品回収業者と片付け代行は別と考えた方が良さそうです。

ですが、先にいらない物を処分して、後からいる物の整理整頓や部屋の掃除をする方が理にかなっているので、両者の関係はある程度密接だと捉えて良いと思います。

片付け代行の需要とは?

片付け代行の需要とは?
そもそも片付け代行とはどのような人に需要があるのでしょうか?

忙しくて全ての家事ができないという人

仕事が忙しいですとか、育児との両立ですとかで家事まで手が回らないという方の多くは、片付け代行サービスを利用しているようです。

内面的な内容を見ていけば、そういった人達はやはり「自分は片付けや整理整頓が苦手・不得意」と自覚しており、どうしても片付けや整理整頓や掃除を敬遠してしまい、結果片付けの代行サービスを利用しているようです。

障害があり片付けをするのが困難な人

身体的障害や精神的障害、さらには発達障害などで片付けや掃除が物理的・精神的に困難という方も、家事代行サービスを利用している方が多いようです。

特に発達障害をお持ちの方で、どうしても物が捨てられない・片付けができないという方が、片付けや清掃を他の誰かにやってもらっているというのは多いです。

なので、別に「片付けや掃除ができないから…」と言って恥ずかしがる必要はなく、むしろ堂々と片付けの代行サービスを利用すれば、日頃の生活がさらに円滑になるのではと思います。

どうすれば片付けられた部屋を手に入れることができるか?

どうすれば片付けられた部屋を手に入れることができるか?
片付けの代行サービスだけではなく、様々な「面倒な片付けをせずに片付かれた部屋を手に入れる方法」があります。

片付け代行のサービスを利用する

インターネットで検索をすれば、数多くの片付け・家事代行サービス会社がヒットします。

片付け代行サービスのメリットは、何と言っても自分の手を煩わせることなく、片付け代行の会社の人が部屋の中をキレイに整理整頓してくれるという点です。

ただデメリットとしては、少し高めの料金を払わなければならないことと、いくら他人がやってくれるとはいえ、あなたはその場に居なければならないということです。

家政婦さんを雇う

家政婦さんも片付けや家事代行サービスに似たサービスです。

メリットとしては、家事代行サービスよりも深く繊細なサービスをしてくれるということです。

また、あなたが留守の時でも家事一切をやってくれます。

デメリットは、家政婦さんとあなたとの「信頼関係」を構築できなければ不信感が出てくることです。

片付け代行サービスにも言えることですが、他人にやってもらうということは、ある程度その人を「信頼」できないと辛く感じると思います。

実際にそういった業者の人間や家政婦さんが、お客様の家の物やお金を盗むなんてことがありますからね。

引越し業者を利用する

片付け、とは少し違うかもしれませんが、整理整頓や掃除をしているとどうしても大きな物の移動は付き物です。

そこで便利なのが、引越し業者さんです。

意外かもしれませんが、引っ越しではない家具の移動や模様替えを行っている引越し業者はあります。

別途料金で食器類の片付けなども引越し会社のサービスであるようなので、それを利用すると良いと思います。

ただこれも、片付けをしてもらっている時はあなたもその場に居なければならないのが、ネックです。

整理収納アドバイザー・コンサルタントに依頼する

上で出てきた3つの方法は極めて有効な方法ですが、ちょっとお金が掛かってしまいます。

「そんな金額払えない!」という方については、整理収納アドバイザーや整理収納コンサルタントと呼ばれる方に、片付けの方法やノウハウを教えてもらい、自分でやるというのも策のひとつです。

確かに「時間が無いから片付けできない」という方にとっては無効な方法かもしれませんが、「片付けが苦手だから」という方にとっては、苦手な片付けができるようになるし、上の3つに比べて長期的なコストはかからないので、有効だと言えます。

整理収納アドバイザーや整理収納コンサルタントについての詳しいことは、「そんな人っているの!?片付けや収納の先生や業者について」「上手くいけば仕事になるかも!?「整理収納アドバイザー」で片付けのプロに」を参照してみてください。

まとめ

僕の家でも、かつて母が入院していた時にハウスクリーニングをしてもらった経験があります。

お風呂、トイレ、2つの部屋の畳と廊下の拭き掃除、窓ガラス、網戸、照明器具をキレイにしてもらいました。

料金は4万円ほどで、思っていた以上に綺麗でびっくりしました。

確かにお金はかかるのですが、専門的知識を持った人がやってくれるので、その内容は完璧です。

こういったサービスの良いなと思うところが、良い「キッカケ」になるのではということです。

例えば、物が多くて散らかった部屋があるとして、まずは不用品回収業者に不用品を回収してもらい、その後で片付けの代行サービスを使ってキレイで整った部屋にしてもらう。

そうすれば、「あっ、この部屋の状態を維持しなくては!」という気持ちになる人もいるのではないかと思うのです。

さすがに高い金額を払ってキレイにしてもらったのですから、すぐに散らかしたり汚したりするのは心もとないですから。

片付けや掃除が苦手だという方は、ぜひ検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*