掃除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

掃除業者が掃除したらピカピカに!掃除業者の実力とは?

掃除業者が掃除したらピカピカに!掃除業者の実力とは?

自分なりに、家をキレイに掃除しているつもりであっても、どうしても、カビや汚れがたまる場所がありますよね。

自分では掃除がしにくい場所や、掃除方法が分からない部分などに、汚れやカビが増え始めると、その汚れをどうやって取れば良いのかわからなくなり、憂鬱になってしまいます。

特に掃除で困るのは、自分でやってもいいけど掃除がしにくくて困る「エアコン、洗濯槽、浴室」です。

エアコン、洗濯槽、浴槽は、カビが生えやすく、汚れやすい場所です。

いったんカビが生えてしまうと、カビは増え続け、クサイ臭いがするようになり、黒いカスが出るようになります。

しかし、カビが生える場所は、よく見えず手が届かない場所で、掃除方法がわからないで、そのまま使い続けていると、汚れに耐えられなくなるほど汚くなります。

家電ならば『いっそ買い換えてしまおうかしら?』『それともお掃除屋さんに、カビ掃除を頼んだ方がいいのだろうか?』と、悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

続きを読む

手軽にお安く♪日々の掃除をらくらくピカピカにする便利グッズ

手軽にお安く♪日々の掃除をらくらくピカピカにする便利グッズ

広い家に住みたい!と夢を膨らませ、やっと手に入れたマイホーム。

最初は張り切って掃除するものの、しばらくすると広いお部屋にお手上げ状態。

新築のキレイな家だからこそ、ちょっとの汚れが目立ってしまうものです。

持家だと意気込むあまり、毎日掃除でヘトヘト。
マイホームでゆったりお茶でもして過ごす…なんて夢の中だけだったのかとちょっとした失望感に。

もっと楽してキレイに過ごせたらいいのに…。

そんな、毎日簡単に掃除を済ませたいと思っている方必見。
日々の掃除を、楽に、そして簡単な掃除でキレイを保つ「とっておきの便利グッズ」を紹介します!

続きを読む

重曹は実は危険?重曹を使って失敗しないための掃除活用術

重曹は実は危険?重曹を使って失敗しないための掃除活用術

『重曹を使って掃除をするという方法』が広まって、ナチュラルクリーニングが流行るきっかけになりました。

環境に優しく、人にも優しい重曹で、油汚れ落としや排水管の掃除など、安心して掃除に使えることで、日頃から愛用している人も多いと思います。

しかし、重曹のことを、まだよく知らない人の中には、「重曹って本当に安全なの?」と思っている人も、いるかもしれません。

掃除用重曹のパッケージを見ると、「食品ではありませんので、食べないでください。」と書かれていますよね。

その注意書きを見て、「重曹は口に入ると危険なの?」 「口に入って危険ならば、触っても大丈夫なの?」 などという疑問を持ったことはありませんか?

続きを読む

風呂場をスッキリしたい!掃除道具の生活感を消す方法

風呂場をスッキリしたい!掃除道具の生活感を消す方法

あなたは、お風呂場の掃除道具を、どこに置いていますか?

「お風呂場を掃除するのだから、風呂場に置くのが当たり前でしょ。」と思っている人もいれば、「ゆっくりお風呂に入りたいのに、掃除道具に囲まれてお風呂に入るなんて、リラックスできない!」という人もいるでしょう。

掃除道具がお風呂場にあると、「不快に思うか」、それとも、「気にならないか」というのは、人それぞれの感覚や習慣の違いによって、差があります。

お風呂の掃除道具をお風呂場に置くのが当たり前だと思っている人は、主に風呂場を掃除している人の感覚であることが多いですよね。

お風呂の掃除道具は風呂場に置いておく方が、気軽に掃除ができるので、断然便利のように感じます。

掃除後は、水切りをして乾燥を保つためにも、お風呂場に置いておくのが、最も使いやすい置き場所です。

また、掃除をする人にとって、掃除道具を毎日使った後、掃除道具もきれいに洗っている人は、掃除道具のことをそれほど汚いと感じないかもしれません。

一方で、お風呂場に掃除道具があると、不快に感じるという人は、掃除道具そのものが「汚い」という感覚があるということです。

実は人間には、「お風呂は身体をきれいにする場所なのに、汚いものがあるところでお風呂に入りたくない。」と言う心理があります。

掃除道具が汚いと感じる人は、お風呂掃除を担当していない人が多いです。

続きを読む

良質なエアコン掃除業者と適正価格を知って損をしないポイント

安心したい!良質な掃除業者と適正価格を知って損をしないポイント

季節が変わり、「そろそろエアコン付けようか?」

『ポチッ』
としたとき、厳しい暑さや、凍える寒さも一気に吹き飛ぶ感じ、たまらないですよね。

しかし、そんな幸せのひと時のはずが、久しぶりに稼働するエアコンから「ん?もしかして臭い」って経験ありませんか?

億劫なフィルター清掃もやっているのに、スッキリしないのはなぜでしょう。
エアコンはフィルター掃除をしていても、内部の汚れは蓄積していくものです。

続きを読む

メディアで話題の掃除道具・方法のしられざる『驚きの効果』

メディアで話題の掃除道具・方法のしられざる『驚きの効果』

テレビや雑誌で、面倒な掃除を楽にしてくれる掃除道具や、掃除方法が紹介されていることがよくありますよね。

テレビショッピングでよく紹介されている、家庭用スチームクリーナーの実演映像を見ていると、水周りにスチームを当てるとすぐにスルッと汚れが落ちているので、「うちにもスチームクリーナーが1台あれば、家中を簡単にキレイにできそう!」と思えてきます。

「本当に、あんなに簡単に汚れが落ちるのかしら?」と、内心不思議に思いながらも、スチームクリーナーを欲しくなってしまいますよね。

布団クリーナー(布団用ローラー)も、ヒット商品になりました。

「布団干すよりも効果があるのかしら?」と思いながらも、アレルギー持ちの人は欲しくなってしまうでしょう。

また、最近は、ナチュラル系の掃除方法が流行っていますよね。

ナチュラル系クリーナーの種類も増えているので、それぞれのクリーナーの使い方を知りたいと思っている人も多いと思います。

ナチュラル系クリーナーについては、「本当にキレイになるのかしら?」「洗浄力が弱いのではないかしら?」と、効果について知りたいと思っている人もいると思います。

続きを読む

夫婦で家事分担はアリ?忙しい主婦必見の効率良い掃除生活

夫婦で家事分担はアリ?忙しい主婦必見の効率良い掃除生活

夫婦で共働きをしているという家庭は、多いと思います。

フルタイムで働いていると、子供の世話や家の家事など、全てこなすのは本当に大変ですよね。

パートタイムで働いていても、仕事から帰ってくると、家では主婦という仕事が待って、仕事は尽きることがありません。

働く主婦は、すべての家事を、1人で完璧にこなすというわけには、いかないと思います。

共働きの場合、ご主人と家事を分担しているという家庭も、多いのではないでしょうか。

洗濯物を取り込んでもらうとか、男性用トイレの掃除をしてもらうとか、会社へ行く途中にゴミを出してもらうということを、夫が担当しているという、共働きの家庭が多いと思います。

しかし、家事を分担している人の中には、家事をご主人に手伝ってもらっていることに対して、上司などの他人から批判されたという経験がある人がいるかもしれません。

上司に「旦那さんに掃除をさせるなんて信じられない!」と、言われて、「我が家は夫に家事を手伝わせて非常識なのかしら」と思い悩んだ経験があるという人はいませんか?

続きを読む

掃除できない人を『掃除できる人』に激変させるアドバイスの方法

掃除できない人を『掃除できる人』に激変させるアドバイスの方法

仕事が終わって疲れて家に帰ると、妻と子供たちが笑顔で出迎えてくれる、明るくて居心地のよい家。

男性誰もが、思い描いている家庭像があると思います。

幸せな家庭像を思い描いて誰もが結婚しますが、結婚して家庭生活を始めたら、想像していた結婚生活とはずいぶん違っていたと、嘆いている男性もいるかもしれません。

例えば、こんな人はいないでしょうか?

続きを読む

これでカンペキ!綺麗な部屋を保てる掃除頻度とかける時間

これでカンペキ!綺麗な部屋を保てる掃除頻度とかける時間

あなたは『掃除をしっかりする方』だと思いますか?
人の家に行って、『きれいな家だなあ』と感じると、我が家の部屋を思い出して、『自分の掃除は不十分なのかもしれない』とか『自分の掃除方法は間違っているのかもしれない』と感じる人もいますよね。

また、人が自分の家へ来た時に、我が家が『きれいな家だなあ』と感じているのかどうかも気になります。

私自身も「キレイな家を保っている人が、どれくらい掃除に時間をかけているのか?」気になっているひとりです。

エアコン、換気扇、窓拭きなどの普段はあまりしないような場所もこまめに掃除して、いつもキレイにしている人がいますが、どれくらいの頻度で掃除をすればよいのかということも気になります。

私の知り合いにきれい好きな人がいて、その人の掃除を見ているととても勉強になります。

例えばその人は、キッチンの排水溝は使った後に毎日洗剤で洗うので、排水溝の中もいつまでも新品のようにきれいです。

また、キッチンのゴミをまとめた後は、ゴミ箱の中の隅まできれいに拭いています。
キッチンマットは汚れをサッと拭きやすいように、撥水素材のマットを敷いて、汚れたらすぐに雑巾がけをしていました。

その日の汚れはすぐにキレイにして、いつもきれいな状態を保つ工夫をしていました。

その人の掃除習慣を見てからというもの、私も真似をして毎日排水溝を毎日洗い、ゴミを出したらゴミ箱を掃除するようになりました。

私にとって排水溝を洗うとかゴミ箱をキレイにするといったことは、掃除というよりも、『お皿洗いの一部やゴミ出しの一部』としての感覚となっています。

ちょっとしたついでの掃除なので、掃除として意識していないけれど掃除をしていて、毎日掃除にすることでキレイな状態を保てる習慣となっています。

キッチン周りは汚れやすい場所なので、キレイな状態を保つには毎日掃除したほうが良い場所ですが、他の所にもキレイな状態を保つために丁度よい掃除の仕方やタイミングがあります。

そこで今回は、どのような掃除をどれくらいの頻度と時間ですれば、キレイな家を保つことができるのか、具体的な方法と頻度について、場所別にご紹介します。

ご紹介する方法を私も試してみたところ、それほど多くの時間を掃除にはかけていませんが、家族からは『いつも家がキレイで気持ちがいいね』と言われるようになりました。

ぜひお試しください。

続きを読む

一人暮らし掃除の「めんどくさい」を克服するモチベーションアップ術

一人暮らし掃除の「めんどくさい」を克服するモチベーションアップ術

家事が好きな人もいますが、嫌いな人もいますよね。

掃除や洗濯などの家事をするのが面倒で手につかなくて、いつも家が汚かったりほこりがつもっている中で、暮らしているという人もいると思います。

または掃除や洗濯が面倒だけれども、ストレスを感じながら嫌々こなしているという人もいるかもしれません。
仕事が忙しがしくて家事をする気力が出ない人もいます。

仕事をしている人は、忙しくて家事をする時間があまり取れませんから、ゴミ出し日にゴミを出すということすら苦労している人がいると思います。

子育て中の主婦も本当に忙しいです。
子どもがすぐに部屋を散らかすので掃除へのやる気が出なくなっている人、子育てによる疲れとストレスで掃除なんてしたくない人など、忙しさや疲れから掃除ができない人も多いと思います。

しかし家事というものは、めんどくさいからやらないというわけにはいきません。

家事や掃除は生活の基本的なことですから、忙しくてもこなしていかなければならないのですが、ストレスを感じながら嫌々ではなく、あまりストレスを感じずにテキパキとこなせたらいいですよね。

家事をしていて楽しかったり気分が良くなれば、理想的です。
そこで気持ちよく家事をするためのモチベーションが必要になってきます。

しかしモチベーションは人それぞれ違っているので、モチベーションをあげるアプローチも人それぞれ違います。

私ももともとめんどくさがりですが、埃やカビにアレルギー反応が出たり、散らかっている部屋を見るとストレスを感じるので、掃除をしています。

掃除をする前はめんどくさい気持ちがありますが、掃除をしていると気分がよくなります。
掃除をし始めて身体を動かしていると、掃除を始める前よりも掃除へのモチベーションがどんどん上がってきます。

そこで今回は、掃除へのやる気が出ないという人のために、掃除へのモチベーションをあげる方法についてご紹介します。

続きを読む

今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら