粗大ごみだけでない!電子レンジを処分する4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冷めたおかずも、冷たい弁当も、レトルトのごはんも…

冷たい食べ物なら何でも温めてくれる電子レンジ、便利ですよね。

家族がいる方はもちろん、特に一人暮らしの方は頻繁に使用されるのではないでしょうか?

スーパーで買ってきた冷凍食品や、コンビニで買ってきたお弁当などは、温かくして食べた方が美味しいですよね。

そんな電子レンジも人の手で作られた工業製品ですから、使っていくといつかは壊れてしまいます。

僕もかつて使っていた電子レンジが調子が悪くなって、最後は白煙を上げながら壊れたことがありました。

壊れてしまった電子レンジの処分って、一体どうやるかご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

次に新しい電子レンジを買うという方は、新しい電子レンジを買うところが処分してくれるかもしれません。

しかし、例えば買わなくとも次に使う電子レンジのアテがあるとか、交際相手と同棲するので相手が使っている電子レンジを使うとなったら、壊れてしまった電子レンジはどう処分すれば良いのでしょうか?

ゴミとして処分できるのなら、何ゴミになるのでしょうか?

処分にはいくらくらいの費用が必要なのでしょうか?

今回は初めて電子レンジを処分するという方に向けて、電子レンジの処分の方法や、自治体のゴミだとどう捨てれば良いかや、他に処分の方法について紹介していきます。

スポンサードリンク

電子レンジは何ゴミなのか?

電子レンジは何ゴミなのか?
電子レンジって…そもそも自治体が回収してくれる物なのでしょうか?

例えば、冷蔵庫や洗濯機やテレビやエアコンといった家電は、家電リサイクル法という法律によって自治体・行政が回収しないようになっています。(一部例外あり)

家電リサイクル法については「洗濯機の2通りの処分方法(家電リサイクル法と民間不用品回収業者)」を参照してみてください。

しかし電子レンジについては家電リサイクル法が及んでいないので、自治体・行政が粗大ごみ等として回収してくれる物になります。

もちろん行政の収集だけではなく、他にも処分の方法がありますので、これから紹介していきます。

電子レンジの処分の4つの方法

電子レンジの処分の4つの方法

粗大ごみとして捨てる方法

粗大ごみの基準を確認する

きっとほとんどの電子レンジが粗大ごみになると思いますが、粗大ごみというのは各市町村で基準が定められていますので、お住まいの地域の粗大ごみがどのような基準になっているのか、一応確認しておくことをおすすめします。

例えば東京都練馬区の場合、捨てたい物の一番長い辺が30cm以上の物は粗大ごみとして扱われます。

岡山市の場合は、一斗缶に入らないサイズの物は全て粗大ごみという扱いになります。

一斗缶はだいたい35cm×24cm×24cmなので、一番長い辺が35cmを超えたら粗大ごみという認識で良いと思います。

他にも倉敷市や福岡市などに粗大ごみの基準について尋ねましたが、だいたいどこも一番長い辺が30cmを超える物は粗大ごみという扱いになるようです。

粗大ごみの基準を確認するには、お住まいの自治体の粗大ごみを扱っている部署に電話で尋ねてみるか、ホームページを確認してみましょう。

粗大ごみの捨て方を確認する

粗大ごみの基準を確認したら、次は粗大ごみの出し方を確認しましょう。

行政の粗大ごみの出し方は、「持ち込み」と「戸別収集」の2通りがあります。

「持ち込み」とはあなた自身が電子レンジを住んでいる自治体の粗大ごみ処理施設に持って行くことです。

あらかじめ粗大ごみを受け付けているセンターに電話で予約をして、予約をしたその日に自分で電子レンジを粗大ごみ処理施設に持って行って処理してもらうのです。

「戸別収集」は持ち込みと同じように粗大ごみを受け付けているセンターに電話して予約をするのですが、あなた自身が電子レンジを持って行くわけではなく、捨てたい電子レンジに粗大ごみ処理券(粗大ゴミシール)を貼って家の前に置いておいておけば、住んでいる自治体から委託されてやってきた業者が収集してくれるということです。

「戸別収集」は粗大ごみ処理券を購入する必要があるので料金が必要ですが、「持ち込み」については有料な自治体もあれば無料の自治体もあるので、その部分も確認をしておくと良いでしょう。

電子レンジの処分で必要な粗大ごみ処理券の価格は自治体にもよりますが、だいたい税込みで数百円だと考えられます。

「持ち込み」「戸別収集」についてさらに詳しいことを知りたいという方は、「料金の安さか便利さか!?行政と業者との粗大ゴミ捨て方比較 」(未公開につきリンクまだ無し)を参考にしてみてください。

また、行政の収集サービスを利用して電子レンジを処分しようとされる方は、お住まいの市町村の粗大ごみを受け付けている部署に電話で確認することをオススメします。

新しい電子レンジを買うのなら

「処分もしたいけど、新しい電子レンジも欲しい」

そう考えていらっしゃる方は、新しい電子レンジを買う際に家電量販店に古い電子レンジの引取を依頼しましょう。

電子レンジに限らず家電量販店で家電を買い換えるのであれば、古い家電を引取・回収してくれるサービスがあります。

ヤマダ電機・ビックカメラ・エディオン・ジョーシンの4つの家電量販店に問い合わせたところ、買い替えであれば古い電子レンジは無料で回収してくれるとのことです。

買い替えでなくても…

2013年4月に施行された「小型家電リサイクル法」により、家電量販店で新しい家電を買い替えなくても古い家電を回収してくれるようになりました。

ただこの場合は有料での回収となります。

エディオンの場合、電子レンジのような縦・横・高さの合計が150cm未満で重さが15kg以内で1人で運べる物であれば、540円(税込み)のリサイクル料金で処分してくれるようです。

また、ひとりで電子レンジを家電量販店に持って行けないという方は、家電量販店が独自に定める収集運搬料金を払うことで、家電量販店が引取に来てくれます。

大きく重たい電子レンジは…

「何も買ってないのに家電量販店に古い電子レンジの処分を求めるのは気が引ける…」

「その上、冷蔵庫や洗濯機より小さいとはいえ電子レンジひとつでも大きくて重たいから運ぶのは面倒…」

そのように思われる方も多くいらっしゃると思います。

そんな方々は、不用品回収業者に回収・処分の依頼をすることを勧めます。

不要品回収業者の良いところは、受付時間が長いということがあります。

行政に粗大ごみとして収集の依頼をするとなると、だいたいの自治体が平日の日中しか受付をしていません。(インターネットは別です)

その限られた時間内に予約の電話ができないという方は多くいらっしゃると思います。

しかし不要品回収業者は平日はもちろん土日祝も受付をしている業者が多いので、電話での問い合わせはかなりしやすいと思われます。

また粗大ごみの場合だと、「持ち込み」だと粗大ごみ処理施設に持ち込む手間や拘束時間、「戸別収集」だと家やアパート・マンションの外まで出す労力が必要です。

しかし不用品回収業者はあなたの家まで来てくれて持って帰ってくれるので、困っているあなたがすることが極力少ないのです。

家電量販店に処分の依頼をすることと比べても、買い替えでもないのに処分だけしてほしいと言いづらいという方も多くいらっしゃると思うので、そういった方々にとって不用品回収業者を利用するということは、“後ろめたさ”という感情を抱きにくいと思います。

ただ、不用品回収業者がそこまで融通が利くとなると、ネックなのはやはり電子レンジの処分費用です。

家電販売店で買い替え無しの回収のみだと540円(税込み)、行政で粗大ごみとして出す場合でも数百円だと考えると、だいたい数千円はかかると思っておいた方が良いでしょう。

「処分にお金を払いたくない」と思うなら…

今やゴミを捨てるのにはお金がかかってしまう時代となりましたが、「ゴミを捨てるのに金を払いたくない」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

例えば、電子レンジを含めた家電と言われる物は、新品購入後5年経過していない物であれば、リサイクルショップや買取業者が買い取ってくれることがあります。

ただ5年以上過ぎてしまった物だと、メーカーが部品を作らなくなるなどするので、買い取られることが難しくなります。

5年以上過ぎてしまった電子レンジの場合だと、スクラップ業者に持って行って部品や素材として売れる可能性があります。

「電子レンジを捨てるのにお金を払いたくない!」と思われる方は、これらの方法を試してみては如何でしょうか?

まとめ

電子レンジの処分を粗大ごみでするとなると、粗大ごみ処理施設まで持って行くことや、電子レンジを家の外まで持って出すための時間や労力が必要になるため、面倒と感じたり辛いと感じたりする方も多くいらっしゃると思います。

新しい電子レンジを買い替えるのであれば古い電子レンジを回収処分してもらうのが良いですが、買い替えもしないのに家電販売店に古い電子レンジを処分してくれと言うのは、後ろめたさを感じてなかなか難しいことかもしれません。

それらに比べて費用はかさんでしまいますが、家からの持ち運びや受付時間が長いということを考えると、不用品回収業者に依頼するのも良い手段だと思います。

電子レンジの処分において、あなたが何に重きを置くかで方法は変わってくるでしょう。

あなたに合った処分を見つけるのに、この記事が役立てば良いなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*