夏の夜を彩る花火は、その美しさと楽しさで多くの人々を魅了します。しかし、楽しんだ後の花火の後片付けに困っている方も多いのではないでしょうか?特に、花火の正しい捨て方がわからず、そのまま放置してしまうこともあるかもしれません。実際に、手持ち花火、ロケット花火、打ち上げ花火など、それぞれの花火には異なる処分方法が求められます。誤った処分方法を取ると、火災や爆発のリスクがあり、非常に危険です。

この記事では、花火を安全かつ確実に処分するための方法を詳しく解説します。花火の捨て方に関する正しい知識を身につけることで、安心して花火を楽しんだ後も、安全に片付けることができます。特に、自治体の回収ルールや回収業者の利用方法、未使用・使用済みの手持ち花火の具体的な処理手順について詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

さあ、この記事を読んで、花火を楽しんだ後の片付けも完璧にこなしてみましょう。


\業者選びに困ったら…/

現在・
LINE登録期間限定キャンペーン中!】

自治体処分できるのは「手持ち花火」のみ

自治体処分できるのは「手持ち花火」のみ

手持ち花火は比較的小型で、火薬の量も少ないため、燃え尽きた後の処理が比較的安全です。自治体のごみ収集作業員が扱う際のリスクも低く抑えられます。一方、ロケット花火や打ち上げ花火は、大型で火薬の量も多いため、残った火薬が発火するリスクが高く、処理が困難です。これらの花火は爆発や火災の原因となりやすいため、専門的な知識と設備が必要です。多くの自治体のごみ処理施設は、一般家庭から出る普通の可燃ごみを処理する設備が整っています。手持ち花火は、適切な手順(例:水に浸して冷却)を踏めば、他の可燃ごみと一緒に安全に処理できます。

ロケット花火・打ち上げ花火は回収業者に依頼しよう

日本では、花火に関する法律や規制が厳しく定められています。手持ち花火は家庭用の小型花火として、比較的簡単に取り扱えるように規制されていますが、ロケット花火や打ち上げ花火はその規制が厳しく、処理も専門的な業者に依頼することが推奨されています。ロケット花火や打ち上げ花火は、特殊な廃棄物として扱われるため、一般的なごみ処理施設では対応できないことが多いです。これらの処分には、専用の設備や処理技術が求められます。

未使用・使用済みの手持ち花火の捨て方

未使用・使用済みの手持ち花火の捨て方
それでは実際に、家庭用手持ち花火の捨て方について解説します。

手順(1)1週間水に浸す

使用済みの手持ち花火には、燃え尽きていない火薬や火種が残っていることがあります。そのまま捨てると、ゴミ袋の中で発火する可能性があります。そこで、まず花火を十分な水に浸しておくことが重要です。

1.バケツや水を張った容器を用意。使用済みの花火が完全に浸かるサイズの容器を用意します。
2.花火を水に浸す。 花火を容器に入れ、水をたっぷり注ぎます。
3.1週間そのままにする。少なくとも1週間はそのまま放置します。これにより、花火内部の火薬が完全に湿り、発火のリスクがなくなります。

手順(2)燃えるゴミに出す

花火が十分に水に浸かった後は、火薬が湿り、発火のリスクが低くなります。この状態であれば、一般的な燃えるゴミとして処分することができます。1週間水に浸けた花火を取り出し、余分な水を切ります。完全に乾かす必要はありませんが、水が滴らない状態にします。花火を燃えるゴミ用の袋に入れます。他の可燃ごみと一緒にしても問題ありません。自治体の指定する燃えるゴミの回収日に、通常のゴミと一緒に出します。

注意点(1)自治体によっては回収を受け付けていない場合も

自治体によっては、花火を燃えるゴミとして回収しない場合があります。そのため、事前に確認することが重要です。各自治体のホームページやゴミ分別ガイドラインをチェックしましょう。

注意点(2)正しく処理しない場合残った火薬が発火して爆発や火災の原因に

花火を正しく処理しないと、残った火薬が発火し、爆発や火災の原因となる危険性があります。特に、使用済みと思われる花火でも、内部に未燃焼の火薬が残っていることがあります。ゴミ袋の中で火薬が発火すると、他のゴミに燃え移り、火災になる危険があります。閉じた空間で発火すると、ガスや熱の急激な膨張により爆発が起こる可能性があります。不安がある場合は、専門の不用品回収業者に依頼することも検討しましょう。


\業者選びに困ったら…/

現在・
LINE登録期間限定キャンペーン中!】

大量の花火、ロケット花火、打ち上げ花火の処分は不用品回収業者を利用しよう

大量の花火、ロケット花火、打ち上げ花火の処分は不用品回収業者を利用しよう

不用品回収業者は、花火の取り扱いや処分に関する専門知識と技術を持っています。特に、ロケット花火や打ち上げ花火は、大量の火薬を含むため、素人が扱うと非常に危険です。業者は適切な処理方法を知っているため、安全に処分できます。また、大量の手持ち花火を個別に処理するのは非常に手間がかかります。業者に依頼することで、一度に大量の花火を効率的に処分できます。さらに、自治体によっては、大量の花火を家庭ごみとして出すことが制限されている場合があります。しかし、不用品回収業者を利用することで、安全性、法的な適合性、便利さ、効率、そして環境への配慮の観点から、花火の処分を安心して行うことができます。不用品回収業者のメリットデメリットについては、「不用品回収業者を利用するメリットデメリット~業者選びのコツまで徹底解説」をあわせてご覧ください。

まとめ:花火を正しく安全に処分しよう

まとめ:花火を正しく安全に処分しよう
花火の捨て方に困っている方に向けて、この記事では安全かつ正確な花火の処分方法を解説しました。手持ち花火は自治体のルールに従い、1週間水に浸した後に燃えるゴミとして出すことが推奨されます。しかし、自治体によっては回収を受け付けていない場合もあるため、事前確認が必要です。また、大量の手持ち花火やロケット花火、打ち上げ花火は不用品回収業者に依頼することが安全で効率的です。専門業者は適切な処理方法を知っており、法的な規制にも対応しています。この記事を参考にして、花火を正しく安全に処分し、安心して花火のシーズンを楽しみましょう。

花火の処分も片付け110番にお任せください!

花火の処分も片付け110番にお任せください!
夏の楽しいひとときを彩る花火。しかし、その後の花火の処分にお困りではありませんか?特に、大量の花火やロケット花火、打ち上げ花火は、自治体の通常のごみ収集では対応が難しい場合があります。そんな時は、信頼と実績のある不用品回収業者「片付け110番」にお任せください!お客さまで事前に水に浸しておくなどの処理は一切不要です。ご希望の日時に合わせて回収スケジュールを調整します。土日祝日も対応可能です。お電話またはウェブサイトから簡単にお問い合わせいただけます。スタッフが丁寧に対応し、見積もりをお出しします。スタッフが現地に伺い、安全かつ迅速に花火を回収・処分しますので、お客様は家でお待ち頂くだけでOKです。安全・迅速・確実に花火を処分し、安心して快適な生活をお過ごしいただけるよう、力になります!

片付け110番の不用品回収サービスについては、コチラをご覧ください。
花火の処分も片付け110番にお任せください!