家事における片付けのウェイトを極力少なくする4つのコツ

家事における片付けのウェイトって本当に多いですよね…。できれば早く、簡単に、手軽に片付けをしたいものです。

ですが、「片付けが苦手」な方にとっては、そんなに簡単に「はい!片付け終了!」というわけにはいきません。

そこで今回の記事では、片付けが苦手な方でも掃除・片付けの割合を少なくして、他の家事に時間を割く方法やコツについて紹介します。

片付けに対する心理的負担が少なくなり、以前よりもちょっぴりでも片付けが得意になるかもしれません。ぜひ最後までお読みください。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

1 家事をもっと効率よくするために

一般的に掃除や片付けが苦手という主婦の方が多いです。

理由として考えられるのが、掃除や片付けは「引き算」の作業だから、楽しみながらできないということです。

例えば料理をつくるのであれば、あの食材とこの食材を買ってきて、ああしてこうしてすれば、その創意工夫が目に見えて、味わうことのできる「作品」になって出てくるわけですから、料理に楽しみを見出す人は多いです。

しかし、掃除や片付けは、要らない物を捨てて服は畳んで収納して、汚れがあったら掃除機で吸ったり雑巾で拭いたりという作業なので、「キレイで清潔な家や部屋じゃないとダメ!」という方じゃない限り、あまり楽しみを見い出せないのではないかと思います。

だから、掃除や片付けが苦手という方は、極力その作業に時間を割かずに、他の楽しい家事を優先してできるように、掃除や片付けをしていくと良いと思います。

つまり、嫌な家事には時間をかけずに、まだ楽しみのある家事をした方が、家事全般に対してやる気が出てくるのではないかということです。

2 うまく片付けができない3つの理由

片付けができないには「理由」があります。その理由を自覚することができれば、「理由の対策」もできるようになります。

理由その1:「時間」がない

  • 朝起きたら朝ごはんやお昼のお弁当を作る…。
  • それができたらご主人を起こしに行く…。
  • ご主人を送り出す…。
  • 小さいお子さんがいらっしゃったら、幼稚園や保育園に送っていく…。
  • 帰ってきて洗濯や掃除…。
  • お仕事をされている方なら自分も仕事へ行かないといけない…。
  • 晩ごはんを作らなければならない…。
  • 子どものお迎えに行かなければならない…。
  • 夜になったら子どもを寝かしつけなければならない…。

何年か前の何かのコマーシャルで、タレントの三浦りさ子さんが、「主婦ってほーーーーーんと忙しい!」と言っていましたが、正にそうです。

主婦は、めちゃくちゃ忙しいです。

だから時間に追われています。

なので、その日一日でやってしまわないといけない家事を効率よくしていかなければ、一日が終わらないのです。

理由その2:「余裕」がない

上述のような生活のスケジュールを毎日こなさないといけないとなると、必然的にあなたの心には余裕というものがなくなっていくと思います。

アレもして、コレもして、何かが上手くいかなかったり、ご主人から文句を言われたりすると、すぐに腹が立ったりイライラしたり、むなしくなって泣いちゃったりしたこと、ありませんか?

そうならないためにも、家事を効率よくバランスよくする必要があるのです。

理由その3:「夫」と「子ども」の面倒も見なければならない

仕事で忙しい旦那さんのマネージメントをしなければならないし、お子さんがいたらお子さんの面倒もみなくてはなりません。

朝起きれないご主人や子どもを起こさなければならないし、日々の家事に追われて、疲れ果てて、帰りが遅い旦那さんとの会話の時間もあまりなく、子どものイタズラで家の中はめちゃくちゃ…。

近くに両親が住んでいたり、家庭に協力的なご主人であればいくらかは楽かもしれませんが、そうでないご主人だと、何もかも全てあなたがやらなくてはいけない…。

夫とお子さんの面倒をすべて見る必要があるので、片付けに目がいかなくなることって本当に多いです。

ご両親が身近にいれば「どこかを任せること」でもできますが、別のストレスを抱えてしまう可能性もあります。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

3 掃除や片付けを短い時間や負担でする4つのコツ

ではどうやったら掃除・片付けを短い時間で済ませ、負担を軽くすることができるのか?

4つのコツを紹介します。

  1. とりあえず一回、断捨離してみる
  2. こまめな掃除を毎日する
  3. 掃除や片付けに遊びを取り入れる
  4. 使えるツールやサービスを使う

できる・できないはあると思いますが、一つ一つ実践してみてください。

(1)とりあえず一回、断捨離してみる

これから掃除や片付けを、効率よく、なるべく時間を割かずにするために、一度、大々的に断捨離をしましょう。

要る物と要らない物とで分けて、要らない物を処分しましょう。

そして、家にあるすべてのものに定位置を設けると、片付けるのが楽になります。

(2)こまめな掃除を毎日する

極力掃除や片付けの割合を減らすためには…こまめな掃除や片付けを毎日することです。

掃除や片付けをせずに放ったらかしにしていて、散らかったり汚れてきたと思ったら、ガッツリ時間を割いてする…というやり方は、放ったらかしにしている時は気分が楽かもしれませんが、ガッツリ時間を割いてすると、精神的にも肉体的にも疲れてしまい、掃除や片付けを完遂できないかもしれないからです。

面倒くさい時は、クイックルワイパーで済ませる。そんな小さなことでもいいです。一日10~20分だけでいいので、毎日掃除や片付けをすることをオススメします。

小さなコツコツが習慣になり、だんだんとやらないと気持ち悪くなってくるようになりますよ。

一気に長時間やってはいけません。短時間でいいですから、毎日欠かさずやっていきましょう。

(3)掃除や片付けに遊びを取り入れる

これはお子さんがいらっしゃる方に有効だと思います。

掃除や片付けをひとりで黙々とするから、退屈だし苦手だと感じるのであれば、子供と遊びながらしてはどうでしょう?

おもちゃ屋さんに行ったら、2歳頃から使える掃除機とかあると思います。

ちょうどその年齢くらいだと、お母さんの真似がしたい年頃ではないでしょうか?

だから、一緒に掃除機をかけたり、遊びながら歌も歌いながらお片付けをしたりすれば良いのではないでしょうか?

そうしたら掃除もはかどるし、片付けもしてくれるようになります。

(4)使えるツールやサービスを使う

それでも掃除や片付けへのやる気やパッションが湧かない…

であれば、あなたが無理に掃除や片付けをすることもないのではないでしょうか?

例えば、自身や義理の親御さんが近くに住んでいて、良好な関係を保てているのであれば、そういった人たちに助けを求めましょう。

例えば、あなたが仕事をしながら主婦をしているのであれば、あなたが仕事に行っている間に、そういった人たちに掃除をしてもらったり、洗濯をしてもらったりしたら、いかがだったでしょうか?

また、そういった間柄の人たちが近くにいないのであれば、家事代行サービスを利用してみるのも良いかもしれません。

他人を家に上げなければなりませんし、少々お金もかかってしまいますが、家や部屋が汚くて、ご主人に小言を言われることと天秤にかけたら、どちらがいいでしょうか?

さらに、ちょっと前に流行った「お掃除ロボット」を導入してみてはどうでしょう?

先述した、毎日軽く掃除機をかけるという作業が難しいのであれば、とても有効だと思います。

ああいった「お掃除ロボット」は、障害物を避けてくれるので、床に物を置いていたら避けてしまうので、自発的に床に物を置いてはならないというマインドになるかもしれません。

良好な家庭を維持するために

  • 日々の家事に追われて、掃除や片付けがおざなりになってしまい、散らかった部屋を見た夫が癇癪を起こす…
  • 夫婦間での諍いが絶えず、挙句離婚する…

そういった「最悪のケース」が、結構あります。あなたの家庭はどうでしょうか?ちゃんと良好な夫婦関係、または家庭が維持できていますか?

もし、掃除や片付けのことでご主人とモメているのであれば、そういった懸念も無くはないです。

「最悪のケース」が起きないためにも、掃除や片付け、してみませんか?