高く買い取られるためには?不用品回収業者よりも◯◯へ売ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

普通に生活していて不用品が大量に出る時って、たいてい引っ越しの時だと思います。

進学や就職で引っ越すことになって不用品が大量に出た経験がある人って多いのではと思います。

もうボロボロの物だと捨てるしか処分の方法がないかもしれませんが、キレイにすればまだ使える物だとちょっと捨てづらいですし、できれば売って引っ越し代の足しにしたいと思いませんか?

しかし不用品と言っても、本立てのような小さな物もあれば、タンスや本棚のような大きな家具まであって、どうするのが一番ベストな方法なのかわからない…

それにせっかく売るのであれば、少しでも高く売りたい…

どこかに何でも高く買い取ってくれる業者はないのか…

不用品の売却や買取業者に関して、このように悩んだことのある方っていらっしゃいませんか?

僕自身、過去に引っ越しを何度かしたことがあって、最初の引っ越しの時に小さな物から大きな物まで不用品一切を近くのリサイクルショップに売りに出しましたが、正直想像を遥かに下回る買取額で驚いたことがありました。

僕だけなのかなと思ったら、同じような理由で別のリサイクルショップに洗濯機や炊飯器や掃除機などの家電を売りに出した友達の何人かも、同じように想像を遥かに下回る買取額で拍子抜けしてしまったと言っていました。

高く売るためにはリサイクルショップに売るのはダメなのでしょうか?

高く売るためにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は不用品の処分について、売却のことや買取業者のことについて、高く売るための方法や買取業者の選び方などについて紹介していきます。

スポンサードリンク

なぜリサイクルショップは安く買い叩いてくるのか?

なぜリサイクルショップは安く買い叩いてくるのか?
リサイクルショップは利益を求めているわけですから、本心は安く買って高く売ることをしたいのです。

ということであれば、売りたいお客さんに提示する買取価格は必然的に安い金額になるでしょう。

買い取る物にもよるのですが、中古品としての市場価格や買取業者の売りたい価格の1/10程度の買取額になると思っておくと良いでしょう。

例えば、リサイクルショップの店頭に3000円のイスがあったら、そのイスを売った人が得られた買取額はせいぜい300~500円ほどではないかということです。

利益を生み出したいのと、キレイにしたり整備したりして再度売れる状態にまでするのに、まあまあなコストがかかっているということです。

服やバッグなどの未使用のブランド品でも、2~3割の買取価格ならば良い方だという話も耳にします。

必ず高額で売れるような人気のブランドバッグなんかは別ですが、例えばブランド食器なんて買取価格が売値の1割程度でもおかしくはないと思います。

なのでリサイクル業者というところに売るということは、「1円でも高く売りたい!」と思って行くところではなく、「まぁナンボかお金になれば良いか…」と思って不用品を売りに行くところだと思っておいた方が良いのだということです。

引っ越し業者の場合

引っ越し業者の場合
「引っ越しの時に不用品がたくさん出るのであれば、引っ越し会社が買取なり回収処分なりしてくれないのだろうか?」

そう思われた方、大正解です。

確かに引っ越し会社さんの中には、不用品も一緒に買取・回収処分をしてくれる業者さんがあります。

しかしその内情は単純なことで、引っ越し会社自体が不用品を回収してくれるところは稀で、ほとんどの場合その引っ越し会社と提携している不用品回収業者がやってきて、不用品を買取なり回収なりするのだそうです。

そしてその場合だと不用品回収業者は引っ越し会社のツテで仕事をしているということになるので、不用品回収業者から引っ越し会社へ渡るマージン分、引っ越し料金に上乗せされるそうです。

なので、仮に不用品を売って小銭を得たいと思っている方がいらっしゃっても高価買取は望めないので、引っ越し業者に不用品の買取や回収を依頼しないようにしましょう。

不用品が売れても回収費用や引っ越し費用と相殺されるだけで、手元に現金が入るということはないでしょう。

不用品回収と引っ越し業者については、「ベストな方法はどっちなのか?引っ越しで出た不用品の処分方法」「初めてだけど慣れた感じで引っ越したい!片付けの順番のチカラ」で詳しく言及しているので、そちらも合わせてお読み下さい。

廃品回収業者はどうか?

廃品回収業者はどうか?
「街の中を走っている廃品回収業者に売るのはどうか?」

と考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、正直言ってオススメしません。

よく「ご自宅にある不用品を買い取ります」とか「無料で引き取ります」ってアナウンスする便利屋さんの軽トラックが走ってきますよね?

私も以前「大きなタンス等の自分ひとりで持ち運べない不用品を無料で引き取ってくれたら助かる」と思ったことがあります。

しかしああいった業者の中には悪い業者もいて、例えばタンスや本棚などの大きな物を車に積み込んでしまった後に

「これは売れないから処分しないといけないので、処分代を支払ってくれ」

と言ってくる業者もいます。

仮にそれを断ると、

「大変な労力をかけて積んだから今更下ろせないし、どうしても返せというなら玄関先に放置する」と言いだす悪質業者もいるのです。

もちろん真っ当に商売として廃品回収をされている方もいらっしゃるでしょうが、そういった悪徳廃品回収業者に引っかかるのは面倒なので、関わらない方が良いのではと思います。

不用品回収業や廃品回収業を取り巻く悪いウワサや実話に関しては、「許可、儲け、悪徳業者…不用品回収業者の裏側、お答えします」「【注意】不用品回収で知っておくべき、違法行為と無許可の真実」にも書いてありますので、参照してみてください。

同じように電話で営業をかけてくる不用品回収業者がいますが、得体の知れない怪しい印象を少しでも受けたならかかわらない方が無難です。

不用品を高く売る3つのコツ

不用品を高く売る3つのコツ
リサイクルショップに売るとゴミになるか二束三文、引っ越し業者に売っても大した売却額にはならない、廃品回収業者は避ける…

では、一体どうすれば不用品を高く売ることができるのでしょうか?

業者の選択

不用品を店頭で売却する場合、高値で売るコツは「どこの業者に売るか」ということです。

例えば、「何でも買い取ります!」と謳っているようなリサイクルショップは、何でも買ってくれる可能性が高い分、何でも安く買い取られてしまいます。

なので売りたい物を専門に扱っている業者に持って行くのが賢明だと思います。

ブランド物のバッグや服を売りたいのであれば、そういった物を専門に買い取りを行っている業者があったり、同じように貴金属や指輪やネックレスを専門に扱っている業者もあります。

まずは売りたい物を明確にして、それを専門に扱っている買取業者に持って行くのが良いでしょう。

なるべくキレイにしておく

よく車の買い取りでは言われますが、使用感がなるべく感じられない方が査定額や買取額が高くなる傾向にあります。

もちろん古着などでビンテージのジーンズを洗ったり補修したりすればマイナス評価な物もありますが、基本的に売りたい物自体をキレイにしておく方が良いと思います。

事前に価値を調べておく

「リサイクルショップに売りに行ったけど、値段が付かなくて買い取ってくれなかった」

という経験をされた方がいらっしゃると思います。

現に僕もその経験があります。

なので売りに行く前に、その物に価値があるかどうか調べておくと、売れるか売れないかがわかります。

ではどのように調べるかというと、インターネットオークションの入札額を見るのです。

自分の売りたい物に値段がついていれば、誰かが欲しがっている・需要があるということなので、売れる可能性が出てきます。

しかしインターネットオークションの入札額は正直一番良い価格の数字ですので、入札されているからといって必ずしも売れるとは限りません。

例えば物にもよりますが、100円とか500円くらいの入札額がついている物は、さすがにリサイクルショップや買取業者では売れないかと思います。

言ってしまえば、インターネットオークションで入札されていないような物は、残念ながら業者で売却できる可能性はほとんど無いと思います。

まとめ

ここまで読んでいただいた方はなんとなくおわかりかと思いますが、不用品を一番高値で売却する方法はインターネットオークションです。

リサイクルショップや買取業者は結局仲介業者なので、売りたい人と買いたい人が直接やり取りできるインターネットオークションは仲介マージンが無いので高値で売れます。

僕は先日使わなくなりそうなヘッドホンをインターネットオークションに出品しました。

買った時は特価で8,000円だったヘッドホンが、2年使って4,600円で売れました。

これをリサイクルショップに売ってたら、きっと1,000円もしなかったと思います。

リサイクルショップや不用品回収業者に買取を依頼する時は、あまり金額に期待せずに多少財布の足しになれば良いかぐらいに思っておいた方が良いと思います。

高値で売却を考えるのであれば専門業者を探してまで売りに行くか、インターネットオークションに出品した方が高額売却が望めます。

インターネットオークションは面倒なことも多いですが、高値で売りたいという方はやってみる価値があると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*