不用品回収に関する疑問を一挙解決!不用品とは何なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「というわけで、おばあちゃんの生家は売ることになったから」

と母は言いました。

母方の祖母の生まれた家は、長い間誰も住んでおらず、管理する人もいなかったのですが、祖母の兄弟姉妹達の話し合いの結果、売却することになったそうです。

築100年経つくらいの、いわゆる“古民家”です。

「高い値はつかないだろうけど、ああいう古民家は今人気らしいから、きっと買い手が出てくるでしょうって、不動産屋さんが言ってた」

と母は言いました。

しかし、その後母が気になる一言を言いました。

母「まだ家の中にいろいろあるから、片付けることになったからね」

僕「誰が?」

母「私たちでよ」

僕「えっ、中に何があるの?」

母「仏壇とかタンスとか」

僕「絶対無理」

僕は母に提携先さんである不用品回収会社さんを紹介しました。

不用品が出てくるというシチュエーションをこれまで体験したことのなかった母は、そこで初めて「不用品回収」というサービスがあるということを認識したようです。

母「タダで引き取ってくれるの?」

僕「いや有料。廃品回収とは違うの」

母「有料なの!?あと『不用品』って書いてあるけど、普通『不要』って書かない?」

僕「そうかもね…」

母「ここにお願いすることにするから、私のわからないことをちょっと聞いといて」

ということで、初めて「不用品回収」というサービスに触れて疑問が噴出している母のために、いろいろと調べてみました。

今回は、多くの人が「不用品回収」に対して抱いている様々な謎や疑問を、解説していきます。

スポンサードリンク

なぜ「不用」と「不要」とあるのか?

なぜ「不用」と「不要」とあるのか?
きっと一般的によく使う熟語は「不要」という方だと思います。

新聞や雑誌、マンガなどでよく使われるのは「不要」という方が多いと思います。

しかし、こと回収業者がこぞって用いる熟語は「不用」の方です。

一体どちらが正しい使い方なのでしょうか?

グーグルで両方の単語を調べてみると、このように出てきます。

ふよう
1.
【不用】 《名ノナ》使わないこと。「―になった品」。役に立たず、いらないこと。 「―の人物」
2.
【不要】 《名ノナ》必要がなく、いらないこと。 「―不急の品」

不用は「役に立たないこと・使わないこと」であって、不要「必要がない(から使わない)」ということなのです。

つまり、「不用」という言葉の意味の中に、「不要」という言葉の意味が含まれているのです。

言い変えると「不用」という大きな括りの中に、「不要」という限定された意味が含まれるのです。

例えば、あなたが洗濯機を持っているとします。

その洗濯機はどこも悪くないのですが、もう古く電気代もかかるので、新しく電気代がかからない洗濯機を買いました。

この場合の古い洗濯機は「必要ではなくなった」ので「不要」という言葉が当てはまるでしょう。

しかし、古い洗濯機が壊れて冷凍・冷蔵ができなくなってしまったら、古い洗濯機が「使えなくなってしまった」ので「不用」という言葉の方が当てはまるということなのです。

いずれにせよ、両方の言葉とも「使わなくなった」という状態になってしまった場合を指します。

「不用品」とは何なのか?

なぜ「不用」と「不要」とあるのか?
上の解説を元に考えると、「使わない・使えない物」ということになります。

ただ、一般的な解釈として、「不用品」は壊れている物も含む、「不要品」は壊れていない物のみという解釈があるようです。

なので、「不用品回収」と掲げている業者さんに関しては、物が壊れているかいないかということは問題ではなく、どんな状態であれ回収してくれるという意味です。

不用品回収業者や廃品回収業者が、「不用品」を回収しますと言っている場合は、壊れたガラクタでも回収しますと言っていることになります。

「不用品回収」にまつわる4つの謎

「不用品回収」にまつわる4つの謎
普段頻繁に不用品回収のサービスを利用する人って、なかなかいないと思います。

だいたいの方が初めて、もしくは久しぶりに利用するという方がほとんどなのではないでしょうか?

今回は、初めて不用品回収のサービスを使うことになった僕の母が、不用品回収ということについて疑問に思ったことを、不用品回収会社の社長さんに答えてもらいました。

不用品回収の適正な料金の調べ方

Q.普段不用品回収を利用しないまたは初めて利用する人にとって、不用品回収の相場勘というのはわかりづらいので、どうすれば適正な価格がわかるのですか?

A.だいたいどの不用品回収会社も同じような価格で仕事をされると思いますが、一番有効なのは複数の業者に見積もり(相見積もり)をすることです。

そうすれば、回収料金のだいたいの相場感というものがわかると思います。

また、一括見積もりをしてくれるサイトがあるので、そういったサイトを利用されるのも良いと思います。

引越しで出た不用品の処分

Q.ママ友の家が引越しをした時に出たゴミや不用品を、引越し業者に持って帰ってもらったら、かなり割高でした。引越しの際に出た不用品の処分は、引越し業者に頼めば良いんですか、それとも不用品回収業者に頼めば良いんですか?

A.不用品を回収してくれる引越し業者さんもいますが、引越し業者さんからの外注を不用品回収会社が受けることもありますから、そういった場合は引越し業者へもマージンがいくので、割高になる傾向があります。

なので、引越しの片付けで出た不用品回収は、引越しをする前に不用品回収会社に依頼する方が良いと思います。

家電は回収してくれるのか?

Q.家電は家電リサイクル法があるため扱いが面倒な気がするが、家電も回収してくれるのですか?

A.だいたいどの不用品回収会社さんも、家電は回収できます。

新品購入後数年の物なら、いくらか値段を付けて買い取ってくれるところもあります。

そうでない物でも、有料もしくは無料で引き取ってくれるはずです。

ただし、作業費や運送料などの別途費用がかかることもあり、「無料回収できた」ということにならないケースもあるので要注意です。

また、定期的に周回している、いわゆる「廃品回収業者」さんの中には違法に家電を回収している業者もいるので、注意が必要です。

不用品回収・廃品回収業者の儲け方

Q.休日に廃品回収業者さんが軽トラで回って来た時に思ったんだけれど、不用品回収業者や廃品回収業者って一体どうやって儲けているのですか?

壊れたものも無料で引き取ってくれることもあるけど、ガソリンも高いのに利益は出るんですか?

A.不用品回収業者も廃品回収業者も、回収した物をいろんな業者に売ったり、インターネットオークションに出品したりしています。

業者というのは、他のリサイクルショップや、金属の引き取り業者や、海外へ輸出する業者などです。

例えば業者が冷蔵庫を回収した場合、その後に利益を出す方法は2通りあります。

ひとつは、回収した冷蔵庫を修理して再販する方法。

もうひとつは、回収した冷蔵庫をスクラップまたはバラして小さな部品にして、資源として再利用するという方法です。

無料で引き取ったものも、そういった業者さんのところに売って利益を得ています。

まとめ

「不用品」という言葉は、広い意味で使わなくなった物を指す言葉なので、多くの物を回収して利益を生み出そうと考える不用品回収業者が使う言葉のようです。

なので、壊れていようがいまいが、回収してくれそうかどうなのかは、不用品回収業者に電話して問い合わせをしてみましょう。

業者の人が回収してから、また新たな価値になるようです。

また、不用品回収の料金は、複数の業者に相見積もりをすることで、だいたいの相場価格がわかるようになります。

僕の母は、廃品回収業者がどうやって儲けているのかが、昔から気になっていたようで、その部分が詳しく聞けて良かったと言っていました。

その後、祖母の生家の不用品は親族の手を使わず業者さんの手によって、仏壇やタンスなど全て回収されて家の中は全て空になり、無事に買い手も見つかりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*