遺品整理業者とは、遺品整理を専門に扱う業者のことです。遺品整理は専門性が高く、ほとんどの人にとって経験のない作業なので、判断や実行が難しいケースが多くみられます。この記事では、経験のない人にとって難しいケースが多い遺品整理について、適切なプロの業者をどのように選定すればよいかについて紹介しています。

最短
即日
可能

即日対応専門サービスだからできる緊急対応!
夜間早朝も対応・年間8万件以上の相談実績。

年中無休・分別不要

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

遺品整理とは?

遺品整理とは?
遺品整理とは、亡くなった方の遺品、つまり日用品や形見の品、コレクションなどを形見分け・処分・廃棄することを指します。

遺品を整理するということは大切な方が亡くなっているわけですから、悲しみや混乱におそわれる方もいるでしょう。一方で、遺品整理は亡くなった状況によっては大変な作業になることがあります。

遺品が大量である場合や、遺族も把握できていないような遺品が出てくる場合は、整理に多大な労力がかかります。突然亡くなったときは遺品整理以外にもやることが多く、手が回らないこともあります。

一般的に遺品整理は、四十九日が明けてから行うべきだとされています。持ち家だった場合は急ぐ必要がありませんが、亡くなった方の住居が賃貸住宅だった場合は、退去日までに全ての遺品を整理しないといけません。

やるべきタイミングが明確に決まっておらず、手順もはっきりしないので、いざ遺品整理をするとなってもどうするのがよいのかわからないという人は少なくないでしょう。

遺品整理業者の料金相場と作業時間

遺品整理業者の料金相場と作業時間
遺品整理は複雑で大変なことも多いので、プロの業者に頼むことをおすすめします。

しかし、業者に依頼するにしても、どのくらい料金がかかるのか、かなり時間がかかるのでないか、などの懸案事項もあるでしょう。

実は、遺品整理を扱う業者にもいくつかの種類があり、それぞれの得意分野や特性は異なっています。

そのため、それら業者の区別をきちんとつけておく必要があります。ここからは、それぞれの業者に依頼するべきタイミングについて、順番に確認していきましょう。

遺品整理業者に頼むタイミング

遺品整理を扱う業者として、まず、「遺品整理業者」があります。読んで字のごとく、遺品整理を専門にしている業者です。

こちらの要望にしたがって、遺品のうち、処分してよいものと残しておきたい大事なものとを適切に区分してくれます。

「故人がよく使っていた腕時計があるはずだが、どこにあるかわからない」など、残しておきたいが見つからない貴重品がある場合、依頼すれば探してもらうこともできます。処分してほしい場合はそのまま処分してもらえるので、不用品回収の役割も果たしてもらえます。

また、遺品整理業者がリサイクル業者を兼ねている、あるいは提携している場合は、不要な遺品のうち買い取ってもらえるものがあれば、そのまま売ってしまうこともできます。

遺品の全てを残すあるいは全てを処分するのではなく、一部は大事に残しておいて不要なものは売るか処分してしまいたい、という場合には遺品整理業者がおすすめです。

何から始めればよいかわからない場合でも、特別な事情がないのであれば、まずは遺品整理業者に相談するのがよいでしょう。遺品整理をすべきとなったタイミングで、とりあえずは遺品整理業者に相談してみましょう。

空き家片付け業者に頼むタイミング

ところが、遺品整理業者だけでは対応できないケースや、他の専門業者に依頼した方がよいケースもあります。

たとえば、亡くなった方が持ち家に住んでいたが、その持ち家ごと処分しようとしている場合は、遺品整理業者よりも「空き家片付け業者」に依頼すべきでしょう。

空き家片付け業者の仕事は、住む人がいなくなった家を解体するにあたって、家の中のものを処分することです。もし亡くなった方の家ごと処分する場合は、空き家片付け業者に頼めば、遺品整理も一緒に行ってもらえることがあります。

空き家ごと処分するとなると、作業量が多く自分だけでできないことがあるので、プロに頼むのが適切です。

空き家片付け業者は、空き家に残された遺品を扱うプロなので、遺品が大量である場合や雑多である場合にも、対応してくれる可能性が高いです。場合によっては、空き家を取り壊さずに売却するといったケースに対応してくれる業者もありますので、空き家の遺品のみならず空き家を今後どうしたいか、といったことも決めておきましょう。

亡くなった方が住んでいた家が空き家になっており家財ごと整理したい、という問題が起きたタイミングならば、空き家片付け業者に依頼するのが一番よいでしょう。

ゴミ屋敷清掃業者に頼むタイミング

空き家ごと遺品を処分したいとなったとき、遺品が価値のあるものや残したいものばかりとは限りません。

亡くなった方が独り暮らししていた場合、「ゴミ屋敷」になりやすい傾向があるといわれています。

亡くなった方が家をゴミ屋敷にしてしまっている場合、家がゴミでいっぱいになっているので、遺品の整理どころではありません。

残したい遺品があるのだとしても、まずは大量のゴミを処分してからになります。ゴミ屋敷は放置すると悪臭や害虫の発生をひきおこし、状態がひどい場合は行政処分の対象となることもあるので、故人の家とはいえ放置してはいけません。

空き家がゴミ屋敷になっている場合は、処分に高度な技術が必要であったり、大量あるいは大型のゴミを処分しないといけないケースが多いので、自分だけで処理しようとせず、「ゴミ屋敷清掃業者」などの専門業者に依頼すべきです。

空き家となると個人で対処できるような規模でないことが多いので、亡くなった方の家がゴミ屋敷になっていることがわかったタイミングで、まずはゴミ屋敷清掃業者に相談するようにしましょう。また、ゴミ屋敷の対処法については、以下のリンクで詳細に解説されています。

ゴミ屋敷・汚部屋を自力で片付けるには?業者に依頼する場合も解説!

特殊清掃業者に頼むタイミング

最後に、亡くなった方が独り暮らしだった場合は、孤独死や事故死を伴うことがあります。

そういった場合、家を汚してしまっているために、遺品整理にも支障をきたす可能性があります。

そのような物件は、今まで挙げた業者では業務を請け負ってもらえないこともあるので、別の業者に依頼することになります。

死去に伴い、遺品整理のみならず家の大規模なクリーニングをしたい場合は、「特殊清掃業者」に依頼をしましょう。

特殊清掃業者は死亡があった家屋などのクリーニングをするプロです。汚れやにおいをとることが専門ですが、清掃に伴って遺品整理のための不用品の廃棄なども一緒にしてくれることがあります。

遺品整理を同時にしてしまいたい場合は、遺品整理も一緒に相談しましょう。

汚れなどがひどい場合はリフォームの必要性も出てきますが、リフォーム業者を兼ねていたり提携している場合は、清掃に伴うリフォームまで相談することが可能です。

亡くなった方が孤独死や事故死だったケースで、遺品整理のみならず家の清掃やリフォームもしたいタイミングだった場合は、特殊清掃業者に依頼するようにしましょう。

最短
即日
可能

即日対応専門サービスだからできる緊急対応!
夜間早朝も対応・年間8万件以上の相談実績。

年中無休・分別不要

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

遺品整理の料金の内訳とは

遺品整理の料金の内訳とは
さて、どのような場合にどんな業者に依頼すればいいかについてはクリアになったと思います。

次に、遺品整理にはどのくらいの費用がかかるのかという料金について考えないといけません。

遺品整理を業者に依頼した際にかかる料金についてみていきましょう。

遺品整理にかかる料金はケースバイケースで、一概にいくらあれば必ずしてもらえる、というものでもありません。

しかし、料金を決める要素はいくつか存在しており、ここでは4つのポイントを紹介します。

①扱う遺品の量
扱う遺品が多い場合、運び出すための人件費やトラックなどの車両の台数が増え、また処分費用も高くなるので、料金が高くなる傾向にあります。家が広くモノが多いケースや、箪笥などの大型の家具が多いケースでは、料金は高くなりがちです。

②作業にかかる日数や期日
遺品整理は場合によっては大量の遺品を扱うことがあり、その場合車両を往復させたり運び出すのに多くの作業が必要なため、日数がかかってしまうことがあります。一般的には、短い納期で依頼しようとすれば、料金が高くなってしまいます。賃貸住宅の退去日が決まっているようなケースで、直前に短い納期で依頼してしまうと、非常に高額になることもあります。できるだけ日数に余裕をもち、早めに動くようにしましょう。

③遺品をリサイクルできるかどうか
遺品整理業者は、リサイクル業者を兼ねていたり、提携していることが多いので、リサイクルできるモノなら無料で引き取る、あるいは買い取ってもらえることがあります。布・紙・金属などが大量にある場合は、リサイクル業者が引き取ったり買い取ったりしてくれるので、結果的に料金を低く抑えることができます。

④遺品を買い取ってもらえるかどうか
遺品によっては高い価値があり、買い取ってもらえることもあります。家電、家具、着物などを含む衣類、貴金属やブランド品、骨とう品やカメラなどは、高い値段がつくこともあります。遺品のうち手放してもよいものは、買い取り業者に依頼することも検討しましょう。

遺品整理業者を選ぶポイント

遺品整理業者を選ぶポイント
ここまで、遺品整理についてみてきました。大まかなイメージはつかめたと思いますが、まだ大きな問題が残っています。

つまり、どのような遺品整理業者を選べばよいのかという業者選びのポイントです。

業者選びを間違わないように、業者に依頼する際には次のようなポイントに気をつけておきましょう。

①遺品整理の専門業者であるか

遺品整理は、通常の不用品処分や清掃とは必要な作業が異なり、場合によっては膨大で複雑な作業になります。専門知識のない業者に依頼してしまうと、リサイクルや買い取りのチャンスを逃したり、大事な遺品を処分されてしまうリスクもあります。

「遺品整理できます」という宣伝文句をみるだけでなく、その業者にきちんとした遺品整理の実績があるかどうかを確認しておきましょう。

業者が持っている資格に注目するのも有効です。

遺品整理業者にとって必須な資格の代表として「一般廃棄物収集運搬許可」があり、一般家庭のゴミを集めて廃棄するために必要です。また、遺品整理についての知識をもつ「遺品整理士」という資格もあります。貴重品の買い取りなど、中古品の売買に関する「古物商免許」なども、遺品整理業者としては有用な資格ですので、持っている業者の方が信頼がおけます。業者を選定するうえでは確認しておくとよいでしょう。

②料金体系が明示されているか

既に述べたように、遺品整理にかかる費用はケースバイケースで、高額になることもあります。とはいえ、計算方法は当然のことながら業者ごとに存在するはずなので、料金の例や、参考価格、算出の方法がホームページなどに書かれているかをチェックしておきましょう。

事前に見積もりを出してもらうことも必須になります。料金体系が明瞭であることも、優良業者の条件の一つです。

③アフターサービスが充実しているか

遺品整理は、不用品の処理のみならず、貴重品の買い取りなどを伴うこともあります。引き取ってもらって終わりではなく、不用品の運搬が終わった後もやり取りが続くことが多いので、アフターサービスが充実した業者であるかを確認しましょう。

また、遺品整理は大事な親族が亡くなった場合に行うことが多いものです。精神的に疲れていたりするときもあり、業者とのトラブルがあると大きなストレスになります。料金の安さのみならず、対応が丁寧であるか、良心的であるかなども念頭に置いて、業者を選ぶようにしましょう。

遺品整理をする際に注意すること

遺品整理をする際に注意すること

ただし、業者を選ぶポイントを抑えれば、遺品整理がうまくいくわけではありません。業者に依頼する前に、気をつけて考えておかないといけないこともあります。

財産を誤って捨ててしまわないようにする

遺品は亡くなった方のものですから、当然亡くなった本人はそれに詳しいものの、家族や親族にとっては価値のわからないものや、一見すると不要にみえるものもあります。特にコレクション品などは、価値がなさそうに見えても意外にも金銭的価値が高いこともあるので、安易に捨ててしまうべきではありません。

そして、いくら素人が価値を見極めようと思っても限界があります。価値がありそうだけど簡単に判別できない場合や、品数が多すぎる場合は、自分の判断で捨てずに専門業者を頼りましょう。

古物商免許を持っている遺品整理業者であれば、価値があるはどうかについてある程度の判断をしてくれるので、捨てるべきかどうかのアドバイスとしては有効です。

また、少しでも高値で売りたい場合や、宝石やブランド品など明らかに高級品である場合は、鑑定士などの専門業者に依頼することも検討しましょう。

古物商免許を持っている遺品整理業者は、遺品を買い取ってくれたとしても、最終的にはブランド品や貴重品・コレクション品を扱う専門業者に売却しています。古物商免許を持っている遺品整理業者も、おおまかに価値があるかどうかはわかるものの、中古品の価値を判定するプロではないので、必ずしも精確な判定ができるわけではありません。

遺品を整理するのみならず高くで売りたい場合は、別途専門業者に依頼する選択肢もあり得るのです。

相続人を話し合っておく

遺品はふつう、誰か一人のものとして独占できません。亡くなった方の財産である限り、法的に定められた規則にのっとって相続されることになります。

遺品は遺書があれば遺書の通りに、なければ法定相続人で分割します。も

し勝手に独断で整理してしまうと、法的なトラブルに発展することもあります

遺品整理業者に依頼して実際に整理をするのは、相続について話し合い、遺産分割が終わってからにすべきであることに注意してください。

遺品整理の作業事例

実際に片付け110番でご依頼いただいた遺品整理の作業事例をご紹介いたします。

作業事例1

【下関市彦島西山町】冷蔵庫、エアコンなどの遺品整理ご依頼

BEFORE

【下関市彦島西山町】冷蔵庫、エアコンなどの遺品整理ご依頼

AFTER

回収内容 冷蔵庫、エアコン、洗濯機 、食器棚、布団、ハンガ-ラック、電子レンジ、学習机、イス、段ボール
実際の作業料金 269,500円
お客様のご要望 早めの対応希望
担当のコメント 遺品整理に伴い大量の不用品(冷蔵庫、エアコン、洗濯機 、食器棚、布団、ハンガ-ラック、電子レンジ、学習机、イス、段ボール)の処理にお困りのお客様からご相談いただきました。サイトの口コミをご覧いただき、「すぐ依頼しよう」と思っていただけたようです。作業内容にもご満足いただけたようで「100点」を頂きました!今後もお客様にお喜びいただけサ-ビスが出来るように努力していきます。
片付け110番に依頼される前は、どんなことで悩んでいましたか?
主人が亡くなって、子供も遠くにいるので、自分に何かあったら子供に負担がかかるので、早く処分しようと思った
片付け110番を知ってすぐに依頼しようと思いましたか?もしそうでなかった場合は、どのような不安がありましたか?
検索で色々出てきたけど、口コミ見てすぐに決めました
色々なサービスがある中で、何が決め手となって片付け110番に依頼されましたか?
見積もりに来た人の人柄が良かった
実際にご利用になっていかがでしたか?
すごく良くしてもらって、大満足です
最後にサービスの点数を教えてください!
100

作業事例2

【大津市】家財道具の回収など遺品整理のご依頼 お客様の声

BEFORE

【大津市】家財道具の回収など遺品整理のご依頼 お客様の声

AFTER

回収内容 1軒分の家財道具(冷蔵庫、洗濯機、タンス、衣装ケース、衣類、食器棚、食器、調理器具、布団、雑貨など)
実際の作業料金 464,778円
お客様のご要望 1軒分の家財道具をすべて回収してほしい。
担当のコメント ご家族が生活されていたお住まいの片づけをお考えのお客様からお問い合わせをいただいておりました。何もかも生活されていたまま残されており、お客様お一人だけでは片付けができずお困りのご様子でした。現地お見積もりの前に、料金の目安としていただけるよう2トントラック1台分の積み放題パック料金をお伝えいたしました。現地を確認したところ、1軒分とご処分品の量の多さから高額なお見積金額となりましたが、料金にもご納得いただけたようです。お客様が途方に暮れていた作業も、ベテランのスタッフによりあっという間に終わらせ、片付いたお部屋にご満足いただけたようです。
片付け110番に依頼することに不安はありましたか?
途方にくれていましたが、助かりました。ありがとうございました。
片付け110番のどんなところに魅力を感じてご依頼されましたか?
いろんな事でも対応していただけること
片付け110番へのご依頼前、どんなお悩みを抱えていましたか?
本当に片付けが出来るのか不安でした
スタッフの人柄・対応はいかがでしたか?
想像以上でした。
今後も片付け110番を利用したいと思いましたか?
すごくそう思う
最後にサービスの点数を教えてください!
90

作業事例3

【東根市神町】2t1台分の遺品整理ご依頼 お客様の声

BEFORE

【東根市神町】2t1台分の遺品整理ご依頼 お客様の声

AFTER

回収内容 家屋と店の中の家財
実際の作業料金 44,324円
お客様のご要望 まずは見積もりからお願いしたい
担当のコメント 遠方にお住いで、遺品整理の時間が取れずお困りだった女性のお客様。「日時指定で対応してもらえますか」とご不安なご様子でした。遺品整理の範囲はお家だけでなく、お店をしていた場所の業務用品にも及ぶ為、お客様ご自身で片付け切ることにご心配をされていたそうです。まずは見積もりでしっかり料金を出させていただいて、ご検討後に正式にご依頼くださいました。作業後は、対応が早かったと喜んで下さり、私たちも嬉しい気持ちでいっぱいになりました。この度はご依頼くださりありがとうございました。
片付け110番に依頼することに不安はありましたか?
なし。
片付け110番のどんなところに魅力を感じてご依頼されましたか?
対応が早かったから依頼しました。
片付け110番へのご依頼前、どんなお悩みを抱えていましたか?
遠方の為時間が取れずに困っていました!
スタッフの人柄・対応はいかがでしたか?
対応が早く、仕事もきれいで良い!
今後も片付け110番を利用したいと思いましたか?
すごくそう思う
最後にサービスの点数を教えてください!
98

作業事例4

【今治市室屋町】遺品整理のご依頼 お客様の声

BEFORE

【今治市室屋町】遺品整理のご依頼 お客様の声

AFTER

作業内容 家財道具の回収(冷蔵庫、テレビ、洗濯機、掃除機、ガスコンロ、タンス、収納棚、布団、ベッド、雑貨など)、ハウスクリーニング
実際の作業料金 270,044円
お客様のご要望 4/23に見積もり、作業は今月中にお願いします。
担当のコメント ご家族の方がお亡くなりになり、お部屋の片づけをお考えになったお客様。大切な方とのお別れに心を痛めているなか、片付けをどうすればよいのかと悩んでいらっしゃいました。お辛いお気持ちを心よりお察しいたします。家財道具の回収やお部屋の清掃など、お客様に必要な作業をお伺いし、作業にかかる最低金額をお伝えいたしました。詳細の金額をご案内できる現地お見積もりを行ったところ、料金にもご納得いただけ後日作業の運びとなりました。作業後に片付いたお部屋だけでなく、お客様に必要なサービスは何なのかを考え親身に対応するなど、担当したスタッフの丁寧な対応にも大変喜んでいただけたようです。
片付け110番に依頼することに不安はありましたか?
いいえ
片付け110番のどんなところに魅力を感じてご依頼されましたか?
全てお任せ出来る事
片付け110番へのご依頼前、どんなお悩みを抱えていましたか?
漠然として、どうしようって思っていました
スタッフの人柄・対応はいかがでしたか?
無理な事でも真剣に考えて、心の傷みに寄り添い…共に考えて下さった事が有難かったです
今後も片付け110番を利用したいと思いましたか?
すごくそう思う
最後にサービスの点数を教えてください!
100

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

遺品整理は近親者の不幸という、慌ただしくかつ精神的な負担の大きいときに生じる問題であると同時に、多くの人にとってなじみがなく、プロに任せた方がよいケースも多くみられる問題です。

またバリエーションがたくさんあるので、一概に料金や任せるべき業者を決められないという側面もあります。

金銭的あるいは精神的な負担が少しでも減らせるように、適切な手順を踏み、適切な専門業者を選び、任せることで、円滑に遺品整理を行えるようになりましょう。
不用品回収サービスバナー
ハウスクリーニングサービスバナー
草刈り・草抜きサービスバナー