信じて良いのか?『不用品あげます』と名乗る掲示板について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕は自分にとっていらない物が出てきた時は、インターネットオークションのサイトを使って出品しています。

なぜなら、捨てるのはなんだかもったいないし、価値を感じてくれる他の誰かの元で役立ってほしいし、何よりお金にしたいと思うからです。

まだキレイで使える物なら、売ってお金にした方が良いと思うのです。

しかし先日、たまたまテレビを見ていたら、とあるコマーシャルが流れていました。

「このテレビ、タダなの!?

このソファーも、タダなの!?

アレもコレもタダ、タダ、タダ、タダ…」

「えっ、何これは?」

僕は率直にそう思いました。

気になったので調べてみると、不用品の譲渡サイトのことだったのです。

不用品を無料であげたり、もらったりができる交流掲示板のような物です。

こういったサイトがあるんですね、皆さんはご存知でしたか?

「へぇ~こんな掲示板があるんだ~」と思う反面、「タダで譲渡って、そんなことって成り立つの?」と思ってしまいました。

無料で誰かにあげるよりも、売ってお金にした方が良いと思いませんか?

内容をよく読んでみると、「送れないから家まで不用品を取りに来て欲しい」という方が結構いるんですよね。

それって、赤の他人に自分の個人情報がバレるってことじゃないですが?

怖くないのでしょうか?

今回このブログの記事では、不用品を無料であげたりもらったりすることや、不用品の譲渡サイト・掲示板について紹介します。

なぜ不用品を「売らない人」がいるのか?

なぜ不用品を「売らない人」がいるのか?
どう見ても捨てるしかないという物は除いて、なぜ不用品を「売らない人」がいるのでしょうか?

僕の場合はキレイな物であればお金になれば嬉しいですし、物によっては処分の方法が面倒な場合があるので、自分でその処分をしなくてよくなるという理由もあります。

一体なぜ不用品を「売らない人」がいるのでしょうか?

面倒くさいから

この理由に尽きると思います。

捨てるにしても売るにしてもいろいろとアクションが付き物です。

捨てる場合よりも売るとなった場合のアクションの方が面倒だから、売らずに捨てたり誰かにあげたりする人がいるのです。

僕の家にもありますが、本当は捨てたいけど物自体が大きくて捨てるのが面倒だとか、売るにしても梱包や発送が面倒だとかで、アクションを起こせていない物がいくつかあります。

となると、捨てるより売るより「誰かにあげる」という選択肢が最もアクションが少ない方法なのです。

きっと皆さん経験があると思いますが、自分にとっていらない物を友人知人にあげたということはありませんか?

不用品をリサイクルショップなどに持って行くより、ゴミの分別方法を調べるよりも、誰か必要としてくれる人が取りに来てもらって使ってもらうということの方が、楽だと感じる人がいるのです。

持ち主がアクションをあまり起こさずに、欲しい人が取りに来てくれるということについてメリットを感じるのであれば、不用品の譲渡を目的としてサイトや掲示板は有効なのだと思います。

売ってまで金銭を得たくないから

僕なんてケチな人間ですから、不用品があると「コレいくらになるかな?」「一円でも高く売ってみせる!」と思ってしまいます。

しかし、世の中にはケチというか、不用品を売ってまで金銭を得ようとは思わないという人がいます。

そうなると「売る」の選択肢は薄れ「捨てる」か「あげる」の2つになるのですが、「知らない人に会わないといけない」「知らない人が自分の家に来る」というリスクが薄いと、不用品譲渡の掲示板やサイトを利用しようとするのでしょう。

タダより高い物は無い

タダより高い物は無い
何をするにしても、お金や報酬がないとそれその物に責任がついてこないように思えます。

「タダより高い物はない」という諺があります。

ただで物をもらったり何かしてもらったりすると、返礼にお金がかかったり義理ができたりして、かえって高いものになる

出典:広辞苑

タダで何かしてもらっても、期待よりも低いクオリティだったり、タダで物をもらってもすぐに壊れたりします。

結局はタダでしてもらったことやもらった物には「責任」が存在していないので、修正をしたり修繕をしたりして、結果高い代償を払わないといけないということになってしまうのです。

今回のブログのテーマの場合だと

「タダで得た物は、後に高くつくかもしれない」

「タダで物をあげたいのなら、タダで物を欲しがるような人とやり取りをせねばならない」

ということです。

不用品無料引取り掲示板の使い方の概要

不用品無料引取り掲示板の使い方の概要
それでも不用品を誰かにあげたい・もらいたいという方のために、不用品譲渡の掲示板・サイトの使い方について紹介します。

不用品をタダであげたい

多くの不用品譲渡サイトや掲示板では、あげたい人はまず会員登録をします。

この登録の時に、身分証明証の認証がある掲示板やサイトがあります。

会員登録をした後で、出品したい不用品の内容の詳細を掲載します。

あとはその不用品が欲しいと思う人から連絡が来るまで、待ちましょう。

誰かの不用品をもらいたい

欲しい不用品のページにある問い合わせボタンを押して、出品者とやり取りをするようになります。

問い合わせの内容は、値段の交渉ですとか受け渡しの場所ですとか、そういったことです。

多くの掲示板・サイトでは、もらいたい側の会員登録はしなくても良さそうです。

不用品を売るのであれば

不用品を売るのであれば
「やっぱり知らない誰かと直接会うのは怖い…」

「無料でもらっても、すぐに壊れるのはイヤ」

そう思うのであれば、やはり物はお金を出して買うべきですし、売れそうな物は売った方が良いと思います。

不用品を売るのであれば、買取専門業者はリサイクルショップへ持って行く、もしくはインターネットオークションを利用するのが良いでしょう。

買取専門業者やリサイクルショップへ持って行くと、物によっては二束三文ですが大量の物を一気に売りたいという方にとってはありがたい方法だと思います。

インターネットオークションは手続きや梱包・発送が面倒ですが、仲介業者を挟まない分高値で売れる可能性があります。

不用品を売ることについては、「欲しい人と直接やり取り!不用品をインターネットで売ろう!」や、「一円でも高く売りたい!不用品を売るならこれらの方法で!」を参考にしてみてください。

不用品を捨てる場合

不用品を捨てる場合
知らない誰かにあげるのは怖いし、かといって不用品をインターネットオークションへ出品するのも面倒だから捨ててしまおうという方は、まずは不用品の処分方法を調べましょう。

燃える物なのか燃えない物なのか、粗大ゴミだったらいつ回収が来るのか、テレビや冷蔵庫といった家電であればどこに連絡すれば良いかなどのことです。

でも、意外と処分方法を調べたり廃棄したりって面倒なんですよね…

そんな時に便利なのが、不用品回収業者です。

行政の回収サービスは何かと制約が大きく、かつ収集場所まで不用品を持って行かないといけないので不便です。

また、家電リサイクル法で決められた家電については、電器店でリサイクルしてもらう決まりなどがあります。

しかし民間の不用品回収業者は、あなたの都合に合わせていつでもどこでも不用品を回収・処分してくれます。

まとめ

先日僕はギター用のエフェクターをインターネットオークションで落札しました。

人気が無く落札額も2,000円と安かったので、正直機能するかどうか怪しかったのですが、無事に機能しました。

反対に、知り合いからエフェクターをタダで4つもらったのですが、どれもこれも配線不良や機能不全で、全然使い物になりませんで、結局捨ててしまいました。

中古でもちゃんとした物が欲しいのであれば、ちゃんとお金を出して買うべきだと思いますし、あげるのではなく売った方が良いと思います。

むしろ、不用品をあげますと銘打たれたサイトや掲示板を活用するなら、「壊れても良いや!」「壊れたら自分で直せばいい!」というような気概があった方が良いと思います。

結局は、「タダより高い物は無い」という諺の真理にたどり着くのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*