初めてだけど慣れた感じで引っ越したい!片付けの順番のチカラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「もう無理、もうダメ、もう限界」

東京で一人暮らしをしている妹が、僕に電話をかけてきました。

僕は何のことだかわからなかったので、理由を聞いたら、なんと札幌転勤が決まったらしいのです。

僕が大変だなぁと言ったら妹は、

「札幌に住んで仕事するより前に、家が片付かない!」

と言うのです。

昔から妹は物が片付けられなくて、家の部屋にはマンガやゲーム、化粧品などが散乱していました。

その性格は東京で一人暮らしになっても変わることはなく、東京の家も同じような感じらしいです。

初めての転勤、社会人になって初めての引っ越し。

部屋の中は物が散乱しているし、仕事も忙しいので時間もない。

仮に時間が割けれたとしても、何からすればいいかわからないと言うのです。

同期や先輩に尋ねても、自分と似たようなケースがなく参考にならない…

なので妹は、僕が社会人になって一度引っ越しを経験していること、そして学生の時に大掛かりな掃除や片付けをしてスムーズな引っ越しができたこと(詳しくは「物置部屋を使える部屋にする3つの片付けのコツ」を参照)、さらには友達の家の片付けのやり方(詳しくは「【朗報】オタク部屋を整頓するためオススメグッズ」を参照)を教えていたことを知っていたので、僕に助けを求めてきたそうです。

なので僕は、その時に調べたやり方や、実際にしたことや、何が大事なのかということを教えてあげました。

妹はひとつひとつメモを取って、その通りにやってみたそうです。

そうしたら、思うような片付けができて、想像以上に安い値段で引っ越しができたのです。

手伝いに行った両親も、思いの外やることがなかったと言っていました。

僕の妹のように、一人暮らしになって初めての引っ越しを控えているけど、何からどうやってやればいいかわからないという方って多いのではないかと思います。

今回は、そんな社会人になって初めての単身引っ越しを控えている方のために、ひとりでも簡単に引っ越し前の片付けができる方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

引っ越しの片付けが進まない4つの理由

引っ越しの片付けが進まない4つの理由
引っ越しに限らず、片付けという作業は気が進まず手も動きづらいと思います。

その理由をひとつひとつ見ていきましょう。

物が多い

洋服等の衣類、小物、アクセサリー、バッグ等など…

女性は持っておくべき物が多いです。

それらに加えて、趣味の物や他の生活用品もあるわけですから、余計に大変です。

部屋を見渡して溜息をついたことのある方もいらっしゃるでしょう。

まずは、これらの物の量をひとつでも減らしていかねばなりません。

捨てるという作業が辛い

物の量を減らすために要らない物を捨てていかないといけないのですが、物を捨てる作業って肉体的にも精神的にも結構辛いです。

特に元々片付けが苦手であまりやらないという方にとっては、苦痛で仕方ないと思います。

梱包作業が面倒くさい

いくら捨てて物を少なくしたと言えど、それらをそのまま運ぶわけにはいきません。

物を段ボール箱に入れたりなどして梱包してから運ばなければなりません。

じゃあ、段ボール箱をどうやって調達しよう?

どういうやり方で梱包作業を進めよう?

わからないことだらけです。

やる気・モチベーションが上がらない(むしろ下がる)

頭に「?」ばかりが浮かんでしまい、やる気も出ないし手も動かないことでしょう。

引っ越しをし慣れている人ならスムーズにできるのでしょうが、そうではない人からしてみれば究極も難問と言っても過言ではないでしょう。

計画を立てて進めることがベスト

計画を立てて進めることがベスト
刻々と期日が迫っているから引っ越しをしなければならない。

でも、やる気になれないし手が動かないから、全然作業は進まない。

どうすれば良いかわからないと思った時にしていただきたいのが、片付けの計画を立てることです。

仕事でも何でも「準備8割、本番2割」という言葉通り、引っ越しの片付けの準備としてまず計画を立てていただきたいです。

仕事をする時もただ闇雲に目の前のタスクを片付けていくのではなく、事前に計画を立てて実行した方が、終わる時間も早くなるしクオリティの高い仕事ができると思います。

引っ越しも片付けも一緒で、事前に計画を立てて実行することによって、短期間でスムーズな結果を生み出すことができると思います。

それではこれから、片付けの計画を立てる上で大事なこと、片付けへのやる気を持続させるコツ等を紹介していきます。

やる気を落とさない順番を決める方法

期間を確認する

期間を確認する
転勤等で引っ越しをするのであれば、いつまでに引っ越しをして赴任地へ行くかというおおよその日程がわかるはずです。

その日程を見ながら、いつまでに荷造りしないといけない、いつまでに業者を手配しないといけないということがわかると思います。

そういったことを逆算して考えていくと、荷造りの前までに片付けをしておく必要があります。

とあるサイトに書かれたいたのが、片付けと荷造りを合わせてやる期間が、単身の引っ越しなら約5日と書かれていました。

僕の経験則では、片付けだけで約3日、荷造りに3日もあればできると思っています。

しかし、持ち物が多くて部屋が散乱してる方であれば、転勤の辞令が出たその日から、片付けの作業に入ることを勧めます。

職場の身の周りも片付けなければなりませんし、送別会等もあると思いますから、早め早めの行動を心がけてください。

最初にすること

最初にすること
片付けの基本は「物を捨てる」ことです。

最初にする作業は、「要る物」と「要らない物」の箱をつくって、物を分けていきます。

普通の部屋の片付けであれば、その2つの箱に加えて「保留」の箱を使うやり方を勧めているのですが、今回は引っ越しの片付けなので、荷物が極力少ない方が望ましいので、保留の箱を使わず、要るかどうか一瞬でも迷ったら、「要らない物」の箱に入れるようにしましょう。

更に詳しい片付けのやり方等に関しては、「片付け上手で収納上手になるための、物の捨て方の「極意」」「決めるだけで散らかりにくくなる、家の片付けの順番」に書かれていますので、知りたい方はご覧になってください。

また、片付けのモチベーションに関しても、「モチベーションを上げて最後まで掃除や片付けをする3つの方法」に詳しい内容が載っているので、参考にしてみてください。

片付ける場所の順番

片付ける場所の順番
じゃあどこの物を捨てていくかと言うと、普段あまり使わない物や場所からやっていきましょう。

例えば、クローゼットやタンスや押入れの奥の方や、反対の季節に着る服から捨てるという作業をしていきましょう。

使う頻度の少ない物やあまり触れない場所から徐々に片付けを進めていき、だんだんと使う頻度の高い物・よく触れる場所へと作業を移していきましょう。

作業の流れが確認できたら

以上のことを加味して、荷造りまでの計画を立てていきましょう。

例えば、自分はあまり着ない衣類やアクセサリーがたくさんありそうだから、ここのタイミングで買取業者さんを呼びたい。

そのためには、いついつの時点までには、服やアクセサリーの片付けをしておかないといけないといった、綿密な計画を立てていきましょう。

計画を立てる時のポイントは、何か想定外のことが起きるかもしれないので、ある程度余裕を持たせた計画をつくることです。

次は、実際に片付けをしていく中で、しておいた方が良いコツを紹介します。

引っ越しの片付けに役立つ4つのコツ

引っ越しの片付けに役立つ4つのコツ

要らない物をお金に変える方法

要らない服や小物、靴、アクセサリーが出てきて、少しでもお金にしたいと思う方は、買取業者に持って行ったり、大量にある場合は出張買取に来てもらいましょう。

もし期間が許されるのであれば、インターネットオークション利用すれば、手間はかかりますがより高値で売れることが期待されます。

そういった、要らない物からお金になる物が見つかると思ったら、モチベーションの向上にもなるでしょう。

必要最低限の物だけ手元に残す

使う頻度の少ない物や場所から片付けを徐々に進めていき、引っ越す最後の日まで使うと思われる物を手元に残しておきましょう。

あまり使わない物・場所→趣味の物→家事等生活していく上で必要な物という感じで順番をつけて、計画を立てていきましょう。

キッチン用品や調理器具は作業の中頃に片付けて梱包し、引っ越す手前何日かは外食か中食で済ますのが理想的です。

引っ越し前日の段階で残しておく物は、次の日に着る服、お風呂用のタオル大小1枚づつ、履きやすく動きやすい靴があれば良いと思います。

これらが無いとなると、引っ越し最終日にかなり慌てることになります。

段ボール箱の入手方法

引っ越しではたくさんの段ボール箱を使うことになると思います。

引越し業者さんに頼めばもらえますが、そうしなくても手に入れる方法があります。

例えば、スーパーや家電量販店等は大きな段ボール箱を持っている可能性があるので、電話して聞いてみましょう。

個人的にオススメなのが、赤ちゃんの衣類や用品を扱っているチェーン店です。

なぜなら、スーパーや家電量販店は段ボール回収業者が毎日要らない段ボールを取りに来ている可能性があるので、無い可能性もあります。

僕の経験上、赤ちゃん用品のお店はそういった業者の存在を聞いたことがなく、かつオムツや衣類などは大きな段ボール箱でまとまって入荷されているので、オススメです。

やる気が出るブログ

「それでもやる気が出ない…」

という人は、片付けに長けている人や、かつて単身での引っ越しや片付けで困った、言わば“先輩達”のブログを読んだらモチベーションが上がるかもしれません。

具体的な引っ越しや片付けの流れや、引っ越しに伴う手続きの仕方や、その他いろいろ書かれてあって、非常に楽しめると思うし役に立つと思います。

実際に僕が妹に教えて、片付けへのモチベーションが上がったというブログをいくつか紹介しておきます。

・「引越しの極意教えます」

・「上京したい!無職アラサーが上京した方法」

・水野りょうこさん「自分らしく輝く上質で美しい毎日」―引っ越しは片付けのチャンスです―

「どうしても自力でできない…」と思ったら

「どうしても自力でできない…」と思ったら
引っ越しの作業は専門業者さんに頼むとして、その前の片付けの作業で、「物が多すぎて、片付けがどうしても自力でできない…」と感じたら、お金はかかってしまいますが、不用品回収業者さんに頼んでみましょう。

業者さんに頼んで、要らない物一切を片付けてもらって持って帰ってもらいましょう。

そうすれば遥かに早く荷造りの作業ができますし、引っ越しの作業も楽になりますし、さらには引っ越した先でも開梱→片付けも楽になります。

想定外のために、早め早めの行動を

転勤が決まって引っ越しをするとなると、日常のことに加えてイレギュラーなこともたくさん起こる可能性があります。

僕の妹は転勤が決まって片付けをしている最中に、仕事中営業車に乗っている時に事故にあってしまい、通院などもあって大変でした。

しかし、予定や計画を立てて片付けをしていたので、すごくパニックになることもなく引っ越しまでできたと言っていました。

なので、そういった想定外のことも起きるかもしれないので、早めに計画を立てて早め早めの片付けを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*