リサイクルショップに売るの?引越しで出た不用品の処分方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さん、これまで引越ししたことってありますか?

どんな人でも、恐らく一度くらいは経験があると思います。

特に父親が転勤族の人や、就職した会社が全国転勤だという人は、頻繁に引っ越しをした経験があると思います。

さて、あまり滅多に引っ越しをしない人からしてみれば、引っ越しの時に出る不用品をどう処分するかで困ったという人がいるのではないかと思います。

頻繁に引越しをする人は、引越しを見越して家具や家電などは最小限の量にしておいたり、引越しごとに中古家電を買って古い家電を処分するというようなことをしている人もいますが、滅多に引越しをしない人からしてみれば、そこまでは考えていないのではと思います。

いざ引越しの荷造りをしていると、思いの外いらない物や使わない物が大量に出てくるということがあります。

普段から不用品をコンスタントに処分している人なら良いのですが、普段不用品を処分しなれていない人からしてみれば、引越しの時に出てきた不用品をどうするか困るのではないでしょうか?

実は僕も以前は自分が使わなくなった物は、いつか使うのではないかと思い残していました。

しかし、一度そういった物を売るということを覚えてしまうと、部屋の中にある使わない不用品を次から次へと売ってしまい、不用品を売るということの気持ちよさを覚えてしまいました。

なので、仮にこれから引越すことがあっても、期日までに慌てずに不用品の処分ができるのではと思っています。

皆さんどうですか?引越しの際の不用品の処分はスムーズにできそうですか?

売るとなった場合、どうすべきかわかりますか?

今回は、引越しの際に出た不用品の処分をするとなった時に、選ぶべき処分の仕方などについて紹介します。

様々な不用品の処分方法のメリット・デメリット

不用品の処分の方法は、代表的な方法がいくつかあります。

あなたの引っ越しの環境や状況を見ながら、ベストな処分方法を採りましょう。

引越し業者

引越し業者
引越しを依頼する引越し業者に、荷物を運んでもらうついでに不用品を捨ててもらうという方法です。

メリット

何よりひとつの業者に引越しと不用品処分を依頼するので、業者側の窓口がひとつだけなので折衝が楽です。

引越しは多くの場合が時間が限られていると思います。

仕事の都合で引越しをする場合、赴任先の出社日との兼ね合いもあるでしょう。

そういった場合、窓口がひとつだと1回の折衝で引越しの話と不用品処分の話がいっぺんにできます。

デメリット

多くの場合、引越し業者がしている不用品回収はオプション扱いになるので、多少料金は高くなってしまいます。

また引越し業者では回収できない物もいくつかあるので、引越し業者が回収できない物を不用品回収業者に依頼して回収してもらっていては、余計に料金がかさんでしまうことになりかねません。

不用品回収業者

不用品回収業者

メリット

依頼すれば不用品のほぼ全ての物を回収・処分してくれます。

引越し業者に全てを依頼するよりも、不用品回収は不用品回収業者に依頼した方が費用が安くなるケースが多いです。(こういったことは、実際に見積もりを取ってみましょう)

引越し業者によっては、家具や家電の買取サービスをしている業者もあります。

デメリット

引越しは引越し業者、不用品処分は不用品回収業者と別々に依頼しなければならないため、少々面倒くさいです。

引越しは他にもすることが多いですから、煩わしいことが増えてしまったと思われるかもしれません。

また、引っ越しをする前に不用品を処分しなければならないでしょうから、日程の兼ね合いも十分気にしておかなければなりません。

リサイクルショップ

リサイクルショップ

メリット

価値の有るものについては、リサイクルショップ側がお金を払って買ってくれます。

上で書いた2例はお金を払わなければなりませんが、リサイクルショップの場合物によっては買い取ってくれます。

デメリット

物によりけりですが、買い取ってくれたとしても、ビックリするほどの額にはならないと思われます。

また、価値のない物についてはそのまま処分したり、大きな物に関しては処分料を請求される場合があるので、下手をしたらマイナスになることもあります。

その他の方法

インターネットオークションに出品するということが、不用品を売る一番効果的な方法だと思います。

売りたい人と買いたい人が直接やり取りするので、中間マージンを取られなくてすむので、高値で売却することができます。

しかし、業者に依頼するよりも時間や手間がかかるので、時間に余裕のある人や、梱包・出品などの手間が面倒だと思わない方以外にはオススメしません。

他の物とは違う家電の処分について

他の物とは違う家電の処分について
不用品の中でも家電の処分に関しては気をつけましょう。

なぜなら家電の処分に関しては、「家電リサイクル法」という法律が存在しているからです。

家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律のことです。

なので、不用品な家電の中にエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機がある場合は、処分・回収の仕方を確認して、それに沿って処分しなければなりません。

処分したい家電を買った店が近くになるのなら、その店に言えば回収してくれる場合があります。

もしそういったお店がない場合は、住んでいる自治体に相談してください。

これら4品目の処分に関しては注意して処分しましょう。

詳しくは、経済産業省のホームページに詳細なサイトがありますので、参照してみてください。

引越しで出た不用品の処分方法

引越しで出た不用品の処分方法
それでは、具体的にどうやって不用品を処分していくのか、その方法を紹介します。

引越し業者に依頼する場合

引っ越し業者にも不用品回収をしてくれる業者としてくれない業者がいるので、引っ越し業者を決める時に不用品回収をしてくれるかどうかを忘れずに確認しておきましょう。

また、業者によっては特定の物は回収処分してくれないということがあるので、あなたが処分して欲しい物を処分してくれないとなったら困るので、そういったところも合わせて確認しておきましょう。

あなたの要望に答えられそうな業者を見つけたら、できれば複数社ピックアップして、それぞれに連絡を取りましょう。

そしてその複数社で引越しと不用品回収の相見積もりを取り、あなたの要望に本当に答えてくれそうか、日程に合うか、引き取ってくれない物はないかなどを確認して、本当に合った業者を決めましょう。

不用品回収業者に依頼する場合

メジャーな業者が幅を利かせている引越し業者とは違い、不用品回収業者はその土地を拠点にしている業者が多いです。

なので不用品回収業者の見つけ方は、タウンページで探したりインターネットで地域名を入れて検索していくと、あなたが今住んでいる土地で不用品回収サービスをしている業者を見つけることができます。

不用品回収業者に対しても、引越し業者と同様に数社ピックアップして相見積もりを取りましょう。

あなたに合ったプランを提示してくれる業者にお願いしましょう。

ここで気をつけなければならないのが、業者を呼ぶタイミングです。

引越しの作業をある程度していって、あとは捨てる物と持って行く物となったタイミングで、不用品回収業者を呼んで不用品回収をしてもらい、その跡に引越し業者に荷物を運んでもらいましょう。

こういった日程がズレたり逆になってしまうと面倒くさいので、スケジューリングは綿密にしておきましょう。

リサイクルショップに売る場合

リサイクルショップに不用品の買取を依頼する場合は、売りたい物に特化したリサイクルショップに依頼することが、高値買取を実現させるコツです。

例えば、古本なら古本屋、古着なら古着屋、骨董品なら古美術商という感じです。

リサイクルショップに依頼する時は、出張査定のサービスがあるかないかの確認もしておきましょう。

大きく重いタンスを買い取って欲しいのに、リサイクルショップまで持って行かないと査定してくれないとなると非常に困ることになります。

その他

インターネットオークションやフリーマーケットサイト等に出品するには、それらのサイトに登録をします。

登録がすむと、売りたい物をサイト上に出品するためにいろいろと準備しなくてはなりません。

例えば、売りたい不用品の写真ですとか、その不用品がどういう状態なのかという説明や、クレームや返品を受け付けられるのかといった情報です。

リサイクルショップに売るよりも遥かに高く売ることができますが、その代わり手間と時間がかかるので、引越しが決まったら即出品するような算段でいかなくてはいけません。

まとめ

引越しというのは時間が限られています。

本当は不用品をインターネットオークションに出品してお金にしたいけど、時間的な余裕がなくてまとめて引っ越し業者に処分してもらうという方もいると思います。

僕は普段から不用品をインターネットオークションで売っているので、出品から梱包・発送まで滞りなくできる自信がありますが、いざ引越しとなって時間の余裕がない場合だと、引っ越し業者や不用品回収業者に頼んで処分してもらったり、仲の良い友達にあげたりすると思います。

あなたの引越しの都合や何を優先するかで、不用品の処分の方法はよく考えて決めるべきだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*