【2019年最新版】不用品回収の料金相場~処分費用を抑えるコツ3選

不用品回収を依頼するとどれくらいの費用がかかるかご存知ですか?

物を捨てたくても、お金がいくら必要なのか事前にわかっておかないと不安ですよね。

相場を知っておくだけで、不安なく計画的に、そしてお得に不用品回収を終えることが可能です。

ですが、実際に業者に電話をするのは何だか気が進まない…電話してみたけど、料金がバラバラでよくわからなかった…という方もいるかもしれません。

そこで今回は、2019年最新の不用品回収相場費用について、料金を決める要素や品目別・トラックごとの相場、さらに安く抑えるコツまでの全てをお伝えします。

あなたもこの記事を読めば相場がすべてわかり、賢くお得に不用品の処分を終えられるようになりますよ。ぜひ最後までご覧ください。

即日
片付け
可能

手に負えない、困った状況をすべて解決!
365日年中無休・即日対応・明朗会計です。

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

1 不用品回収の料金を決める3つの要素

不用品回収の料金

不用品回収の料金は、『処分費』『車両費』『人件費』『特殊作業費(オプション)』の4つの要素で決まります。

不用品の種類・内容によって、作業負担の量や内容が異なり、その作業に必要な車・人・技術などの1つ1つに費用が発生するため、単なる不用品の廃棄料に留まらないからです。

例えば、小さなカラーボックスを1つ捨てるのには、「カラーボックスの処分費+収集に行くのに使う車代+1名の人件費」がかかります。

一方で大型の婚礼ダンスを複数捨てるのには、「婚礼ダンスの処分費+収集に使う車代×必要な台数分+人件費×必要な人数分+解体など特殊作業が必要な場合の技術料金」がかかる、といったイメージです。

1-1 処分費

処分費とは、あなたが「捨てたい」と思っている物を完全に廃棄するのにかかる純粋な費用を指し、絶対に発生する金額です。

物によって完全廃棄までの工程は様々ですが、その工程にかかるコストをまかなう一部として、処分費用という形で支払い金額がかかっているんです。

※通常収集された不用品は、中間処理場でまず再資源化できるものとそうでないものとに選別され、その後は粉砕・圧縮・減容処理と言われる処理工程を進みます。

1-1-1 一般廃棄物・産業廃棄物のkg単位相場

不用品は大きくわけて、『一般廃棄物』と『産業廃棄物』とにわけられ、それによってもkg単位の相場が異なっています。

相場は時期や場所・廃棄物自体によっても異なりますが、2019年現在、『一般廃棄物は10kg単位で相場が300円前後』『産業廃棄物は10kg単位で相場が500円前後』となっています。

北海道 札幌市 一般廃棄物 10kg単位200円 産業廃棄物 10kg単位260円
青森県 青森市 一般廃棄物 10kg単位100円 産業廃棄物 10kg単位150円
岩手県 盛岡市 一般廃棄物 10kg単位50円 産業廃棄物 10kg単位150円
宮城県 仙台市 一般廃棄物 10kg単位150円 産業廃棄物 10kg単位350円
秋田県 秋田市 一般廃棄物 10kg単位115円 産業廃棄物 10kg単位100円~500円
山形県 山形市 一般廃棄物 10kg単位140円~250円 産業廃棄物 10kg単位500円
福島県 福島市 一般廃棄物 10kg単位100円 産業廃棄物 10kg単位500円
茨城県 水戸市 一般廃棄物 10kg単位130円 産業廃棄物 10kg単位500円
栃木県 宇都宮市 一般廃棄物 10kg単位100円 産業廃棄物 10kg単位500円
群馬県 前橋市 一般廃棄物 10kg単位180円 産業廃棄物 10kg単位500円
埼玉県 さいたま市 一般廃棄物 10kg単位200~370円 産業廃棄物 10kg単位400~1,000円
千葉県 千葉市 一般廃棄物 10kg単位170円 産業廃棄物 10kg単位300円
東京都 新宿区 一般廃棄物 10kg単位250円 産業廃棄物 10kg単位400円
神奈川県 横浜市 一般廃棄物 10kg単位260円 産業廃棄物 10kg単位300円
新潟県 新潟市 一般廃棄物 10kg単位60円 産業廃棄物 10kg単位500円
富山県 富山市 一般廃棄物 10kg単位180円 産業廃棄物 10kg単位300~800円
石川県 金沢市 一般廃棄物 10kg単位110円 産業廃棄物 10kg単位200~500円
福井県 福井市 一般廃棄物 10kg単位50円 産業廃棄物 10kg単位120~350円
山梨県 甲府市 一般廃棄物 10kg単位101円 産業廃棄物 10kg単位200円
長野県 長野市 一般廃棄物 10kg単位94円 産業廃棄物 10kg単位177円
岐阜県 岐阜市 一般廃棄物 10kg単位76円 産業廃棄物 10kg単位220円~500円
静岡県 静岡市 一般廃棄物 10kg単位54円 産業廃棄物 10kg単位250円
愛知県 名古屋市 一般廃棄物 10kg単位200円 産業廃棄物 10kg単位500円
三重県 津市 一般廃棄物 10kg単位150円 産業廃棄物 10kg単位350kg
滋賀県 大津市 一般廃棄物 10kg単位100円 産業廃棄物 10kg単位230円
京都府 京都市 一般廃棄物 10kg単位100円~125円 産業廃棄物 10kg単位450円
大阪府 大阪市 一般廃棄物 10kg単位210円 産業廃棄物 10kg単位350~450円
兵庫県 神戸市 一般廃棄物 10kg単位80~140円 産業廃棄物 10kg単位300~450円
奈良県 奈良市 一般廃棄物 10kg単位60円 産業廃棄物 10kg単位300~800円
和歌山県 和歌山市 一般廃棄物 10kg単位130円 産業廃棄物 10kg単位160~200円
鳥取県 鳥取市 一般廃棄物 10kg単位170円 産業廃棄物 10kg単位500円
島根県 松江市 一般廃棄物 10kg単位80円 産業廃棄物 10kg単位200円
岡山県 岡山市 一般廃棄物 10kg単位40円 産業廃棄物 10kg単位180~350円
広島県 広島市 一般廃棄物 10kg単位70~130円 産業廃棄物 10kg単位314円
山口県 山口市 一般廃棄物 10kg単位97円 産業廃棄物 10kg単位142~228円
徳島県 徳島市 一般廃棄物 10kg単位120円 産業廃棄物 10kg単位200~800円
香川県 高松市 一般廃棄物 10kg単位115円 産業廃棄物 10kg単位500円
愛媛県 松山市 一般廃棄物 10kg単位170円 産業廃棄物 10kg単位500円
高知県 高知市 一般廃棄物 10kg単位120円 産業廃棄物 10kg単位162~530円
福岡県 福岡市 一般廃棄物 10kg単位140円 産業廃棄物 10kg単位200~1500円
佐賀県 佐賀市 一般廃棄物 10kg単位82円 産業廃棄物 10kg単位320~400円
長崎県 長崎市 一般廃棄物 10kg単位61円 産業廃棄物 10kg単位160円
熊本県 熊本市 一般廃棄物 10kg単位150円 産業廃棄物 10kg単位250~300円
大分県 大分市 一般廃棄物 10kg単位40円 産業廃棄物 10kg単位300円
宮崎県 宮崎市 一般廃棄物 10kg単位22円 産業廃棄物 10kg単位300円
鹿児島県 鹿児島市 一般廃棄物 10kg単位30円 産業廃棄物 10kg単位500~1,000円
沖縄県 那覇市 一般廃棄物 10kg単位60~110円 産業廃棄物 10kg単位500~1,000円

つまり、ご家庭から総重量30kgのメタルラックを処分に出したいと思われた場合は、30kg×300円で9,00円程の処分費用が必要になる、という仕組みです。

一般廃棄物・産業廃棄物とは?

一般廃棄物とは、簡単に言うと『ご家庭からの日常生活で出る可燃・不燃・粗大ゴミ・小型家電・リサイクル家電・パソコン』などを指します。

一方で産業廃棄物とは、『工場など事業活動に伴って出たゴミのうち、国が指定した燃え殻や金属くず・ゴムくず・紙くずなどの20種類の廃棄物と輸入された廃棄物』を指します。

1-1-2 処分困難品費

ゴミの中にも、処分困難品と呼ばれる品目があり、処分困難品は通常同じ重量の処分品にかかる費用よりもさらに高い処分費が必要になります。

処分困難品と呼ばれるものは、自治体で収集処理できない・処理工程で有害物質の発生を抑える特殊な処理が必要になる、といった廃棄コストが高くなる要素を持っているからです。

例えばリサイクル家電であるテレビは、毒性物質「水銀」の特殊処理が必要になるため、リサイクル家電として再資源化する必要もありつつ、さらに処理コストもあがるので、結果処分費が高くなってしまうのです。

1-2 収集運搬費

収集運搬費は、「不用品の運び出しやトラックへの積み込み及び移動」に必要な費用です。車両1台、スタッフ1名にそれぞれコストがかかり、車両の大きさや必要なスタッフの人数によって金額が異なります。

相場としては、車両は「軽トラックであれば3,000円前後、2tトラックであれば8,000円前後」が、「人件費は1人1時間あたり3,000円程」がかかります。

車両の種類 車両費相場
軽トラック 3,000~4,000円前後
1tトラック 6,000円前後
2tトラック 8,000円前後
4tトラック 15,000円前後

例えば、電子レンジ1台を訪問回収するのにも、それを引き取りに行き持って帰るために軽トラック1台を出動させるので、その車両のガソリン代や車両の拘束代が必要になるのです。

作業員 人件費相場
1人1時間あたり(通常) 3,000円前後
1人1時間あたり(重量物搬出) 5,000円前後

人件費は、作業の拘束時間が増えたり、困難な作業になったりするほど、1名あたりの単価が上がっていきます。

1-3 特殊作業費(オプション)

特殊作業費とは、階段からの運び出しや窓からの吊りおろし、ユニック車出動や家具の解体作業など、単なる不用品の搬出以上の作業にかかってくるオプションサービスの料金です。

作業の難易度や特殊機材・技術が必要になるほど、料金が高くなります。

相場は、階段作業費で1フロアあたり2,000円前後、分別・解体作業で作業員1名1時間あたり3,000円~4,000円前後、窓からの吊りおろし作業で1フロアあたり15,000円前後です。

特殊作業内容 特殊作業費相場
分別作業費 1時間あたり1名作業3,000円前後
階段作業費 1フロアあたり2,000円前後
解体作業費 1時間あたり1名作業4,000円前後
家電取り外し作業費 1,500円前後
養生作業 4,000円前後
窓やベランダからの吊りおろし 1フロアあたり15,000円前後
ユニック車1台出動 30,000円前後

2 不用品回収の料金相場

不用品回収の料金の最終金額は、実際に依頼する業者から正確な見積もりを取ることで初めてわかりますが、事前に相場を知っておくことは重要です。

相場を知ることで、相場以上の高額請求をされた場合にすぐに気付くことができてトラブルを回避できますし、お片付けの計画を立てやすくなり、結果的によりスムーズ・スピーディーに不用品を処分し終えられます。

  1. 立米計算
  2. 品目別の料金相場

1つずつ解説します。

立米計算

不用品回収業者には、車両ごとの「積み放題プラン・パックプラン」という料金体系項目が良く見られますが、これはトラックごとの積載量を立米単位で計算している、というものです。

積み放題プラン・パックプランとは?

積み放題プラン・パックプラン

立米(立米)とは、立方メートルのことを指し、産業廃棄物処理業者では、「1立米あたり〇円」といった計算で、処分費を出されるケースもあります。

トラックごとの積み放題・パックプランの場合は、『軽トラック30,000円前後~4tトラック140,000円前後』が相場費用です。

トラックの大きさ 積み放題・パックプラン料金
軽トラック(約2.5立米) 30,000円前後
1tトラック(約5立米) 50,000円前後
2tトラック(約7立米) 70,000円~80,000円程
4tトラック(約14立米) 140,000円前後

※不用品回収業者6社の情報より平均を算出してします。

2名以上の人件費や処分困難品・特殊作業費などの入っていない料金設定の相場ですので、その点に注意しながら、捨てるものが遺品整理や引っ越しなどで多い方は、お片付け計画の参考にしてみてください。

品目別の料金相場

『家具』『家電』『リサイクル家電』『日用雑貨・その他』の4項目から1点ずつの「処分費」の相場を、不用品回収業者6社の情報より平均を算出してご紹介します。

いずれも車両費や人件費の入っていない処分費のみの相場であることに注意しながら、ご自身のお片付け計画の参考にしていってみてください。

家具の処分費

ソファ 3,000円程~8,000円程
椅子・座椅子 500円~2,000円程
タンス 3,000円~12,000円程
テレビ台・レンジ台 2,000円~5,000円程
ローテーブル 1,000円程
食卓テーブル 4,000円~9,000円程
鏡台 1,000円~4,000円程
仏壇幅90cm未満 20,000円~50,000円前後

※サイズによって料金が変動します。

小型家電の処分費

プリンター・シュレッダー 1,500円前後
ビデオ・DVD・BDプレイヤー 500円前後
トースター・オーブン・電子レンジ 500円前後
炊飯器・電気ポット 500円前後
ガス台 1,500円程
アイロン・ミシン 500円前後
扇風機・掃除機 500円前後
加湿器・除湿器・空気清浄機 1,000円~1,500円程
電気ストーブ・ファンヒーター 1,500円程
ラジカセ・ミニコンポ 500円~1,000円程
ピアノ・オルガン・エレクトーン 8,000円~40,000円前後
マッサージチェア60kg未満 5,000円~15,000円前後

 ※サイズによって料金が変動します。

リサイクル家電の処分費

洗濯機・衣類乾燥機 5,000円~8,000円程
冷蔵庫 8,000円~15,000円程
テレビ 4,000円~8,000円前後
エアコン 4,000円前後
パソコン 3,000円~5,000円前後

※サイズによって料金が変動します。

日用雑貨・その他の処分費

金庫 1kgあたり200円前後
庭石 1kgあたり40円前後
布団1組 1,500円前後
カラーボックス・衣装ケース 1,000円程
自転車 2,000円程
シニアカー・スクーター・原付・オートバイク 3,000円程~5,000円程
書籍1束あたり 1,000円前後
ゴミ45L1袋あたり 1,000円~3,000円前後

 ※サイズや量・内容物によって料金が変動します。
※不用品回収業者6社の情報より平均を算出してします。

即日
片付け
可能

手に負えない、困った状況をすべて解決!
365日年中無休・即日対応・明朗会計です。

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

3 費用を抑えるコツ3選

少しでも費用を抑えたい、と思われたら、「自分で出せるものは行政処分する」「買い取りに強い業者を選ぶ」「地域の料金相場を知っておく」という3つのコツを押さえましょう。

全てを業者に任せたり、業者選びをテキトーに行ったり、地域相場を知らないままに不用品回収を依頼してしまうと、本来もっと安く終えられるはずの不用品処分に高額な費用がかかってしまいます。

(1)自分で出せるものは行政処分する

業者に頼まないでも自分で簡単に捨てられるものは、なるべく自分の力で行政処分しましょう。

行政処分では処分費の一部を各自治体の予算でまかなっているので、少しの努力で大幅な節約ができ、かなり安く処分することができます。

(2)買い取りに強い業者を選ぶ

不用品回収業者を選ぶ時は、買い取りもできる業者を選ぶことは前提で、買い取りに「強い」業者を選ぶようにしましょう。

買い取りをやっているという業者でも、ただやっているだけの業者と、「海外に輸出できる広い販路を持ち買い取りの幅が広い」業者とがいるからです。

特に『輸出も行っている業者』は国内にはない需要層市場ニーズを確保しているので、他社では「有料処分です」と言われたものを買い取り無料・格安処分してくれるのでオススメです。

(3)地域の料金相場を知っておく

地域の料金相場を知っておくと、より正確な相場を把握することができるので、結果的にお得な処分に繋がります。

事前知識が全く無い状況で不用品の処分を進めると、後になって「相場はこの地域だとこれくらいだったのか」と気付いて後悔する原因にもなるので、非常に重要です。

料金相場は地域や時期によっても異なりますので、kg単位相場を参考にしつつ、インターネットなどでも検索してその時の相場を積極的に知るようにしましょう。

相場料金で不用品回収を行ってくれる優良業者については、『依頼してよかったと思える不用品回収業者4選!見極めポイントも解説』でご紹介していますので、あわせてご確認ください。

まとめ

不用品回収の料金は、『処分費』『車両費』『人件費』『特殊作業費(オプション)』の4つの要素で決まり、処分費は地域ごとで相場料金が異なっています。

不用品処分にあたって相場費用を知りたい、と思ったら処分費以外にもかかってくる費用があることを正しく理解して、処分費の相場を掴んだら、見積もりを2~3社取ることが大切です。

この記事が、不用品処分回収にいくらくらいかかるのか料金の相場が知りたい、と悩むあなたの役に立てば幸いです。