下関市内で粗大ごみを回収・処分してもらいたい方のために、下関市での粗大ごみの回収方法~手順までのすべてをまとめました。

下関市の行政・自治体での処分方法なので、安心して回収を任せることができます。下関市にお住いの方は是非参考にしてみてください。

下関市の粗大ごみとは?

家具・寝具・建具類、板状の物、板状の物を丸めた物、立体形状の物などは、粗大ごみとして扱われています。

粗大ごみの一例

タンス、テーブル、いす、サーフボード、オーディオコンポ、ベビーカー、ギター、ゴルフバッグ、扇風機、掃除機など

粗大ごみとして処分できないもの
  • リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの
  • 事業活動に伴って生じた粗大ごみ
  • 充電式電池、ボタン電池(型式記号BR・CR以外)、FRP船、電動ベッド、オートバイ・原動機付自転車、消火器、ピアノ、フロンガス含有品、電子オルガン(エレクトーンなど)、パソコン、温水器、アスベスト等、塗料(ラッカー、シンナーなど)、ガスボンベ、燃料(灯油など)、劇薬、シニアカー、農薬、農機具類、仏壇、神具類、医療系廃棄物など

粗大ごみの回収方法や処分方法

下関市で粗大ごみを回収・処分するには、戸別回収持込み処分の2つの方法があります。

戸別回収・持込み処分とは?

粗大ごみの回収・処分は、「有料で事前申込制」です。

回収処分前の注意点

行政・自治体で粗大ごみを処分するのは「下関市内に居住所がある個人」に限ります。市外に居住所がある場合や事業者は対象外です。

戸別回収

以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

収集依頼時の注意点
  • ごみを出す時の形でサイズを測ってください(収集する時にサイズを確認します)。
    ※必ずサイズを測った後に、申し込みをしてください。
  • 10㎏程度(重さが明確なものは10kg未満)で、燃やせないごみ用指定ごみ袋に入る大きさ
    の物は、燃やせないごみです!
  • 概ね50㎏以上の物は市では収集できないごみです。

(1)電話またはインターネットで申し込む

一度に収集できる粗大ごみ等の数は15点までです。15点を超える受付はできません。
※申込内容の変更や取消は、申込締切日(収集日の3業務日前)まで可能です。

施設名 下関市粗大ごみ等受付センター
電話番号 083-254-5380
休業日 土・日、祝日、年末年始(12/29~1/3)
受付時間 休業日の翌業務日/9:00~19:00
上記以外の火曜日~金曜日/9:00~17:00
インターネット申し込み http://bit.ly/2SxmBbf
(24時間受付)

(2)粗大ごみの処理券を購入する

以下の場所で粗大ごみのシールを購入してください。
※申し込みの後に「処理券」を購入するようにしましょう。

粗大ごみ処理券販売所は以下のURLを参考にしてください。

≪有料ごみ処理券及び粗大ごみ処理券販売所≫

粗大ごみ処理券の購入料金

粗大ごみのシールは、

  • 100円
  • 300円
  • 500円

の3種類があります。

それぞれの処分品に記入されている料金を組み合わせて支払いましょう。詳しくは、「下関市粗大ゴミ料金表」を確認してください。

(3)当日の朝午前8時30分までに、申込時に指定した場所に粗大ごみを出す

有料粗大ごみ処理券に、『受付番号または氏名』を油性ペン記入のうえ、品目ごとに見やすい場所に貼ってください。

※公道に接する出入口付近(集合住宅は1階出入口付近又は住宅管理者指定の排出場所)まで持ち出してください。
※終日かけて収集しますので、収集時の立ち会いは必要ありません。

持込み処分

以下の施設に自己搬入してください。

各施設によって搬入可能な物が変わるのでご注意ください。

受付日時 月曜~金曜日/8時15分~16時00分
※祝日も搬入できます。
休業日 土曜日、日曜日、年末年始
粗大ごみの処分料
  • 一般廃棄物処理手数料:100kgまでごとに510円
  • 産業廃棄物処分費用:100㎏までごとに 1,540円

※各施設で料金を精算します。指定ごみ袋に入っていても、上記の手数料が必要となります。

一般廃棄物

施設名 クリーンセンター響
住所 下関市豊浦町大字宇賀3528-12
電話番号 083-776-0321
搬入時の分別 一般廃棄物のみ搬入可能

不燃ごみ

施設名 吉母管理場
住所 下関市大字吉母字舟頭332-1
電話番号 083-286-2803
搬入時の分別 ソファ・ベッド・マット等(スプリング入)、ガラス・陶磁器、がれき類、タイヤ、金属くず、家電製品(一部を除く)、自転車、乾電池、硬質プラスチック類

可燃ごみ

施設名 奥山工場
住所 下関市大字井田字桑木378
電話番号 083-257-5311
搬入時の分別 生ごみ、繊維類、紙くず、草、木くず、家具(ガラスや鏡は外す)、ビニール類(1m以内に切断)、軟質プラスチック類

よくわからない…という方は自治体へご連絡ください。

これは自治体で処分できるのか?というご質問は以下の連絡先に直接ご相談ください。

<ゴミの搬入について>

問い合わせ先 環境施設課
電話番号 083-252-1943

<戸別収集について>

問い合わせ先 粗大ごみ等受付センター
電話番号 083-254-5380

自治体処分に向いていないケースと業者のメリット

粗大ごみを自治体・行政を活用して出すことができれば、無料もしくは格安で処分することが可能です。ですが、

  • 大量の粗大ごみ処分をしたいが、行政では対応してくれない…。
  • そもそも粗大ごみが大きすぎて屋外に出すこともできない…。
  • 全てを一気に片付けたいが、行政では捨てられないゴミもあると言われた…。

このようなケースだと、自治体・行政での粗大ごみ処分には不向きだと思われます。また、お急ぎの場合では自治体・行政では柔軟な対応はしてくれません。

また、持ち込み処分などの場合では、「持ち込むためのトラック」などをレンタルしていると、レンタル料や借りるために移動したり、自治体に運んだりする時間コストを考えると、結果的に費用は高くなることもあります。

片付け110番の想い

無料・格安で処分ができるのはみなさんが納めている「税金」によるおかげです。払った税金なので、今回のような自治体での処分方法をお読み頂き、ご自身で処分できることがベストだと思っております。

ですが、ご自身で処分できる方ばかりではなく、「困ったから何とかしてほしい…。」というお声を全国より頂いております。そこで片付け110番では、自治体では解決できない粗大ごみの処分に対応するサービスを行っております。
※実際に回収・処分するのは各地域で活躍している提携業者様です。

粗大ごみを処分したいけれど「行政では回収してくれないと言われた…。」「どこに頼んでいいかわからない…。」「急いでいるけどどこもスケジュールがいっぱいで困っている…。」「信頼できる業者に頼みたい。」そのようなお悩みをお持ちの方、一度片付け110番にご相談ください。

  • 365日年中無休
  • 最大1億円の賠償保険付
  • お客様満足度90%以上

「自治体で処分したいから外に出すだけでも手伝ってほしい!」など、どんな小さなお悩みでも解決いたします。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。